3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:



今日もリハで闘魂を注入いただいたw
楽譜を渡されて(TAB譜じゃないよ)あのスピードでいきなり弾くのは難しいなぁ
欠点が次々と明らかになっていくのは、嫌だけどいい事だろうと思う。


「好きにやってきたんだなぁw」


と先生が笑いながら言っていたけど全くその通りだw


じゃないとここに通ってませんってw



今までは頭を使いながら弾いてなかった。
感覚とフィジカルだけ。
頭を使う事をかなり要求されています。
真剣に取り組まないとだめですね。


がんばろう。


という事で家に帰ってきてSugi の Rainmaker で復習。






photo:01








このギターはリフしたのですが、塗装も完全に乾いたからか、かなり絶好調。
乾いていて、音に艶がある感じ。


DALLAS + EV cabinet + Pedals


この組み合わせのサウンドは最高。



そういえば、SSHはSugi君に頑張ってもらえばいらないかもしれないな。。。
とふと思った次第です。


このサンバーストの塗りはうまいなぁ。。


素晴らしい。












AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


長い眠りから目覚める時が来たようだよ。







photo:01









出番だ






photo:02










こう見るとカッコイイ 


(°∀°)b  イイネ!


これは去年のギターショーで買ったSugi の RAINMAKER
ショーで見たときは白にべっ甲のPGだったのですが、

はたとヒラメキ

すぐリフへ出しました。
リフをしてもらっているところは極薄ラッカー塗装が得意な
ところ。サンバーストもうまく塗ってくれました。








$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg







Before

こんな感じでした。









photo:03










塗装がめちゃ薄なのですぐ傷つくんですよw


これはいつかの日かスピッツを演った時にステージ上で、
シールドのコネクタをガツン!とぶつけて付けた傷。

。。。


傷にも思い出があるのでこのままにしておいたほうが良いですねw








photo:06









もう塗装が乾いたのでそうでもないのですが
来たときはやはり表面がまだ柔らかかったのでちょっとしたことに
でも傷が着きました。

もう少し傷だらけになってくればかっこよくなってくるでしょう。
そのためには弾いてあげないとね。


どうもこの2点ドメのブリッジがこのギターのポテンシャルを殺して
しまっている感じがしたので、木片を入れて固定してしまっています。








photo:07











IBANEZ と同じような。。。。と書こうと思ったのですが杉本さんが
これを考えたのではないか。。。とも思うw


ハイポジションが無茶苦茶弾きやすいです。









photo:08










タップもできてリアのハムをシングルライクに鳴らせます。

もうギターが1本しか持てません!
と言われたらこの手のギターを残すのがいいんだろうなぁ。


SSHのストラトとかね。





ところでここからが本番。








photo:04









RM「突然何の用??」


「ちょっとドレスアップしてあげようと思ってw」









photo:05










「ごめん。。。。予想通りひどくなった。」



RM「突然起こしたと思ったらこれかよ!!w」



「しばらく我慢してくださいね。あ、そうそうたくさん弾くからいいでしょw」








photo:09










弾いてみましたが、確かに無いよりはいいかwww


ただこれですべてのポジションが簡単に覚えられるのでは!という甘い幻想は
打ち砕かれましたwww


ただCが何処にあって CDEFGAB CDEFGAB のブロックを覚えていくこと
ペンタでキーに対して何度のポジションがどこか。。。とか
そういうことは覚えやすいかもしれません。


ただ、きちんと向き合わないとダメですね。


そうか、これでコードをつくって鳴らしていけば、覚えが早いかもね。


ちょっといろいろとやってみよう。





物事の習得に近道は無し。






ということを勉強させて頂きました。









AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:


すっかり風邪らしきものをひいてしまいました。

体調が悪いと気分もふさぎ込んでしまうので、最近あまり弾いていないギター
を引っ張りだしてそのギターと昔話でもしようかとw
ごそごそとやっているところです。


さて、何を出そうか。。。



頭にすぐ思い浮かんだのが





photo:01









SUGI SH605

これはオーダー物なのですが、SUGI工房が本当にできる限りの事をしてくれ
て造ってくださった一本。

チョイスしていただいた材が本当に素晴らしい。

特にバックのホンマホのワンピースの木材は何度お礼を書いても良いくらいに
思っています。







photo:02










久々に鳴らしてみると音の抜け方がなんとも言えないくらい心地よい。

音が乾いていて抜けてる。

という感じでしょうか。

あとアンプの音よりも生音の方がうるさいw

指板がエボニーなのですが、音の跳ね返りが良いです。









photo:03








以前はポリ塗装でサンバーストの色調がいまいち気に入らなかったのと、
弦が.09セットだった事が気に入らなくて
売ろうと思って委託に出した事があったのですが、


あるとき


何やってるんだ俺は。。。。(((( ;°Д°))))



と我に返り店頭から戻しました。


あの当時は次から次と新しいギターを試していた時期で、訳が分からなく
なっていたと言いますかw、正直次! 次! みたいな

とても悪い子供のような感じだったのだと思います。
まぁ若気の至りということで致し方ないでしょう。


その後、SUGIさんに弦を.10セット用のナットとセッティングに
変えてもらい、SUGIさんにはやんわりと反対されましたが
いつもお願いしている工房に極薄ラッカーでリフをしてもらいました。


やはりラッカーにすると音の美味しい部分がもっと出てくるようになってきます。


これはどこかのライブで使わなきゃなぁ。。。

とおもいつつ。。。次のセットリストだと違うなぁ。。

その次かなぁ。。

と思いを馳せるのでした。




ということで、今日はあれこれ弾いていないギターとの対面をしていきたいと
おもっています。














AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:


Sugiのレインメーカーの低音問題。
ブリッジが2点ドメなので個人的に若干ローが軽い感じがするのと、折角使われている
アルダーボディがかなり良い感じなのでもう少し鳴りをよくしたい。

ということで、

ブリッジをベタ付けしようと思ったのですが、行きつけの某ショップのテックと
相談して無難に木片で固定することにしました。






photo:01









こんな感じです。








photo:02









木片はメイプルにしたかったのですが、メイプルは薄い材しか無かった
とのことでサクラの木に。








photo:03










前側も固定して欲しいというリクエストをしていたのですが、
ここは隙間が薄いのでこのような形にしていただきました。









photo:04










固定後のブリッジはフローティングさせて水平。









photo:05









私はアーミングは全くしません。
手持ちのストラトは全てベタ付けセッティングです。

アーミングを多用するのであればローがどうのとかはあまり気にならないかもしれませんね。





この木片を入れた後何度がスタジオへ行きましたが、格段に弾いた感じが変わりました。
ボディがグワングワンとうねりをあげる感じになってきたのと
ローが出てくるように鳴りました。

たまに演る曲によっては、ローが出すぎるなぁ。。。と思うこともあるくらいです。








photo:06









このRainmakerに手を加えるのはこれで終了。

晴れて好みのギターになりました。










iPhoneからの投稿







いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:


リフした Sugi SH605 は戻ってきてからずっと調子が良いです。
音のレンジが広くなって倍音の出方が変わった。というのが一番気に入っているところでしょうか。


それにしてもこの頃思うことがあります。


・バムさんのよし美
・佐藤先生のレスポール
・店頭で弾いたウルトラエイジドのヒスコレ

そしてこのSH605


実は共通点がひとつあるのです。


共通点がホンマホという点。


粘りがあって抜けた上質なサウンド。



佐藤先生も「弾いてなにか違うなとすぐ分かった」と言っていましたし、
バムさんも40本くらい新規入荷があるにも関わらず、すぐ違いを認識して
ずっとウルトラエイジドを弾いて熊本に持って帰りましたw


私も家では延々とこのSH605を弾いています。

この手のギターはトップのメイプルがサウンドの輪郭と反応の速さを決め、
バックのマホガニーがサウンドの抜けやサウンドの質を決めます。

リフする前は木材の良さを殺していたなぁ。。。と実感している次第です。








photo:01









全体はこんなかんじです。
ちょっとこのギターにしてはいろが濃すぎたかな。。。。
2トーンサンバーストにしたほうが良かったかも。。。なんて思うこともありますが
まぁよしとしましょう。








photo:02









以前よりも精悍な顔つきになりました。
精悍すぎるなぁ。。。とおもうこともありますがw








photo:03









イメージはPRSのブラックゴールド。
虎柄を強調したいと考えたわけです。


このギターは歳をとっても弾けるギターというイメージでオーダーしたのですが
歳をとってからは使えないかな。。。wwww


その時は若い方に譲ることにしましょう。








photo:04










トップはイースタンカーリーメイプル。
木材は私が自分で選びました。








photo:05









SUGIさんのギターは実はピックアップがいいんですよ。
工房の近くのある個人の方??が巻いている手巻きのピックアップなのですが
手巻感がものすごく、喰いつきが良いピックアップです。


一度レスポールに載せたいのでこれだけ売って欲しいとメーカーに言ったのですが
売ってくれませんでしたw


残念ながら個人に売るようなものはないようですね。


ハムであればPRSのハムバッカーも結構好みなんですよね。
でもさすがにレスポールにマウントできませんよね 爆笑
禁じ手だよなぁ
ただ結構良くなると思いますよ。

どなたか勇気のある方、マウントしたら様子を教えて下さいw



そうそう、このエスカッションとピックアップカバー、スタッド、
テールピースの色とか質感は気に入りません。
これはいずれ総取替したいですね。








photo:06










バックはこんなかんじです。









photo:07











ヘッドも無事マッチングの塗装ができました。





これから塗装が乾いてくるともっと良くなってくるでしょう。
がんがん弾き込んでいこうと思っています。












いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんばんは。。。東京も暑いですね。。。。
リフした Sugi SH605 が戻って来ました。
これは作業の途中経過の写真です。







photo:01











ジャ~ン









photo:05










ケースを開けた瞬間、リフ前とたいして変わらないじゃん。。。 爆笑

と思ったのですが、







$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg








かなり変わっていますね。



前回は  白 → サンバースト  だったので劇的でしたが、
今回はこれを青にするとかといった選択はなかったかな。。。


基本的には歳をとってからも弾けるギターであって欲しいのでどうしてもバースト系
を選択してしまう保守的な私でございます。。。w









photo:06











PRSのBlackGoldをイメージしてリフして欲しい。
と依頼したのですが、全くその色になって帰って来ました。


もう少し虎っぽくしたかったんですよね。









photo:04









塗装は今回も激薄です。

コレを早速アンプにつなげましたが、ローの出方とかが半端じゃ無いです。
すごいです。。。
これは是非皆さんに弾いていただきたい

アンプのスピーカーが低音でこんなに震えて床に振動が伝わってくるギターは。。。
このギターがうちでは一番でしょう。。

もともと使用していただいた木材の質がかなり良かったのと、
やはり塗装を変えていっそう良くなりました。


これは完全に私のメインのうちの1本になりそうです。


良かった!!


ちなみにセットネック、バインディング、マッチングヘッド等いろいろ
アップチャージされて極薄ラッカー塗装、帰りの送料込みで58,000円弱。


塗装は極薄。
ちょっとすってしまうと傷がつきます。
ただ、サウンドにはかえられません。


ここの工房は本当に素晴らしいです。


秘密にしておきたいのですが 笑、もしリフをお考えの方は連絡ください。


ということで本命が凛々しくなりましたの巻。











いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんにちは。
先日のSUGIのリフィニッシュ。
実は本命をリフに出しても良いかどうかのLesson1だったのです。



次は本命SUGI SH605をリフします。既に発送し終えました。






photo:02








これはオーダーで作ってもらった一本。
昨今の木材の枯渇問題からするとかなり豪勢な仕様です。

バックはホンマホワンピース。
おまけに重量は4.2Kgを超えたら受け取らないというむちゃくちゃなオーダー
だったので2ピースが来るかと思っていたのですが、そこはさすがのSugiさんです。。

はじめは2ピースの予定だったのですが、1ピースで出来た。
と聞いたときはかなり嬉しかったのを覚えています。

そして昨今ご存知のとおり、大問題が発生しているエボニー。。
真っ黒で目が詰まったエボニーを使用してくれています。



あぁ。。素晴らしい。。


ただ日が経つにつれてどうも気に入らないところが2点ありました。








photo:03











まずはじめにウレタンの塗装です。

この美しさをずっと維持するにはウレタンがいいのでしょうが、
どうも色気というか艶っぽさが無い。
変化しない。
つやつやなのに傷ができるとどうしてもアンバランスに見えてしまう。。。

ただ、SuhrとかトムアンとかJamesTylerにしてもハイエンドはポリのところが
多いですからね。
SUGIも同じカテゴリのブランドに入れていたのでポリでOKしていました。

でも評価基準が確立されてしまった後はどうも気に入らなくなりました。



2点目が弦が0.09のセットが標準となっていたこと。
0.09でも恐ろしく音がぶっとくて、私の友人がびっくりしたほどなのですが
どうもクニャクニャした感じが嫌で仕方ありませんでした。
弾いたフィーリングですね。

でも0.09でなんであんなにぶっとい音が出るのか本当に不思議です。。。



一度気になりだしたら、気になってさわりもしなくなるという悪い性癖を
持っている私ですので、



売ろう。



とおもい某ショップに預けていたのですが、今回の実験で目処が立ったので
引き取りました。








photo:04










再会して弾いてみると


売らなくて良かった~。。。


自分の早すぎるいい加減な判断にぞっとしました。



0.09のセットはSUGIさんの工房に送って0.10のセットにナットを替えてもらいました。
SUGIさんでは弦のゲージの違いでかなり詳細にナット等のセッティングを変えている
らしいです。








photo:05










実はSUGIさんにリフを打診したのですが、結構高い。
当たり前ですが。

あとあまり乗り気ではない。

まぁここまでこだわっているブランドの工房がリフをしてくれるとは思って
いませんでしたので、一応やってくれる。
という返答が来たことには驚きでしたが、お薦めはしない。とのこと。

自分達が精魂込めてつくった芸術品をリフする。

それは許せないでしょうね。
私が職人なら同じように思います。




ただ私はプレーヤーであり、職人ではないのでリフします。



このギターを100%気に入るようにしてガンガン弾き倒してあげる事が
このギターにとって良いことだと思っています。



色は今日中に決定してリフする工房に伝える事になっています。
来週末くらいにはお披露目できるかも。。。しれません。



さて何色にしようかなぁ。。。


これも極薄のラッカーにします。
絶対に良くなるでしょう。


たぶんレスポールよりも良くなってしまうだろうなぁ。。。
とちょっと複雑な気分でもあります 笑


ギターは使用する木材の選定から始まるということを改めて痛感した次第です。




それでは!















いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:


このウィルキンソンのブリッジってベタ付け可能なんだろうか。。。





photo:03








塗装を替えて鳴りが良くなっているのですが、どうもブリッジが浮いている事に
よる特有のシャラシャラした弦の鳴りを変えたいし、ブリッジをベタ付けにして
弦の鳴りをボディにもっと伝えたいと思っています。








photo:02









ザグリをみるとベタ付可能な感じで整形されているのでいけるかなぁ。。
全くアームは使わないのでベタ付にしてしまいたいと思っている私なのでした。


そうすればもっと良くなる!









いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:



ついにこの時が来ました!


リフしたSUGIのRainmakerが完成して家に届きました。






photo:01










この白が。。。。






こうなりました

















photo:02










とても良い感じのサンバーストに上がっています。
お願いした通り。。。というかお願いした以上の出来です。
素晴らしい!!!


写真だとちょっと黄色がきつくなるんですよね。
実際はもう少し落ち着いた色です。








photo:03











東京ギターショーで購入するときからリフ前提で購入したので
ようやく自分のものになった感じがします。










photo:04











極薄のラッカー塗装。
オーダーの名称ですw
どれくらい薄いんだろう本当だろうか。。。とワクワクして待っていたのですが
たしかに極薄。
すごく薄い。。。


あと塗装が丁寧でうまい。









photo:07











ここには一度リフレットをお願いしたことがあってすごく丁寧てすごく安かったので
いつかリフィニッシュするときは使ってみよう!
とおもっていたのですが頼んで良かった。。。

たぶんみなさんが仰天するくらい安いですよw


よくゴールドトップのリフトエイジングのお問い合わせをいただくのですが、
ここはエイジングはやっていません。









photo:05











見た目も変わりましたが。。。



それ以上に楽器としての能力も倍以上良くなりました。








photo:06












鳴りが2倍以上大きくなりました。
そもそもポリでも鳴りが大きかったので、こいつは化け物になるかも。。。
と思いお金をかけてもいいかも。。。と思ったのでリフしたわけですが
想像以上に楽器のポテンシャルを引き出しています。

アルダーの美味しいところ取り。

音が生々しくなるんですよね。
ピッキングハーモニクスが出やすくなる感じと言いますか。。。笑
うまい表現方法がみつかりません。
サウンドがみずみずしく色っぽくなった。
と表現するのが良いかな。。。


これは大成功です。









photo:09











ゴールドトップ、このRainmaker。。。
塗装がサウンドに与える研究の為に身を削って 笑 生贄を差し出し実験しましたが。。。。
身を削ったのでちょっとだけ言わせてください



塗装でサウンドは確実に変わります。



確実に変わる!



別物になります。



いやぁ。。。またまたすごい体験をしました。



よくショップに行くと今のポリは薄いですからラッカーと変わりませんよ
と言われていますがあれは嘘です。
営業トークです。
どちらが良い悪い。。じゃなくてこれは好き嫌いの話なのでデリケートな問題
なのですが、全然違います。


ショップに行ってそう言われる度に



嘘つけ!



と言いかけますが大人なので言いません 笑




ただライブで演ってあれはラッカー、あれはポリなんてわかりませんよ 笑
ただ家で弾くとわかります。

完全に自己満足の世界。


今年の夏休みの研究課題は終了しました。



今日は44MAGNUMのライブに行ってきます!




それでは!





























いいね!した人  |  コメント(48)  |  リブログ(0)

テーマ:



思い切ってヌードになってみました 笑







photo:02








昨夜作業進捗のメールとともに写真が送られてきました。
塗装を剥いでからカラーを決めることになっていましたので、これを見て
ちょっと考えてあるカラーをお願いしました。

キャビティ内も再度薄く塗りなおしてもらうことに決定。




センター2ピースでしょうか。
4ピースとかだったらどうしよう。。。と思っていたので安心しました 笑
SUGIでそんことはあるはずが無いですけどね。


ショルダーの傷はご愛嬌。



工房の方から、軽くて鳴りがものすごく良いボディですね。
とメールが入っていたので薄くするともっと変わるでしょうね。


極薄ラッカー塗装でお願いしています。



早く出来てこい。。。。







$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg








ヌード前のお姿。。。






近々できてくる予定です。


何色になるでしょうか。。。。笑








いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。