3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:



今日もリハで闘魂を注入いただいたw
楽譜を渡されて(TAB譜じゃないよ)あのスピードでいきなり弾くのは難しいなぁ
欠点が次々と明らかになっていくのは、嫌だけどいい事だろうと思う。


「好きにやってきたんだなぁw」


と先生が笑いながら言っていたけど全くその通りだw


じゃないとここに通ってませんってw



今までは頭を使いながら弾いてなかった。
感覚とフィジカルだけ。
頭を使う事をかなり要求されています。
真剣に取り組まないとだめですね。


がんばろう。


という事で家に帰ってきてSugi の Rainmaker で復習。






photo:01








このギターはリフしたのですが、塗装も完全に乾いたからか、かなり絶好調。
乾いていて、音に艶がある感じ。


DALLAS + EV cabinet + Pedals


この組み合わせのサウンドは最高。



そういえば、SSHはSugi君に頑張ってもらえばいらないかもしれないな。。。
とふと思った次第です。


このサンバーストの塗りはうまいなぁ。。


素晴らしい。












AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


長い眠りから目覚める時が来たようだよ。







photo:01









出番だ






photo:02










こう見るとカッコイイ 


(°∀°)b  イイネ!


これは去年のギターショーで買ったSugi の RAINMAKER
ショーで見たときは白にべっ甲のPGだったのですが、

はたとヒラメキ

すぐリフへ出しました。
リフをしてもらっているところは極薄ラッカー塗装が得意な
ところ。サンバーストもうまく塗ってくれました。








$3104丁目のギターショップに足を向けろ-ipodfile.jpg







Before

こんな感じでした。









photo:03










塗装がめちゃ薄なのですぐ傷つくんですよw


これはいつかの日かスピッツを演った時にステージ上で、
シールドのコネクタをガツン!とぶつけて付けた傷。

。。。


傷にも思い出があるのでこのままにしておいたほうが良いですねw








photo:06









もう塗装が乾いたのでそうでもないのですが
来たときはやはり表面がまだ柔らかかったのでちょっとしたことに
でも傷が着きました。

もう少し傷だらけになってくればかっこよくなってくるでしょう。
そのためには弾いてあげないとね。


どうもこの2点ドメのブリッジがこのギターのポテンシャルを殺して
しまっている感じがしたので、木片を入れて固定してしまっています。








photo:07











IBANEZ と同じような。。。。と書こうと思ったのですが杉本さんが
これを考えたのではないか。。。とも思うw


ハイポジションが無茶苦茶弾きやすいです。









photo:08










タップもできてリアのハムをシングルライクに鳴らせます。

もうギターが1本しか持てません!
と言われたらこの手のギターを残すのがいいんだろうなぁ。


SSHのストラトとかね。





ところでここからが本番。








photo:04









RM「突然何の用??」


「ちょっとドレスアップしてあげようと思ってw」









photo:05










「ごめん。。。。予想通りひどくなった。」



RM「突然起こしたと思ったらこれかよ!!w」



「しばらく我慢してくださいね。あ、そうそうたくさん弾くからいいでしょw」








photo:09










弾いてみましたが、確かに無いよりはいいかwww


ただこれですべてのポジションが簡単に覚えられるのでは!という甘い幻想は
打ち砕かれましたwww


ただCが何処にあって CDEFGAB CDEFGAB のブロックを覚えていくこと
ペンタでキーに対して何度のポジションがどこか。。。とか
そういうことは覚えやすいかもしれません。


ただ、きちんと向き合わないとダメですね。


そうか、これでコードをつくって鳴らしていけば、覚えが早いかもね。


ちょっといろいろとやってみよう。





物事の習得に近道は無し。






ということを勉強させて頂きました。









AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:


すっかり風邪らしきものをひいてしまいました。

体調が悪いと気分もふさぎ込んでしまうので、最近あまり弾いていないギター
を引っ張りだしてそのギターと昔話でもしようかとw
ごそごそとやっているところです。


さて、何を出そうか。。。



頭にすぐ思い浮かんだのが





photo:01









SUGI SH605

これはオーダー物なのですが、SUGI工房が本当にできる限りの事をしてくれ
て造ってくださった一本。

チョイスしていただいた材が本当に素晴らしい。

特にバックのホンマホのワンピースの木材は何度お礼を書いても良いくらいに
思っています。







photo:02










久々に鳴らしてみると音の抜け方がなんとも言えないくらい心地よい。

音が乾いていて抜けてる。

という感じでしょうか。

あとアンプの音よりも生音の方がうるさいw

指板がエボニーなのですが、音の跳ね返りが良いです。









photo:03








以前はポリ塗装でサンバーストの色調がいまいち気に入らなかったのと、
弦が.09セットだった事が気に入らなくて
売ろうと思って委託に出した事があったのですが、


あるとき


何やってるんだ俺は。。。。(((( ;°Д°))))



と我に返り店頭から戻しました。


あの当時は次から次と新しいギターを試していた時期で、訳が分からなく
なっていたと言いますかw、正直次! 次! みたいな

とても悪い子供のような感じだったのだと思います。
まぁ若気の至りということで致し方ないでしょう。


その後、SUGIさんに弦を.10セット用のナットとセッティングに
変えてもらい、SUGIさんにはやんわりと反対されましたが
いつもお願いしている工房に極薄ラッカーでリフをしてもらいました。


やはりラッカーにすると音の美味しい部分がもっと出てくるようになってきます。


これはどこかのライブで使わなきゃなぁ。。。

とおもいつつ。。。次のセットリストだと違うなぁ。。

その次かなぁ。。

と思いを馳せるのでした。




ということで、今日はあれこれ弾いていないギターとの対面をしていきたいと
おもっています。














AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:


Sugiのレインメーカーの低音問題。
ブリッジが2点ドメなので個人的に若干ローが軽い感じがするのと、折角使われている
アルダーボディがかなり良い感じなのでもう少し鳴りをよくしたい。

ということで、

ブリッジをベタ付けしようと思ったのですが、行きつけの某ショップのテックと
相談して無難に木片で固定することにしました。






photo:01









こんな感じです。








photo:02









木片はメイプルにしたかったのですが、メイプルは薄い材しか無かった
とのことでサクラの木に。








photo:03










前側も固定して欲しいというリクエストをしていたのですが、
ここは隙間が薄いのでこのような形にしていただきました。









photo:04










固定後のブリッジはフローティングさせて水平。









photo:05









私はアーミングは全くしません。
手持ちのストラトは全てベタ付けセッティングです。

アーミングを多用するのであればローがどうのとかはあまり気にならないかもしれませんね。





この木片を入れた後何度がスタジオへ行きましたが、格段に弾いた感じが変わりました。
ボディがグワングワンとうねりをあげる感じになってきたのと
ローが出てくるように鳴りました。

たまに演る曲によっては、ローが出すぎるなぁ。。。と思うこともあるくらいです。








photo:06









このRainmakerに手を加えるのはこれで終了。

晴れて好みのギターになりました。










iPhoneからの投稿







いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:


リフした Sugi SH605 は戻ってきてからずっと調子が良いです。
音のレンジが広くなって倍音の出方が変わった。というのが一番気に入っているところでしょうか。


それにしてもこの頃思うことがあります。


・バムさんのよし美
・佐藤先生のレスポール
・店頭で弾いたウルトラエイジドのヒスコレ

そしてこのSH605


実は共通点がひとつあるのです。


共通点がホンマホという点。


粘りがあって抜けた上質なサウンド。



佐藤先生も「弾いてなにか違うなとすぐ分かった」と言っていましたし、
バムさんも40本くらい新規入荷があるにも関わらず、すぐ違いを認識して
ずっとウルトラエイジドを弾いて熊本に持って帰りましたw


私も家では延々とこのSH605を弾いています。

この手のギターはトップのメイプルがサウンドの輪郭と反応の速さを決め、
バックのマホガニーがサウンドの抜けやサウンドの質を決めます。

リフする前は木材の良さを殺していたなぁ。。。と実感している次第です。








photo:01









全体はこんなかんじです。
ちょっとこのギターにしてはいろが濃すぎたかな。。。。
2トーンサンバーストにしたほうが良かったかも。。。なんて思うこともありますが
まぁよしとしましょう。








photo:02









以前よりも精悍な顔つきになりました。
精悍すぎるなぁ。。。とおもうこともありますがw








photo:03









イメージはPRSのブラックゴールド。
虎柄を強調したいと考えたわけです。


このギターは歳をとっても弾けるギターというイメージでオーダーしたのですが
歳をとってからは使えないかな。。。wwww


その時は若い方に譲ることにしましょう。








photo:04










トップはイースタンカーリーメイプル。
木材は私が自分で選びました。








photo:05









SUGIさんのギターは実はピックアップがいいんですよ。
工房の近くのある個人の方??が巻いている手巻きのピックアップなのですが
手巻感がものすごく、喰いつきが良いピックアップです。


一度レスポールに載せたいのでこれだけ売って欲しいとメーカーに言ったのですが
売ってくれませんでしたw


残念ながら個人に売るようなものはないようですね。


ハムであればPRSのハムバッカーも結構好みなんですよね。
でもさすがにレスポールにマウントできませんよね 爆笑
禁じ手だよなぁ
ただ結構良くなると思いますよ。

どなたか勇気のある方、マウントしたら様子を教えて下さいw



そうそう、このエスカッションとピックアップカバー、スタッド、
テールピースの色とか質感は気に入りません。
これはいずれ総取替したいですね。








photo:06










バックはこんなかんじです。









photo:07











ヘッドも無事マッチングの塗装ができました。





これから塗装が乾いてくるともっと良くなってくるでしょう。
がんがん弾き込んでいこうと思っています。












いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。