3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars


テーマ:


噂には聞いていましたが。。。。

JOYO

Made in China の売れ線ペダルのコピー品。
と言ってしまったら失礼にあたるだろうか。









このUS DREAM
色から何をモデリングしたのか察することのできる
と言いたいのですが4000円くらいのペダルです。
質感が無いので、私ははじめわかりませんでした。

Suhr の Riot

を模しているペダル。

持ってみてびっくり。
プラスティック筐体かと思ったのですが、重い。
メタル筐体、ダイキャスト。
驚きました。

それよりも何よりも。。。サウンド。
これには仰天しました。
時間がなかったので、ソリッドステートのVOXのパスファインダーに
つないでさらっと弾いたのですが、

音が良い!

Riotじゃないかこれは。。。

特にRiotの倍音感がよく再現されています。

え~なにこれ。。。

と言っていまうほど出来が良かったです。
サウンドがかっこよかった。

今度真空管アンプにつないで、検証してみようかと思いますが
ちょっと衝撃を受けました。

ちなみにパスファインダーが真空管アンプのようなサウンドに。

実はSweet Babyはすでに弾いていて、確かに似ているけど
やっぱり本家とはかなり弾き心地が違うな。
と思ったのですがUS DREAMは弾き心地も良かった。

気のせいか。。。
もう少し研究を進めてみよう。
JOYO恐るべし。
噂は本当でしたね。


US DREAMって
中国で作っていてアメリカの夢なんて話はないですよね

なんでしょう。。。


Unbelievable Suhr Dream

ん??
英語になってないな

まぁとりあえずww
このコストでこのサウンドは相当努力されてると思います。
このペダルビルダーは耳がいい方ですね。

今後、時間があるときに何度か試してみたいと思います。
















AD
いいね!(56)  |  コメント(14)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんにちは
鍼3連発が効いて見事復活してきました。
左腕の痛みはほぼなくなりました。
痛みがないっていいですね。
健康であることは普通だと思いがちですが、決してそうではありません。

適度な運動
野菜を取る
充分な睡眠

と書いていて全くできそうもないので、自分で笑ってしまいましたwww
でも皆さまは気を付けてくださいね。


さて、エフェクターの本。








今号はFuzz。
私はあまりFuzzを使いませんし、個人的にあまり好きでもなかったのですが、
最近使っていてあぁいいなぁ。。。と思うペダルも増えてきました。

BIGMUFF系はとても気に入っています。

毎回この本を読んで編集者の方々の努力をものすごく感じます。
書き手として寄稿されてらっしゃる方々も素晴らしい。

本が売れない

ということで、先週も書店卸関係のニュースが流れていましたが
この本とNumberは買います。(オタク度(専門性)が高い)

そうだ、今回一番記憶に残っているのは
浅井健一さんはあまり楽器店には行かないということですが、
ペダルを5個くらい買ったけど、全部電車の中に忘れてきてしまった。
という話を読んで笑ってしまいました。
が、私も過去何度も電車に物を忘れているので他人ごとではないと思いました。

先日も買ったペダルを電車に忘れそうになりました。
上の棚に置いて考え事や本を読みだすと8割9割の確率で置き忘れますね。

本を読みだすと降りる駅を忘れてしまうので、通勤中ももう過去数えきれないくらい
駅を通り越して引き返している次第です。


えっとそんなことではなくてですね。。。w

この本を読むと結構みなさんBOSSのペダルを大事につかっていることがわかります。
世代もあるのかもしれませんが、ボードを見るとBOSSが入っていることが多いです。
最近本当にBOSSに関してはしっかりと取り組まなければならないな。
と思っています。

ということで1週間始まりました。
ジョンスコを観にNYまで飛んでいく妄想で現実逃避しております。
ONOFFうまく使い分けて頑張りましょう。


















AD
いいね!(49)  |  コメント(17)

テーマ:

こんばんは
日曜日の夜いかがお過ごしでしょうか。

たぶん
笑いながら過ごしている人もいれば
何かに没頭していて感情そのものから解脱している人
プラスマイナスゼロの人
何かに不安を感じている人
怒っている人
何かを新しいことを発見して興奮している人
リラックスしている人
等々

私は近所にある日経流通新聞に全国のおいしいたい焼き屋として上位ランキングした
お店のつぶあん、クリームのたい焼きを食し、お茶を飲んでからそれに満足して
延々と夕方寝をしすぎて先ほど起きました。

故に反省している人です。
寝すぎましたw

昨夜何年ぶりかに東京駅近くにある丸善に行って本をかなりの冊数を買いだめしてきてウキウキで

今日こそは徹底した読書DAYにするぞ

と計画していたのですが、昨日の夜2冊読んだきり。
これから音楽でも聴きながらじっくりと読書をしようと思います。

あぁ。。そういえば今週は株主総会だったw
余計なこと思い出したわ。
今年はシャンシャン総会になりそうなのでストーリーも何も必要ないので楽なのですが。
一旦、忘れましょう。


このペダルを見て思いました








センタープラスの電源って何か良いことがあったのだろうか。。。
ケンタもそうですが、他と違って面倒。
何かこだわりがあるのかな。











さて、ギターアンプと同じ真空管構成のミニアンプに灯を入れて
CDプレーヤーに電源を入れます。
今日は円盤を回して聞こう。









Kurtの一枚。
このアルバムはお気に入り。
2010年に発表されたOur Secret world

入手が難しくてどこかの中古CDショップで渋々馬鹿高い金額を払って買った覚えがあります。
アマゾンでも

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

とのこと。

ポルトガルの新鋭ビッグバンド「オルケストラ・ジャズ・デ・マトシニョス」と
がっぷリ四つに組み、カート自身の楽曲を大胆かつ華麗、変幻自在に再構築する。
これは、ジャコ・パストリアスのビッグバンド「ワード・オブ・マウス」以来の衝撃か。
ビッグバンドの歴史が、ようやく新たに塗り替えられるときがきた。


確かにこんな名盤をなぜきちんと販売しないのかもったいない気がします。

実は5月にBluenoteでこの編成でライブを演るんです。
行きたくてしょうがない。

心の中で


行きたい!!!!


と叫んでおります。
が難しいだろうな。
ニューヨークでやるんですよね。

チケットの価格は
Table $35
Bar$20

恐ろしい安さ。。。。
毎晩2ステージを何日か通えます。

Kurtってこの辺は結構考えているのか、日本に来てもちょっと外れの会場で
入場料を抑えてライブをやってくれます。

色々と書きたいことはありますが、やめておきましょう。
しかし、

書きたいことをストレートに書けなくなってしまったら潮時だな。

と思って今ニヤリと笑ってしまいました。

高すぎなんですよ
チケット価格。

NYのBluenoteはそれはそれは旧いビル、内装にもお金がかかっていません。
Village Vanguardも
Iridiumも


海外から呼ぶから
という声がたまにコメントされますが、ポルトガルから一団が遠征で行って
この値段。
Kurt自身もアメリカに住んでいません。

なんなんだろうなこの差は。
日本は後進国でマーケットも小さいので大金を積まないとミュージシャンは
来てくれないのでしょうか。

人口が1億もいて
失われた20数年を送っていますが大国ですよ。
まぁそんなことはどうでもいいか。
日本でも安くて良いClubはたくさんあります。

ということで静かな日曜の夜はこれまたよし
ですね。
読書しよう。

皆さんも色々と楽しんでください。

それではおやすみなさい。



そうだ、確か4月5日からこれまたNYのBluenoteでJohn Scofieldがなんと
John Medeski と演るんですよ。
これも観たい。
John Medeskiは最高のピアニスト。
ジョンスコのギターと合う。
行きたいな。。。。



















AD
いいね!(47)  |  コメント(10)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。