3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars

NEW !
テーマ:

 

こんばんは

 

前回ギターの説明をした。

という話を書かせていただいたのですが、ギターの話をした後に

音楽の話もしました。

当然のことながら、音楽シーンも流転しています。

個人的には

 

ロックが聴かれていない。。

 

と思うわけですが、振り返ると1950年代から今まで大雑把に

10年区切りくらいで音楽シーンも変わってきているわけです。

昔を懐かしんで、今はダメだ。

というのはおかしいな。。。とふと思ったわけです。

 

皆、多感な頃に聴いていた音楽がルーツになっている。

ただ、多感な時期っていつなんだろう?

皆さんそれぞれ違うかもしれません。

 

私の音楽的ルーツをたどると、小学生から中学生の時。

小学生の時は音楽そのものに引き込まれて、

中学生の時に完全にのめりこんだ。

高校時代はあるジャンルにどっぷり浸かって、

学生の時は友人の大前君と音楽研究をしていましたが、私はまだ

高校時代を引きずっていたので、いまいち音楽的な枠が広がりませんでした。

社会人になってからは、あまり音楽的な冒険をしなくなりました。

少しづつ聞きたいものを聞く。

そういうスタンスでしょうか。

 

しかし、ギターを再開してからインストを中心に聴く音楽の幅が若干、

広がりました。

 

振り返ると中学生くらいの時が一番音楽のシャワーを浴びて

先入観無く、何もかも聴いていた気がします。

 

先入観

よく考えると先入観を持つような、価値基準さえ自分の中でできていなかったの

ですね。感性のフィルターすら未成熟だった。

ある意味、自分の中の価値基準って自然と勝手に出来てきて、

それはとても大切なものなんだけど、

なんらかをブロックしてしまう原因にもなってしまうわけだ。

 

中学生の時は

レンタルレコード屋さんと、街の中心部のビルに入っているFM北海道とかにも

入り浸っていました。

 

そうだ、家から自転車で20分くらいのレンタルレコード屋さんの

ことを久しぶりに思い出しました。

これはフラッシュバックですね。。。

 

個人経営の店だったのですが、アルバイトの大学生のお兄さんがいたんだ。

こちらは中学生だったので話にくかったのですが、趣味が少しあっていたらしく、

お兄さんは色々な音楽を薦めてくれました。

そうだ、3枚に2枚くらいの割合でタダにしてくれていた 笑

ポイントカードも押しまくってくれていたなぁ。。。

お兄さんの実家が店をやっていたんだっけな。。。忘れました。

 

 

NightRanger を持って行った時から会話が始まったんですよね。

 

 

 

 

 

(You Can Still) Rock in America

ブラッドギルスのアーミングから始まるのが強烈で、メロディもしっかりしていて

大好きなバンドでした。

 

Rockという単語で言うなれば、

Def Leppard 

 

 

 

 

Rock Rock Till You Drop

このアルバムは名盤でした。

 

当時はネットも無かったし、ジャケ買いです。

良いか悪いかは耳に入ってこないので、純粋に自分で判断する。

デフレパードはするめをかじるごとく、じわじわと良さがわかってきたんです。

これにはちょっと時間がかかりました。

 

 

ということで、なんだっけ

 

そうだ

 

You can Still Rock in America

 

80年代ですでにStillが入っている。

時は流れ今は2016年です。

 

リビングで色々と流し聞きをしていてこの言葉に妙に反応してしまいました。

 

僕の中では70年代の音楽シーンが最高に気に入っています。

Rockの黄金期。

次がポップスからメタルまでの80年代かな。

 

皆さんそれぞれ違うだろうな。。。

 

そして、今はどんな音楽シーンなんだろうか。

細分化している。

ひとくくりにはできない。

シーンを作り出すほどのパワーが音楽になくなってしまったのか。

 

今はどうなんでしょう?

 

週初めから色々と音楽、特にRockを中心軸にして少し考えてみた

次第です。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 
こんにちは
アメリカの大統領選の真っ最中ですね。
激戦区を見ていると非常に興味深いです。
 
私個人としては、グローバル資本主義、市場万能主義、
主客逆転してしまった経済のシステム、
を少し修正したほうが良いと最近、真剣に考えています。
 
世界的に
国というものをもう少し意識したほうがいいんじゃないかという潮流、
1989年以降の世界における政治の変化で突如出現したブラックホールが中流を
壊滅している状況を変えたほうが良い。
資本主義の修正を少ししたほうがいいのではないか。
 
ピケティ、ヨーロッパの動き、
アメリカでさえ社会主義のサンダースが途中まで健闘してしまうという
冗談のような事実。
 
世界の普通の人たちが少し気づいてきた。
結果はどうにせよ、2016年はそういう事が始まった年として刻まれるような気がします。

ステイグリッツ教授も著書で警告をしつづけていますが、
 
1%の人達のためにある世界
 
にはならないでほしいと思うところです。
過剰な資本主義が民主主義を破壊している。
 
ただどちらに転んでも日本にとっては過酷。
それなら自分が理想だと信じている方に向かうほうがよい。
 
政治的な事なのであまりに抽象的に書いてしまっていて申し訳ないです。
さてどうなるでしょうか。。。
 
追記
私は資本主義、民主主義を肯定している者です。
あくまでも何らかの形で資本主義の修正が必要。
と考えています。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
こんばんは
もはや11月です。
アメリカ大統領選はどうなるのでしょうか。
これほど変わったアメリカ大統領選は初めて見ますね。
歴史を遡れば、イギリス、ポルトガル、スペイン、オランダ、ローマ、ギリシャ。。。等々が

世界の覇権を握っていました。
今見ると ん?? という国もありますよね。
アメリカもかつては。。と言われる存在になってしまうのか。
オバマが引き金を引いたのか、たまたまそういう時期にオバマが大統領だったのか。

それでもアメリカが強いのは、世界中の超優秀な頭脳を集められる大学があることと

新しい文化や企業を生み出す力があること、

基軸通貨をもっていること、ファイナンス力(理論、実践含め)、軍事力。

 

とはいえ、変化というのは目に見えるはるか前に始まっているので、
皆薄々何かを感じているということは、変化の真っ只中にいるということになります。
大統領選はもうあと数日で結果がわかります。
日本の政治に多大な影響を与える選挙。

他国の事と流すわけにはいかないほどのインパクトがあります。 

そこが日本の哀しいところでしょうか。



年末にかけてあまりにも本が多いので処分したい。
と思っていました。
何千冊あるのかわからないくらいのストック。
 
本は捨てられません。
ネットで調べて引き取りに来てもらうことにしました。
ギター関連の本も百冊以上あるのでしょうか。
 
 
 

 
 
 
生き残った本を数冊適当に並べてみました
 
取りに来てもらうのはいいのですが、どの本を手放すのか判断が必要となります。

意外と考え込んでしまいます。

邪魔になる思考パターンは
 
1 一冊一冊買った理由を思い出してしまう。
2 いつか読むかもしれない 将来の必要性の確度
 
小説から、大学院時代の教科書から、仕事関係、時事関連、歴史書、
万年筆、ギター関連の趣味の本。
 
絶対に必要だ。
 
と確信して残した本は数十冊。
必要だろうと思って残した本がその他多数。
 
それでも相当数のダンボールを持って行ってもらうことになりました。
本って重いんですよね。。申し訳ないです。
 
ギター関連の本は
1 ギアそのものの本
2 教則本
があるのですが、ギアそのものの本は悩むことなくさらっと残そうと判断できました。

その半面、やたらと多い教則本は悩みました。
 
なんでこんなに多いのかw
 
そもそも自分がやりたいと思っているスタイルに合わない教則本まで
買っていたりして、まじまじと書棚を見てびっくりしました。
勉強と同じで、本を買うことでやったつもりになってしまうのでしょうw
 
週末はものすごい量の本と格闘していました。
 
あと本を見ながら、ふと
 
最近、他の事を勉強していないなぁ。。。。
 
反省と同時に少しぞっとしました。
右脳ばかり使っている気がします。
左脳の使いすぎで、ギターをやろうと思ったのですが、
左右のバランスがまた大きく崩れています。
 
本の整理については
電子書籍化が進めばこういう苦労もしなくて済むのかも。
将来そうなっているんだろうな。

などと頭をよぎり、
 
電子化万歳!
 
と思っている私でさえ、実際のところ、まだ9割は紙の本を選択しています。

(これは説明がつきません。紙への愛着がまだ捨てられないのでしょうか。)
 
電子書籍にすれば、大きな本棚を捨てて、アンプを置けるのにな。。。
 

なんとなく、反省していることと、やりたいことがちょっと違うのかな。
と思った1日でした。
 
そう言えば
楽器フェアはどうだったのだろう。
本の作業で腰が痛くて行く事叶わずでした。

本が減ると書斎のざわざわした感じが減りました。
 それにしてもかき集めていた教則本の多さにはびっくり。
 
というなんともオチがあるようでオチがない話でした。
 
とにかく弾きなさい!
 
という事ですねw
 
 
 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 
眠れない夜は 
こうして
秘密の話をしよう

 
 
良い歌詞だなぁ。
今日、GOODWARPのギターの藤田さんから近況の連絡をいただきました。
ご報告いただくと本当に嬉しいです。
バンド結成された4年前くらいからおつきあいをさせていただいて
 
彼らは絶対に大きくなる!
 
とここで書き続けてきました。
ライブの回数も増え、メディアの露出も増え、ライブ会場の箱が大きくなり、
曲も増え、どんどん好きな曲も多くなってきました。
 
 
そしてまた11月16日にEPが発売されるとのこと。
タイアップがすごいです。
 
1. bravo!bravo!bravo!(TBS系テレビ「CDTV」11月度エンディングテーマ)
2. Sweet Darwin(アニメ「うどんの国の金色毛鞠」EDテーマ)
3. Answer
4. Tonight is the night
5. bravo!bravo!bravo!(REMIX TRACK)
 
 
眠れない夜は こうして 秘密の話をしよう
 
 
と新曲の歌詞にあったので。。小さな秘めた話を。
今年の3月頃でしょうか、GOODWARPのお二人が出来立てのEP「FOCUS」

(これまた素晴らしいクオリティのEPです)を持ってきて頂いたときに
いろいろな話をさせていただきました。
 
で別れ際、僕はどうしてもヴォーカルの吉崎さんと、ギターの藤田さんに
お願いしたいことが一つだけあったのです。
ただ、それは彼らの創作活動の邪魔をしてしまうといけないな。
という思いが頭によぎって、喉から出かかっていた言葉を飲み込みました。
本当に飲み込んだ。
それが
 
 
「バラードを創ってほしい。」
 
 
今度の新曲がそうでした。なのでもう書けますね。
素晴らしくやさしい曲。
 
Sweet Darwin
 
アニメ「うどんの国の金色毛鞠」EDテーマに採用されています。
 
聴いていて自然と物語や何かの情景が浮かんで来る曲って良い曲の条件だと思うんです。
この曲もそう。
 

美しいメロディを創って頂いた事に感謝を。
 

眠れないなぁ。。。と思っていたのですが、一気に眠れるような気がしてきました。
封印しているはずの滅多に思い出すことのない、幼い頃にした親との会話。
堅牢な造りの思い出の箱の鍵も開けてくれました。
 
寝よう。
おやすみなさい。
みなさんも良い夢を。
 
 
 

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ぶらっと旅に出たいなぁ。。。

今ならどこに行く?

 

ギリシャ?

ベルリン?

ニューヨーク?

ロンドン??

中東のどこか?

 

今なら世界中どこ行っても身の毛もよだつくらい刺激的だろう。

見てみたいね何かすごいものを。

その場にいて雰囲気を感じ取ってそれを神経に刷り込んだものって全然違うから。

空気感?

そんな簡単な言葉じゃないと思うけど。

語彙のなさ故思いつかぬ。

 

 

 


 

 

 

COLD TURKEY 信じられるかな

空を飛ぶなんて簡単なことさ

SEXY STONES RECORDS ぐるぐるまわってるぜ

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは

書斎の机には週末に読もうと決めて集めた本が山積みになっています。

芸術の秋なのでしょうか。(芸術と無関係な本ばかりだ)

季節を意識して本を読みたくなったわけではありません。

ちょっと知りたいことがあって、忙しくページをめくっています。

少しだけ自分の頭の中の地図を広げたい。

数年に一度くらいの割合でそういうことがあります。

 

ただ、眼精疲労なのか目がかすむ。

 

老眼ではない。

 

はず 笑

 

ちょっと休憩でギターをノンアンプで。

箱物で何となく良さげだなというコード進行をダイアトニックの範疇で辿って

遊んでいます。

 

 

先ほど携帯の中の写真を眺めて思ったのですが、

雲の上の空の青さは何色というのでしょうか?

 


 

 

 

この色がとても好きなのですが、いまいちわかりません。

旅行に行く時にいつも目にする色。

何となく全てからの自由とか開放を感じるので、

 

僕に戻った青

 

と勝手に命名して呼んでいます。

 

さて、アンプにプラグインしてギターを弾こう。

 

皆さんも良い週末をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは

筆が鈍っている最近。

なのですが、少々ブログに関しては色々な作業を重ねています。

またご報告させていただければと思います。

 

今日はいくつか重なった事から思い出した事を書いておこう。

そう思っています。

内容が散らかってしまうのが今から分かってしまっているですが、ご容赦をいただければと思います。おまけに長くなるかもしれません。たぶん長いでしょう。

 

 

今日、エレベーターを階段のように登っていくと頭の中のジュークボックスが

いきなりかけてきた曲がありました。

(僕の頭はすっかり忘れていた曲を引っ張り出して突然かけてくる事が多々あります。)

 

懐かしいな。

とても良いメロディーだなぁ。

あと素晴らしい歌詞。

彼はこの曲を一体どんな気持ちで書き上げたのだろうか。

多分、結末が分かりながらも胸が張り裂けそうになりながら、勇気と気力を振り絞っていた光景が目に浮かびます。

 

 

話が飛びます。

 

僕は高校の頃、美容師になろうと真剣に考えていました。

父は技術者だったので、多分そういう仕事の方が合っていたのではないか。

と今でも思うことがあります。

なれなかった。

ならなかった。

色々と難しいものです。

 

たまに当時の夢を叶えるために、自分の髪をバサバサと切ることがあります。

今日もバッサバッサと切りまくりました。

素人が切った感じになりましたが、見方を変えるとちょっと変わっていて

個性的に見えるかもしれません。

そうしてどうしようもなくなってから、いつもの美容室に行くと怒られます。

 

頼みますから自分で切らないでください。。。。涙

 

と。

でも何度予約を入れても時間が合わないのだし、それこそ、自分で切りなさいというお告げだと思って髪を切ることにしています。

たまにうまくいき、たまに大失敗しますが、今日は大失敗しました。

 

 

話は過去に飛んでしまいます。

 

小学生4年生の頃、グランドで遊んでいると若い熱血先生がチラシを配っていました。

 

「サッカー少年団 団員募集」

 

近所でかなりの野球少年で有名だったのですが、坊主頭だけは厳禁という

母親のルールに従わなければならず、野球少年団、剣道ともにやりたかったのですがNG

を食らっていました。

 

そこで、僕はなぜかサッカーに興味を持ち、母親に新しくできるサッカー少年団に入りたいと相談してみました。

 

「サッカーはかっこいい人が多いから良いわよ」

 

小学生ながら、おかしな奴だな。と母を思ったことを思い出します。

無事入団。

3年生から6年生までそれぞれ学年に2チームづつできるくらいの規模となりました。

ユニフォームはアディダス。

ホームは赤、アウェイは青。

赤の時の方が勝率が高いのでほとんど青を着た記憶がありません。

 

この先生はサッカーに厳しい人でした。

超スパルタ。

試合中呼ばれて何だろうと思っていくと、ぶん殴られたことが何度もありました。

練習中はいつも呼ばれて殴られる。当時、フィンランドの代表とやった試合のVTRがあるのですが、いつも殴られる3名の中に入っていて、その映像でも殴られていました。

僕らの代はできて数か月で札幌市の学年別の大会にまぐれで3位になってしまいました。

北海道は実は日本全国でもサッカー人口が非常に多い地域に入ります。

札幌だけでも当時は50から70チームくらいあった記憶がします。

それ以降調子に乗ったのか、5年6年となる都度に優勝か、3位。

という感じのチームになり、土日は練習試合の相手が5、6チーム毎週来ていただけるくらい市内でも有名なチームになっていました。

 

ところで、僕らが4年生だった頃の6年生のチームはチームが発足してから練習期間が短いということもあったのか、弱小でした。

いつもボロ負け。

一度だけ相手チームから1点を取ったことがあり、全員で喜んだ記憶があります。

メンバーを見ても学業の天才から悪童までごちゃ混ぜの陣容。

少年団発足時、初の1点を取った人は極悪で有名で、卒業後少年院に行ったと

聞いてショックを受けた記憶があります。

 

その6年生のチームの中であまりうまくないけど、たまにセンスのあるプレーを

する よっちゃん と呼ばれていた先輩がいました。(よしかず なのでよっちゃん。)

洋風でかっこいい顔立ち。

文系なのか体育会系なのかわからない雰囲気。

だけどやたらかっこよかった。

 

中学に上がるとサッカー部は事件を起こしていて廃部になっていました。

札幌市のサッカー協会がサッカー部を作るよう学校に何度も働きかけてくれていたのですが、よほどひどいことをしたのでしょう。

サッカー部ができることはありませんでした。

中学校でサッカー部があったら多分、進路が変わっていたと思います。

 

ただ、サッカー部が無かったおかげで幼稚園時代からの幼馴染とギターを

始めることになるのですからこれまた不思議なものです。

 

そこで よっちゃん 先輩なのですが、中学校の学祭でフォークギターを持って

一人でものすごいハイトーンで素晴らしい歌声を聴かせてくれたことがありました。

びっくりするくらいのワンマンショー。

何かミラクルを起こす人なんじゃないか。。。。とそれを見て確信した記憶があります。

 

 

高校受験。

僕は自由な校風が漂っていそうな学校に行きたくてしょうがありませんでした。

で、ある学校を受験。

試験を終えて家に帰ると、電話がなりました。

 

よっちゃん先輩でした。

 

新設校だったので彼は高校2年だったにも関わらず最上級生。

中学校の担任から誰が受験したか、を調べて電話番号を聞いた とのことでした。

(当時は個人情報などという考えはありませんでした。)

内容は

 

「ラグビーをやってみないか」

 

サッカー部に入りたいので断りましたが、どうやらサッカー部は1年は坊主頭。

一度でいいから練習だけでも見に来て欲しい。とのこと。

彼はキャプテンでした。

 

おまけに当時はスクールウォーズという番組がはやっていて見るだけならいいか。

と思い、見に行きました。

当然、自分のサッカーセンスを信じていたのでwラグビーなどやるわけがないと

思っていました。

 

が、練習を見に行った時に

 

「今日から入部してくれる よっしー 君です。彼とは小学生の頃に一緒にサッカーやっていました。」

 

といかにも怖そうなラグビー部の先輩方30人くらいの前で紹介されたので

致し方なく入部しました。

 

先に紹介したテレビの影響か、僕らの代は30人くらいの部員がいて、2本チームが

作れる陣容でした。

人気のないラグビー部にとっては大収穫だったわけです。

 

よっちゃん先輩は スタンドオフという サッカーで言うところのトップ下みたいなポジションでした。で、北海道選抜。

明らかに彼にはサッカーよりラグビーの方が向いていました。

 

僕もサッカーをやっていて、やたらキック力があり、フットボールのセンスが少しだけあったのか、1年のチームのスタンドオフでたまに3年生の試合に出ていました。

 

高校生なのでよっちゃん先輩は卒業していきましたが、

もしこれがクラブチームであのまま一緒にラグビーを続けていたら彼から

ポジションを奪えただろうか。

僕もラグビーで成長して、彼と一緒の目線で同じチームで戦えていたらさぞ、楽しかっただろうな。(たぶん、どちらかがスタンドオフ横のセンターというポジションにずれていたでしょう。)

たまにそう考えることがあります。

 

高校1年の夏くらいから僕は必ず北海道選抜に選ばれる。

と上級生たちが揃って言ってくれていたのを覚えています。

2年生で選ばれるだろうと。

がしかし、選ばれませんでした。

1年時からチヤホヤされたのと、あまりにも素行不良だったので、

先生がギリギリまで推薦をためらった。

と卒業後話をしてくれました。

素行不良は制御できず、ラグビーは調子に乗ってたんですね。

その指導者の先生はとても良い方で、チームを花園に連れて行った経歴があるので目利きはたしか。先生の判断は間違っていなかったとおもいます。

 

たまに よっちゃん先輩は 車で練習を見に来てくれてかなり心配してくれていたのを思い出します。

 

彼は高校の文化祭でも歌っていました。

それは素晴らしい歌声で、プロに近かった。

すごかったのを思い出します。

 

さて、長々とくだらない話を書き連ねてきてしまいましたが、少し話が収斂していきます。

 

よっちゃん先輩は高校卒業後、美容師の学校に進学しました。

(僕が美容師になりたかったのは彼がそうだったからではありません。)

彼はラグビーが諦めきれず、すぐ美容師をやめてどこかの工場で働きながら新しくできるという社会人ラグビーチームから声がかかり、始動を待っていたのですが、

その話自体が頓挫してしまい、その後バンドマンになりました。

ハードロックバンドのヴォーカリストで、バンド名はフランス人につけてもらったというフランス名。

おしゃれでした。

 

彼は独特の不思議なオーラを持っていました。何か強運を持っていそうに見える。僕は彼ならメジャーにいけるのではと漠然と思っていましたが、未だ、メジャーからデビューしたという噂は聞きません。(そういえばライブとか音源も聴いたことがありません)

 

彼がバンド活動をしていた頃、僕も高校を卒業したのですが、

色々な事情で東京の進学を諦め、(美容師はその前に諦めていた)道内にとどまりました。

僕の中では 青の時代  何も目的がなく無為に過ごす。

毎日車で海を見に行っていました。

 

高校の時の友人と旧いサニーを1台たしか、3万円くらいで買って、(友人が日産のディーラーにいたので可能でした)海の断崖絶壁めがけて走ってどれだけギリギリで止まれるか。

とか、

 

車を何メートルから下に落下させたら辛いか。

とかという遊びに熱中していました。

 

勉強などにはまるで熱意がわかなかったし、学校にも殆ど行っていなかった

わけのわからない日々を送っていました。

(故に社会人になってから勉強しなおす羽目になりました)

 

話が少し噛み合わさってきます。

ラグビーの練習の帰りに帰る方向が一緒なのでよっちゃん先輩は車で送ってくれました。

乗っていたのはオレンジのビートル。

ガタがきていましたが、最高にカッコよかった。

 

その車の中で、Queenをはじめて聴かせてもらいました。

The Works に入っている Hummer to Fall これが気に入りました。

このギターソロがよかった。

アルバム版のギターソロは激しいのです。

ライブとかではあっさりと弾いていますね。

ちょっとがっかりです。。。

 

 

その後、僕はかなり集中してQueenを聴き込み大ファンになりました。

 

何年後かによっちゃん先輩に会った時

 

「どうやら噂ではフレディは深刻な病に侵されていてなくなる寸前らしい」

 

という話を聞きました。

ネットも無い時代でしたし、そんな噂も聞いたことがなかったのでかなりの衝撃でした。

 

このブログ史上、最長の遠回りをしたかもしれません。

 

で、冒頭に戻るのですが、今日突然鳴り響いた曲の話。

 

MIRACLE

 

フレディは病魔に冒されていてすでに自らの死を悟りながら書いた曲。

自分にはたぶんMIRACLEは起こらないだろうけど、

世界にはMIRACLEがある。

MIRACLEが必要だ。

という思いが歌詞に込められていると僕自身は解釈しています。

 

 

 あらゆる木々の葉、一枚一枚が
それは奇蹟になり得たのだと、物語る

 

もしストリートに生きる子供たちがみな

着るもの食べるものを与えられるなら
それは奇蹟

 

もし神が人々を自由にし、
完璧な調和の中で生きられるならば
それは奇蹟

 

 

 

 

 

MIRACLEは良い曲ですね。

 

僕はフレディはピアノを弾いている方が好きです。

シンセを使ってからは少しがっかりしているのですが、

この曲だけは

 

ピアノじゃない。

 

と思います。

 

 

似ているようで、似ておらず、人生で交差しそうで交差しなかった方の話を記憶の引き出しのかなり奥の方から取り出してきました。
MIRACLEが頭の中で鳴ってくれたおかげで、昨日のことのように思い出せます。

 

音楽はそういう力も持っています。

 

とりあえず、長すぎて申し訳ありません。

個人的な日記にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

以前ここで書かせていただきましたが、

ドイツ銀行(巨大民間銀行です 中央銀行ではありません)

日本ではまるで報道されていませんが、海外で騒がれ始めています

 

相当な金額のデリバティブ残高の山

中国への莫大な投資

うち現時点で1兆円以上不良債権になる可能性があると言われている

金利の不正操作でアメリカ政府への賠償金支払い

ギリシャへの莫大な融資。

 

実は8月にドイツ政府は

 

冷戦以来初めて、国家的緊急事態に備えて食料や水を備蓄するよう国民に

呼びかけている。

BBC より引用 

 

ドイツ国内の野党から一体どこの誰が攻めてくるんだ

という声があり。

 

確かに今の所、ドイツを攻めたいと思っている国はあまりないでしょう

 

金融機関がクローズして、略奪や暴動に備えるため。

とも囁かれています。今でさえ治安が悪いですからね。

 

そして

ドイツ銀行の次はイタリアの3銀行。

 

イギリスがEUの離脱をした理由はEUは時期混乱に陥る。

とわかっていたのでしょう。

 

ドイツ政府がどこまで支援できるかですね。

(支援しないという声明を出していますが、ほっとくわけにはいかないと思います)

 

世界がちょっと慌しくなるかもしれません。

そうならないことを祈る。

 

 

 

 

一般連絡

GMAILを受け取れるようにスマホ設定を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

 

連休いかがお過ごしでしょうか。

私は健康診断に見事に引っかかってしまって一か所ものすごい

悪い判定を受けてしまって、MRIを受けてきました。

 

かなりの閉所恐怖症だという事がわかりました

あれ嫌です。。。

 

で、撮り終って大きな写真を渡されるのですが、写す場所では

診断せず、かかりつけの医者にもっていかなければなりません。

家に写真があるのは嫌ですね。

素人なので見てもわかりません。

でも見てしまいますw

写真と一緒に写した場所の所見が書いてある封筒が入っていて

それを破って中をみたい衝動に駆られますが、そんなことをしたら

先生に怒られますのでやりません。

 

自分でコントロールできることとできないことがありますが

身体の中の事は自分でコントロールできません。

 

本当にどきどきしますね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

昼の話の追記です。

これを書くのを忘れていました。

 

 

 

金利の話がやたら出てくるようになったら貯金とか

貯金がなくても日々の食料とか物資確保をどうしたらよいかとか

ちょっとこの記事を想い出していろいろと調べていただけるといいな

と思っています。

 

ロシアの経済危機の時は(カオス状態に陥った)

物々交換等を行う際、

金の延べ棒はダメだったみたいですね。

中身が本物かどうかわからないからw

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。