3104丁目のギターショップに足を向けろ

Knock on The Door of 3104th street Guitars

NEW !
テーマ:

こんにちは

昨晩のEUROの決勝トーナメントステージの

イタリア 対 スペイン

は面白い試合でした。
試合が始まった瞬間イタリアの組織としてのソリッドさと俊敏さは
スペインをはるかに上回っていました。

実は今のイタリア代表は数人しか知りません。
過去と比較すると本当に地味なチーム。

ただ、止める、蹴る、つなぐ。
という能力が非常に高い。
スペインの個々の選手よりうまいんじゃないか。。。と感じました。

あとパススピードとパスのコース。
無駄がなく速く前線へ。
ただ速いだけではなくて、合理的な選択で結果、前線まで早くパスが届いている。

開始10分くらいで

あぁ今日はスペイン負けるな。。。

と思いました。

チームとしてソリッドでキレがあって頭脳的、合理的だったのはイタリア。
あとイタリア伝統の守備がガチガチのつまらないカテナチオではなかった。
さすがコンテ監督。

スペインサッカー最強の戦術のトレンドは変わりましたね。


ボランチ出身の監督は最近本当に優秀な人が多い。

グアルディオラ
シメオネ
コンテ

日本だと
サンフレッチェの森保監督。

やはりボランチは攻守、全体のバランスを常に考えているのでピッチ上の
戦術眼が磨かれるのでしょう。


昨夜もやはり後半早々に寝てしまい、朝、起きて画面を見たら
次の試合が終わっていたらしく、アイスランドの選手たちが喜んでいました。

まぁイタリアが勝っただろう。
と思いニュースもすぐにはチェックしませんでした。

ただそのイタリアも次はドイツ。

事実上の決勝戦みたいな試合がずっと続きます。
このソリッドさがドイツに通用するか?
楽しみです。

そうだ、コンテ監督は次期チェルシー監督に決まっています。
来期以降チェルシーは相当強くなるでしょう。
これは確信しています。

来期のプレミアは

チェルシー コンテ
シティ グアルディオラ
マンU モウリーニョ
リバプール クロップ

そこに
アーセナル ベンゲル
トッテナム ポチェッティーノ

監督だけでもすさまじい!

楽しみです。

しかし、あの戦力であのチームを作り上げるコンテはすごい。


EURO1試合通して見れない記録更新中です。









AD
いいね!した人  |  コメント(6)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


こんにちは
梅雨か。。。。
札幌から上京してきて梅雨を知らなかった私は3年くらい
梅雨時期の高湿度に悩まされ毎年点滴を打つくらい体調が
合わなかったことを思い出します。
今でも身体の構造は寒冷地仕様なので、若干つらいですがもう慣れました。

今日、通勤の電車の中で

自分にとっての最高のROCKアルバムはなんだろうか。。。

と延々数十分考え込みました。
で、答えを出しました。


僕は今まで聞いてきた中では個人的にこれが最高のROCKアルバムです。










1974年に発表された Queen の

QueenⅡ

一枚目がさっぱり売れずに相当心血を注いで作られたのだと思います。

昔はレコードだったので、
A面 B面 と分かれていたのですが、このアルバムは
A面がブライアン・メイ中心のホワイトサイド
B面がフレディマーキュリー中心のブラックサイド。

私は断然ブラックサイドが大好きです。
1曲目から終わりまで息が抜けない。

さらにこのアルバムから1曲選べ

と言われたら躊躇なく


Nevermore


を選びます。
ブラックサイドなのにホワイトサイドの曲を凌駕するきれいな曲。

個人的にはこのアルバムかな。。。。

名作がたくさんあるので選ぶのが楽しくもあり、苦痛でもあるのですが
個人的にはこの1枚です。

皆さんにもたぶんあると思います。
ただ、選ぶのに結構時間がかかると思いますw


それでは1週間がんばりましょう。





























AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:


こんばんは
爆睡してました。
昼間とある秘密基地に行くと
絵で生計を立てるために頑張ってらっしゃる方が絵を描いていて、
いろいろな生き方のアプローチがあるなぁと感心した次第です。

明日になる前に。

日曜日の夜にはぴったりの動画を。
これは是非見ていただきたい動画です。
仲良くさせていただいている方から、教えていただきました。
本当にありがたいです。
素晴らしい動画です。

場所は1990年9月2日@甲子園球場
定番のSummertimeですがこんなに美しいメロディーを弾ける人はいないんじゃないかな。

サウンドチェックをしているので、途中でギターを弾くように促します。
G C D  とコードを教えて言って最後にソロを弾くように言います。

風に吹かれながらOff timeの出で立ちでピアノを弾く姿がなんともかっこいい。

ギターよりもピアノの方が評論家から高く評価されていた。
という記事を最近みましたが、このメロディーを聴くと理由がわかります。








本物の芸術家は違いますね。
素晴らしいメロディー
日曜日の夜にぴったりだと思います。
30分くらい弾いていてほしい。
そう思う次第です。

ギター弾いて

と言った後誰が適任か。。。
この美しいメロディーだと間違いなく合うのはリトナーでしょう。
相性抜群のような気がします。
メセニーはまた違った意味でプリンスのピアノをより引き立てるようにギターを弾くでしょう。
ただ、なんとなくこの美しいメロディーの後に

John Scofield

にギターを弾いてもらって闘わせてみたい。
そう思ったりしました。
どういう絡みになるのか。
頭の中で想像してみよう。


寝る間に聴くには素晴らしいメロディーです。

良い週末でした。
おやすみなさい。
















AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。