三宅島タマン作戦!(後編)

テーマ:

 

 

えんどど君、強烈な引きに何とか応戦してファーストランを止めるが、セカンドランでラインブレイク。引き的に恐らくタマンだろうが、姿見ずのラインブレイク。これは悔しい・・・。

 

 

 

続いて僕にもヒットしたが、コチラは余裕でスルスルと上がって来た。

釣れたのはアカハタだった。うん、とても美味しそうだ!

 

 

 

「それアカハタにしてはデカいですよ!」とえんどど君。

「え?そうなの?じゃあ持って帰ろうかな」

40cm程のアカハタをサーフェスウイング147Fの背黒メッキでキャッチしました☆

 

 

 

日没に近づくに連れ、ウミガメの数が半端なくなってきた。

しかも段々とサイズアップ。半端じゃないランカーサイズも波打ち際までやってくるようになってしまった。

どれくらい居るかと言うと、同時に5匹が海面に頭を出すレベル。流石三宅島、圧倒的ネイチャー。

 

後々思ったが、満月の大潮、7月。きっと産卵したくて早く上陸したかったんだろうなぁ。

引っ掛けてしまうといけないので、ポイント移動して夜戦開始!

 

 

 

し か し 蚊の猛攻に耐えきれず2時間程キャストして撤退!

少しでも風のある場所なら・・・と突き出た桟橋へ向かう。(途中ヌコをハケーン

 

 

そこでえんどど君が、たまたま持っていたバス用のジギングスプーンでキントキダイを量産す。(写メはミナミハタンポですが)

 

 

パターンを聞いて30gのジグを投げるも、何故か私にはさば氏しか釣れない。

その間も、キントキダイを快調に釣っては逃がすえんどど君。

 

どうしたら良い 俺と彼の何が違うんだ

マダガスカル級の迷いへ突入した俺氏を救ったのは

 

 

 

困った時はインチクですよwしかも良型w 見て! ホラ! デカいの!!(興奮)

エギングタックルで釣ったんですけどね、想像以上にガンガン引いてマジで楽しいです。

 

 

「また喰ったよ~!デカイ!これもデカイ!(歓喜」

えんどど君のスマホカバーがフラッシュを拡散させて左半分飛んでしまい、ご自慢の満月男前をお見せ出来ないのが悔やまれます

 

 

何故かインチクに喰ってくるのはデカいのばかり。良型はキープする事に。

この魚、キンメの目してる ぜってー美味いヤツだ 

 

最後の最後で尺近いビッグワーンを水面でポロリ。膝から崩れ落ち、戦意喪失。

お土産用に数匹キープできたし、あと数時間で朝なんですけど~って事で蚊対策をしてタマンのナイトゲームを開催するも何事も無く。

 

 

朝マズメは青物を狙うも、潮が全く動かず、何事も無く終了。

なんかもう、凄く釣りしてるのに、凄く釣れないの。楽しいけど(笑)

 

 

フェリーまでの残された4時間。タマン狙いに絞って気になるポイントをランガン。

諦めなければ・・・折れない心があれば・・・

 

 

最後まで投げ続け、駆け回りましたが、残念ながら三宅島の海は微笑んでくれませんでした。

タマンは次回にお預けです。秋が来る前に、もう1度何処かでタマンリベンジしようと思っています。

 

 

無料温水シャワーを浴びて、急いでパッキング。

アングラーズデザインのWPフォールディングバッグ。レンタカーの車内では濡れた物を積んでも車を汚さないし、畳めばこんなにコンパクト!現地で車移動での遠征の必需品です。

 

 

♪後ろに立ってる~三本岳に~本当は乗りたかった~♪(aiko風に

またいつか、三本岳とタマンリベンジで訪れたいと思います

 

 

ありがとうございました三宅島。また会う日まで~

 

 

黒潮香るデッキの上で、圧倒的反省会&次回計画

 

睡魔のあまり、4缶?5缶で撃沈(

 

 

 

途中、伊豆大島にも寄港。パッと見だけど、土石流の災害跡がだいぶ無くなってきたように思えました。島の釣り仲間、巧さんとも久々に話せて良かった。また遊びに行かなきゃ!

 

 

 

そして竹芝!帰って来てしまいました。解散!お疲れ様でした!!

山手線→高速バス→バス→タクシーで日付の変わる前に帰宅。

 

 

魚は釣れなかったけど、笑いっ放しの超楽しい遠征でした!やっぱ釣りはアレだね、メンツだね(笑)えんどど君、急な誘いに付いてきてくれてありがとう!

 

さぁ、次は何処へ行こう?山?川?海?湖? 東?西?南?北?
2017も下半期へ突入しましたが、僕の遠征熱は加速するばかり。

まだまだ我武者羅に突っ込んでいきますよ―!

 

 

 

AD