コロコロでちっちゃくて、

可愛いし、色も好き。

柔らかい酸とさわやかな香りが魅力な「すだち」、

今が旬!

米料理とも相性抜群で、

ちょっとやってみたのが、これ「すだちライス」。

オリーブオイルがつなぐすだちとミントの味が、

なかなかでね。

白ワインやスパークリングのお供にもGOOD。

食べるときは具材ざっくり混ぜて、いっしょに、パクッ。

実は、一晩おくともっとおいしくて、

握っておけば、「すだち」色のフィンガーフードの出来上がり。

今日は、WECKに入れて、ジャーサラダ風。

ふふっ。

料理作ることも、食べることも楽しっ。

調理時間は、3分!新米の季節に、ぜひお試しを。

レシピは、こちら→Elle a table 旬の食材カレンダー【すだちの巻】

 

ご感想、お待ちしています!!

AD

先月下旬からご紹介しているUSビーフ。

私を含め、生徒さん皆、「赤身」のおいしさに夢中、

「アカミニスト」の仲間入りに。

授業では、

・USビーフのこと

・フランスの思い出の味を含め、赤身肉のおいしさ

・かたまり肉調理のコツ

を実践中。

生徒さんリクエストにより10月まで開催予定♪

先日カイハウス様から届いたUSビーフ、部位は、

肉質きめこまかく、味に奥行きのあるリブロースの1Kg。

ふふっ。

厚さ4cmあれば、フライパンでも、オーブンでも、

肉汁たっぷりに仕上がる。これ、嬉しいね。

あとは、ローストビーフにするか、ステーキにするか、

それとも・・・

いずれも、かたまり肉は、ゆっくり室温に戻して、

あとは、塩の量、タイミング、粒の大きさ、かな。

あふれる肉汁、お肉本来の旨みと噛みごたえ、

スパイス焼きにすれば、ソースなしで、そのまま豪快に。

この焼き方は、サンドイッチにするのもお勧めで、

肉汁の甘味と具材が妙にマッチして、

ワインによくあう深い味わいなんだ。

(↓画像では、見えなくなっちゃった、赤玉ねぎも味のポイント)

フライパンで焼いたときは、その焼き汁で簡単ソースを。

今回は、みょうがを使って。

外はこんがり、中はレア気味くらい赤く、

胡椒のタイミングも気に入ってくれたみたい。

カチカチ、カチカチ、焼いているときの音もポイントで、

楽しかったね。

次回は、3Kgかたまりでやってみよっかな。

↑こちらは、USビーフ、

チャックテールフラップ(肩ロース、貴重なザブトンの部位)

もう、赤身ファンになった生徒さん、

これから赤身肉授業を迎える生徒さん、

まだまだ赤身授業は、続きます。お楽しみを。

AD

日本を代表する米どころ、秋田。

その秋田の郷土料理、「きりたんぽ」「きりたんぽ鍋」を

本場の産地、秋田県大館市の

"農家だからできるおもてなし"をコンセプトに、

様々な体験講座を実施し、食育活動も展開中の

「陽気な母さんの店」オーナー、石垣一子先生

から習ってきました。

私も実際に作ってみたよ。美味しかったよ。

こだわりの煮込み方も伝授いただいたよ。

 

今から、生徒さんが楽しみにしている「きりたんぽ」フレンチ忘年会、

ますます楽しみになってきた。

 

ところで、秋田って、「米」、「きりたんぽ」ばかりでなく、

・酒

・稲庭うどん

・ハタハタ ハタハタ加工品

・秋田牛

・比内地鶏

・漬物

・発酵食品

と独自の食文化、おいしいものいっぱい。

日本の米どころ、肥沃な土地には豊富な食材があるって、納得だね。

それに加え、今日は、「陽気な母さんの店」

石垣一子先生の秋田の話、人柄にも触れて、

先生のような人の温もりが、

その土地の料理の技・知恵を生み出し、

食文化がつくられていくのかな。と思ったよ。

秋田の米料理については、もう少し勉強してみたいなぁ。

 

主催のカイハウス様、ありがとうございました。

 

*陽気な母さんの店

お問合せは、tel/fax 0186-52-3800

*秋田のお米

秋田県アンテナショップ「あきた美彩館」

03-5447-01010

秋田ふるさと館

03-3214-2670

秋田がギュッとつまったショッピングモール

秋田の特産品「秋田ずらり」

*秋田県からのお知らせ

秋田米フェスティバル

10月15日(土)~16日(日) 代々木公園

(発酵食イベント「納豆フェスタ」と同時開催

あきたのお米と食を楽しむ女子会

10月6日(木) 19:00~21:00 あきた美彩館

AD

先日、パナソニック株式会社様による

本格調理家電 e-PROseries

発表会へ招待いただき伺ってきました。

e-PROseries

料理探求層(Explorer)のための本格調理家電

・ハイパワーミキサー

・マルチプロセッサー

・ハンドブレンダー

の3機種。

新商品発表会では、これら機器を使う

六本木「エディション・コウジシモムラ」オーナーシェフ

下村浩司シェフ考案レシピに基づく、実演と試食!

シェフの隠しワザも伝授したよ。

 このe-PROseries、どれも驚きの技いっぱいです。

【ハイパワーミキサー】

今までの禁止食材にも対応

魚の骨や手羽先の骨まで攪拌できるから、

フランスで学んだ味のフォンまで家庭で出来るし、

家ではなかなか無理と思っていたなめらかなピュレも可能。

【マルチプロセッサー】

ナッツ類のペーストもオートメニュー!

アーモンドペーストもちろん、

ノワゼットペースト、ピスタッショペーストも家で作れるから、

お菓子作りの幅が広がるね。

しかも一度にたくさんの下ごしらえができるから、

おもてなし、パーティメニューにも応用できそう。

【ハンドブレンダー】

高速、低速、間欠モードと付属アタッチメントで、

食材を細かくカットしながら攪拌できるし、

食材や料理に適した回転速度で使えるから、

今まで「ブレンダーでは、ちょっと」と思っていた調理も

思うままに。

e-PROseries スタイリッシュでかっこいい。 

なんたって、食洗器対応だから、

家庭で料理する人にとっては、嬉しいね。

 

これがあれば、家庭料理もワンランク上の味が実現だね。

私もこれからのレシピ作りにワクワクしているよ。

このe-PROseries 発売は、11月1日から順次、

エコール・ド・ガストロノミ・ラフィネでも、

提携料理教室として、体験レッスン実施いたします。

実際に試し、調理、味の違いも体験し、

家庭で「エディション・コウジシモムラ」のような

星付きレストランの味を楽しみましょうね。

 

今回の新商品発表会、

会場のマンダリンホテルのサービも最高で、

次は、生徒さんと一緒に行きたいな。 

本企画のキッチンライフ様、ありがとうございました。 

吉報!

生徒さん、「ワインエキスパート一次、合格」。

嬉しいです。

頑張ったよね。

二次に向けては、次回の授業で、楽しく特訓しましょっか。

ふふっ。秋の古酒の会も楽しみになってきた。

 

さっ。「ワインごはん」の会、追加クラスのご案内です。

9月4日、午後@自由が丘

 

予定レシピメニューは、

夏のフローズンカクテル

いかのキーウィソース

たこのココット焼き

肉のパテ

ワインエキスパート一次合格

(二次に向けての)お祝いレシピメニュー

どん!とやりますよ。

ふふっ。お楽しみに。

 

赤ワインのソルベ、バラ風味のチアシードかけ

レシピの詳細、ワインとのペアリングコツと楽しさ、

は、授業でゆっくりと。

 

お申込み、詳細、ご希望の方は、info@yoshieisogai.com

↑半角

まで、ご連絡ください。

ワインを飲みながら、

何かもう1品欲しいな。

そんなときに、役立つレシピかな。

イカ、タコ、って、ワインの国、フランスではあまり食べないけど、

焼くと香ばしくて、ついついワインが欲しくなるんだよね。

チャチャっと作れて、ワインにあう「ワインごはん」、

家飲みワインには、必須だね。

 

「ワインごはん」東京教室9月にクラス追加いたしました。

参加ご希望の方は、ご連絡ください。info@yoshieisogai.com

                                                    ↑半角へ変換を。

&出張料理で、このメニューご希望の方は、メッセージくださいね。

 

ご一緒に「ワインごはん」を楽しみ、思い出の「家飲み」を。

お気に入り。

先月のパソコン故障に続き、

長年愛用していたフードプロセッサーも使えなくなると同時に、

キッチンにやってきたミンサー

ひき肉の味は、もちろん。

フードプロセッサーとは、また違った料理の楽しさがあるよ。

ふふっ。

いいでしょ。イタリア製だしね。

にょろにょろ、と出てくる様子は、生徒さんからも注目されたね。

まずは、鶏、豚、レバーを用意して、自家製肉のパテから。

家庭で手に入りやすい材料でとっておきの味がつくれるのが、

ミンサーならではの技、

「おうちごはん」のいいところ、自家製パテのいいところ。

 

ふふっ。

これ一台で、「ワインごはん」も盛り上がりそう。

肉のパテは、私の出張料理メニューにも。

楽しみだね。

 

遅ればせながら、インスタグラム はじめました。

こちらも宜しく!

 

 

私も生徒さんも愛読のELLE A TABLE

SEPTEMBER 2016 №87発売!

 

LOVE CORIANDER 愛しのパクチー

(↑いつでもどこでも、持ち歩いているから、ごめんなさい。

もう、折れがあったり・・)

 

嬉しいね。皆が好きなパクチー。

今月は、ELLE A TABLEを片手に、パクチー料理を語ってみよっか。

ふふっ。楽しみだね。

 

そして別冊付録のELLE Cooking、

好評連載のウワサのキッチン家電に注目を。

今回のお題は、「ヨーグルトメーカー」

おこがましくも、提案させていただきました。

 

生徒さんと一緒に味見した出来立ての自家製ヨーグルト、

ヨーグルト料理、今回の提案をとおして、

盛り上がった授業、楽しかったね。

 

ELLE A TABLEさんへの提案内容は、

ヨーグルトを使った塩味、甘味ディップ。いろいろ試作したよ。

ヨーグルトメーカーがあると料理の幅が広がるね。

左から、ココナッツ・カカオニブ、白みそ黒糖、たらこ

左から、リッチクリーム&ドライフルーツバルサミコ、にんにくハーブ、

ブルーチーズはちみつ。

 

私がリポートしたヨーグルトメーカーは、「特化しているのがいいで賞」

掲載記事は、P13 ぜひ、チェックを。