ラ・ヴィ・ドゥ・ショコラのお届け

2016年AWARDS de la Recherche Creative獲得の

ID SUCRE。

会員様の間でも話題のショコラティエでした。

15フレーバーの中、一番注目は、

AWARDSに輝いた一粒LEMON。

ノワゼットのプラリネから

品のいいレモン風味。

 

本当に最高でしたね。

 

レモン風味のガナシェ

Mentonも好きですよ。

 

今回のカカオ比べは、

Perou

Madagascar

Venezula

それぞれの感想は、(上から順に)

エレガントで繊細に広がる風味

カカオの王の迫力凄い!

カカオ好きを虜にする品のよさ

 

どれも驚きの味わいでした。

次のお届けは、11月、

どんなショコラが登場するか、楽しみですね!

 

AD

北インドを原産とし、亜熱帯・熱帯地方に

広く自生する木、モリンガ。

「生命の樹」「緑のミルク」などと呼ばれ、

驚異的な栄養価をもつ。

実は、味比べをしたくて、

たまたま砂糖を加えて湯で溶いたら、驚き、ぶくぶく泡が!

新鮮なうちに低温乾燥し、発酵が進む前に

加工されているモリンガパウダー凄い、酵素たっぷり!!

美容、健康効果にも期待。

加熱しない調理で味わいたいね。

まずは、ロー・デザートで

モリンガのグリーンノートには、

南国の果物がよくあう。

ココナッツミルクベースにパイナップルをトッピング。

 

モリンガのチアシードプリン

ココナッツミルク、蜂蜜、チアシード、モリンガパウダー、

を混ぜ合わせて、器に注ぎ冷蔵庫で固める。

5mm角に切ったパイナップル、レーズン、ミントをのせて完成。

 

試作して、試食して、どんどんモリンガに夢中になっていく。

 

モリンガ基本ソース2種

&モリンガ―塩天ぷらもおいしかったよ。

 

モリンガレシピ作り、まだまだ続きます。

お楽しみに!

AD

ジャングルピーナッツって、知っている?

アマゾン・熱帯雨林地帯の奥深くで発見されたナッツの原種。

その中、私が試食させていただいたサンフード

野生のジャングルピーナッツは、

アマゾン川上流に住むシュアール族によって収穫され、

殻のまま天日干したあと、低温乾燥(48℃以下)されたもの。

滋味深く、甘み上品で、しっとりなめらか。

ホント、知らなかったピーナッツのおいしさ。

 

この味わいをそのまま生かしたくて

ナッツごはん、考えてみました。

せっかくの低温乾燥によるおいしさだから

ジャングルピーナッツは、加熱せず。

 

ジャングルピーナッツ・スパイスごはん

といでざるに30分あげた米、ココナッツオイル、

シナモンスティック、カルダモン、レーズン(あればゴールデンベリー)、

塩、水でごはんを炊いて、ココナッツオイルを加えて蒸らし、

ジャングルピーナッツを混ぜて、香菜を添えて完成。

 

スパイスごはんと一緒にかみしめたジャングルピーナッツの

香ばしさで、食がすすむよ。

必須ミネラル、必須アミノ酸たっぷりで、嬉しいね。

香菜以外に、青じそ、クレソン、ミントを添えてもおいしいよ。

 

発売日が待ち遠しいね。

AD

スーパーフードに夢中なこの頃、

料理をすることも、食べることも、

新しい発見があって、毎日、ワクワクしています。

少しずつ、ご紹介していきますね。

 

まずは、NASA(アメリカ航空宇宙局)が「21世紀の主要食」と

認めた「穀物の母」キヌア。

パワフルな栄養価で、ほっくり自然のおいしさ。

プチプチした食感でかみしめると自然の甘み

と大地の恵みを思わせるような滋味。

ふふっ。

このような素材は、あまり調味せず

自然の味をいかしたいね。

ドライフルーツとナッツを加えただけで、

バランスよくって。

今回は、燻製穴子に添えて前菜に。

少し煮詰めたバルサミコで甘酸っぱくアクセント。

ミントがよくあうよ。

 

サンフード オーガニック トリコロールキヌア、

味わいもちろん、色も好きで、

レシピ作りが楽しい!

 

穴子のトリコロールキヌア添え

トリコロールキヌアと倍量の水を鍋にいれ火にかける。

沸騰したら蓋をして弱火で10~15分煮て、

レーズン、炒ったスライスアーモンドと混ぜる。(好みで塩少々)

燻製穴子をのせて、とろみが出るくらい煮つめたバルサミコ酢、

ミントを添えて完成。混ぜあわせて食べてね。

 

辛口白ワイン、ビールがすすむね!

 

サンフード オーガニック トリコロールキヌアは、

6月1日(水)コスメキッチン&ビープルバイコスメキッチン先行発売

7月1日(金)全国発売、楽しみだね。

 

連休もあけて、日常稼働。

忙しいけど、思い出にふけることも。

 

GW生徒さんと一緒のムートンの時間、

幸せでしたね。

 

当日のメニューは、

AMANATSUアペロ

レモンオリーブのタルトフランベ

苺のリゾット

穴子のソテー 赤ワインソース、ナッツ風味のキヌア添え

ジゴ・ダニョー・パック

ムートンの為のナチュラルチーズ

熟成ダークチョコ

熟成ヴィンテージレッド

自家製ワインとビスコッティ・ショコラ

 

さぁ。今月の授業も楽しみ、

本科生クラスのテーマは、「燻製」です。

 

 

 

 

 

GWも終わりましたね。いかがお過ごしでしたか。

こちらは、連休中も変わらず、

人が集まり、テーブルを囲み、賑わっていました。

 

ところで、楽しい企画もいざ当日となると、

準備バタバタ。

そこで助かったのが、事前用意しておいたアペロ。

待たせることなく、スムーズにスタートできたよ。

 

そのアペロは、これ、旬の果物AMANATSUのカクテル。

ジンベースで作ったよ。

果物は、皮をむいたらすぐ凍らせるのが、私流で、

キリッと冷えていること、コツ。

ボンベイ・サファイアのお陰か、

香りいい女の子向けのアペロで、皆グイッと♪

楽しかったね。

引き続き、今月の授業も、スタートは、これで行きましょう!

*もちろん、ノンアルコールも用意するよ。

 

ふふっ。

待っているよ。

 

バカルディ

 

これ日本でも馴染みのある
バンホーデンのカカオパウダー。
 
実は、チョコレートの歴史上大切なカカオパウダーの開発。
カカオペーストから脂肪分を抽出し粉末化し
アルカリ処理をして酸味を中和させたことに成功したのが、
オランダのバンホーデン社。1828年のこと。
 
今では、その特有の成分が体にいいことで、
「スーパーフード」としても新たな注目を。
 
また、フランスの食にとっても欠かせない
カカオ、チョコレート。
ガストロノミーの分野でも、知るべき素材だね。
 
おいしい食べ方として、スゥイーツもちろん、
スパイスとして、料理にも使えるんだ。
私の定番、カカオ料理
 
 
海老のカカオソース
 
カカオパウダーを入れることによって、
ソースが一段と力強く
合わせるワインも一回りふくよかなものがあうよ。
ブルゴーニュの~~モンラッシェなんか、いいね。
 
また「熟成ケーキ」(河出書房新社)内の
「ヴィンテージレッド」には、
 
 
カカオをかくし味に使っていて、
ケーキの中で赤ワインと熟成味を作り上げるんだ。
抗酸化成分を含むから、ケーキにとっても
熟成素材となっているんだよ。
 
カカオ、チョコレートの勉強は、
教室、ラ・ヴィ・ドゥ・ショコラでも、やりましょ。

海老のカカオソース、ヴィンテージレッド
カカオに含まれる抗酸化成分のアンチエイジング効果に期待して、
近づく母の日のプレゼントにいもいいかも。
お手元にレシピがある方は、ご参考に。
今週の授業もお楽しみに!
 
アラン・ミリアのストロベリーネクター
飲んでみました!



フランスを思い出す
フレッシュでジューシーな果実味と
すーっと体にとけこんでいくような
優しいテクスチャー。

そうそう、苺って、
甘味ばかりでなく、
酸味も必要。
アラン・ミリアのネクターって、
そのバランスが絶妙でとてもエレガント。

今まで、ネクターとは、
どろっと果物濃いものだと思っていたけど、これは違う。
果物を楽しむ飲みもの。
果物の風味と個性を味わうものなんだと、実感したよ。

このネクター、心地よくて、
ずっとそのまま飲んでいたいけど、
ちょっとやってみた。

ネクターでマリネ



ネクターでドレッシング



どちらも
エレガントな果実味が加わって、
春らしい前菜になったよ。

なんだか、ネクターの価値が変わったなぁ。
次は、どの果物を飲んでみようかな。
果物料理も楽しっ。

果物料理については、
授業でもやりましょう。

alain milliat(アラン・ミリア)
https://www.arcane-jp.com/products/w/jus_nectar.html

お勧めです。
ホット・シナモン・スパイス
昨日の記事に続き、今はまっている
HARNEY & SONSの代表作。

口いっぱいに広がる香りと余韻は、
紅茶としてだけではもったいない。

この高級感を、何か・・・

で、ちょっとやってみた。
ホット・シナモン・スパイスでホットワインを。



名づけて、「ホット・シナモン・スパイス・ワイン」。



若いデイリーワインでも、
深味のある味わい、エレガントな余韻は、
いつものホットワインとは違う、
ちょっと贅沢なホットワインの出来上がり。

試作時、一緒だった生徒さんも満足ワイン

ふふっ。

引き続き5月の授業では、
冷たくしてアペロにする予定。
楽しみだね。



HARNEY & SONS JAPAN
http://www.harney.jp/