1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-02 16:26:38

受験シーズン、勉強のヤル気が出ない脳の自己診断!

テーマ:受験・脳機能講座
連日の受験が続き、この時期は、突如として勉強のヤル気がなくなってしまう方が多いのです。
そこで、クリニックのホームページに、自己診断する方法を解説するページを作りました。
その一部をのせ
 

勉強のヤル気が出ない脳を自己診断!


 

勉強のヤル気がでなくなった場合、次の2つの異なる原因が考えられます。

原因①:脳機能が全般的に働きにくくなっており、ボウっとしている状態。

原因②:脳機能の一部が過剰に刺激を受け、暴走して焦燥感を生む。

スマホの無料アプリを使えば、両者の判別が可能です。

 


ヤル気の低下を生み出す2つの原因!


勉強のヤル気が急に出なくなった場合に、大きく、次の2つの原因が考えられます。

 

1.脳機能が全般的に働きにくくなっており、ボウっとしている状態になっている。

2.脳機能の一部が過剰に刺激を受け、暴走するような形で焦燥感などを生み出してる。

 

注意しなければならないのは、上記の1と2では、脳の中で起こっている現象が、いわば正反対だということです。

 

ですから、どちらのタイプに属するヤル気の低下なのか、正しく見極めないと、適切な対策は取れません。

それどころか、ヤル気を回復させようと思って行った対策が、逆効果になってしまって、症状が悪化することも多いのです。

まずは、1のタイプか、2のタイプか、現状を正しく診断しましょう。

 


自分の感覚で原因を決めつけるのは危険!


早合点してほしくないのですが、ボウっとしているか、焦燥感なのか、自分自身の感覚で正確に把握できると思ったら、大間違いです。

 

受験生の場合、本当はボウっとしていてヤル気が出なくなっていても、勉強が進まなくなっているので、「このままでは落ちてしまう・・・」と不安になり、焦燥感に似た気分にもなっているものです。

逆に、焦燥感が原因でヤル気が出なくなっていても、問題を解くときに、頭が回らない感覚はあるので、ボウっとしているのだと自分では感じることが少なくなりません。

 

当院では、医療用の検査装置を使用して、どちらのタイプに属するのか、診断を行っています。

その際、受験生本人に、「自分では、どちらのタイプだと思う?」と尋ねると、検査結果と逆の答えをする人が、数多くいます。

自分の直感に頼って決めつけるのは、とても危険です。

 


スマホの無料アプリで診断


では、勉強のヤル気が低下した本当の原因は、どうやればわかるのでしょうか?

おすすめするのは、無料の「受験ストレス判定アプリ」を使って、まずはお手軽にスマホで、ご自分のストレスの状態を測定してみることです。

 

<iPhone 版>

https://itunes.apple.com/jp/app/shou-yansutoresu-pan-ding/id1182904077?l=ja&mt=8 

<Android版>

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stressscan.octopus

 

このアプリは、私の監修で誕生したもので、90秒間、指先のヘモグロビンの濃度変化を測定することで、受験ストレスの程度を判定するものです。

もちろん、その名の通り、一般的な受験ストレスの判定にも使えますが、使い方を工夫すると、勉強のヤル気が低下した原因を突き止めるという、まったく別の用途にも使えます。

 

その方法について、簡単にご紹介しましょう。

 

 


ヤル気の低下をスマホで診断する方法!


通常の受験ストレスの判定は、休憩中に測定するのですが、ヤル気の低下の原因をアプリで診断する場合は、気力を振り絞って15分間、勉強を続けてください。

勉強のヤル気が出ない原因を知るには、脳を勉強している状態にしないと、測定しようがないからです。

とにかく、ムリムリでいいので、勉強をするのです。

 

15分、たったところで、勉強を続けながら、利き手と反対の指を使って、アプリの指示通り、測定してください。

その結果、表示される「メンタル偏差値」と「判定」で、ヤル気が出ない原因がある程度は、つかめます。

 

【診断】

メンタル偏差値が50より高く、A判定がB判定の場合

 ⇒ 原因①:脳機能が全般的に働きにくくなっており、ボウっとしている状態

 

メンタル偏差値が50より低く、D判定がE判定の場合

 ⇒ 原因②:脳機能の一部が過剰に刺激を受け、暴走するような形で焦燥感などを生み出してる

 


診断のメカニズム


このスマホのアプリは、「ローレンツプロット法」という分析手法で、指を流れる血流の揺らぎのパターンを解析し、受験ストレスの程度を判定するものです。

休憩中に測定すれば、アプリに画面に表示されているように、A判定は最も余力がある状態で、E判定は最も受験ストレスが高まっている状態だと診断できます。

 

しかし、ヤル気が出ないにもかかわらず、無理に勉強を続けている状態で測定すると、同じ「ローレンツプロット法」の結果を、脳機能の活動状態の指標として用いることができることがわかっています。

 

特に重要なのは、本来の目的通り、休憩中に測定してA判定がでれば、余力があってよかったということになるのですが、無理に勉強しているときにA判定が出てしまったら、それば、脳が休憩中にノンビリしているのと、同じ状態になっているということです。

受験勉強にとって、望ましい状態ではありません。

 

もちろん、こちらのクリニックで使用している医療用の検査機器とは違い、スマホを使った簡易測定ですので、計るたびに、数値が変動することは、致し方ないことです。

何度か測定を繰り返し、平均値を取って評価してください。

 


勉強のヤル気を取り戻す方法


勉強のヤル気を取り戻す望ましい対策は、原因①と原因②では、まったく異なります。

 

原因①(A判定・B判定):脳機能が全般的に働きにくくなっており、ボウっとしている状態 

対策 ⇒ 

 ・心拍数がしっかり上がる激しい運動(無酸素運動)

 ・朝方の生活に変える

 ・音読の勉強を取り入れる

 ・他人と話をする

  

 

原因②(D判定・E判定):脳機能の一部が過剰に刺激を受けて暴走し、焦燥感などを生み出す

対策 ⇒ 

 ・ジョギングや散歩など緩やかな運動(有酸素運動)

 ・睡眠時間を増やす

 ・ノートに図示するなど、頭だけで考えず、手を動かす勉強に変える

 ・ぬるめのお風呂にゆっくり入る。

 

以上は、本郷赤門前クリニックのホームページを抜粋したものです。

興味を持たれた方は元のページをお読みください。

元のページ ⇒ヤル気が出ない脳

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-31 12:53:50

御礼!JR車内広告『今どきの大人を動かす「ほめ方」のコツ29』(文饗社)

テーマ:受験・脳機能講座
今日は、ストレス管理などについて、クリニックで雑誌の取材を受けていたのですが、終わった後、私のマネージャーが「JRの車内で、本の広告を発見しましたよ・・・」とのこと。
これは、大感激。
 
さらにメールを見たら、別の方も広告を発見し、わざわざ写メを送ってくださっていました。
それが、こちら!
オジサンの素敵な髪が写り込んで恐縮ですが、自分の本の広告が出ているのは、あまりに嬉しく、載せちゃいます!!
 
せっかくなので、本の中身から、ひとネタをご紹介します!
 
客観性に乏しいことは、「私」を主語にしてほめましょう!
「この企画の着眼点はいいと、私は思う」・・・といった具合。
「着眼点はいい」というのは、主観的なこと。
これじゃあ、ほめられても効果半減。
でも、「私は思う」をと付け加えると、ほめられた人の脳は、客観的事実に基づいてほめられたときと同じ領域が刺激を受ける。
だって、「私は思う」ということ自体は客観的事実だから。
だから、効果抜群!
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-30 18:51:36

ここまで受験に苦戦している方は必見!勉強の集中力をスマホで測定!

テーマ:受験・脳機能講座
センター試験など、ここまで受験に苦戦しているため、私のクリニックを受診される受験生の中で、検査を行うと、脳の集中力に問題のある場合が、スゴく多いです。
 
そこで、まずは無料アプリで、集中力を評価できる方法を解説したページを、クリニックのホームページに設けました。
 
そのうちの一部をご紹介します。
ホームページのそこかしこを抜粋したので、興味を持った方は、ホームページの元のフルバージョンをお読みください。
 
 

勉強の集中力をスマホで測定!


 

受験勉強の集中力は、スマホの無料アプリで診断できる!

脳の集中力は、勉強の効率だけで判定してはいけない!

「集中力指数」は、スマホアプリで簡単に計算できる!

脳の集中力が高まる「勉強の改善法、トップ5」とは?

勉強中に集中力が高まる「休憩の仕方、トップ5」とは?

 

 


受験ストレス判定アプリで集中力がわかる!


スマホを使い、たった90秒で測定できる、無料の「受験ストレス判定アプリ」・・・。

もちろん、その名の通り、一般的な受験ストレスの判定ができるのは当然ですが、

使用方法を工夫すると、勉強中の集中力を測定することも可能です。

 

 


「集中力指数」で受験勉強を効率アップ!


トータルの勉強時間が同じでも、日によって、学び取れる学習量には大きな差がある・・・。

このことは、勉強に取り組んでいる受験生なら、誰もが痛感されていることでしょう。

 

志望校への合格を勝ち取る上で最も大事なのは、決してムリムリ勉強量を増やすということではありません。

集中力を高めるほうが、はるかに大切です。

 

人間の脳は、大雑把に言うと、「コンディションα:良く言うと集中できているが、悪くいうとストレスを受けている状態」と、「コンディションβ:良く言うとリラックスできているが、悪くいうと集中できていない状態」という、2つのコンディションを行ったり来たりしています。

受験勉強を効率よく進めるには、勉強中には「コンディションα」、休憩中には「コンディションβ」に切り替えることです。

この切り替えが、本当の意味の集中力で、それを客観的に示す数値が「集中力指数」なのです。

 

私のクリニックでは、医療用の検査機器を使って、「集中力指数」を正確に求めています。

しかし、「受験ストレス判定アプリ(無料)」を使えば、ある程度、目安となる値なら求めることができます。

その方法をわかりやすく解説しましょう。

  

「受験ストレス判定アプリ(無料)」

公式URL:https://stress-scan.com/juken_app/

ダウンロードURL:

<iPhone 版>

https://itunes.apple.com/jp/app/shou-yansutoresu-pan-ding/id1182904077?l=ja&mt=8 

<Android版>

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stressscan.octopus

 

 


勉強の集中力の測定方法!


ここでは、脳機能を高める勉強法に改善するための、具体的な「受験ストレス判定アプリ」の測定の仕方を解説します。

一般的なアプリの使用方法とは異なるので、注意してください。

 

【ステップ1】 まず、勉強しながら測定する!

勉強中に、利き腕と反対の指(右利きだったらひだだり手の指)を使って、「受験ストレス判定アプリ」で測定してください。

これは、通常のアプリの使用方法とは異なる測定方法です。

 

受験勉強の中には、「世界史や日本史の教科書を読みながら、時代の流れをつかむ」、あるいは「物理や化学の教科書を読んで、その項目の大まかな理解をする」といった、そいれほど根を詰めなくてもできる勉強もあります。

このようなタイプの勉強中は、集中力指数の測定はできません。

 

集中力測定に向くのは、「時間を計りながら、数学の問題を必死になって解く」、「英語の長文問題を制限時間の中で必死で解く」といった場合です。

このときに得られる「メンタル偏差値」は、勉強中の脳に残された余力、言い換えれば、集中せずに楽をしている度合いを表しています。

また、このときに表示される「判定」は、どれくらい集中力が上がりにくくなっているか、その深刻さを示しています。

 

 

【ステップ2】 次に、休憩しながら測定する!

次に、勉強中と同じ姿勢のまま、目を閉じて休息を取ってください。

そのときに、先ほどと同じ指を使って、再度、「受験ストレス判定アプリ」で測定してください。

 

これは、通常の「受験ストレス判定アプリ」の使用方法と同じです。

このときに得られる「メンタル偏差値」や「判定」は、やはり、通常の使用方法と同じで、脳のメンタル面の余力を示しています。


勉強の集中力の測定方法!


ここでは、脳機能を高める勉強法に改善するための、具体的な「受験ストレス判定アプリ」の測定の仕方を解説します。

一般的なアプリの使用方法とは異なるので、注意してください。

 

【ステップ1】 まず、勉強しながら測定する!

勉強中に、利き腕と反対の指(右利きだったらひだだり手の指)を使って、「受験ストレス判定アプリ」で測定してください。

これは、通常のアプリの使用方法とは異なる測定方法です。

 

受験勉強の中には、「世界史や日本史の教科書を読みながら、時代の流れをつかむ」、あるいは「物理や化学の教科書を読んで、その項目の大まかな理解をする」といった、そいれほど根を詰めなくてもできる勉強もあります。

このようなタイプの勉強中は、集中力指数の測定はできません。

 

集中力測定に向くのは、「時間を計りながら、数学の問題を必死になって解く」、「英語の長文問題を制限時間の中で必死で解く」といった場合です。

このときに得られる「メンタル偏差値」は、勉強中の脳が、余力のある状態、言い換えれば、集中せずに楽をしている度合いを表しています。

また、このときに表示される「判定」は、どれくらい集中力が上がりにくくなっているか、その深刻さを示しています。

 

 

【ステップ2】 次に、休憩しながら測定する!

次に、勉強中と同じ姿勢のまま、目を閉じて休息を取ってください。

そのときに、先ほどと同じ指を使って、再度、「受験ストレス判定アプリ」で測定してください。

 

これは、通常の「受験ストレス判定アプリ」の使用方法と同じです。

このときに得られる「メンタル偏差値」や「判定」は、やはり、通常の使用方法と同じで、勉強の余力を示しています。

 


集中力を改善できる勉強法!


集中力を改善するには、以下のような勉強法や休憩の仕方が有効です。

 

ただし、これは、あくまでも一般論に過ぎません。

すべての方法が、お一人お一人に確実に効果があるというわけではないのです。

 

そのため、一通り試してみて、その都度、「集中力指数」を測定し、ご自分の脳機能のタイプに合っているかどうか、検証が必要です。

検証をしてみて、集中力指数が改善していなければボツにする、改善していれば毎日の習慣として取り入れてください。

 

【集中力が改善できる勉強の仕方】

・ストップウォッチを用いて、一問ごとに時間を測定しながら問題を解く。

・自宅ではなく、図書館や自習室など、他の受験生もいる場所で勉強する。

・キーワードを教科書の余白に書くなど、常にペンを動かしながら勉強する。

・イスに座り込むのではなく、時には立ち上がって勉強する。

・利き手と反対の手で、大事な部分を指差ししながら勉強する。

 

【勉強中の集中力が高まる休憩の仕方】

・イスの上で、正座やアグラをかきながら、目を閉じることで、瞑想する。(イスの上のプチ座禅)

・窓から外の風景をボウっと眺める。

・口をすぼめ、ゆっくりと、肺の中にある息を吐ききる。

・鏡を見ながら、しっかり目尻を細めた状態の作り笑顔をする。

・悩み事を紙に書き出すことで、頭の中からリセットする。

 

以上は、本郷赤門前クリニックのホームページを抜粋したものです。

興味を持たれた方は元のページをお読みください。

元のページ ⇒ 勉強の集中力をスマホで測定!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-27 17:36:47

入試シーズンまっただ中!受験不眠のストレス判定

テーマ:受験・脳機能講座
入試のシーズンの真っ只中です。
今、最も大事なのは、質の良い睡眠をしっかり確保することです。
 
怖いのは、「受験不眠(Exam insomnia)」です。
スマホで自宅で診断できる方法を改善策について、ホームページに書きました。
その一部をご紹介します。

受験不眠のストレス判定

(Exam insomnia)


受験の不安やイライラで眠れなくなる症状を、「受験不眠(Exam insomnia)」といいます。

無料の「受験ストレス判定アプリ」を使えば、スマホで「受験不眠」の改善が図れます。

測定したデータの読み方や「受験不眠」の改善方法を解説します!

 

 【受験不眠の改善法】

  ・お風呂に入るベストの時刻

  ・お風呂に入る最適な長さ

  ・勉強の中身の改善法

  ・勉強する科目の選び方

  ・脳機能に効果のある身体のほぐし方

 

 

試験が近づいてくると、不安のために眠れなくなるという受験生は少なくありません。

また、受験勉強のイライラのために、眠れなくなる場合もあります。

これが、「受験不眠(Exam insomnia)」と呼ばれる現象です。

 

怖いのは、受験ストレスと受験不眠は、それぞれが原因となることによって悪循環を引き起こすということです。

受験ストレスが原因で不眠になるのですが、その不眠が原因となって、受験ストレスがさらに悪化します。

こうして、受験ストレス⇒受験不眠⇒受験ストレス⇒受験不眠⇒受験ストレス⇒⇒⇒・・・といった具合に、とめどなく悪循環を起こすわけです。

もちろん、この恐ろしい連鎖を断ち切らない限り、合格は勝ち取れません。

 

 


スマホアプリで今すぐ測定!


「受験不眠(Exam insomnia)」かもしれないと感じたら、真っ先にやっていただきたいのが、現在の状態を正確に知ることです。

おすすめは、私が監修している「受験ストレス判定アプリ」で測定してみることです。

現在は無料でダウンロードでき、スマホを使って、たった90秒で、受験ストレスを手軽に判定できるので、とても便利です。

 

もちろん、その名の通り、受験ストレスは全般的に判定できるのですが、測定の仕方を工夫すれば、受験不眠の予防や改善に、大きな力を発揮してくれます。

 


受験不眠を防ぐ測定法!


「受験ストレス判定アプリ」は、各科目の勉強法の改善や、一日24時間のリズムであるサーカディアンリズムの適正化など、測定の仕方によって、様々な用途に活用できます。

ここでは、そのうち、「受験不眠(Exam insomnia)」を防ぐための測定法をご説明します。

 

【測定の手順】

1.夜、寝る時刻になったら、ベッドに横になり、5分間ほど、両手の手のひらを、少し強い力で、もみほぐしてください。

2.このとき、できる限り受験や勉強のことは考えず、ボケっとした状態にしておいてください。

3.次に、スマホを使って「受験ストレス判定アプリ」で、メンタル偏差値を測定してください。

4.アプリの使い方は、通常と同じで結構です。

5.測定結果はスマホに自動的に記録されるので、メモを取る必要はありません。

6.測定が終わったら、そのまま寝てください。

 

 

 

公式URL:https://stress-scan.com/juken_app/

ダウンロードURL:

<iPhone 版>

https://itunes.apple.com/jp/app/shou-yansutoresu-pan-ding/id1182904077?l=ja&mt=8 

<Android版>

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stressscan.octopus

 


メンタル偏差値の読み取り方!


脳の中にある視床下部は、1日24時間のサーカディアンリズムを刻んでいます。

視床下部の機能が正常に保たれていたら、寝る直前の時間は、一日の中で、最もメンタル偏差値が高くなる傾向があります。

 

さらに、5分間、寝そべった状態で手のひらをもみほぐすと、血液の循環が活発になり、手のひらから熱が放出されます。

その分だけ、脳にたまった熱が捨てられる影響で、脳全体が睡眠のモードに切り替わります。

これにより、寝付きが良くなり、さらに睡眠の質が高まるため、受験生の方は、みなさん、寝る前に手をもむことをおすすめします。

 

注意しなければならないのは、時刻と手をもんだことによる影響で、メンタル偏差値は、本来より、よいデータが出ているということです。

良い判定が出たからといって、安心してはいけません。

 

逆に、にもかかわらず、D判定やE判定が出た場合は、勉強の方法や生活の仕方に、ただちに改善が必要です。

以下の改善策を、毎晩、一つひとつ試してみて、「受験ストレス判定」と繰り返し、あなたにとって最も効果的な方法をみつけてください。

 


受験不眠の改善法!


受験ストレスの判定が悪かった場合、以下の対策を試してください。

 

お風呂に入るベストの時刻

大半の受験生が、寝る直前にお風呂に入っています。

しかし、質の良い睡眠を取るには、寝る2時間前、あるいは3時間前にお風呂に入った方が良いというデータが出ています。

ただし、効果の大きさは個人差が大きいので、お風呂に入る時間を変えてみて、その都度、寝る前に受験ストレスを測定し、比較してください。

 

お風呂に入る最適な長さ

入る時刻だけでなく、どれくらい長くお風呂に入っていたかも、受験不眠に影響します。

一般的には、半身浴で、長い時間、湯船に使っていたほうが、ストレス緩和に役立ちます。

しかし、忙しい受験生にとって、一律に、長く入れというのは、現実的なアドバイスではないでしょう。

やはり、個人差が大きいので、長く入ったときに、どの程度、受験ストレス判定が改善するのか、試してみるのがベストです。

 

勉強の中身の改善

よる寝る直前は、暗記中心の勉強をすべきです。

寝ている間に、覚えたことが効率よく、長期記憶として定着するためです。

逆に、数学の難問、英語や国語の読解などは、脳に過剰なストレスを与えるため、寝る直前にやるのは、望ましくありません。

 

勉強する科目の選び方

嫌いな教科、苦手な分野を勉強すると、受験ストレスが高まるため、やはり寝る前には避けるべきです。

以上は大原則ですが、その他、お一人お一人、脳のタイプが異なるため、夜の勉強の中身を変えてみて、受験ストレス絵の影響を測定しましょう。

 

脳機能に効果のある身体をほぐし方

ストレッチやヨガなど、寝る前に身体をほぐすことによって、受験ストレスは改善します。

とはいっても、やはり、忙しい受験生が、・・・ 《続きを読む》

 

続きを読む ⇒ 本郷赤門前クリニックのホームページ「受験不眠のストレス判定」

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-25 11:12:44

受験ストレス判定アプリ(無料)、ホームページで解説!

テーマ:受験・脳機能講座
先月に配信を始めた「受験ストレス判定アプリ」が、すごく好評!
メディアからの取材依頼や、お問い合わせも多くいただき、ありがとうございます。
 
そこで、弊院のホームページでも、使い方や判定の見方について、本日、新しいページを設けました。
以下、その一部です!!
 

受験ストレス判定アプリ(無料)


 

受験生に心強いアプリが誕生

吉田たかよし 監修!

受験ストレス判定(無料) で、あなたの「メンタル偏差値」が分かる!

受験勉強や本番にのぞむアドバイスが満載。科学的ストレス判定機能付き!

 

スマホであなたの指を流れる血液中のヘモグロビンを検出し、受験ストレスの状態を判定します。

受験勉強をすすめる上で、メンタル面に問題はないか、どれくらい勉強に余力が残されているのかわかります。

受験ストレスの状態について、A判定からE判定まで、5段階の評価が出ます。

 

 

公式URL:https://stress-scan.com/juken_app/

ダウンロードURL:

<iPhone 版>

https://itunes.apple.com/jp/app/shou-yansutoresu-pan-ding/id1182904077?l=ja&mt=8 

<Android版>

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stressscan.octopus


スマホで受験ストレスを管理!


受験ストレスを正確に診断するには、光トポグラフィー検査や心拍のパワースペクトル解析といった専門の特別な検査が必要です。

実際、弊院では、こうしたデータを元に、勉強の方法や一日のスケジュールを見直すことで、ストレスの緩和と脳機能の向上を図り、志望校への合格につなげています。

 

ただし、ストレスの診断は、高度な測定装置を使って正確に分析することも必要ですが、同時に、日々の変動や一日の中の時間帯による変動を、大雑把でいいので測定するということも必要です。

クリニックにご来院されたときだけ測定するということでは、こうしたデータを得ることはできません。

 

そこで、弊院院長(吉田たかよし)がエグゼクティブフェローを務める日本メンタルヘルス研究センターで、誰でも手軽にスマホで受験ストレスを判定できるアプリを開発していただきました。

それが、「受験ストレス判定アプリ」です。

 

将来的には有料化される可能性がありますが、現在は無料で配信しています。

有料化される前にダウンロードをしておくことをおすすめします。

 


アプリで受験ストレスが判定できる理由とは?


受験ストレス判定アプリの測定の仕組みは、よく工夫されています。

まず、スマホのカメラの部分に指を置いていただいて、測定開始を押していただきます。

すると、カメラの隣りにあるライトが点灯します。

その光が指に入ってきて、指の中を流れる血液のヘモグロビンに透過し、赤い色が付きます。

この赤い周波数の光の量だけを、隣りに設置されているカメラでリアルタイムに測定し続けるというものです。

 

スマホの画面には、まもなく、目まぐるしく上下するグラフが刻々と描かれていきます。

これが、計測されているあなたの瞬間瞬間におけるヘモグロビンの量なのです。

心電図を見たことがある方は、よく似たグラフだとお気づきになるかもしれません。

正確に言うと、末梢の血液量の変化を示すグラフなので、医学的には脈波と呼びますが、実質的には心電図と同じです。

 

心臓は、ドッキンドッキンと鼓動を打ちます。

実は、心臓の鼓動は同じリズムではありません。

必ず、一拍ずつ、その長さが揺らいで変化するのです。

 

患者さんにその話をすると、「それって、不整脈?」と、ご心配される方が多いのですが、心拍のリズムが揺らぐのは、むしろ健康の証です。

実際、心不全が進行すると、心拍の揺らぎが消えていきます。

同様に、ストレスが悪化すると、やはり、心拍の揺らぎが少なくなり、メトロノームのように一定のリズムに近づくのです。

 

「受験ストレス判定アプリ」では、受験勉強によるストレスに特有に見られる心拍の変動のパターンを「ローレンツプロット法」と呼ばれる分析手法で解析することで、受験ストレスの程度を科学的に定量化します。

 

 

公式URL:https://stress-scan.com/juken_app/

ダウンロードURL:

<iPhone 版>

https://itunes.apple.com/jp/app/shou-yansutoresu-pan-ding/id1182904077?l=ja&mt=8 

<Android版>

  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.stressscan.octopus


「受験ストレス判定アプリ」は正確なのか?


アプリで受験ストレスが測定できるというのは、簡単でお手軽だというのは大きな長所ですが、問題は、どの程度まで正確に測定できているかということです。

弊院で、受験ストレス判定アプリと医療用の検査装置との両方で同時に測定し、測定結果がどの程度まで一致するか、実験を行いました。

その結果、相関は81.7%というデータが得られました。

 

この数字をどう評価するか、詳細は医師によって見解が別れると思いますが、以下については、概ね、コンセンサスが得られると思います。

 

1.「受験うつ」などの病気の確定診断に使える精度には至っていない。

2.日常の受験勉強におけるストレス管理の目安としては十分な精度に至っている。

 

 


「メンタル偏差値」とは?


メンタル偏差値は、あなた同年齢の人の測定結果をもとに、あなたのその瞬間その瞬間におけるメンタル面の状態を、相対的に評価した数値です。

 

この数値が高いほど、ストレスの発散がうまくできているなど、まだ、さらに勉強を頑張れる余裕が残っている状態だと言えます。

 

逆に低い数値が出た場合は、メンタル面に何らかの問題が生じている可能性が高く、このままの状態で勉強を続けても、成績が上がらないどころか、逆に低下してしまう恐れがあります。

勉強法の見直しや、休憩のとり方を改善するなど、何らかの対処が必要です。

           


「受験ストレス判定」の見方!


【A判定】

現在のメンタルコンディションは、まだまだ十分に余裕があると推定できます。

さらに頑張って勉強することで、成績を順調に上げられる状態です。

ただし、すぐにメンタルコンディションが悪化することもあるので、定期的に測定し直してください。

 

【B判定】・・・・

 《続きを読む》

 

 

続きを読む ⇒ 本郷赤門前クリニックのホームページ「受験ストレス判定アプリ(無料)!」

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

 

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み