"片づけ観音"【片づけ苦手ゼロにする】収納教室・ 進化する片づけ/片づけ新常識・・片づけ大革命・龍ヶ崎/茨城➡全国へ世界に!

【収納コンサルタント】片づけ観音/吉田トシコが
”家族がHappyになるお手伝いします。
・収納教室 ・個人コンサル
・コミニュケーション・ゴムストレッチ 等で  ≪片 け 体 質 ≫  にサポートします。


テーマ:

テーマ:

『夢をかなえる片づけ観音さま』 No.1

 

6月21日(火)先負 夏至

朝からしとしと雨。空気の入れ替えしようと思って窓を開けたら、むっとした湿気たっぷりの風が入ってきた。

 

紫陽花の花は好きだけど、梅雨の時期は大嫌い。気を抜いているとすぐにカビが生えちゃうから。

 

冷蔵庫の中だって安心出来ない。このあいだも徹が残した人参の煮物をタッパーに入れてしまってたのに、たった3日で白いヌメリがついて捨てた。

 

お風呂もそう。1週間に1度はちゃんと掃除してるのに、タイルの目地にピンクのカビがポツポツ出現する。

 

テレビでコマーシャルしてるお風呂用洗剤やカビ取り剤使ってみるけど、コレ!っていうのは見つからない。

 

そのうちカビとの闘いに疲れちゃって、もうどうでもよくなっちゃう。カビのない国に引っ越したいヨォ!

 

でも仕事場じゃそんなこと言っていられない。給湯器の管理状況が悪いと、お茶に菌が繁殖してしまうこともあるらしい。

 

今日は初めて給湯器の清掃をひとりで担当することになり緊張した。

 

メモを見ながら、最初の一台目を開ける。給湯器の中に残っている茶葉のかすを捨て、手順に従ってパーツを取り外して専用の洗剤でひとつひとつ洗う。

 

次に使い捨ての薄いビニール手袋をはめて、ペーパータオルで周囲についている水分をきれいにふき取る。

 

給湯器の抽出口周辺は一番汚れやすいところなので、アルコールスプレーで丁寧に消毒する。

 

全部の工程が終わったら元通りにパーツを取り付け、先輩にチェックをしてもらい無事終了。

 

ホッとして家路についた。

 

 

6月22日(水)仏滅

今朝、ヘンなことがあった。…まだ身体が本調子じゃないのかもしれない。

 

仕事に行く前に軽く風呂の掃除をしようと思って壁に洗剤を振り撒いていたら、どこかで「ポン!」って弾けたような音がした。

 

弘さんは会社面接に出かけ、隆はさっき学校に行ったばかりだった。

 

(忘れ物して戻ってきているのかしら?)と思い手を止めた。

 

耳を澄まして聴いてみると、私の部屋の方から聞こえてくる。スポンジを置いてゆっくり部屋に近づいてみると、

 

「はぁ~、スッポン! はぁ~スッポン!」っていう不気味な音がドアの向こうから聞こえてくる。掛け声とも太鼓の音ともつかない変わった音。

 

恐る恐るドアを開けると、目の前にヘンな出で立ちの女性が立っていた。

 

頭の上には光る石が付いた冠をかぶり、背中には身長の半分ぐらいもある黄金色の丸い板を背負っている。よく見るとその丸い板は細かい唐草模様で彫金されてた。

 

オーガンジーのような淡い薄緑色の衣をまとい、こちらを見てニコニコしている。

 

(だ、だれ、だれ、この人? そういえばみんなが出かけた後、玄関のカギかけてなかったかもしれない!!)頭の中が真っ白になる。

 

「おはようさん、焦らんでもいいがね。不審なモンと違うけんね。ほれ、こん前会ったとでしょ」と親しげに話しかけてきた。

 

「え? ど、どこかでお会いしましたっけ?」

と応えながら、これは新手のセールスレディーかもしれないと思う。

 

私は道でよく呼び止められるタイプなのだ。アンケート用紙を持った女性に声をかけられついて行ったことが何度かある。

 

小さな部屋に呼ばれて、商品を売りつけられそうになり飛び出してきた経験もある。ひょっとしたらあの後、つけられていたのかもしれない。

 

(こういうときは、警察? 電話リビングだし、スマホはバッグに入れっぱなしだし…。でも本人目の前にして警察になんか電話したら、今時どんな目に遭うかわからないしなぁ。あぁ、セキュリティ万全っていう○-roomにしておけばよかった…)

 

早く何とかしなきゃと思うが、なにも浮かばない。

 

すると目の前の女性は、

 

「ほれ、夢枕に立ったでしょうが、私。はぁ~、覚えとらんの? あんなにインパクトあるデビュー決めよったのに。演出効果抜群やと思ったんになぁ。大変だったんよ~、牛久の大仏さんにも出演依頼とかして…」

 

そう言って、やれやれとベッドの上に座り込んだ。左ひざの上に右の足首をのせて片腕で頬杖をつく。まるで中尊寺の半伽思惟像みたいなポーズ。

 

(ああ? そういえば一昨日見た夢!)って思い出したけど、まさかね。

振り返って、机の上を見る。机の棚に飾ってあったお土産の観音像がない…。疲れて私おかしくなっちゃったんだ。白昼夢よ白昼夢って自分に言い聞かせる。

 

「けっこう遠いとこから来てるんよ。テレポテーションいうの使ってね。疲れちゃったから一服してもいい?」

 

観音さまはどこから持ってきたのかポットのフタを開けてカップにお茶を注いで飲んでいる。焙煎の濃いコーヒーの香りが部屋に漂う。

 

「で、どうなの。これからどうなりたいん?」

突然の質問。

 

「ど、どうなりたいって別に…」そう答えながら、

夢ならお伽話みたいに3つの願い事とか聞いてくれるのかな…なんて想像した。

 

「ま、いいわ。そりゃゆっくりとこれから見つけていけば」

シレっとそういうと観音さまは腕時計を見て、

 

「あ~、いけんいけん。もう時間やがね。次の予約詰まっとるんでもう行くけど、また顔出すから。そんときまでの宿題、ここ書いとったから、あとでよ~う見てね。それから私のこと、絶対口外せんといてね。情報漏れると出演依頼増えて大変なん。今でもからだ3つあっても足りないくらいやけん」

 

観音さまと名乗るその人は、私に猫の写真が表紙のノートを手渡した。

 

「そんノート可愛いから、そこに書いといたわ」

 

それは私が大学時代に使ってた、将来についてのことをあれこれ想像して書きとめていたノートだった。でも、途中からは白紙になっていた。

 

「そうそう、あとね風呂の掃除やけど。効率よく掃除するにはコツがあるんやよ。一番はあまりジャージャー水使わないこと。むしろ水分をふき取ることがカビ退治に繋がるんよ。仕事でもそうしてるっしょ?」

薄らとしてきた姿で観音さまがそう言った。じゃね、と挨拶し観音さまは完全に消えた。

 

シーンとなった部屋でノートを開いてみると、中にはこう書かれていた。

 

観音より

「朝、一服お茶を飲んでから出かけること」 

 

 

 

6月23日(木)大安

昨日の観音さまは本当に表れたんだろうか、それともやっぱり白昼夢だったんだろうか。

 

言われた通り、風呂の掃除は最後に水分をふき取ることにした。

 

壁に飛んだ石鹸の泡をシャワーで流し、最後は使ってるバスタオルでササッと水分を拭き取る。たったこれだけのことなのに、実行したら意外にもスッキリ!

 

台所も洗面台も、新しいタオルと取り替えるときに前のタオルで水気を吸い取る。

 

蛇口もついでに拭くと、ピカピカに! 拭き取ったタオルは洗濯機に入れて全自動ボタンをオンして出かける。

 

これは画期的だ。なんで今まで気づかなかったんだろう。

 

 

 

6月24日(金)赤口

今朝は目覚ましが鳴らなくて寝坊。慌ててお弁当を詰めて隆を送り出す。

 

ホッとして椅子に座ったら、猫ノートに書いてあることを思い出してお茶を入れて飲んでみる。

 

なんかホッとする。ボーっとしてたら朝の連ドラのテーマソングが鳴り始めた。

(やだ、遅刻しちゃうじゃない!)服を着替えて家を飛び出す。

 

会社につくと

「今日は病欠が一人いるからちょっと忙しくなるかもよ」と田中さんが言った。

 

スケジュール表には朝から会議が詰まっていて、お茶出しが多い日だった。

 

3人体制のところを私と田中さんの2人でこなすのはきついって思ったけど、今日はなんか心にゆとりがあった。

次に何をすべきかが、頭の中に順々に浮かんできて焦らず仕事を進められる。

 これはひょっとしてあの一服のおかげ?

帰って猫ノートを広げてみると、観音さまが書いたメッセージの下にさらに星印の注釈があった。

 

観音より

「朝、一服お茶を飲んでから出かけること」

 

☆朝茶には福が増す

 

(つづく)

 

 

追伸 6月22日の観音さまのお言葉『お風呂掃除の仕方』の詳細は、会話のところをクリックしてリンク記事で確認してくださいね! 目からウロコの掃除術ですよ~。

 

 

ひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわりひまわり

最後までお読みいただきありがとうございます。

小説『夢をかなえる片づけ観音さま』、これからどんどん面白くなっていきますのでご愛読のほどよろしくお願いいたします。

 

山口りんか

 

 

 

☆生活お役立ちブログもやっています。

こちらもよろしくお願いします。

ダウンダウンダウン

『山口倫可のブログコアラ

 

 

☆猫ブログもやってます。

ダウンダウンダウン

『ネコ撫でゴエ』オッドアイ猫

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。