姫路 リフォーム モリシタ・アット・リフォームの社長 ヨシくんのたわごと日記

姫路 リフォーム モリシタ・アット・リフォームの社長 ヨシくんのたわごと日記


テーマ:

今朝のテレビで24時間営業を見直す店が多いと話をしていた。

ただ、路上アンケートでは24時間が必要だという人が4割いた。

まだ、6割の人が必要だと思ってんだなとあきれた。

 

これまでの日本は顧客満足度アップが当たり前だった。

安い方がよくてどこよりもサービスがいいのが当たりまえ。

しかし、ここにきて事情が変わってきている。

 

全体的に、商売は働く人が中心になりつつあるのである。

考えてみれば当たり前だが、まず生産性だ、お客様の満足だ、

という常識がながらく続いたので再認識といった所。

 

慢性的な人材不足、中小企業まで大企業並みの労働環境整備。

長時間労働の見直しや、休日の確保が本格的になって

無理して労働させるのは悪だ!ということになりつつある。

 

これは労働者にとって、とてもいいことではあるのだが

消費者になったときには不利になるのは当たり前である。

 

労働環境の改善で、クロネコも配達時間を短くするだろうし

吉野家やセブンイレブンは24時間でなくなるだろう。

それに値上げするのも当たり前なのである。

 

であれば、プレミアムフライディを推薦するなら

飲食店の開店時間を早めることはおかしいのである。

あくまで消費者目線。労働時間を増やすだけだからである。

 

労働者と消費者はお互いにリスクを共有しなければ

やっていけない時代になってきたのである。

いたせりつくせりはあきらめて安い物を追求しないことである。

 

しかし、冒頭の割合で言うと

まだ、6割の人は認識が薄いということだ。

もう、日本はそんな余裕のある国ではないのに。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

蕎麦屋でくってたら、5歳ぐらいの子供を連れた

家族が店の中にはいってきた。

お座敷とテーブルがあったんだが、母親が

 

「どっちの席がいい?」と執拗に子供にきいている

こどもはどちらでもいいみたいで答えない

母親は後ろで待っている人の事も気にせず答えをせがんでいる。

 

ばかか。と言う気がした。

どっちでもいいじゃんそんなの。

子どのこと聞く必要ない。

 

この母親は、こうやって子供の言うとおりにしてるんだろう。

たぶん、自分が親に束縛された人生だったのか。

子供にだけは自由にさせてやろうと言わんがばかりに。

 

こうした育て方だと、子供は自分の意志をもつだろう。

親のいいなりにはならなくていいだろうが

今度は自分の思うようにしたいという子になる。

 

さあ、そうするとどうなるか?

親でさえも自分のいいなりになっているのだから

それからの人生も自分中心になるだろう。

 

そして、親になり子供になったときは

子供を自分の思い通りにしたいと考えても不思議じゃない。

 

親がのびのびと育てると、子供もその子供を

同様に育てると思うが

実際はその反対になる可能性が高い。

 

繰り返しなんだよ。

あべこべの。

 

人というのは、とても単純にできている。

ここまで話したことも、決して思い込みではない。

実際に似たような例をいくつか見ているからだ。

 

こればっかりはどうしようもない。

と、最近はあきらめるようになった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「世の中変わった人がいるものだ」と面白半分でいえるときはいいのだが

その人が自分の職場や生活の中で、とてもネガティブになるのならそれはマズイ。

なぜ変わったことをするのか意味を分かって、なんだかの手をうつべきである。

 

たとえば、不平不満をずっと言い続ける人がいるとする。

実際に不満な事があるからしょうがないが、それだけではない。

それしか自分の意見を聞いてもらえなかった過去があるのかもしれない。

 

人には承認欲求というものがあって、自分を理解して欲しいとか

アピールしたいとかあって、その方法は人によってさまざまだからである。

彼の不平不満を言う時だけ、注目をあびたのかもしれない。

 

また、他人は、自分が知っていることなら知っているはずだという誤解もある。

常識とかしきたりとか、自分が当たり前だと思うことが共有されているとは限らない。

しらないから故に行動しているだけで、それがおかしく見えてる可能性がある。

 

もし、こういったことで「変わっている」とレッテルを貼られているのなら

それは、周りの努力で改善できるのである。

 

たとえば、一人一人の考えや意見が聞き取れる場があって、発言者に話してもらう。

そこでの話は100%承認されなくとも、しっかり聞くだけでも承認された気はするだろう。

家庭内でも、子供のはなしをさえぎらず聞き終えるだけでもいいかもしれない。

 

あと、教えるということが大切になる。

普段生活をしていると人は人に教えたがらないなと気づく。

たぶん、教えるのにストレスがあって、見よう見まねで理解してと考える人が多いようだ。

 

めんどうでも、どこまで理解しているか聞いて、不足していることを教える。

こういった時間がついでではなくて、いつもメインな教育方法として活用すると

部下や子供は育つのではないか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。