今日は私が商業の世界に入る前に
携わっていた映画の話をします。


{786532D4-E7AB-4C46-B0DC-03539306BEB3:01}




この映画は18歳~20歳にかけて
六甲山に籠り、季節や成長を
追うように撮影した
自主制作のSF映画です。
私は目から炎を放つ特殊能力
(軍事兵器)を隠し持つ民族の
生き残りの少女という役所でした。



この頃の自分は大学に通いながら
小劇場を転々と客演し、
学生映画や自主制作に
参加していました。
東京での仕事は無論皆無でした。



(炎の描写CG)
{5934917E-0A52-48D6-9F25-7ACA2DE21F42:01}



全て自主の撮影というのは本当に
過酷なもので、当時は何でこんなに
きついのに撮り続けているんだろう
頭の中で混乱していました。



撮り終わった後も
費用が足りない、人手が足りない
私自身に宣伝能力がない
最悪の状況で
お蔵入りになるのかもと
弱気になっていました。



撮ったものの一筋の光も浴びない
映画というのは多々あります。
参加した側としてはそれはそれは
切なくて悔しいことです。



しかし3年経った今
何と東京、大阪にて
上映して頂く事が決まりました。



(格闘シーン)
{3A185CE7-202A-476D-B1B2-F3DF96BF762A:01}



映画制作に携われる事
そこに人が集まっている事
お芝居を出来る場所がある事
それを見てくれる人がいる事




どれも当たり前じゃないんだよ。
と、この映画に参加して
製作陣と出会って
身体に叩きつけられました。



なので、今でも自分への課題は
変わりません。
大事なものを守るため、
自分の夢を失くさないため、
自分が出来る仕事は何でもする。
誰が何と言おうと、
必ず意味があると信じて
一つ一つ丁寧に作る
ただそれだけだと


なのでここでも宣伝させて下さい。
何如せん資金の無い中の
SFへの挑戦なので、拙い部分や
気になる部分はあると思います。
ですが、制作スタッフ皆んな
異様な執念で
完成させた映画です。
ぜひ見に来て下さい。
よろしくお願い致します。



{DAD23D2C-68A7-44F4-88B3-43FC499E7D97:01}




ここまで長々と読んで頂き
ありがとうございました。
何だか昔の事を思い出して
熱くなってしまいました。


そして中々投稿が上手くいかない
私にアドバイス下さり
ありがとうございます。



目黒シネマで一年前に上映された
名作「青春の殺人者」の
監督さんからメッセージも
頂いています。
ありがとうございます。
『160万という超低予算で、
こんなアイデアを映画にしよう
なんてまるで「狂気の沙汰­」だ。
でもその「狂気」は観る者を
シッカリ「純粋ロマン」の世界に
誘ってくれるから凄­い』
(映画監督/長谷川和彦)


コメント(50)