プロフィール作成のための ライターのコツおすそ分け 心に響く人生の書き方☆彡

使う言葉で人生は変わるから。
「響く言葉」であなたの「使命」を「指名」につなぎます☆彡

NEW !
テーマ:

 

あなたの使命を指名につなぐ☆彡

響縁プロフィールライター

番藤芳江(ばんどうよしえ)です。

 

ようこそお運びくださいました。

 

 



{6F75AA54-5608-4521-903D-46B5C172CAD1}



 

先日

こんなメッセージをいただきました。

 

「私の使命がハッキリしたら

芳江さんにプロフィールを書いていただきたい」

 

…ありがとうございます☆彡

とても…とても嬉しいです…!

 

 

 

でも、だからこそ。

「あ…!」と感じたことを念のため

おすそ分け。

 

使命は

待ってるだけじゃ見えませんよ~!

 

 

 

私がプロフィール作成をお受けする時

必ず伺うことがあるのです。

 

「5年後、どうなっていたいですか?」

 

 

 

プロフィールって

今はまだ出会えていない

未来のお客様に向けてのラブレター。

 

未来で出会うためには

プロフィールの中の私たちも

ほんの少し「未来の自分」で

語ることが大切なんです。

 

過去の自分では…

未来のお客様との人生が

交わることはありませんから☆

 

 

 

だから。

プロフィールを書くための材料

揃ったら。

 

「未来の自分」から

その1つひとつを見てみます。

 

そうすれば、

プロフィールに書くべきもの

もう手放してもいいものが見えてくる。

 

そこから今の

あなたの使命も見えてくる。

 

響く人生が書けるのです。

 

 

 

使命は待ってないで掴みに行く!

 

そのために

5年後の未来を心に描く!

 

覚えておいてくださいね☆彡

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

この先も

心に響く人生を

迷わず選んでいけますように☆彡

 

響縁プロフィールライター

番藤芳江

 

 

 

 プロフィールにかえてこれまでのプロフィール作品お問合せ

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あなたの使命を指名につなぐ☆彡

響縁プロフィールライター

番藤芳江(ばんどうよしえ)です。

 

ようこそお運びくださいました。

 

 

 

プロフィール3作目の完成に向けて

あれやこれやと調整をしています。

 

そんな中ずっと

私を支えてくれている相棒を

今回は紹介させてください。

 



それはこのICレコーダー。

 

もう4年以上…ですから

このアメブロを始めるずっと前から

私と共にありました。

 

気づいたのは…つい最近のことです。

 

 

 

image

 

 

 

出会いは会社員時代。

 

広報担当として

取材の席に当時の上司と共に

出させていただくようになって

間もなくのことです。

 

書くのは得意だったけど

取材の受け答えには

自信のなかった私。

 

記者様からのどんな質問にも

揺るぎなく答える上司の姿に

「少しでも近づきたい…!」

そう思って、レコーダーを買ったのです。

 

「録音させてください」と。

 

それが、この子。

 

 

 

録音しては聴き

聴いたそばから上司の話し方を

そのまま真似ては声に出す

シャドーイングを繰り返しました。

 

上司抜きで私が

取材対応をするようになってからは

自分の話し方のチェックにも

もちろん録音…

 

それがいつからか

社内報を任されるようになり

社長や社員のインタビューを

録音するために使うように…。

 

 

 

そして今は

「響縁プロフィール」を書くための

インタビューに同席してくれています。

 

そして2~3秒聴いては止め

止めてはまた再生し…

忙しない私の指の動きにも

嫌な顔ひとつせず付き合ってくれる。

 

 

 

ボタンの機能表示の文字もすっかり

こすれて消えてしまっているけれど

それは指が覚えています。

 

それぐらいずっと

私のそばにいてくれた相棒です。

 

4年の間で

鞄も手帳も変わったけれど

気づけば私の頑張りも

頑張れなかった苦い思いも

この子はそばで見ていてくれました。

 

プロフィールライターとしての

私のデビューを人知れずずっと

見守ってくれていたのです。

 

 

 

{2D5C0265-15F2-4F94-AAB7-F7309056123A}

 

 

 

だから…正直

見栄えは決してよくないのだけど

この子のことは手放せなくて…。

 

現役をこのまま

続けさせるかどうかは分からない。

でも。

 

「ここまで来たよ」

「ありがとね。支えてくれて」

 

ポーカーフェイスの相棒に

感謝の言葉をかけました。

 

 

 

モノのプロフィールと

自分のプロフィールって…

リンクしてるんですね☆

 

そんなことを感じたひとときでした。

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

この先も

心に響く人生を

変わらず歩んでいけますように☆彡

 

響縁プロフィールライター

番藤芳江

 

 

 

 プロフィールにかえてこれまでのプロフィール作品お問合せ

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あなたの使命を指名につなぐ☆彡

響縁プロフィールライター

番藤芳江(ばんどうよしえ)です。

 

ようこそお運びくださいました。

 

 

 

ブログタイトルと

ニックネームを変えて一夜明けて。

 

…ホッとしています。

 

きっと…好意的に

受け止めていただけたのかな…。

そう感じて。

 

ありがとうございます☆彡

 

 

信じていただけるでしょうか…

本当は…怖かったんですよ☆

とても。

 

でも。

やっぱり言葉のチカラは、すごい。

 

それを今、まさに体感中です。

 

 

 

ブログタイトルが

ブログのニックネームが…そして

キャッチコピーが教えてくれます。

 

どんな髪型で

どんなデザインの

どんな色の服を身にまとい

どんな仕事道具を持てばいいか。

 

そういうアイデアや情報が

向こうから勝手に飛び込んでくる。

 

そんな1日を過ごしました。

 

まだ私自身の

プロフィール記事さえちゃんと

アップしていないのに、です。

 

 

 

{C7243D50-CA6E-47FE-A0BD-48DEA0D60166}

ちなみに本日は万年筆を新調☆ いずれお披露目しますね。

 

 

 


本当は自分で書けるなら

プロフィールもキャッチコピーも

自分で書けるに越したことはない。

 

それが私の本音です。

 

時間はかかるし

自分で自分を知るのは難しい。

それは…本当に本当に、難しい。

 

でも、自分で語る、自分で書くほど

説得力を持つ言葉はきっと

この世に存在しない。

 

そう考えてますから…。

 

 

 

だからこれから

このブログでおすそ分けするのは…

 

例えば私がどうやって

今の自分のブログタイトルを整え

キャッチコピーを編み出し…そして

プロフィール文を作成したか。

 

その過程での具体的な作業や

考えていたことなどなど…

できる限り順を追って

おすそ分けできたらいいな…☆彡

 

そう考えています。

 

 

 

ごめんなさい☆

 

「できる限り」って保険をかけました。

ハードルを一気に上げ過ぎて

自滅するのが私のパターンですから。

 

今回は同じミスをしないように

「予告編」ということで…☆

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

この先も

心に響く人生を

あなたと共に歩めますように☆彡

 

お相手は、番藤芳江でした。

 

 

 

 プロフィールにかえてこれまでのプロフィール作品お問合せ

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あなたの使命を指名につなぐ☆彡

響縁プロフィールライター

番藤芳江(ばんどうよしえ)です。

 

ようこそお運びくださいました。

 

ブログタイトルも、一新。

 

プロフィール作成のための

ライターのコツおすそ分け

心に響く人生の書き方☆彡

 

 

 

ヘッダーもまだ…仮置きなので

微調整は続きますけど…☆

 

 

 

プロフィールって

そこまで歩んできた人生を

言葉に変えることですもんね…。

 

もちろんこれまでだって

分かってました。頭では。

 

でも。

 

「人生の書き方」

 

この言葉が浮かんだ瞬間…

雷に打たれたようでした。

 

使う言葉で人生が変わる

なんて言うけれど…それを

体の芯で感じた瞬間でした。

 

 

 

人は

産声を上げたその日から

声を使って笑って泣いて

言葉を使って生きていきます。

 

どんなに口をつぐもうと

心の中ではいつも言葉が響いてる。

 

誰とも一言も話さずに

生きていける人なんてこの世には

いませんよね…☆

 

 

 

だからこそ。

 

どんな言葉を使うかで

心が変わり、表情が変わり

出会える人も変わり…そして

人生が、変わる。

 

…震えました。

 

プロフィールライターという仕事の

重さに…。

 

 

 

でも、それでも

私は辞めたいとは思わない。

 

プロフィール文ができた時の…

キャッチコピーができた瞬間の…

 

「あぁ…やっと出会えた…!!!」

 

私に委ねてくださった

クライアント様の真の輝きに触れた時

 

あの涙が溢れて止まらない瞬間の

言葉では言い表せない喜びは

…何物にも代えがたいのです。

 

 

 

プロフィールが仕上がるまでは

正直苦しいし、しんどい。

 

「あと少しで見えるのに…!」

 

そんな時は、特に。

 

でも、ほかの事ならともかく

「じゃ、かわりに書こうか?」と

誰かに言われても…これだけは

イヤです。

 

それくらい…

私は書くことを…

プロフィールライターという仕事を

愛して止みません。

 

 

 

言葉の力で

それに気づかせていただきました。

 

だから

これからは

心新たにおすそ分けの日々。

 

使命を指名につなげるように

心と腕を磨いてまいります。

 

 

 

ブログの書き方に比べたら

興味のある方がグッと減っても

何の不思議もありません。

 

なのに…こうして

ご縁の続く方と出会えている今に

心から感謝します。

 

改めてよろしくお願いいたします☆彡

 

 

image

心も決まったことですし、そろそろ…写真ですね☆

 

 

 

響縁プロフィールライター

番藤芳江

 

 

 

これまでのプロフィール作品お問合せ

 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今のブログタイトルと

アメブロのニックネームも

今回でお別れ。

 

「お客様」

 

この言葉を

手放すことに決めたから…。

 

その前に思いを残しておきたくて

綴ります。

 

 

 

image

 

 

 

プロフィール作成を

依頼してくださる方が

ひとり…またひとりと増えるごとに

私の中でどうしようもない違和感が

大きくなるのを感じていました。

 

「お客様」という言葉に対して。

 

だったら…

ブログタイトルやニックネームに

その文字が入ってるのはやっぱり…

違いますよね…。

 

その言葉からしか学べなかった

思いや出会いもある…だから

手放すことに切ない気持ちがない

…といったら嘘になります。

でも。

 

 

 

これまで私に

プロフィールを依頼してくださった

お一人おひとりの顔を思い浮かべて

一番しっくりくるのは…

 

「クライアント」

 

 

 

本当はあまり

カタカナ言葉を使うのは

好きじゃないんです。

 

専門用語だったり

見た目のカッコよさだけで

伝わらないことが多いから。

 

少なくとも私は

そう感じることが多いから。

 

何より私は日本語が、好き。

 

でもそれ以上に

言葉の持つ響きや意味そのものを

やっぱり大切にしたいのです。

 

 

 

ブログの書き方で

コンサルやセミナーをする中でも

ずっとずっと感じてました。

 

上も下もない。

私は得意なことでおすそ分けする。

反対に教わることもある。

 

いつだって対等だと。

 

 

 

でも

プロフィール作成を通じて

その思いはいっそう強くなりました。

 

私は気づかせていただいたのです。

 

ホントのホントの気持ち

自分の持っている才能

「分かる」と「できる」は違うこと…

 

私の鏡になってくださった。

インタビューを通して、それこそ

「共演」してくださったんです。

 

 

 

この気持ちを…

過不足なく伝えられる日本語を

今の私は知りません。

 

だから「クライアント」

 

 

 

…もちろんこれにも

「顧客」という意味はあるけれど

それは側面のひとつでしかない。

 

「共演者」

 

そんな思いも込めてこれからは

ご依頼くださる方のことを…私は

「クライアント」とお呼びします。

 

これまでの

すべての出来事に感謝しつつ…。

 

 

 

{8D416052-A046-4F15-80F9-1CADB6F6CD64}

 

 

 

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

あなたのブログが今日もどこかで

誰かの心に響きますように☆彡

 

番藤芳江

 

 

Facebookこれまでのプロフィール作品お問合せ

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)