ドキドキ欲しいブログデザインは?ドキドキ

 

わたし・・・いろいろ企んでいるので・・・あははははドキドキ

おやっと思うような 女っぽいものがほしいですねドキドキ

 

この世界 男性のほうが 読んでくれる確立が高いから・・・あはは爆 笑

ピンクピンクピンク&セクシーみたいなのがほしいです ・・・あははドキドキ

 

わたしは 女なので

前面にそこは 押し出して 勝負したいドキドキあははは

 

読んでもらわないと・・・書いてる意味がないとおもってます爆 笑

 

今回も ぜひ 読んでいただきたい

 

今回は わたしも含めて 女性のみなさんに

 

貴重な美と健康の情報をご紹介いたしますドキドキ

 

 

 

 

もちろん 女性のみなさんも インターネットから当たり前のように

情報を得るようになりましたよね

 

 

わたしも なるほどな~っておもいました

 

そう 今日のテーマは 女性ホルモンについてドキドキ

 

この言葉って よく女性も 年をとってくるお自虐ネタにつかったり

 

あと男性もね・・・「俺が 女性ホルモンを活性化してやろうか?」とか

言う人もいますよね・・・

 

その場合 「本当 馬鹿じゃないの・・・・」って 冷たくいうようにしていますが

 

めんどくさいので・・・あはははドキドキ

 

なんていうのかな 言葉では 冗談でつかったりするけど

本当は すごく大事なんですね 女性ホルモンって

 

わたし 本で読んだけど 男性にも女性ホルモンはあったですね

 

年齢とともに 必要なホルモンのバランスがね くずれてくるみたいね

 

男性ホルモンは 怒りを抑える 働きもあるので

 

怒りやすくなってきたなって思ったらね それは 男性ホルモンのバランスが

 

崩れています

 

今回は 女性にむけて 女性ホルモンの 重要な働きについて書きますねドキドキ

 

女性の健康と美容を司る女性ホルモンは、

 

40代以降、急激に減少してしまうそうです。

 

早い人は 30代半ばくらいから減少するという話もききますし

 

閉経を迎える50代にむけての準備なのかもしれないなと私は思うのですが、

 

従来、この女性ホルモンの減少には、女性ホルモンに似た働きをする

 

大豆イソフラボンが良いとされてきたのは ご存知ですよね?

 

わたしは 大豆好きなので 納豆もたべますし

 

髪の毛も多いですし・・・

 

ぜんぜん 大丈夫だとおもっていたんですが

 

最近は 生理不順とかになりがちで 気持ちも不安定になることが多いです・・・

 

年上の女性に 相談してみたら

 

まだまだ あなたは 大丈夫だとおもうけど だんだん女の体は変わってきて

 

心もついていくのも大変になるから

 

準備はしておいたほうがいいいよと アドバイスを もらいました。

 

そう考えると、なにか 自分で 補える方法はないのかなと

 

ちょっと考えてはいましたね

 

だって 女性ホルモンって 肌や髪につやがでたり まるみのおびた体になったりと

 

大事ですもんね・・・綺麗でいたいしね

 

しかも 心の働きともつながってるとすれば・・・軽視できないですよね

 

そこで 今 もっとも注目されているのがエクオールです。

 

近年の研究で、実は大豆イソフラボンが腸内細菌に

 

よって代謝されて生まれる「エクオール」という成分こそが、

 

大豆イソフラボンよりも、

 

女性ホルモンに似た働きをすることが分かったんですね。

 

いつも私思うんだけど、やっぱりね いろいろな研究をしている人がいて

 

日々変化していっているので昔からの言い伝えも大事だけど

 

新しく正しい知識も得ていくって大事ですね。

 

いちばん女性にとってつらいのは更年期障害だとおもいます。

 

わたしは まだ 経験がないので

 

どうなるか サイトから お借りしました・・・

 

●ホットフラッシュ(顔のほてり・のぼせ)
●大量の汗をかく(顔から汗が止まらない)
●めまい・ふらつき・耳鳴り
●頭痛・頭が重い
●胸の痛み(乳房の痛み・動悸)
●生理不順(月経不順)
●不正出血
●不眠(眠れない)
●吐き気・嘔吐・食欲不振(消化器系の症状)
●手足のしびれ
●むくみ
●体がだるい(倦怠感)・疲れやすい
●物忘れがひどくなる(記憶力の低下)
●頻尿・尿もれ
●抜け毛・薄毛
●喉が渇く
●口の中が渇く(唾液が減る)
●手足が冷える
●イライラする
●血圧が高い
●不安・落ち込み

 

更年期症状は、やはりこう並べてみても大変つらいものだとおもいます。

 

では エクオールは どれくらいとればいいのでしょうか?

 

実は、

 

この「エクオール」を10mg摂取することで、

 

様々な更年期症状の軽減に役立つことが分かっているんですね。

 

少しいつもの食生活にプラスするだけで 変わってくるなら

女性であれば 知った時点で とりいれておきたいですよね

 

 

そのほか、エクオールはすごいなっておもうのはですね

 

骨粗しょう病の予防、メタボの解消、動脈硬化のリスク軽減、

 

さらには目尻のシワ改善にも効果があるということも

 

明らかになっています。

 

健康と美容はつながっているということなのかもしれませんね。

 

エクオールを産生できるのは、

 

日本人では2人に1人だそう。

 

そう聞くとうなづけますね・・・

 

たとえば、同じ年齢の女性でも一人はすごく若々しい

 

でも、もう一方の方は年齢以上にみえる

 

なんてことありますよね? それってもしかしたら

 

エクオールを産生出来る人かそうでないかで 差が出ているのかもしれないとおもえば

 

ぜひ 取り入れたい成分だとおもいます。

 

その違いは

 

エクオールを作り出す腸内細菌を体内に持っていないためなんです。

 

この腸内に住む細菌の種類は、

 

子供の頃に決まってしまうと言われており、

 

将来的にもエクオールを作り出せるようにはならないとされています。

 

同じ美容法をやっているのに差がでてしまうのは

 

体の中身なのかもしれないですよね。

 

 また、腸内細菌を持ち、体内でエクオールを作れる人でも、

 

エクオールは体内に蓄積されないため

 

毎日大豆食品を食べる必要があるそうです。

 

やはり口からとっていくことって大事なんですね

 

だけど

 

 腸内環境の変化により、エクオールが作れなくなることもあり

 

大変デリケートな成分のようです。

 

そこで わたしは

「管理栄養士が教えるエクオールの重要性」 という

サイトを読んでみましたドキドキ


大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されて産生される成分エクオールは


 女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」に

 

よく似た働きをするものとされているようですね。

 

 

管理栄養士で株式会社エビータの代表取締役である

 

浅野まみこさんの解説によると
 
エクオールが女性に大切な理由は

 

様々な更年期症状(特にホットフラッシュや発汗、肩こりなど)の軽減に役立ったり
そのほか、骨粗しょう病の予防、メタボの解消、

動脈硬化のリスク軽減に効果があるとされ、

PMS(月経前症候群)の症状にも期待されているときに

有効な成分だと 研究結果がしっかり出ている食品ということになると

考えられます。

「エクオール10mg」の摂取で、このようなメリットはエクオールが加齢と

共に失われていく「エストロゲン」とよく似た働きをしてくれるなら

補っていきたいものになりますね。

 

さきほども、申しましたように 二人にひとりということは

日本人の約半分しか産生できないということです。

 

見た目の若さと中身の若さ女性らしさは、実はエクオールをつくれるか

作れないかと違いだとしたら・・・・。

逆にいえば、補っていけば綺麗を保てる、きれいになっていけるかもしれない

そういうことにもなりますよね。

 

 

わたしもそうですが、女は、

結婚しても子どもを産んでも年をとっても、やっぱり綺麗でいたいとおもいます。

 

ときどきね おばさん扱いとか 男性にいじられて 笑って返してる

 

女性もいますが

 

なんていうのかな

 

ふとしているときに、その人から話を聞くと すごく傷ついたりしてるんですよね

 

しかもすごく影できれいになるために努力をしていたりするんです。

 

だけど

 

言わないでというよりは

 

自分が 若々しく女らしく綺麗を保てばいいってことですもんね

 

若いお嬢さんは、とてもかわいらしく綺麗ですよね

 

わたしもうっとりするときもありますし、うらやましいなってこともあります

 

だけど

 

わたしたち女も 男性と同じように

人生を積み重ねて家族を支えたり仕事で実績を残したりと

中身に関しては 若いころと比べ物にならないくらいの

貴重な経験をしている

 

見た目がすべてではありませんが

更年期を迎える前あたりからはね

 

いちばん女性が綺麗になれるチャンスなんじゃないかなっておもうの

 

子育てもひと段落していたり 仕事も 経験を積んで

今度は 自分のために 生きていってもいいのかなって思うんです

 

そのときに

 

「いつも綺麗ね」とか「若々しいね」って 言われることって

 

とっても幸せなことだとおもうんですドキドキ

 

 

ナチュラルに 体の中から 自分で 自分をかえていく

 

または 今の自分をキープしていくドキドキ

 

なにをするにも 自分で考えて理解することが わたしは

 

重要だとおもっています。

 

ぜひ、こちらのプロからみた女性ホルモンについての

 

アドバイスを

 

ご自身を想い浮かべながら しっかり読んでみてくださいドキドキ

 

知らないと もったいないよドキドキ

 

 

真剣に女性ホルモンと向き合いたいなら こちらからアップ

 


にほんブログ村

 

ホルモンケア推進プロジェクトのキャンペーンに参加中[PR]

AD