より子/YORICOのオフィシャルブログ Powered by Ameba

より子/YORICOのオフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

いつも応援してくれる皆さんへ。

ご報告があります。

 

私の中にある最後の卵巣を、

摘出することになりました。

手術は8月24日です。

 

よりサポの皆さんは私のことを良く知っていると思いますが、

私は2歳から5歳まで小児がん卵巣腫瘍で、

その時に片方の卵巣を摘出し、

今日まで約30年間、

一つの卵巣で生きてきました。

でも一つで頑張ってくれていた卵巣も限界を迎えて、

ホルモン剤を飲んでも暴走を起こす状態となり、

ここ数年で症状はどんどん悪化し、

仕事もギリギリまでセーブしながら歌っている状態でした。

 

そして今年の1月、

生きていくにはかなり厳しい苦痛を伴う不調が起こり、

寝たきりとなって、

体が激しく衰弱していきました。

時々調子がいい時にメイクをがっつりして、

SNS用に写真を一気に撮り溜めて、

それを使ったりなんかもしたりしてました。

 

このままでは歌や仕事以前に、

死んでしまう可能性を感じたので、

何が原因でどうやったら自分を生かせるか、

自分と対話して、自分の体と対話をして、

自分の卵巣の声を聞きました。

臓器と対話するなんて、

なんだか不思議な話に感じるかもしれませんが。

 

そして出た結論は、私と卵巣は、

「お互いこれ以上共存することは限界である」ということ。

痛みも苦痛も、もういい。

それに、卵巣は寿命を迎えてる感覚で、

限界を超えてたのに、頑張ってここまで私を運んでくれたから、

もう楽にしてあげたい。

そして、私自身も、解放してあげたい、と思い、

卵巣を摘出する決断をしました。

 

家族に打ち明けた時は、最初は難しい反応で、

閉経すればもっと体調が悪くなるかもしれない訳ですから、当然の反応でした。

なのですが、私の中では、

"これが全てを生かす方法"になっていて、

(生かす方法を"知っている"みたいな不思議な感覚)

「良くならない訳がない」という私の確信に、

家族は呆れ返ったし今もなお呆れているでしょう。(それと同時に、たくさんの心配をかけて、本当に、ごめんね。)

 

心配や不安にさせるのは良くないけれど、

私のこの決断は、

安易に決めて持った確信ではなくて、

30年間体の中にあった痛みや苦しみや悲しみは、

じゅうぶん命に注がれたので、

これからすることは、

自分を愛して、これ以上ないほど歌って、

 

幸せになること。

 

卵巣が教えてくれたのは、

人として生きる上で、

最も重要なことを、

私に教えてくれました。

それは、誠実に「生きる・活きる」という信念。

 

ガンや病気から、どれだけ大切なことを、

思い出させてくれたことか。

そして、病気と忍耐強く向き合い続けた自分にも、良くここまで頑張ったと、自分の命に感謝しています。

 

決断したあとは、

病院で主治医にストレートに思いを伝えて、

摘出するにあたり発生する問題やリスクを聞きました。

 

薬を投与すれば一応動いて病気でもない卵巣を、

30代で本人の意向で摘出するというのは、

前例がないことなので、

倫理的な問題がとてもあったのですが、

 

もちろん最後の卵巣なので、

子供を産めなくなること、

骨粗鬆症のリスクがあることなど、

いろいろありました。

 

でも私の意志は変わりませんし、

いろんな姿を見続けてきた先生は、

ここに至る経緯が分かるので、

まず数ヶ月注射で閉経させて、

それで本当に体調が良くなるという症例が取れたら、

上と話して、手術に踏み切りましょう、と言ってくれました。

その提案をしてくれた時は、本当に嬉しかった…。

 

(これはあくまで、

“私に関しては”の話であり感覚ですが、

卵巣をなくす事への喪失感が、一切ないのです。

 

小児がんだった頃の生活の中で、

どれだけ幼かろうが、

自分と同じ子ども達の死を次々に目の前にして、

本能的に、卵巣に関しての覚悟は、既にどこかで持っていたんだと思います。

 

そして自分が、

女性であるという"性別感"を超えて、

女性にしか出来ない機能を失おうと、

私の本当の幸せや喜びは、

そこじゃないんです。

 

歌と共に幸せになる為に生まれてきた私は、

それが失われる“喪失感”と“虚無感”が、

何よりも本当に、苦しくて、辛かったです。

だから、あれだけ生命力が衰弱していったのだと思います。

 

決断して、こうして手術が決まった時に、

喪失感と虚無感は、

また歌と共に生きていける喜びに変わりました。

 

それぞれの幸せや価値は、全然違います。

性別のカテゴリーを超えて、

"常識"や"固定概念"で判断できるものでもなければ、

女なら、男なら、その年なら、

というその人の基準で、

簡単に相手を決めつける権限は、

誰にもないと思っています。

 

改めて、これは自身の経緯があっての意識であり感覚ですが)

 

2月から注射を打って閉経が起きた3ヶ月目に、

凄まじい更年期障害が1週間半来たのですが、

「これが本場の更年期か…!!(;・`ω・´)」

と思いながらも、

更年期は予想外にも3ヶ月でフェードアウトしていきました。

 

今は「このホットなフラッシュは更年期障害なのか、

それとも今YouTubeで見ている筋肉番付に出ている若かりし頃の室伏に興奮しているホットなフラッシュなのかどっちなのか分からない」という程度までにおさまりました。

 

そしてもう一つ、

あれそういえば!ということがあって、

パニック障害とそれによって併発していたうつ病が、

閉経してからいつの間にか消えていたんですよね。。。

これは関連性があったんでしょうかね…。

 

ともあれ注射も全て打ち終わり、

最初の数ヶ月こそ波があったものの、

体調が良くなったと同時に、

今月中旬から食事もやっと前と同じように食べれるようなったので、

体調が改善した症例が取れたということと、

過去のガンの経緯もあるので、

倫理的な問題も通り、

先日ついに、手術が出来ることとなりました

 

2歳からずっとしんどい体だったので、

“何が楽な状態なのかが分からなかった”私は、

“耐えてることに気づいてない自分に気づいた時の衝撃”があったので、

やっと気づけたことにより、

自分で自分に多少なりともベホマをかけてあげられるようになった訳で、

今は少しずつ「これが楽な体!?すごい!!」

という感覚と感動を、

卵巣の機能を止めてから、

洪水のようにどんどん気づいている最中です。

 

ということで、

以上が、手術のご報告でした。

 

そして。。。

 

卵巣を全摘出することになって、

とっても、伝えたいことがあります。

改めて、卵巣を全て失うことで、

女性としての機能は失います。

(子宮がんや乳がんの方へも、

伝えたいことがあります…)

もし女性として大切な部分を失ったとしても、

 

“女性であることを失う”訳ではありません。

 

女性としての価値がなくなったとか、

そう思ってしまう人もいたり、

平気でそういうことを言う人もいます。

 

だけど一番大事なことは、

自分が"何者であるか"を決めるのは、

他人でも、誰でもない、

自分だということです。

 

どうしてこういう事を伝えたかったかというと、

私のトーク&ライブで、

とある年配男性の、

婦人科ではないお医者さんが、

こんなことを伝えてきました。

 

「女性は卵巣がないと、いろんな意味で生きていけないんですよ〜。だからよかったですね、残せて」

 

私は、あら、と思いました。

なんて差別的で無礼極まりない言葉。

それ、卵巣を失った人に向けて、言えますか?

あなた、今すぐお医者をおやめなさい。

婦人科でなくとも、医者としてどうかと。

 

こういうことを平気で口にする、

医者や医療従事者がいることに、

私はゾッとしています。

医療従事者なら特に、

人としての学びを積んでください。

 

放った言葉はブーメランで、

ブーメランはその言葉をもらった相手の感情や思いをすくい取って自分の手元に返ってきます。

だから、気をつけようと思うんです。

それがいつか、あなたの運命になるからです。

 

肉体を持って生きることは、

天国と地獄を行き来するようなもので、

本当に、大変なことなのです。

 

それでも生まれてくるのは、

"それほどの理由"があるからだと思うんです。

"それほどの理由"は、

いつもあなたに気づいてほしくて、

手を伸ばして得てくれるように、

あなたをいろんな方法で試します。

とても苦しくても、

気づいて得てほしいと願っています。

 

何故なら、あなたは(私は)それを得たくて、

肉体を持って生まれてきているからだと思うからです。

これもあくまで、私の経験からですが。

目を逸らしている場所や、

見つめ続けている場所には、

この世でしか達成できないものがあります。

それに気づく準備が出来たら、

手を伸ばして、

しっかり自分の命に流しこむと、

暗闇の中に光があることや、

自分を愛してあげることや、

調和することが、

少しずつできるようになって、

生きる意味が一層、

力強い喜びに変わっていくと感じています。

私の命にたくさん注がれた、

生と死を通したメッセージは、

"私にとっての本当の幸せ"を思い出させてくれました。

だから生きていることに感謝して、

手術が終わったら、

この人生を今まで以上に目一杯歌って楽しむつもりです。

改めて、

ずっと私を支え続けてくれた皆さんに、

心から感謝しています。

ここまで私を運んでくれて、

本当にありがとう。

 

8月24日は、

新しい自分のスタート!٩( 'ω' )و

頑張ります。

 

 

それと。。。

 

しばらく歌えなくなるので、

手術前にみんなとワイワイしたいなと思い、

8月19日(土)に、

"配信ライブ"をしようかなと思っています。

また、ちょっとした企画を考えているので、

楽しみにしててくださいませ( ^ω^ )

詳細は後日発表いたします。

 

でわでわ!٩( 'ω' )و

 

2017.7.29

より子

いいね!した人  |  リブログ(3)

より子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース