酔っぱライターの酒日記

お酒にまつわる日々のできごとをつづります。


テーマ:
川崎の駅からバスで10分。
住宅街の中に、ぽつんと現れる居酒屋が「活ちゃん」です。
 
入口の水槽には魚が泳ぎ、「活魚の店」をアピール。
 
店内は広く、2階はカラオケつきの座敷になっています。
 
店主の大貫一郎さんは、酒屋の3代目。
大学卒業後、大阪の居酒屋で修行して、この店を開きました。
 
母体が酒屋さんなので、お酒にはこだわりがあります。
定番のお酒は浦霞、久保田、八海山、獺祭という王道。
そのほか季節ごとに地方の銘酒をそろえています。
 
せっかくなので地酒のオススメをたのむと、
「まんさくの花」の珍しい亀の尾が出てきました。
純米吟醸です。
秋田の酒らしい旨味がありつつ、スッキリ。
良い酒ですね。
 
合わせるのは自慢のお刺身盛り合わせ。
マグロは三崎から、ほかは青森からの直送です。
脂の乗ったブリ、しめ具合が絶妙のしめ鯖、とろける中トロ・・・
旨〜〜〜い!
 
次は春野菜の天盛り。
タラの芽、フキノトウ、こごみ、菜の花がサクッと揚がっています。
口の中に広がる苦みやえぐみも味のうち。
ああ、春ですね〜。
 
お酒は龍神の新酒。純米大吟醸の生酒です。
こちらは甘みとコクがあり、フレッシュな味わい。
春の山菜にピッタリです。
 
そして本日のメイン。
水ダコと春告げワカメのしゃぶしゃぶです。
水ダコはお湯にくぐらせると、身が締まってシコッとします。
ワカメはサッと緑色に変わり、葉はパリッと、茎はコリッと。
くーっ、おいしいです!
お好みで柚子味噌かポン酢で食べるのですが、
断然ポン酢の方がおいしい!
聞けばポン酢は自家製だそうです。さすがですね。
 
お酒は定番酒の中から千福の生貯蔵酒を。
ほんのり旨口でなめらかな生貯は、
淡泊な水ダコとワカメにとても合う。
もう相思相愛です!
 
居酒屋というより、
もはや割烹かなと思うレベルの活ちゃん。
でもお値段は居酒屋なのが嬉しいですね。
 
いつか2階の座敷で、
美味しい料理とお酒をいただきながら、
贅沢なカラオケパーティーをやってみたいものです。
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っぱライターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります