酔っぱライターの酒日記

お酒にまつわる日々のできごとをつづります。


テーマ:

恵比寿に新しくできたアトレの横の坂を登っていくと、

かわいいカフェ風の居酒屋があります。

それがYEBISU FARMER'S KITCHEN LUCK!です。

 

恵比寿で広島お好み焼きのお店をやっている

石原さんが経営する3店舗目のお店ですが、

女性店長の堀井三和子さんがすべて取り仕切っています。

 

店内も女性らしいかわいいインテリアで、

お客さんの女子率はかなり高いそうですよ。

 

一品目は広島農家直送の無農薬野菜を使ったマーブル。

気仙沼のイカの塩麹が味の決め手で、

野菜にからまる旨味と塩気がいい感じです。

野菜も味が濃くておいしいですね。

 

一杯目に飲むのは吟醸酒仕込みの甘さ控えめ梅酒。

千福の吟醸酒をたっぷり使って1年間熟成した逸品です。

クラッシュアイスでオンザロックにすると、

スッキリとして甘酸っぱく、食欲を刺激します。

 

次は瀬戸内の天然真鯛のカルパッチョ。

添えられたレモンは生口島のエコレモンです。

これはもう、真鯛の旨さが爆発してます!

一匹で仕入れてお店でさばく天然真鯛。

ウマすぎです!

 

お酒は広島三次ワイナリーのTOMOE

シャルドネ・クリスプです。

 

三次(みよし)は盆地で霧の町として有名で、

早朝山に登ると、眼下に霧の雲海が見えるほどだそうです。

甲府盆地もそうですが、盆地は昼夜の気温差が大きく、

ブドウの生育には適していると言われています。

 

TOMOEはきれいな麦わら色で、辛口ですが、

ブドウの果実味はしっかりあるおいしい白ワインです。

 

次のつまみはなんと国産チーズの5種盛り。

それも広島七塚原牧場でつくられています。

七塚原牧場は日本で初めての種牛牧場がつくられた場所で、

ここから移住した人が北海道に酪農を広めたそうです。

すごいですね!

 

スカモルツァの醤油漬け、ペコリーノロマーノ、

そしてクリームチーズはオリーブオイル漬けと

味噌漬けとハニー&ナッツの3種。

これがウマいんですよ~。

 

ハニーは白ワインですが、

オリーブ漬けや味噌漬けは絶対赤ワイン!

 

というわけで三次ワイナリーの赤をチョイス。

TOMOEのメルローです。

ガーネット色で柔らかく穏やかな赤です。

すごく飲みやすいですね~。

 

日本ではカベルネやピノ・ノワールは作りにくいのですが、

メルローは日本の気候に合っていて作りやすいそうです。

 

次の出てきたのはヤマノイモのとろろ揚げ。

山芋とは違うというので、どうやら自然薯のことらしいです。

中に尾道のタコが入っていて、

オーロラソースをつけていただきます。

これ、フワフワのたこ焼きみたいでウマい~!

 

「じつはこれには日本酒が合うんです」

と店長が持ってきたのはなんと千福の三角!

いや~これがじつに合う!

今までのおしゃれ感はどうしたんだという展開です。笑

 

シメは六穀豚のスペアリブの塩煮込み。

女子として、スペアリブにかぶりつくのはどうも・・・

と思っていると、

「箸で食べられますよ」と。

箸を入れるとホロホロとほぐれる柔らかさ。

これは嬉しい!

味はほんのりニンニク風味でスパイシー。

マレーシアの肉骨茶(バクテー)を思わせる旨さに感服しました。

 

これは絶対女子がハマるお店ですね。

あ、男子の方も来てくださいね。

つまみもお酒も随所にこだわりがあって最高です~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

酔っぱライターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります