酔っぱライターの酒日記

お酒にまつわる日々のできごとをつづります。


テーマ:

昔十二社(じゅうにそう)と言われた西新宿は、

かつて花街があった場所。

そこの料亭を改装した居酒屋が「品川亭」です。

 

店内は創業から43年の歴史を物語っていて

いい雰囲気。

 

大将は二代目で、お父さんが始めたこのお店を継いで、

お母さんと一緒に働いています。

お母さんは、背すじがピン!と伸びた上品な女性。

大将は恥ずかしがって写真を撮らせてくれませんでした。

 

お通しのもずくをいただきながら、

本日のメニューを組み立てます。

お酒も料理も大将のおまかせで・・・・。

 

口開けの酒は「神代からの酒」の樽酒。

わざわざ福島から取り寄せているそうです。

枡に入った酒が、粗塩とともにやってきました。

塩をちょっとなめてゴクリ。

樽香がきつすぎず、ふんわりと香って飲みやすい辛口です。

 

つまみはピリキュ。

人参の千切りとキュウリの浅漬けです。

キムチとは全然違うのですが、

ピリッと辛く、隠し味のゴマ油がいい仕事してます。

 

壁にはキープのボトルが並んでいます。

これは酔神の「だるま」という甲乙混和焼酎ですが、

業務用なので個人では手に入らないそうです。

麦と芋がありますが、芋を味見させてもらいました。

80%が甲類なのですが、しっかり芋の味がしてスッキリした焼酎です。

 

つまみは煮物。

大きめに切ったタケノコ、がんも、こんにゃく、ジャガイモ、人参が入っています。

味わいは甘めでとても上品。

居酒屋の煮物にありがちな濃い味付けではありません。

ほっこりと癒やされます。

 

最後はお店の扉にも書いてある千福を。

上撰をお燗でいただきます。

広島の酒はどこか甘みがあって、

薄辛くないところが好きですね〜。

 

シメの一品として出てきたのは、

大将の自信作、角煮。

まずおからで煮て脂をおからに吸わせてから、

ダシと酒でひたすら煮るのだそうです。

「三日目くらいが一番美味しいけど、

今日のはちょっと味がしみすぎてるかも・・・」

いえいえ、脂はしつこくなくトロトロで、

甘辛い味に酒がすすみます。

 

大江戸線の西新宿5丁目からすぐですが、

路地の奥にあるので隠れ家感満載。

カウンターがあるのでひとりでもOKです。

つまみは一品の量がけっこう多いので、

たのみすぎには気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日久しぶりに目白のビストロ「ラ・ムジカ」へ行ってきました!

 

本当はディナーコース3800円なのですが、

特別に5000円で作ってもらいました。

そのお味は・・・

 

まずはクレマン・ド・ブルゴーニュのロゼで乾杯!

ピノ・ノワール100%なのでコクのあるスパークリングです。

 

前菜は徳島産ハモ。

骨からダシを取り、梅干しを合わせた泡をまとっています。

サッパリとして美味でございます。

 

次は三重県中津産の岩牡蠣。

旬なので太っていて濃い〜。

すごく酸っぱいピクルスを乗せてフレンチらしく仕立てています。

 

お肉は十和田産桜肉のタルタルです。

ケッパーやオリーブなど、5種類のハーブや香辛料で味付け。

卵の黄身と共に、梶村シェフ自ら混ぜてくれます。

 

最後にサマートリュフをたっぷりとかけて。

野趣あふれるお肉の味に、

ルッコラの野生種サルバチコの付け合わせがグー!

 

ワインはジブリのプルミエクリュ。

濃くしっかりとしたブルゴーニュです。

 

メインの鶏肉はブランド鶏天草大王のモモとムネ。

ムネにはフォアグラが挟んであって、

ムネ肉の甘さにフォアグラのコクがいい感じ。

モモはカリッと焼けていてジューシーです。

 

デザートはココナッツのババロアとスイカジュースでした。

夏らしいサッパリとしたコースに大満足!

ごちろうさまでした〜。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪で焼肉の「海南亭」に行ってきました!

鶴橋に近いのですが、駅前の焼き肉屋街からは

少し離れた場所にあり、

他店とは一線を画した高級店です。

 

ここはとにかく肉質がいい!

肉質だけなら叙々苑にも負けていませんが、

値段は叙々苑の半額以下です。

 

さて上タン塩。

和牛でしょうか、霜降りのいい肉です。

それをごく薄くスライスしてあります。

よく極上のタンを分厚く切っているお店がありますが、

あれはクドすぎて私は好きではありません。

ニンニクと塩がまぶしてあって、

レモンでさっぱりといただきます。

旨い〜〜〜!!

 

上ロース。

霜降りで柔らかく、とろけるようです。

あ、脳内に幸せホルモンがドバドバ出てきました!

ヤバい〜。

 

骨なしカルビ。

他店では骨付きで出てくる部位ですが、

食べやすいように骨を取ってあります。

これは意見が分かれるところですね。

骨の周りまでガシガシ食べる醍醐味というのもあるのですが。

しかし肉は最高!

弾力と食べ応えのある肉肉しいカルビです。

 

上ハラミがなかったので普通のハラミにしましたが、

たっぷりのタレに漬け込まれていて美味。

ハラミ好きの私にはこたえられません。

 

レバーをたのんだら、

「炙りレバーじゃなくていいんですか?」

とお店の方から聞いてきました。

サッと炙ってゴマ油で食べるのが炙りレバー。

これってほぼ生レバーじゃないっすか?

こうして地味に復活しているなんて嬉しい限りです。

もちろん甘くて臭み無く激ウマでした。

 

シメは冷麺。

盛岡冷麺を食べ慣れた私からすると、

大阪の冷麺はアッサリしすぎな気がしますが、

焼肉のシメにはちょうどいいかもです。

 

ふだん牛肉をほとんど食べない私ですが、

たまには焼肉もいいですね〜。

ごちそうさまでした!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪で粉もんツアー敢行しました!

まず行ったのはお好み焼きの「つる家」。

 

日本一長いアーケードとして知られる

天神橋筋商店街の近くにあります。

 

オススメの紅梅焼(ミックス)と焼きそばをオーダー。

焼きそばはお店で焼いたのを持ってきてくれますが、

あまり特徴のない普通の味です。

 

お好みは自分でも焼けますが、

お店のおばちゃんにお願いすれば焼いてくれます。

 

まず豚肉だけを鉄板に敷いて、

その上によく混ぜた生地を乗せます。

 

そこからはあまりいじらずにじっくりと3回ほどひっくり返します。

 

豚肉がパリパリになって旨い〜。

生地はモチモチ系で甘辛いソースとよく合って激ウマです!

 

町なかの地元民の憩いの場のようで、

なんの変哲も無い普通の店ですが、すごい実力でした。

 

続いてたこ焼きの「蛸之徹」へ。

 

ここは自分で焼くたこ焼き屋さん。

テーブルにはたこ焼き器と

キリのような道具がセットされています。

 

たこ焼きとたこシソチーズ焼きをオーダーすると、

お店の人はたこなどの材料をたこ焼き器の穴にいれ、

生地を流して去ってしまいます。

 

たこ焼き初心者なので、

「ちょっとお兄さん、どうやって焼くんですか?!」

と助けを求めても、

「まわりの生地が焼けてきたら穴に入れて丸くしてください」

と、わかりきったことしか教えてくれません。

 

あとはよくわからないながらも無言で額に汗を流し、

必死でたこ焼きを焼きまくるのです。

するとなんとなく丸くなってきました。

 

あ、できたのかも!

なんとなく嬉しい・・・!

自分で焼いたたこ焼きの味は格別です。

 

食べ終わって皿をどかしたら、

テーブルに「焼き方のこつ」というプレートがあらわれました。

今頃遅いっちゅうの!

 

でもまあ、楽しかったからよかったかな。

粉もんでおなかいっぱいになりました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

浅草へどじょうを食べに行きました。

 

少し時間があったので、

はじめて人力車に乗ってみました。

伝法院通りやオレンジ通り、六区を回るショートコースで、

最後は吾妻橋を越えてどじょう屋さんの前まで行ってくれました。

 

合間にガイドをしながら回ってくれるので、

楽しめましたし明朗会計で安心できました。

浅草の人力車、けっこうオススメです。

 

で、どじょうです。

観光客は駒形どぜうや飯田屋へ行きますが、

通は絶対このひら井です。

 

使うどじょうは天然物のみ。

タレは辛めです。

 

一本ずつ串に刺さったくりから焼きは、

美しい姿に職人の技が光ります。

味は鰻の兜に似て、ほろ苦さに酒がすすみます。

 

開きになったぬき鍋には、

旬の卵が入っていました。

どじょうの旨味がそのまま味わえる鍋です。

 

丸鍋は柔らかく下ごしらえしたどじょうが

丸のまま入っています。

ひら井は下ごしらえが上手なので、

丸鍋が苦手という人にもぜひ食べてほしい鍋です。

 

最後は柳川鍋。

卵とゴボウに出会ったどじょうの旨さ!

完璧です。

 

予約はできないし、観光客が来る日曜は休みですが、

一度食べたらいぶし銀のような職人技のとりこになりますよ。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)