岩瀬 晃の「僕はこうして、自由になった。」

大手外資系での地位と収入を捨て、42才で人生を完全リセット。「心のヨロイを外して、自分らしく自由に生きる」をテーマに、日々の気づきやヒントを綴っています。別名 「こども大人」


好評配信中の無料メールレター「なりたい自分になるためのヒント」は こちら

読者1000万人目標!無料メール講座「英語をしゃべれる自分に生まれ変わる6日間」は こちら

現在開催中のイベント・セミナーは こちら

Facebookは こちら 。フォロー大歓迎です。

Youtubeチャンネルは こちら 。登録大歓迎です。

ツイッターは こちら

人気過去記事は こちら



NEW !
テーマ:
こんばんは。

アキラです。


今日の記事はちょっといつもと違う感じですけど

なんかふと思いついて、んで、みんなにとっても面白いだろうなと思ったので

書いてみますね。



お金って、みんな興味あるじゃないですか。

で、たくさんお金があったらいいなーと思いますよね。

僕も思います。



でも同時に、

自分なんかがお金をたくさんもらっていいのかな。。。

そんな価値が自分にあるのかな。。。

そんな風にも思いますよね、きっと。



それって、結構普通のことだと思います。



でも

ちょっと視点を上にもっていって、こんな風に考えると面白いと思うんですよ。



お金って、冷静に考えると

別に誰がいくら持ってたって、誰がいくら使ったって

別にいいわけじゃないですか。


例えば、どっかの社長さんの代わりに

あなたが年に10億円稼いで、年に10億使ってたって

別に、そんなに誰も困らないじゃないですか。


お金は、お金なんだから。



でね、

もちろん

「私はお金をたくさん受け取ってもイイーー」 「私にはその価値があるからーーー」

というノリもいいんだけど



なんか、個人的にはそれだけだと、なんというか「オシャレ」じゃないなーと思ってて。

「粋」じゃない、というか。



例えば、別に中国の人がどうのこうのという風にとらえないでほしいのだけれど

中国の人は経済が潤ってて、お金持ちになっている人が多いですよね。

それで日本でシコタマ買い物をしていく、と。


で、一昔前のバブル時代の日本もそんな感じじゃないですか。

とりあえずお金があるから、なんか買いまくる、みたいな。



でね

なんかね

「オシャレ」さを感じないんですよねー。



なんつーか

お金は、誰でも全然いくらでも受け取ればいいと思うのだけれど

要は、何に使うのか

そこの「センス」が問われるっていうか

どこに使うかの感覚が長けている人が

結果的にお金にも恵まれる


なんかこう、最終的には国の価値も上がっていくっていうのかな。

日本の良いところが、さらに良くなっていくっていうか。



なんか、そんな気がするんですよね。



早い話

例えば、誰かさんがお金をたくさんゲットしたとして

それが全部パチンコみたいなギャンブルに消えたとしたら

ギャンブル業界が潤うわけでしょ。

なんか、ギャンブル業界が潤う国になっていいの?って話。(あくまで極論だけど)



逆に、「粋」なことにお金を使っている人って

そのために自分がお金をもらうことに対して、抵抗がそんなにないと思うんですよね。

なぜなら、自分がそれにお金を使っていることに対して、「もったいない」とか「うしろめたさ」とか「罪悪感」みたいなものがないだろうから。




で、それって結局は

「自分がどういう世界を見たいのか」

ってところに関わってくると思うんですよね。



もう少し広い視野で、「日本人として」という言い方をするなら

「どんな日本をみたいのか」



で、海外を経験したことがある人なら、

日本の素晴らしさを客観的にも理解しているから

そういう日本の良いところを残したいなーと素直に思うだろうし


もっと言えば

日本のいいところを、もっと海外にも理解してもらって、日本の価値を知ってもらって

そういう価値をわかる外国人さんに、もっと日本にお金を投資してもらったり、お金を使ってもらうようにするようになれば

それってスゴく素晴らしいことなんじゃないかなーと

思うわけです。



なんというか

ただウワーーーッてきて、嵐のように買い物だけして、ぺんぺん草も生えないような状態になってしまうという感じじゃなくて

日本人と同じような感覚で、日本の良さを堪能してもらって、お金を落として帰ってもらう、みたいなね。


なんか、そんな風になったらステキじゃないですか。海外との関係が。



日本は少子化に進むのが目に見えているから、

もし経済的に衰退したくないのなら、

海外とのやり取り(観光収入だけじゃなく、国外への輸出も含めて)は、避けて通れないと思うんですよ。これから先。




で、ここで

タイトルにもあった「英会話」が「お金」と絡んでくるところなんですけどね。



これからの日本って

大企業だけじゃなくて、個人のビジネスでも、国内だけじゃなくて、海外も舞台にする時代になっていくと思うんですよね。

さっき言った少子化の理由で。


その時に実は大事なのって、実は読み書きの力じゃなくて

いわゆる

異文化コミュニケーション力

なんですよ。



なんでかというと

僕が外資系で一応事業部のトップを任されるようになった理由(この記事を参照してね)でもあるんですけど

日本人って、読み書きができたとしても、

海外の人とコミュニケーションをとる能力が低いんですよね。文化的にというか、国民性的に。

自己主張しないし、リスクとらないし。




僕はというと、前の会社で、まーーーいろいろストレートに言うてたわけです。

で、そういうのって何を生むかというと


信頼


なんですよね。



これがね、メチャクチャ大事なんですよ。海外の人とやり取りをする上で。

英語の上手さとか正確さなんて二の次です。


「信頼」さえ勝ち取ったら、あとはどうとでもなるんですよ。

海外の人とビジネスするうえで、書類のやり取りとか法的にどうのとか

そんなのは誰か専門家に任せればいい話で

一番大事なのは「信頼関係」。


で、そこで欠かせないのが

異文化コミュニケーション能力

なわけです。


たぶん、僕が無意識に広めたいと思っているのって、そこなんだろうって思うんですね。


で、日本人であるあなたがその異文化コミュニケーション能力が高くなることって

今まで話してきた内容を総合すると

間違いなく、あなたの収入にとっても、日本にとっても、世界にとっても、いい話なんですよね。



ていうか、普通に2020年はオリンピックで、しこたま外人さんが来るんだから

それまでに英会話でのコミュニケーション力が上がっていたら、きっと楽しいよね、自分も。

そこで海外の友達とかできちゃうかもしれないしね。



だから

僕はこれからもそこに注力していきたいな

というお話でございました。 




そして

そのために

今やっている「英語ペラペラマインドワークショップ」も続けていきたいし

「発音改善法DVD」も売っていきたいし

新しく始める「ペラペラ英会話マスターコース」と、そのあとにやりたいと思っている認定講師制度も、広げていきたいなーと

思っているわけです。






一言でいえば

みんなにこんな感じになってもらいたいなってことで 笑







*** お知らせ  ***




読者1000万人目標!
これまで語られなかった英会話上達法

英語をしゃべれる自分に生まれ変わる
6日間 無料メール講座


英語をしゃべる能力は
生まれ持った才能ではなく

誰でもラクに、楽しみながら
身につけることができるものです。

そんな自分になるための
「あり方・考え方・やり方」

その全てを
TOEIC満点の元心理カウンセラーが
包み隠さずお伝えします。


くわしくは こちら



**************



TOEIC満点の元心理カウンセラーが
満を持して送る「英会話上達の最終兵器」

アキラ式「英語ペラペラマインド」
体感ワークショップ



心理学と脳科学
そして米国留学と外資系勤務経験も踏まえ

英語を一番ラクに話せるようになるための
最大の秘訣を伝授しつつ

英語を話せる人になるために最も大切な
「自己主張」 「失敗できる」

これらを、アメリカの環境を再現した
楽しいアクティビティを通じて養えますよ


6月19日(日) in 大阪 受付中
6月25日(土) in 東京 受付中



**************



一生あなたを助けてくれる
正しい英語の発音は「本場」から学ぼう

目からウロコの「アメリカ式」
発音改善法セミナーDVD



僕がアメリカで学んできたこの「発音改善法」

ぶっちゃけ、僕が英語の発音を
ずっとキレイなままキープできてるのは
100%このおかげです。


正しく発音できることは、
「自信」と「話す楽しさ」にもつながるので
英会話が苦手な人も、得意な人も
是非受けてもらいたいセミナーです。


購入ページは こちら



<< オススメの過去記事 >>

【 僕について分かる記事 】
☆ 人類最強のセルフイメージ
☆ 結婚記念日に寄せて
☆ 重大発表
☆ ヤバイよヤバイよヤバイよヤバイよ

【 勇気を出したい時に読む記事 】
☆ まず、なる
☆ 勇気を出すことが「望んでいた結果」
☆ 怒らせてあげている
☆ おれさま

いいね!(33)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)