1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-04-20

フォトブックを作る

テーマ:世界一周後・・
新しいカメラを購入したときに、フォトブックの無料引換券をいただきました。

フォトブックというのは、デジカメの写真でオリジナルのアルバムを作ることのできるサービスで、
高機能なものでは、レイアウトやカラーを好みに指定して、
オリジナル写真集のように製本もできたりするようです。

私たちがいただいた無料券では、簡単なフォトブックしか出来ないタイプでしたが、
せっかくいただいたので、世界一周の写真集を作ってみよう!ということになりました。

YON彼と私、二台のカメラを購入したので、二冊のフォトブックを作ることが出来ます。

一冊20枚の写真を使うことができるので、二冊で40枚の写真を利用できます。

だが・・・しかし・・・これがね・・・

とても大変でした。

一年間の世界一周で、18カ国、60都市の滞在の旅です。

観光ばかりの私たちの旅では、アルバムに入れたくなる絶景ポイントも目白押し。

サハラ砂漠に、

★ 世界一周御披露目帳 ★-サハラ

イグアスの滝。

★ 世界一周御披露目帳 ★-イグアス

ウユニ塩湖に、

★ 世界一周御披露目帳 ★-ウユニ

サントリーニの白い街。

★ 世界一周御披露目帳 ★-サントリーニ

宿でおいしかった朝食や、

★ 世界一周御披露目帳 ★-朝食

機内食だって捨てがたい思い出写真。

★ 世界一周御披露目帳 ★-機内食

旅の断片を入れ込もうと思っても、あまりに断片の量が多くて、収拾つかず!

あれを削り、これも削り・・・を繰り返し、
二人で散々悩んで、今日、ようやく出来上がりました。

★ 世界一周御披露目帳 ★-フォトブック

一辺12センチの小さなアルバムですが、なんだかとても愛しいです。

ワイルドな写真が多くなってしまっていますが、
私たちらしい世界一周のセレクトができたかなと思っています。

★ 世界一周御披露目帳 ★-ワイルド

今回のアルバム作りで、もっとちゃんとしたアルバムを作りたくなりました。

きちんと製本もして、私たちの旅の軌跡である世界一周の旅の写真集が欲しい!

帰国後、一度作ろうと思って写真選びをしていたことがあったのですが、
膨大な量の写真を前に、すっかり頓挫しておりました。

★ 世界一周御披露目帳 ★-お気に入り

やっぱり作ろう!

フランスへの旅が終わった後になりそうですが、
せっかく旅の写真に恵まれているのですから、自分たちらしい旅の形を残してみたいと思います。

人気ブログランキングへ
↑ フォトブックを作った経験のある方も、次の旅の後に作ろうと決めた方も、今日も応援お待ちしております。
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-04-06

ヨーロッパの街歩き

テーマ:世界一周後・・
私にとって、ヨーロッパの街歩きが楽しいのは、
重厚な建物たちが醸し出す美しさの中を歩くからじゃないかと思っています。

★ 世界一周御披露目帳 ★-石の道

道も壁も石で造られ、童話の世界のような街の景色は、
知らない国を旅してるな~と感じさせてくれます。

階段が多いのも、美しさを際立たせているように思えます。

★ 世界一周御披露目帳 ★-階段

歩くときは大変なのだけれど、下から見上げた景色も、振り返って見下ろしたときの景色も、
美しいな~と惚れ惚れできます。

★ 世界一周御披露目帳 ★-道の向こう

階段を下りるとどんな通りが待っているんだろうと、つい先に進みたくなります。

歩いているうちに小さな広場に出て、そこで小さな市に出会えたときもとても嬉しい。

★ 世界一周御披露目帳 ★-小さな広場

スペインのこの広場では絵画を売っていたけれど、
別の市で小さなハチミツの瓶を買ったときは、とても嬉しかったんですよね。

また、綺麗な窓や、
窓辺ですましているネコを見つけたりするのも、ヨーロッパだな~なんて思ってしまいます。

★ 世界一周御披露目帳 ★-窓辺

歩いているうちに日が暮れてきて、夕焼け空が見えるのも楽しいオマケです。

★ 世界一周御披露目帳 ★-夕焼け

石造りの街並みは、夕焼けがよく似合う。

色々な楽しみがあるヨーロッパの街歩きだけれど、
何にもないただの道でも、ヨーロッパの街歩きは幸せな気持ちにしてくれる魔法の場所に思えます。

★ 世界一周御披露目帳 ★-小道


人気ブログランキングへ
↑ 街歩き大好き派も、ホテルで休憩派も、今日も応援お待ちしております。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010-02-23

窓からの眺め

テーマ:世界一周後・・
私は、旅先の宿では、窓からの景色が気になります。

世界一周では、こじんまりした宿に泊まることが多く、
眺望などは望めないタイプの宿ばかりでしたが、
それでも部屋に入ると、窓に向かってそこからの眺めを確認してしまっていました。

いかにもパリらしい景色が目に入ると、それだけで嬉しくなってしまい、

★ 世界一周御披露目帳 ★-パリより

スペインでは、窓を開けて見えたアルハンブラ宮殿に歓喜の声をあげました。

★ 世界一周御披露目帳 ★-グラナダより

けれど、そんな素敵な景色だけがいいというのではなく、
何気ない景色もとても好きです。

イタリアでは、窓を開けると、すぐ近くに向かいの建物が見えて、

★ 世界一周御披露目帳 ★-フィレンツェより

それもヨーロッパらしいな~なんて思ったり。

こちらはアルゼンチンのエル・カラファテ。

★ 世界一周御披露目帳 ★-エルカラファテより

何でもない夕暮れの景色なんだけれど、私にとっては心にしみる一枚です。

ずいぶん旅を続けて、南米の遥か彼方まで来たんだな~という思いと、
これからも旅は続くんだな~という期待が入り交じった複雑な気持ちの中、
心地よい風が吹くパタゴニアの空を見ていた時間を思い出させてくれる特別の一枚です。

モロッコのサハラ砂漠の近くの宿では、窓の形にもワクワクしました。

★ 世界一周御披露目帳 ★-アフリカン窓

テレビで見るようなアフリカらしい窓に、「世界一周」という言葉を実感したんですよね。

お部屋の内装も、砂漠感いっぱいで、大好きな宿の一つです。

★ 世界一周御披露目帳 ★-メルズーガより

そして、こちらの写真は、南米チリのプエルトモンという海沿いの町での一枚。

★ 世界一周御披露目帳 ★-プエルトモンより

灰色の海が見えるだけの写真ですが、私にはとても思い入れのある一枚です。

これからパタゴニアへの旅を控え、
無事に旅を進められるか、治安の悪い国を問題なく旅できるかなど、不安がたくさんあった頃。

日本からは遠い遠いところまできちゃっているんだと思うと、
自分たちのしていることの大きさに、急に足元が揺れるような気持ちになったりしていました。

自分の中の不安と、どんよりとした灰色の海が、なんだか重なって見えて、
急に日本が恋しく思えた景色でした。

この写真を見ると、そんな旅の郷愁を思い出させてくれて、胸がきゅんとなります。

窓からの景色は、素晴らしい景色であっても心に響くし、
なんでもない景色であっても、心に残るものになってくれると思います。

忘れずに写真に収めることで、いつまでもその思いに触れられるのだから、
次の旅でも、窓からの景色をパシャリと撮るつもりです。

人気ブログランキングへ
↑ 宿ではまず窓に向かう方も、まず冷蔵庫でしょ!な方も、今日も応援お待ちしております。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010-02-02

世界一周の赤 その2

テーマ:世界一周後・・
昨日に引き続き、「世界一周で出会った赤」についてお送りします。

まずは、ギリシャの世界遺産メテオラの修道院でのもの。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い遺産

奇岩の上に建てられた修道院では、今もこのようなゴンドラが使われているようです。
乗ってみたいけど、怖いよね。

ギリシャでは、この一枚もお気に入りの赤です。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い傘

よく通ったピタ屋(ギロス屋)さん。コカコーラのパラソルは普通でも、ギリシャ文字があるのが私的なツボです。

そして、コカコーラといえば、赤ですよね。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤いコーラ

コーラもアラビア文字で描かれていると、とても新鮮で、異国な匂いに包まれます。

こちらはモロッコの宿にあった絨毯。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い絨毯

自分では選ばない柄だと思ったけれど、インテリアにマッチしていて、とても素敵だなと思ったものです。

「宿の赤」ではこの一枚を。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い部屋

チリのサンペドロデアタカマという長い名前の町の宿です。

赤っぽい色の土壁と、赤いベッドカバーが砂漠の町の雰囲気を盛り上げていて、
部屋にいるだけで、とてもしあわせな気分になっていたものです。

「町の赤」では、やはりメキシコのグァナファト。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い街

どこまでも赤です。

世界各地の遺跡たちの中には、当時は極彩色に彩られたものもあり、
その色を復元している遺跡も多くありました。
ギリシャのクノッソス宮殿もその一つ。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い遺跡

太古の昔も、カラカラの暑さの中で赤く輝いていたのかな~と、
在りし日の遺跡に思いを馳せたのも懐かしい思い出です。

こちらは、「国旗の赤」。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い国旗

スイスに建つ欧州最高峰の鉄道駅ユングフラウヨッホからは、圧巻の景色の数々を楽しみましたが、
宇宙のようにも見える空を背景にした国旗は、かっこ良かったな~。

こちらは「バスの赤」。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤いバス

グァテマラのアンティグアで出会ったバスは、見るからにブルンブルンと唸っていそうなデザイン。
日本でこのデザインを見たら、腰を抜かしてしまいそうだけれど、
グァテマラなら、なんかいいねぇ~と思えるのが、不思議。

世界一周では珍しい鳥にも出会いましたが、その最高峰がこのケツァール。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い鳥

「鳥の赤」としても、勇者に輝くケツァールは、グリーンと赤の色のコントラストがとにかく美しかった。

こちらは、インドで出会った「カーテンの赤」。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い布

インドらしいファブリックに、旅心をくすぐられました。
まら、木彫りが素晴らしい椅子にも、感動したものでした。

「民族衣装の赤」は、世界各地にありましたが、選んだのはペルーのチチカカ湖の島からの一枚。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い衣装

何気なく着ている彼女たちの衣装の美しさは、ついじぃ~と見たくなるものでした。
ふくよかな体型にぴったりな衣装たち。私もいつか着てみたいんですよね。

世界で見つけたたくさんの赤。

赤の色は元気を与える色らしいけれど、私も旅先でたくさんの元気をもらったねと思います。

人気ブログランキングへ
↑ 旅先の赤を探してみようと思った方も、ピンクにしようと決めた方も、今日も応援お待ちしております。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010-02-01

世界一周の赤

テーマ:世界一周後・・
今まで、世界一周の思い出として、「世界のビール」「世界の石畳」 について記事にしました。

あちこちで飲んだビールの味や可愛いラベル、日本では見られない石畳の街並み、
一つの記事にまとめることで、私自身、新しい発見もあったんですよね。

世界で出会った色を集めるというのも楽しそうだなと思い、写真を探してみました。

ピックアップしたのは、赤い色。

世界各地で出会った赤い色をターゲットにしてみると、あちこちの国から赤が集まりました。

今日は、「世界一周で見つけた赤」をお送りします。

トップバッターは、イースター島で出会った、赤い看板。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い手作り

手作りの味のある看板に、運良く小鳥が止まってくれて、お気に入りの一枚です。

こちらも看板ですが、こちらはお店のもの。フランスのモンサンミッシェルでの一枚です。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い看板

有名なオムレツ屋さんで、アイアンの飾りと共にいい雰囲気が出ています。

食べ物での赤なら、メキシコのサルサ。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤いサルサ

メキシコのお店では、各テーブルにこのようなサルサが置いてあって、自由にたんまりと使えます。
辛いものが苦手な私には、あまり縁はなかったのだけれど。

こちらはインドの宿の朝食での一枚。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤いジャム

ビックリな色に手を出さなかったのが悔やまれます。

アルゼンチンでこれでもか!と食べまくったサクランボも赤い思い出です。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い実

風景での赤なら、この写真を外すわけにはいきません。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い景色

ウユニ塩湖からチリ抜けのツアーで出会った、ラグーナコロラダ。

真っ赤に広がる湖は、怖さを感じるくらいの壮絶な色でした。

こちらはメキシコ、オアハカの町。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い公園

赤い壁とたわわに咲き誇る真っ赤な花たちが、メキシコにいるんだな~と思わせてくれました。

こんな小さな赤も思い出の一枚です。

★ 世界一周御披露目帳 ★-赤い列車

スイスで駅に入る電車に描かれた赤色。楽しかった列車の旅を思い出します。
それに、スイスの列車はどれもピカピカで汚れていなかったのも驚きな思い出です。

う~ん、まだまだある赤い世界。

長くなったので、続きは明日。

明日も世界一周で出会った赤の世界をお届けします。

人気ブログランキングへ
↑ 赤が大好きな方も、赤のもの持ってないとおっしゃる方も、今日も応援お待ちしております。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。