韓国で大人気の禁煙グッズ健香草よもぎ100%のタバコ禁煙グッズを韓国から代引き 個人輸入でお届けします!

■健香草効果!?
よもぎは婦人病、貧血、冷え性、更年期障害や腹痛、胸やけ、下痢、便秘、血尿、痔などにも効果があると言われています。

■よもぎこんな効果が期待できる!?
・発癌防止に期待  ・ダイエット効果  ・コレステロール値を下げる  ・貧血を改善 ・腸をデトックス  ・胃腸を強化  ・口臭・体臭予防  ・ニキビ改善  ・アトピー改善・殺菌作用  ・リラックス効果  ・安眠作用  ・婦人科系改善  ・美肌効果  ・冷え症改善

■医薬部外品としても認められ安心!
よもぎ健香草は韓国では厚生省管轄の医薬部外品です。
医薬部外品としても認められ、様々な特許も取得しております。

(米国 FDA) 米国特許出願:0910932005 

米国FDAカリフォルニア保健局
FDA IDコード203950

(日本 特許) 日本 特許 特許第4237428号

(中国 特許) 口腔ヨモギ灸(ZL 01123541.1)

(食品医薬品安全庁) 医薬外品製造業申告証  [第ソウル224号]

(工場登録許可) 2006.12月 工場 登録 許可

$.         

商品名 : よもぎタバコ 健香草
内容量 : 3カートン:30箱入(1カートン:10箱)
原産国 : 韓国
原材料名 : よもぎ (100%)
送料・代引手数料を無料!!
全て込み 9,900円
沖縄・離島は別途中継料500円がかかります。

■女性待望のミントフレッシュついに個人輸入開始に!


$(アメブロ)韓国で大人気!最高級よもぎ100%よもぎタバコ健香草ブログ

詳しくは下記のホームページをご覧下さい。

韓国で大人気!最高級よもぎ100%よもぎタバコ健香草
http://www.yomogi-kenko.com/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011年05月09日

インドで神の加護受ける銀行

テーマ:ブログ

インド北部のウッタルプラデシ州に、防犯ゲートや警備員、金庫もない「銀行」が存在する。25年前に設立されたラム・ラム・バンクでは利子も融資も提供していないが、顧客約5000人による祈りの「積み立て」が神の加護によって守られているという。

 顧客は、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」の主人公ラム(ラーマ)の名前を紙片に10万回ほど書き込み、その紙片をラム・ラム・バンクに預け入れる。預けられた紙片は半年ごとにラムの生誕地である聖地アヨディヤの寺院に送られる。

 同行はこれまで、紙片としてたばこの箱や古新聞も受け入れてきたが、1人の顧客の好意により、このほど預け入れ専門の「紙幣」帳が作成された。

 ラム・ラム・バンクを設立したLovelesh Tewariさんは「(同行には)泥棒の心配はなく警備の必要はない」とコメント。「神の名前を書くという行為が媒介となり、抑圧された不満が解放されて気持ちが楽になる。また、(名前を書き続ける)信念が目標達成に向けた力となる」と述べた。

 「積み立て」に宗教上の制限はなく、ヒンズー教徒、シーク教徒、イスラム教徒がラムの名前をそれぞれの言語で書いているという。

 ある顧客からは「ラムの名前を銀行に預け入れた後、エンジニアリングの学校に娘が入学した」と喜びの声が聞かれた。


韓国で大人気!最高級よもぎ100%よもぎタバコ健香草
http://www.yomogi-kenko.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2011年05月08日

内需主導で自律的な経済成長が続く

テーマ:ブログ

界の成長セクターとして注目を集めているアジア地域で、中国に次ぐ人口大国であるインドが注目されている。インド経済の現状と、今後の見通し。また、投資対象としてのインド株式の魅力について、インド株ファンドを運用している投信会社に聞いた。

 「HSBCインドオープン」を運用するHSBC投信の投資情報部長の孕石(はらみいし)健次氏は、「インドは内需主導で自律的に成長するステージを迎えている」とする。「インドの経済成長は1991年の経済自由化以降緒に就き、90年代にIT、ジェネリック医薬品に牽引されて成長、21世紀に入って内需や製造業が牽引する高度成長軌道に乗っている。21世紀に最も成長するであろう国の一つ。インドルピーも米ドルや他の通貨に対して切り上がっていく方向と考えられる」と、インド株投資の魅力は大きいという。

――「HSBCインドオープン」の特徴は?

 インドの経済成長が、BPOやジェネリック医薬品などの輸出企業が主導する経済から内需拡大によって個人消費が牽引する自律的な経済発展の段階に進んでいくということを前提とした銘柄選択を重視している。たとえば、マルチ・スズキ・インディアが組入れ上位銘柄に入っているのは、ファンドの運用方針を象徴しているといえる。

 インドの個人消費が拡大していることは自動車販売台数に良く表れている。2010年度の自動車の新車販売台数は300万台を超えてきている。1800万台の中国や1150万台の米国には遠く及ばないが、500万台弱の日本、350万台のブラジルに次ぐくらいの販売規模になっている。堂々と世界のトップクラスの販売台数だ。その中で、「マルチ・スズキ」は国民車といわれるほどのシェアを獲得した。決して大型株ではないが、ファンドの上位組入れ銘柄の常連になっている。

 この他にもジェネリック医薬品のドクター・レッディズ・ラボラトリーズ、食品やタバコのユナイテッド・スピリッツ、不動産のユニテックなどの内需関連企業が組入れ上位銘柄に並んでいる。

 一方で、内需型経済への移行を進める上で欠かせないインフラ(社会基盤)整備にも注目している。2010年10月にニューデリーで開催されたコモンウエルスゲーム(英連邦競技大会)は、オリンピック開催に似た経済効果があった。空港と都市部を結ぶ道路や都市部の地下鉄などの整備が著しく進んだ。

――ファンドの運用体制は?

 HSBC投信も属しているHSBCグローバル・アセット・マネジメントは、ロンドン、パリ、ニューヨーク、サンパウロ、香港、シンガポール、ムンバイ(ボンベイ)、東京等、世界30以上の国と地域の主要都市に拠点がある。アクティブ、クオンツ、ストラクチャード等のグループ内の運用能力と、マルチマネージャー機能を通じて多様かつ最適化された運用手法を提供し、運用する資産総額は約4,435億米ドル(約36兆円=2010年12月末現在)にのぼる。

 インドオープンについては、シンガポールの拠点が中心になって運用している。アクティブ運用を専門とするファンドマネジャーが担当している。インドに投資する世界最大のオフショアファンドを担当しているマネジャーだ。

――インド経済についての見通しは?

 大規模なインフラ投資による内需刺激策で、個人消費をエンジンとした高い経済成長が継続すると見ている。インドの経済自由化は中国の改革開放政策開始から12年遅れてスタートしており、その後の名目GDP成長は、中国とほぼ同じパターンをたどっている。消費の拡大と経済成長が加速するといわれる1人あたりGDPが1000米ドルを超えたのが2007年。現在は1300-1400米ドルの水準にあると見られており、当面は活発な個人消費に支えられて高い経済成長が続くだろう。

 ただし、2010年夏から表面化している汚職問題や食品価格や資源価格の上昇に見られるインフレ問題への対応が大きな課題になっている。第二世代携帯(2G)の周波帯域入札に関する不正疑惑、コモンウエルスゲームに関する汚職疑惑、不動産の落札に関する不正疑惑など、立て続けに汚職・腐敗問題が表面化した。このために、昨年後半から今年年初にかけては株価が軟調に推移していたが、ようやく問題が沈静化してきたところだ。

 一方、インフレ抑制策については、2010年1月に預金準備率を引き上げたところから金融引き締めが続いている。既に合計9回の利上げで金利水準は2.5%引き上げられてきている。食料品価格は落ち着く兆しが出てきているため、徐々に金融引き締めについても、ゴールが見えてきたというムードが高まってきた。

 短期的には、依然として不安定な部分は残るものの、中長期的には課題を克服して経済成長を続けると考えて良いだろう。

――インドルピーについては?

 インド経済のアキレス腱といわれているのが財政赤字と経常収支の赤字の問題だ。これが嫌われて、リーマンショック以降インドルピーは対米ドルで売られ、日本円に対しても弱い状況が暫く続いてきた。財政赤字と経常赤字がGDP比で10%を超えると危険水域といわれるが、インドでは2010年の財政赤字が5.1%になっている。現政権は、これを4.6%に引き下げることを目標に掲げ財政健全化を図っている。3G携帯電話向け周波帯域の競売では計画の倍の7126億ルピーが国庫に入り、国営企業の民営化なども計画的に進めているので、財政健全化に対する信任は高まりつつある。

 さらに、国内消費する石油の70%を輸入に頼っていることから、原油高はインドにとってマイナス影響が大きいとされている。経常収支の赤字を拡大するばかりか、石油価格の上昇については政府が補助金を出しているため財政赤字の悪化に直結している。しかし、この点については、ラジャスタン州で石油生産が拡大され、クリシュナ・ゴタバリ海盆での石油・ガス開発が進展している。広い国土があるため、天然資源の埋蔵量は決して少なくないと言われている。開発には5年-10年の期間が必要なために、すぐに国内のエネルギー需要に対する輸入依存度を引き下げることは難しいだろうが、国内のエネルギー産業が育ってきていることは、将来のプラス材料といえる。

 このようにインドルピーが抱えてきた弱い材料が、少しずつ取り除かれてきている。「21世紀にもっとも成長する国」としてインドを評価するエコノミストもいる。経済の成長する国の通貨は強含む傾向があるので、長期的にはインドルピーが米ドルや他の通貨に対して上昇していくと考えられる。




韓国で大人気!最高級よもぎ100%よもぎタバコ健香草
http://www.yomogi-kenko.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年05月07日

きれいな海、守るため

テーマ:ブログ

東海大の学生や付属の小中高の児童と生徒、幼稚園の園児が一斉に清掃活動に取り組む「三保の松原美化運動」が6日、静岡市清水区三保の海岸で行われ、地元の自治会関係者や清水エスパルスの櫛引(くしびき)政敏選手(18)ら3人を含め、約2千人が参加した。

 東海大海洋科学博物館で活動前に開かれた式典では、各学校の代表者がそろって美化宣言。同大付属幼稚園の田沢理夏ちゃん(5)は「きれいな海が大好きです。きれいな海を守るためにごみをたくさん拾います」と訴えた。

 清掃活動は昭和41年から実施され、今年で46回目。海岸付近の約5キロを約1時間かけて清掃し、園児らはたばこの吸い殻やペットボトル、流木を拾った。




韓国で大人気!最高級よもぎ100%よもぎタバコ健香草
http://www.yomogi-kenko.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。