レシピ検索はコチラ→レシピポータルサイトYOMEcafe


true


YOMEcafeレシピ検索はこちらから↓
モバイル版yomecafe

オリーブオイルとオートミールの食パン。

2016-03-11 14:07:46



こんにちは。
寒い朝になりました。

お立ち寄り頂いてありがとうございます。
訪問 とっても嬉しいです。

良かったらゆっくりしていって下さい。



3月11日は 毎年食パンを焼いています。
大きくなった ユウと一緒に捏ねます。
去年から一緒に捏ねるようになりました。

今年の食パンは
オリーブオイルを油脂に
オートミールも合わせました。




ぷちぷち食感は オートミール。
表面香ばしく 好きな感じに焼けました。


生地をいくつかに分けて焼く山型食パンは
この繋がった部分が ふんわり しっとり おいしい。


包丁を当てると むっちりした感じが
伝わります。

はちみつ効果で しっとり。


ぱんのミミの部分は
香ばしくオリーブオイルが香ります。

トーストしてもオリーブオイルが香るところも好き。


まずは、そのまま いただきます。
むちっとパン生地。
オートミールがぷちぷち。そしてオリーブオイルと蜂蜜の香り。

食事パンにしても
フレンチトーストみたいに甘くして食べても
ふんわり香るオリーブオイルがアクセントになります。


追記:3時の おやつに フレンチトーストにしました。
焼くとふんわりオリーブオイルの香り。

***オリーブオイルとオートミールの食パン

=A=
強力粉・・・50g
はちみつ・・・30g
ドライイースト・・・小さじ1・1/3
ぬるまゆ(30℃位に温める)・・・180cc

オリーブオイル・・・大さじ3

=B=
強力粉・・・200g
オートミール・・・30g
塩・・・小さじ1/2


*下準備*

・食パン型の内側に薄くオリーブオイルを塗っておく。
1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、オリーブオイルを回しいれ
良く混ぜ、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。
(結構すぐにまとまって、捏ねやすい生地です)

  生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして3等分にして、丸め直す。
 硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。
成形する。



綴目を上にして麺棒を当てて
20x12㎝の長方形に伸ばし(A)

真ん中で生地を合わせるように畳む(B~C)
手前から巻いて(C)
巻き終ったら(D)
(横から見たところ)(E)
巻終わりを下にして下準備した
型に入れる(F~G)

硬く絞った布巾をのせて40度くらいのところで2次発酵させる(20分位)



型の側面が見えなくなるくらいまで膨らんだら(こんな感じ↑)


天板に乗せ

210度に予熱を上げたオーブンで20~25分焼く。
(途中上面が焦げて来そうな場合は、アルミホイルをかぶせます)







今週のお買いものはこちらです→☆

築地でのお買い物はこちらです→☆


YOMEちゃん専用絵文字(鳥1)皆様良い金曜日の朝を迎えていますように。YOMEちゃん専用絵文字(鳥1)



訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)
YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)今日も良い一日になりますように。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


YOMEちゃん専用絵文字(葉) 交換日記。YOMEちゃん専用絵文字(葉)


先日、お片付けをしていたら
黒幕父さんとユウの 交換日記が出て来て
懐かしくて 読み返していました。

ユウが字を書けるか書けないかくらいの
幼稚園の年中さんの時から書いていた日記。

最初のページは
読むのも難しい位の
覚えたての ユウの平仮名。

不思議な鏡文字も沢山。

もう、この字は書こうと思っても
書けない字だなあと 愛しくなぞりました。

日記なのにちゃんと日付を書いている日が少なくて
いつの日記なんだかよくわからないけど

”おたんじょうびかい が ありました”
”どっちぼーる たいかい が ありました”
”ひなあられ を たべました”とかで
時期や季節が想像できる。
ユウの字の上達具合と後半は 出てくる”漢字”で 
年齢を想像して読んだ。

何年続いたんだろう。毎日じゃなくても
時折長く間が空いても また 書き始めたりしてた二人。

5年前の3月11日は ユウは幼稚園が午前保育。
卒園式目前だった。


そして地震の後の卒園式
小学校の入学式も
お父さんは 出席できなかった。

お父さんからの日記に
”卒園おめでとう 行かれなくてごめんね”
”入学おめでとう 行かれなくてごめんね”と

書いてあって
小学校に入っても 日記は続いてた。

地震のすぐ後は
ユウからの日記は暫く間が開いていた。

もし、ユウが書いていたら
どんな言葉を残していたんだろう。

春休み、停電が続く中
静かにお家で遊んだ。
テレビで ニュースでも無い、子供用のアニメでもない
春の甲子園を観ながら ぎゅーっと手を握って来た
ユウが ぼろぼろ 涙を流した。

随分長い事泣いてた。

言葉にならない
怖さや理解が あの時
時間を経て
ユウに降りかかっていたのかもしれないな。

やがて時を経て
お父さんとの交換日記も再会。


ユウは、小学校で習った『はなまる』を
お父さんに書いてあげたりしていた。

その後の日記にも
”『は』が ぬけた”
”えんそく に いった”
と 続いてる。

そして、ふと気づいた。
小学生になってからの日記には
つまり 地震の後の日記には

『おとうさんへ』でなく
『おとうさん と おかあさんへ』に
なっている ユウの日記。

『ゆうへ』でなく
『ゆう と お母さんへ』
になっている 黒幕の日記。

その後に続く文章は
”寒かったね”とか
”雨だったね”とか
”さくらが きれいだったよ”といった
たわいもない日々の事だけど
ユウも、彼も
”私”を入れて 一緒に会話してくれていた。


あのころ書いた
ユウの”おかあさんへ”の文字
彼の”お母さんへ”の文字

が 
とっても
とっても 有難くて

何度も眺めて
しまいました。


会えること
隣に居れること

手紙を貰うこと
名前を呼ばれること

の 有難さを

2人の書く
”おかあさんへ”の文字で
噛みしめています。

あの日のこと

簡単に言葉に出来ないし
言うのも書くのも・・・出来ない。

あの日の事を
ユウが 書いていたら・・とよぎったけれど

きっと書ききれないだろうし、
今もきっと書けない。
あの時も今も大人な年齢の私も
書けない。

文章の間にある
気持ちや想いを
大切に大切に思い出そう。

何度も。

交換日記があって
良かった。






AD
いいね!(297)  |  リブログ(0)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • トップブロガー
  • 芸能人

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。