こんにちは。
3月最初の 週末ですね。
皆様 温かく過ごせていますように。

ごめんなさい。
アップがとーーっても遅くなりました(>_<)

午前中来て下さった方更新していなくて
申し訳ないです。

お立ち寄り頂いてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

良かったらゆっくりしていって下さい。


3月3日の おひな祭りに作った
甘いもの。

一昨年までは
おひな祭りが 土日だったので
張り切って

ひなケーキを焼いたり→☆(2014)2013も ひなケーキ→☆
桃の ミニシフォンケーキ→☆(2012)
を焼いたりしていたのだけど

平日になってからは
あまり のんびり
食べて居られず・・・

今年は 甘いものは作るけど
のんびり 週末に食べることにしました^^

良く作ってる道明寺の桜餅→☆
今回はミルク風味でなく
お水でシンプルに作りました。


道明寺粉で 桜餅。

春色・桃色と



春待ち・雪色です^^


手づくりならではの楽しみ。
中にいちごを仕込んで見ました^^



なんだか とぼけた顔見たいな いちごさん。


桜餅をたべる週末。
桜を待つ週末。


お茶を淹れて
ゆっくり頂きます♪

******道明寺のいちご桜餅。 6個分

道明寺粉・・・100g
水・・・200cc
砂糖・・・小さじ1

あんこ・・・90g
いちご・・・6個

桜の花の塩漬け(または桜の葉)・・・6個(6枚)
食紅・・・微量

*下準備*
・あんこは6等分して軽く丸め、ラップの間に挟んで平らにつぶす。
そこへ、いちごをのせて、あんこ と いちごをラップごと包むようにして
あんこで、苺をコーティグする。

・桜の花の塩漬けを使う場合はたっぷりの水につけて塩気をしっかりぬいて
水気を絞っておく。



1)水は沸騰直前まで温め、耐熱ボウルに入れて
砂糖を加える。(赤い桜餅を作る場合は、ここに微量の食紅を加える。

2)道明寺粉を入れて軽く混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジに2分かけ、
一度取り出し混ぜて、さらに2分かけ、そのまま10分蒸らす。


3)2を6等分して、ラップの上に広げ下準備した、あんこ苺をのせて、
同様にラップを使って包むようにする。

桜の花、または桜の葉で巻いて出来上がり。


***** 長くなりますが
火曜日じゃないけど 今週のお買いもの 番外編



築地で買った物たち!じゃじゃーーん。
お値段も公開!

ほたてのヒモ(ダケ)とか
築地ならではの食材にもわくわく♪


金額は ほぼ2週間分の食費に(>_<)
でも 2週間以上楽しめるとも思っています。うひひ。

クワイは甘糟ちゃんからの
お裾分け♪



おひな祭りに食べたもの、
そのまま 冷蔵保存なもの
以外は こんな風に仕込み(保存)
しました。

潤ってるチルド室&冷凍室。です♪



今週のお買いものはこちらです→☆





YOMEちゃん専用絵文字(鳥1)皆様良い土曜日のお昼間を迎えていますように。YOMEちゃん専用絵文字(鳥1)



訪問、ありがとうございます。YOMEちゃん専用絵文字(サカナ2)
YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)今日も良い一日になりますように。YOMEちゃん専用絵文字(りんご2)

$よめ膳@YOMEカフェ
宝島社より、新刊”大評判の持ちよりご飯”発売しました♪→☆
$よめ膳@YOMEカフェ
主婦の友社より 新刊”ミラクルおかず”発売しました♪→☆

楽チン★シリーズFacebookページ




***家族日記はこの下です。


YOMEちゃん専用絵文字(葉) ありがとう。おひなさま。YOMEちゃん専用絵文字(葉)

お雛様は出すのは遅く
しまうのは早い我が家です。

お雛様を飾る丁度いい場所が無いのと
ガラスケースとかにも入っていない
むき出しのお人形なので

出しっぱなしだと、未だに風船とかで遊んで大興奮する
お転婆ユウの元、危ないし・・・というのが 理由。

毎年 ちょっと前に出してきて
当日 食卓の近くに移動してきて

お祝いして、すぐしまいます。
食卓の近くには 階段もあるし
窓もあるしで

何かの拍子に 倒しちゃいそうで。

2月も末になると
ユウは

”お雛様、まだ?
〇ちゃんのおうちは、もう飾ってたよ”と言い出し、
ユウも 楽しみにしている様子。

”忙しくてさー”なんて
言い訳しようものなら

”もー。いちやかざり(一夜飾り)は だめなんだよー”なんて
おばあちゃんみたいな お小言まで(>_<)

・・・すみません・・・。


今年も 例年通りわたわたと出してきて
飾って おひな祭りを 迎えました。

こんなお母さんの姿を見て、
ユウはユウで学んで ちゃんと 早めにお雛人形を出すお母さんに
なってね・・・と
調子のいい 反面教師を狙って(?)ます・・・。


そして、出して来ると
嬉しそう。
三人官女の持つ お道具にちょこんと触れて見たり
お雛様の嫁入り道具の タンスの引き出しを そーっと開けたり。

”かわいいなー”とか
声かけちゃって。

お雛様は りかちゃん人形とかとは
全く顔も違うけど
やっぱり、かわいいんだよね。


・・・私もそうだったもんな。
小さな小さな お茶の道具や
杓子や盃を眺めるだけで楽しかった。

実家の雛人形は、当時流行った7段飾り。
出すのもしまうのも 大変だったと思うのに、
母は 節分が終わると 出してきて
3月4日の朝には もうすっかり 片付けられていた。

背の低い母が 一番上の お内裏様とお雛様を
背伸びして 飾ってくれていた姿を 嬉しく のんびり眺めてた。

母は私みたいに
”忙しくて・・・”なんて言い訳しなかったな・・・反省。

おひな祭りの日、
ユウと一緒にお風呂に入って
いつも通り
たわいもない 話をした後

ユウが
”おかあさまー”と

呼んだ。

・・・え?おかあさま????


とビックリしていると
ユウが笑って

”あ、まちがえた、
『お母さん』おひなさま ありがとう”って
言いたかったのに、

お母さんと、おひなさまが
一緒になっちゃった!

あはははは!!!”

と言った。

おかあさま・・・にビックリして笑っちゃって
流れてしまった

”おかあさん おひなさま ありがとう”というユウからの言葉
もう一回聞き直したいくらい 嬉しかったな。

毎年ワタワタで準備しちゃっているのに・・・
こちらこそ
こちらこそ、

ありがとう。
ユウのお蔭で楽しい ひなまつりです。

すくすく
心も身体も大きくなーれ。

AD