ブドウの生育と天候

 今年は、梅雨時には雨が降らず、梅雨が明けてからは、東京では8月以降雨の降らない日はないほど、晴天の日がありません。九州、東北・北海道では豪雨被害も数多く発生しています。この結果、野菜の収穫が減り、稲も生育も遅れています。

 

 世界に目を向けても、アジアでは中国・バングラデシュなどでは豪雨被害が発生し、アフリカでもシエラレオネ・コンゴなどで1,000人以上の死亡者が発生するような甚大な被害が出ています。これに対してヨーロッパでは大干ばつとなっています。

 

 これから収穫を迎えるブドウにも大きな影響があると思われています。

 

 植物は、光合成により大気中の二酸化炭素と水から糖分を作り出し、これをエネルギー源として各種の有機化合物を合成します。ブドウも同じです。

 日本のブドウ生産地では、日照時間がこの1ヶ月では平年の50~70%程度しかありません。従って、ヴェレゾンという色づきがかなり遅れる可能性があります。

 

 ブドウの生育には、日照量と降雨量が大きく影響します。ブドウの木が生育する段階では、多くの水分を必要としますが、色づき期を過ぎても、降雨量が多いとブドウの実に養分が行かず、樹体の成長に養分を取られてしまいます。

 

 ヨーロッパが干ばつで降雨量が少ないことは、ブドウの実の成長には良いことですが、それも程度問題です。降雨量が少なくても、ブドウの木のある場所の土壌の保水性が良ければ、ブドウの木は地中深くに張らした根から水分を取ることができますが、大干ばつというところまでいくと、ブドウの木そのものが枯れてしまうことになります。これでは、実の収穫までいけません。灌漑用水が確保できればいいのですが・・・

 

 ということで、今年の天候不順は、どの地域においてもブドウの収穫に悪い影響が出るのではないかと心配する今日この頃です。

 

 ブドウの収穫は地域によってばらつきはありますが、北半球では9~10月です。これからの天気が、どのようなブドウの出来になるかに大きくかかわって来て、それが今年作るワインの品質にも大きく影響します。幸い日本では、8月末から本来の夏らしい天気に戻っていくとの予想です。これからの天候の変化を見守っていきたいと思います。

 

AD

今回紹介するワインは、オーストリアのワインです。ヴァッハウはユネスコの世界遺産に登録されるほど風光明媚な場所です。白ワインのヴァッハウも、オーストリアを代表するワインです。

 ヴァッハウは、使用するブドウの糖度によって3ランクに分かれ、一番糖度の高いものを使用して生産するものは、スマラクト:エメラルド色のトカゲ、その次は今回紹介するフェーダーシュピール:鷹狩、一番下がシュタインフェーダー:野草、という名がつけられています。

 使用するブドウ品種はオーストリアを代表する品種のグリューナーフェルトリーナを使用するものが全体の90%以上ありますが、今回紹介するリースリングのものもあります。リースリングというとアルザスやドイツというイメージが強いです。

 

 さてこのワインですが、色はグリーンがかったイエローで少し濃い目です。ヴィンテージが2,012年と熟成期間が長いこともあり、第二アロマ中心の香りがします。口に含むと、とにかくミネラリーです。辛口なんてもんじゃなく、超辛口といったところでしょう。果実実に関しては、シトラス系というよりどちらかというと、花梨、パパイヤ、マンゴー系です。ミネラル感がある割に日照量の多い地域の香りがします。

 

 リースリングというと、アルザスやドイツ産のものが良く知られています。白い花の香りがして、酸味がシャープで白では一番好きな品種です。最近はオーストラリアのヤラヴァレー産のものも有名です。今回のものは、こういったリースリングとはイメージが違います。ペトロール香がしません。酸味とミネラル感が強い味わいです。

 

 ヴァッハウは前々から飲みたいと思っていたワインでしたが、なかなか手に入りませんでした。しかし、最近はあちこちのワインショップで、オーストリア産のワインを取り揃えるところが多くなってきて、手に入れることができました。しかし、もう一度飲みたいかというと・・・

 オーストリア産のブドウ品種で見ると、リースリングよりグリューナーフェルトリーナのほうが飲みやすく感じました。次回はグリューナーフェルトリーナの軽めのシュタインフェーダーに挑戦したいと思います。

 

AD

 

珍しいワインが手に入りました。

ボルドー/サン・ジュリアンの3級格付けのセカンドワインです。それも2007年ヴィンテージというのは、今ではなかなか手に入らないと思います。

 

サン・ジュリアンと言えば、1級はありませんが、2級のレオヴィル3兄弟、ラスカーズ、ポアフィレ、バルトンを始めとして、2級に5シャトー。3級は、ラグランジュに加えて、ランゴアバルトンの2シャトー。4級は、一度飲んだことのあるベイシュベル以下4シャトー、合計11シャトーを有する地域です。

 

このワインは、行きつけのワインショップで見つけました。一度目は買おうかどうしようか迷いましたが、2週間後に行ったら、まだ1本残っていたので購入することにしました。

 

メドックの格付けは、1,855年に制定されてから、1,973年にシャトームートンロートシルトが1級にランクアップした以外は、変更がありません。制定されてから160年も経っているのですから、2級と言ってもレベルの下がっているものや、5級でも2級並みのワインがあるといわれています。メドックの格付けワインは、あまり飲んだ経験がありませんので、価格に見合ったものかどうか判断するのが難しいです。

 

その点、このラグランジュは、1,970年代までは凡庸なワインを作っていたようですが、1,983年にサントリーが買収してから、ブドウ樹の植え替えなどの抜本的な改善を行い、品質が飛躍的に向上したといわれています。日本のサントリーがワイン作りを行うのですから、下手なことはできないと思います。新樽は25%使用ということですから、あまり樽香も強くないでしょう。一般的にセカンドラベルは、ファーストに比べると軽やかな味わいになるといわれていますが、それでも熟成が足りなければ、タンニンがきつくなってしまうでしょう。その点このワインは、10年熟成です。セカンドなら、たっぷりとしたタンニンがこなれるのに、十分な熟成期間だと思います。

 

秋になって、爽やかな気候となったら、家内に牛ほほ肉の赤ワイン煮なんかを作ってもらって、楽しんで見たいと思います。ということで、ワインの味わいについてはまた後日。開けるのが楽しみです。

 

 

 

AD

ソムリエ協会のティスティングセミナーに半年間参加しました。他の方のコメントを聞いたり、講師の方のアドバイスを聞いたりして、大変勉強になったセミナーでした。

 共通言語を駆使してコメント力を磨くことが大事なことは良くわかりましたが、品種や地域を特定するのは、第一印象を大事にすべきと感じました。

 ティスティングというのは、外観を見て色合いを確認し、発泡しているかどうか、グラスを傾けて粘性を見てアルコール感を推測し、グラスに鼻を近づけて香り嗅ぎ、還元性の雰囲気があるかどうか、プショネなどの異臭はないかを確認する。そのあとスワリングして香りを開かせて香りをとっていく。その後、口に含んでファーストアタックを確認し、酸味、甘み、苦みなどの味わいを確認する。しばらく時間を置くとどうなるか確認し、余韻の長さを確認する。最終的にデキャンタージュの要否。提供温度などを考える、といった手順になります。ただ、いつもこの手順でやれば品種や生産国を特定するのにいい手順かというとそうでもないと感じました。

 外観、香り、味わいをみて、どういう印象を持ったワインかを考えてみることが大事なのではないでしょうか。色の濃い割に香りがあまりしないとか、色が濃いのにタンニンがあまりきつくなく、バランスのいい味わいだとか、鼻を近づけたとたんにフルーツや草の香りというより、発酵由来の第二アロマの香りが印象的だったりと、そのワインの特徴をとらえるということです。

 その上で、シュールリーをしているとか、冷涼な産地っぽいとか、ビオ系なんじゃないかとか、作り方や産地に広げていくという方法です。ティスティングのお手本通りやると、どうしてもフランス系のワインに行きつきやすくなります。国際品種を思い浮かべてどれに近いかという発想になりがちです。

 頭の中をニュートラルにするには、そのワインの持つ個性をまず自分なりに明らかにする。品種を意識するのではなく、ワインの特徴にアプローチしていくという風にしていくと、やりやすいのではないかと感じています。皆さんはどのようにお考えでしょうか。

 

 ソムリエ協会石田副会長は、赤ワインについて、味わいの面から香りを評価すべしとおっしゃっています。

 

 スグリ:     味わいは軽く、酸味が主体のフルーツ。

          ワインはフレッシュで若々しく、軽いタイプを示す。

 

 ラズベリー:   味わいはより強くなり、酸味も強い。

          若々しいワインだが、より濃縮感のあるもの。

 

 ブルーベリー:  実もしっかりと「かりっ」とした噛みごたえを感じるもの。

          酸味と甘みのバランスが取れた味わいのもの

 

 カシス:     甘さを連想させる香りをはっきりと感じるもの

          酸味もあるが甘みや豊かさを感じるもの

 

 ブラックベリー: 凝縮感が強そうなもの。成熟度の高さが際立つもの

 

 ブラックチェリー:酸味より甘みと渋味が全面に出てきているもの

 

 つまり、ブドウの成熟度に着目してその程度がスグリからブラックチェリーに変わっていく状況をとらえることが大事だそうです。従って、カシスの香りを知らなくとも、ブドウの成熟度が「中より上」と感じたら「カシス」と言えばいいとのことになります。ティスティングコメントは、他の人とそのワインのありさまを客観的に共通言語で評価していくことですので、そのベースには客観性や論理性があることを覚えておく必要がありそうです。このスケールを合わすことができると、世界中のワイン好きな人とティスティングしてお互いの感じたことを言い合って、楽しむことができるようになるかもしれませんね。

 

 ワインをティスティングする時、外観、香り、味わい、総合評価をして最終的にブドウ品種と、ヴィンテージ、生産国や地域を特定するという手順を踏みます。ソムリエやワインエキスパートの試験のときは、1つのグラスについて30項目ぐらい評価して回答する必要があります。一番難しいのが私の場合香りです。教科書を見ると、フルーツ、花、スパイス、芳香性、熟成からくる香などなど色々な香りを特定します。

 フルーツについては、本当にその香りがするかどうかを特定しなくとも別の評価方法があるといわれています。

 ソムリエ協会田崎会長は、ソーヴィニオンブランについて、そのワインの成熟度の短くて未熟なものから、過熟なものに向かって白系フルーツの香りを並べて評価すべしとおっしゃっています。

 すなわち、レモン→青リンゴ→黄リンゴ→カリン→洋ナシ→白桃→黄桃→アンズ→パイナップル→パッションフルーツ→マンゴー

 の順番です。外観的には、グリーンがかったライムイエローから、濃い目のイエローに行くイメージですね。

 同時にハーブ系については、

  ハーブ→ミント→レモングラス→ヴェルヴェーヌ→セルフィーユ→エストラゴン→タマネギ→ジョコウ

 という順番で、未熟から過熟に移っていくとのことです。

 

本日紹介するワインは、

トスカーナ・ビアンコ・グィット IGT

アジェンタ・アグリコーラ・サン・ルチアーノ

マルヴァジア100% アルコール度数12.5%

爽やかですっきりとしたエチケットですね。

 

マルヴァジアは、イタリア全土で栽培されているブドウ品種で、亜種が色々あります。

このワインが生産されるトスカーナ州では、マルヴァジア・ビアンカ・ディ・カンディア

トスカーナ州の南のラツィオ州では、マルヴァジア・ディ・ラツィオ

サルデーニャ州では、マルヴァジア・ディ・サルデーニャ という品種となります。

外観は、黄色がかった明るい麦わら色をしています。

 

 このワインは、MLT発酵させていますが、微発砲していますので、フリザンテということになります。ステンレスタンク発酵です。

 シトラス系の香りで、すっきりとした酸味がしますが、蜂蜜のような甘さと苦みも感じます。要するに甘酸っぱい味わいです。「グイット」というのは、ぐいっと飲もう、と言うことからつけられたのではなく、イタリア語で「明るい、道化師」などの意味からつけられたもののようです。いずれにしても爽やかな陽光の中、でキリッと冷やして飲むのに適したワインと言えるでしょう。

 

 1,500円前後で手に入りますので、是非お試しあれ!

 

 

 

 本日紹介するワインは、ガンドックエステート チェース セミヨン アルコール度数10.5% 2015年。犬の散歩絵が描かれているエチケットです。

 

 セミヨンというと、ボルドーのソーテルヌ地区で、甘口の貴腐ワインを造るブドウ品種として有名です。但し、オーストラリアでは辛口のワインを造ります。ハンターヴァレーで造られる時はハンターセミヨンという言い方をされます。

 

 外観は明るめのグリーンがかったライムイエロー。シトラス系の香りではありますが、ライムや青リンゴといった感じです。輝きがあって、非常にフレッシュ感を感じる外観と香りをしています。口に含むと酸味がまず飛び込んできます。その次に発酵から来る第二アロマの香りと口当たりが。少しスパイシーなヴァニラのイメージでしょうか。

 

 ソーヴィニオンブランのようなハーブ感や、リースリングのようなフローラルな感じはあまりしません。ただ、ジューシーでフレッシュですので、暑い夏に飲むにはぴったりのワインだと思います。

 

 早いのもので、ティスティングセミナーは最終回になってしまいました。お盆前の日に開催されましたので、出席者は20名弱と、いつもの半分ぐらいでした。皆さん都合がつかないのでしょうね。

 

 さて、今回は白2本、赤2本、スパークリング2本という組み合わせ。しかも講師の野坂昭彦氏は、これを2本づつ出して、両者を比較するという進め方でした。

 

 

 結果的には、全て日本産のものでした。

 左側の2本は、北海道産。一番左は、浦臼町のピノ・ブラン。その隣は、余市町のケルナーでした。

1本目は、アロマティックな香りがしましたが、ミネラル感が強くスパイシーな味わいでした。迷ったときはシャルドネと言われていますので、シャルドネと予想しましたが、見事に外しました。

2本目もアロマティックではありますが、グリーンノート、白コショウ、コリアンダーシードなどの香りを感じました。白い花の香りも。こうなると、アルバリーニョ、グリューナ・フェルトリーナ、シルバネールなど冷涼地域の品種が思い浮かび、最終的にシルバネールと予想しましたが、結果は北海道を代表する品種のケルナーでした。このワインはしばらく置いておくと、マスカットフレーバーが強くなります、ミネラル感があってマスカットフレーバーだとケルナーと覚えればいいかもしれません。しかし、品種は別にしても日本産の白ワインはマスカットフレーバーのものが多いですね。

 

 真ん中の2本は赤ワイン。

 3本目は、大分県の安心院(あじむ と読みます)葡萄酒工房というところが作っています。まず凝縮感のある甘みのある香りがします。カシス、後からスミレのような花の香り。アルコール度数が低く、酸味と甘み、タンニンのバランスの良さを感じました。イメージ的には色が濃いのにタンニンが穏やかです。そうなると候補はたくさんあります。コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、ガルガネカ、テンプラニーニョ、バルベーラなんかもありかも。最終的にメルローにしましたが、正解は山ぶどうの交配品種の小公子でした。一人だけ山ぶどうを予想した方がいましたが、お見事と言うしかありません。

4本目は、3本目と比べると、色は濃い目でタンニンもしっかり。スワリングするとスパイシー、鉄やブラックベリー。後から樽熟成からの樹脂の香りが立ち上ります。3本目よりタンニンは強くなっていますが、それでも滑らかな舌触りだったので、グルナッシュかCS+メルロー+CFの混醸と予想しましたが、結果はタナ+CSの混醸でした。生産者はココファーム。2014年です。

 

最後の2本はスパークリング。スパークリングのティスティングはあまりやったことがありません。講師は、外観と言っても、泡の大きさ、持続性などを評価して、瓶内二次発酵かメトドシャルマかを推測するなど、について考えてほしいとの事。

5本目は、微発泡で色も薄くフレッシュ感満点のものでした。アルコール度数も低めの軽やかなワインだと思いました。ブドウ品種で思い浮かんだのは、トレッビアーノでしたが、正解はシャルドネ100%のブランドブランでした。生産者は山ぶどうを使った赤を生産した安心院。ステンレスタンク発酵し、瓶内二次発酵ですから、そこまでは良かったようです。

 

6本目のワインは、色も濃くて如何にも長期熟成した雰囲気。泡立ちもしっかりしていて、持続性のある泡でした。リンゴやハチミツのような香りがして、口に含むとしっかりした酸味を感じます。色の濃さからニューワールド/チリ産のシャルドネと予想しましたが、結果はピノノワールを90%使ったブランドノワールでした。ブランドブランは酸味が際立ったすっきりした味わいになるのに対し、ブランドノワールはコクがあってしっかり目のワインに仕上がるようです。その辺は経験がありませんでしたので勉強になりました。生産者はココファーム。

 

ということで、今回は全く品種を当てることはできませんでしたが、ヴィンテージや、生産地などで当たっている部分もありましたので、今後の勉強に生かしていきたいと思っています。

 

 

 

 本日紹介するワインは、ヴィーノノビレ・ディ・モンテプルチャーノ。イタリア トスカーナ州のワインです。トスカーナ州は高品質ワインを生産する州として知られていて、DOCGの数はイタリア1だと思います。  このワインに使われているサンジョベーゼは、イタリアで一番栽培面積の広い品種です。フランスと比べると、1位のメルローや、2位のグルナッシュには負けますが、カベルネソーヴィニオンやピノノワールより広い栽培面積となっています。  サンジョベーゼを使ったワインというと、キアンティやブルネッロ・ディ・モンタルチーノの知名度が高く、間にはさまれたヴィーノノビレは肩身の狭い思いをしてきました。しかし、中世からその名が知られた名酒です。  トスカーナ州は、ティレニア海とアペニン山脈にはさまれた地域です。このモンテプルチャーノは、トスカーナ州の南東部シエナにあります。従って、海よりも山の影響を強くうける場所です。土壌も粘土質のため、ボディの利いたワインを生産します。  このワインは、外観は少し明るいルビー色。輝きがあるというより、少しもやがかかったような外観です。香りは、ミルティーユ、ラズベリーの果実香がきて、後からスパイスの香りが追いかけてきます。ただし、あまりアロマティックな感じはありません。口に含むと、酸味とタンニンのバランスが素晴らしい。後から甘味も出てきます。

ヴィンテージは2011年です。6年も経っていると、熟成も進んで全体的にまとまりが出てきます。アルコール度数も、14%ですから、力強さを感じます。キアンティとブルネッロの間というところがいいですね。そんなバランスのワインだと思います。