横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”活動ブログ

横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”活動ブログ


テーマ:

今年から新たに制定された祝日になった「山の日」。8月11日は全国各地の山で自然を楽しむ人で賑わったそうです。われら「時をかけるヨコハマ」も、「山の日」にふさわしい活動をしなくては、名がすたる!!(何の?)

と言うことで、山登りの達人のリーダーを先頭に、「武相尾根を辿る」ツアーを敢行しました。

現在の横浜市金沢区は相模国と武蔵国の国境付近に位置していました。鎌倉時代には北条一族が統治し、鎌倉幕府の重要拠点として栄えていました。金沢区は横浜の中では鎌倉の影響を強く受けている場所です。また金沢文庫駅から金沢八景駅の一帯は、風光明媚な名所として知られており、安藤広重が浮世絵に描いています。

 

かつての金沢の名残を探しに、鎌倉駅から出発しました。

朝10時前だというのに、鎌倉駅や小町通りは観光客で混雑していました。

「暑いのに朝から元気だなあ」と思いながら、改装できれいになった段葛を歩いて鶴岡八幡宮に向かいました。

八幡宮で、今回のツアーの成功祈願をしてから、鎌倉幕府の名残を残す石碑をたどりながら、道を進んでいきます。

 

 

鎌倉駅~段葛~鶴岡八幡宮~源頼朝の墓~荏柄天神~鎌倉宮~瑞泉寺と言うルートで歩きました。石碑の横に、地元の小学生が作成した説明書が展示してあり、石碑の内容が分からなくても、説明書のおかげで内容が理解できました。小学生の皆さん、ありがとう!!

石碑を辿りながら、鎌倉幕府の名残を探してみましたが、ほとんど宅地化されていて、面影が残っていません。鎌倉幕府を開いた源頼朝の墓が裏山にひっそりとあり、訪れる人も多くないようでした。歴史上有名な人物であるのに、質素な印象でした。

 

瑞泉寺手前を折れると、「天園ハイキングコース」の入り口が見えてきました。

ここからが今回のツアーのメインルートです。どのような険しい山道を待ち受けているのかどきどきしながら、森の中を歩いていきました。

 

市街地とはうって変わって、森の中は、涼しい風が吹いて心地よくひんやりとしていました。ほんの数分前は蒸し暑かったのがうそのようです。気温が1度~2度程違ったのではないでしょうか。先程まで、暑さで重かった足取りが軽くなり、皆の歩くスピードが早くなっていきます。ハイキングコースの途中で、風化したお地蔵様を見かけました。「貝吹地蔵」と呼ばれるお地蔵様です。鎌倉幕府が滅び、逃げていく武士達を、ほら貝を吹いて助けたという話が伝わっています。きれいな菊の花が供えられていました。ハイキングをする人が供えていったのでしょう。風雨で表面が削り取られ、どんな顔をしているのか分かりませんでしたが、目を細めて微笑んでいる表情をしていたのだと思いました。

 

岩山をよじ登っていくと一気に視界が開けて海が見えてきました。鎌倉の町が海岸に沿って扇状に広がり、江の島が遠くに見えました。光が反射して海がキラキラ輝き、まぶしかったです。意外と鎌倉が小さい事に驚きました。道を進んでいくと「天園」に到着。

鎌倉市と横浜市の境界にある地点です。夏らしい青空が広がり、相模湾が見えます。目の前に広がる風景を見て、随分歩いてきたと実感しました。

そして、近くにある「横浜市最高地点」の案内板を確認しました。横浜市の最高地点は、「横浜市栄区上郷町」になります。標高は159.9メートル。一帯は、円海山を中心に幾つかの市民の森が広がる地域です。場所によっては、ランドマークが見えるという絶景スポットなのです。(残念ながら当日は、ランドマークは見えませんでした。)

 

いよいよ横浜市に入り、横浜自然の森へ向かいます。森の中に入ると、ヒグラシの鳴き声があちこちから聞こえ、季節が晩夏になった気分になりました。10分ほど歩いて、東屋でお昼を食べる事にしました。風が心地よく、外で食べるご飯はいつもより美味しかったです。隣の席では、ビールやおつまみを片手に真っ赤になっているおじさん達が宴会をしていました。三度の飯よりビールが好きなメンバー達にとっては、羨ましい光景。しかし、ゴールまでは遠いです。後ろ髪を引かれながら、休憩所を後にしました。

 

 

更に歩き続けて、横浜最高峰・標高156.8mの大丸山に到着。眼下には八景島や野島の平潟湾が広がります。遠くは、ぼんやりと房総半島が見えました。大丸山の三角点を確認して、自分達が横浜市で一番高い山にいる事を実感しました。

 

 

今度は、山道を下って氷取沢市民の森から金沢動物園を通っていきました。下っていくうちに、ムワッとした暑さが体にまとわりつき、アブラゼミの鳴き声が耳に飛び込んできました。樹木の下にはシダが生い茂っています。一気にジャングルに迷い込んだ感覚に陥りました。

 

今回のコースの目的地の一つである「能見堂跡」に着きました。

江戸時代に明からきた心越禅師というお坊さんが、故郷の風景を懐かしんで、金沢の八箇所を漢詩に詠んだことから「金沢八景」の場所と名前が広まったそうです。能見堂は、江戸から鎌倉・江の島への観光ルートの一つとして、有名でした。当時の庶民によって「金沢八景根元地」の石碑が建立され、今も残っています。 能見堂跡から、金沢八景の風景を眺めてみました。眼下には、釜利谷、横浜市立大学、金沢八景駅周辺のスーパーなどが見えました。江戸時代は、眼下に広がる市街地は、海の中でした。上から見ると、今よりも海が陸地の奥まで広がっていた事が分かります。野島や金沢八景駅の近くにある瀬戸神社の周辺が、金沢八景の面影を残しています。

 

 

山道を下っていき、ゴールの金沢文庫駅に到着しました。

その後は、汗を流す為に、銭湯に行き、ハイキングの疲れをとりました。

この銭湯は、「赤井温泉」という天然の温泉でした!!

横浜に、温泉が入れる銭湯があるなんて、びっくりしました。(料金は470円と格安!!)

 

 

今回のツアーでずっと頭に浮かんだ文があります。

松尾芭蕉の「夏草や 兵どもの 夢の跡」いう一句。

金沢区は、一般的な横浜のイメージとは違い、人々に愛された景勝地と、防衛の要所としての二面性を持った土地でした。今回のツアーで、その二面性を感じる事が出来たのですが、開発が進んだことにより、どこにでもある町の一つになっている事が残念でたまりません。昔の記憶を少しでも良いから多くの人に伝える事が大切だと思いました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 横浜の生活史や美術史を、知るために自分たちの足で街を歩く活動をしているハマトリーツ!の自主活動グループ「時をかけるヨコハマ」、そこに今回初めて参加してきました。
普段とは異なる視点で歩く、横浜の街。どんな発見・作品が待っているのか、期待を胸に膨らませ桜木町駅に向かいます。

〜みなとみらいには70数点のパブリックアートが!〜



 7月23日(土)午後4時、桜木町駅に集合。ここから約2時間、みなとみらいのパブリックアート巡りが始まりました。

 まずはリーダーより、作品リストを受け取り驚きます。リストにはパブリックアートだと思われる微妙な作品も含めて70数点もの作品が載っています。
 ルートは、桜木町駅前を出発し⇒日本丸メモリアルパーク⇒クイーンズスクエア⇒臨港パーク⇒みなとみらい駅周辺⇒横浜美術館周辺⇒桜木町駅前です。



 まず一つ目のポイント日本丸メモリアルパーク。ここにある作品は峯田義郎《海鳥達の風》です。日本丸をバックに、風の乗る海鳥と少女の一瞬の表情を表現している作品が彩る空間は、正に港町そのものではないでしょうか。
 更にこの作品のキャプションには「みなとみらい21彫刻展ヨコハマビエンナーレ’86」との記載がありました。第1回目の横浜トリエンナーレが開催されたのが2001年。その15年も前から横浜で美術展覧会が開催されていました。みなとみらいの再開発が始まったのは1980年代なので、最初の街づくりの頃に建てられたパブリックアートのようです。



 もう一つ興味をもったのが、フランシス・ホーン《トーテムポール》という作品です。
ここにトーテムポール?と不思議に思って調べたところ、こちらはカナダのバンクーバー港から姉妹都市を記念して寄贈されたものだそうです。
この他にも造船所跡地らしいモニュメントが点在しており、錨のモニュメントはドイツのハンブルク港から姉妹都市10周年を記念して寄贈されたものだそうで、港を通じて遠い外国との繋がりを感じられました。



 次のポイントでは人々の中に自然と作品が溶け込んでいる光景を観ることができました。
クイーンズスクエア内のクイーンズパークにある牛島智子《結婚式》という作品です。新郎新婦と友人が座るであろうカラフルな椅子に子供と父親が座ったり椅子を挟んで追いかけっこをして遊んでいました。この作品の意図は人と人をつなげること。独特な存在感を放つ椅子を通して人がコミュニケーションを取れるように創られています。



 その先のポイント臨港パークには、横浜トリエンナーレ2001の出展作品であるチェ・ジョンファ《フルーツ・ツリー》。そしてそのすぐ横に全く雰囲気の異なる《リマちゃんと握手》という石像が置かれています。ポップなフルーツ・ツリーの作品と石像のリマちゃんが隣接しています。作品同士のギャップが面白いので是非観て欲しいポイントです。
こちらのリマちゃんと握手はペルー移住100週年記念像です。1899年に日本人790名を乗せた船が横浜を出向しペルーに到着しました。リマちゃんの像周囲の丸石は日本人入植地カニュテ海岸の自然石で出来ています。ですから差し出された手は太平洋に向いています。ペルーにも「さくらちゃん」という石像があり、小さな手と手の100年目の握手が夢の架け橋となることを願って作られたそうです。歴史の重みを感じますね

この他にもたくさん気になる作品がありましたが、書ききれませんのでいくつか作品を抜粋し街に存在するパブリックアートに対しての感想を交えて紹介します。



 まずはみなとみらい駅から登ってくるエスカレーターから観れる壁面に刻まれたテキスト、ジョセフ・コース《The Boundaries of the Limitless》の作品は駅利用者なら誰もが一度は目にしたことがあるのではないかと思います。しかし私自身、何度も目に止めていましたがこの作品がパブリックアートだとは、知りませんでした。



そしてもう一つリーフみなとみらい入り口前、金子健二《PROPOSE》です。
この作品には穴の空いた太鼓石も置かれており、叩くと低い音の高い音が出る作品です。
私たちが、叩いていると、通行人の方も興味をもち、「こんなのがあったんだ」と叩きはじめていました。

この時に思った事ですが、作品に興味をもち、そして自発的に調べるに至らないけれど、知りたいと思っている方は意外と多いのではないかと思いました。パブリックアートが自然と街中に存在することは、ひとつの在るべき姿だとは思いますがそれと同時にもう少しアート作品の存在をアピールしても良いのではないかと思ったのです。

街の中での作品の存在、どのように扱ってほしいか、いろんな意見はあるかと思いますが、全く気づかれる事無く、活用されていないモニュメントがもったいないとも感じました。
 そもそもアメリカでのパブリックアート設置の意義は、国民誰もが平等に芸術作品を日常的に鑑賞できる機会の提供と都市のアイデンティティや市民のプライド形成という事です。
作品の存在に気づいてもらうきっかけづくりは、どのような形でもあって良いのではないかと思います。

 この事を思ったきっかけは、もうひとつあります。
 私たちが街あるきをしている時、周りにスマホを見ながら散歩している方々がたくさんいました。そうです、モンスターを探す某ゲームアプリです。驚いた事にパブリックアートもゲームアプリの地図に組み込まれており、スマホをかざす?と作家やタイトルが表示されました。

ゲームをしている人の感想として「近所にこんなものがあったのかと気づきもあり退屈なさんぽが楽しくなった」という話もきき、パブリックアートを知ると楽しいと思う方も実は居るのだな、と思いました。ただわざわざ調べるという事でなはなく、例えばこのゲームの様に何かした形で楽しみながらという条件が付くのだとは思いますが。


〜街あるきを終えて〜

 これだけ多くのアート作品を設置して、魅力的な街づくりを目指しているという行政の意図、そして作家が街への思いを込めて制作した作品。街にはたくさんの人、時間をかけて関わり作り上げているという事が見えてきました。パブリックアートを通して、街と、人の境界がとても薄まったような感覚がしました。今までは買い物をするところ、海が見える所、そこまで意識もしていなかった街から色々な表情が見えてきました。

 ただ自然にそこに在るというのも良いですが、作品を訪れた人にどう見てもらうか、ひとつの提案として、さらなる魅力ある街、そして設置したアートの価値もあがるのではないかと思いました。


 ひとつ懸念としてあるのは、こうしてパブリックアート巡りをすると、作品の周りで遊んでる人達、つまりは作品を楽しんでいる人たちの邪魔になってしまうことです。その兼ね合いを考えながら観るだけでなく体験をする楽しみ。みなとみらいを楽しむ新たな視点として、そしてアートの楽しみ方として何か良い提供方法がないのか考えるきっかけとなる街歩きでした。

 注:使用した写真は、最初の1枚を除いて当日撮影ではありません。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 条約岬がどこに位置するかご存知でしたら、横浜の近代史に詳しいと推察します。

 条約岬は“Treaty Point”の訳。黒船4隻と共に日本にやって来たペリー提督は、江戸湾奥に入り込むに際して陸地付近の水深を測定、目印となる地形に命名しました。条約岬は本牧岬のこと、もう少し特定するなら本牧鼻と言われた八聖殿裏辺りの突端のこと。根岸湾にミシシッピー湾、本牧十二天にマンダリン・ブラフなどとも命名しました。

 私たちは横浜の生活史や美術史を、まず浅くでも知るための街歩きをしています。条約岬をたまたま知り、周辺の様子を観察するために今回の企画を実現しました。

 2016年4月24日、7名がJR山手駅に集合、次の観察地点へと足を踏み出しました。

 ~根岸外国人墓地~本牧山頂公園~本牧神社~三渓園~条約岬~八聖殿~本牧十二天~地下鉄元町中華街駅

 根岸外国人墓地は山手駅至近、横浜に4カ所ある外国人墓地の一つ。他に比べて負の歴史を秘めているようですが、詳しくは判りません。入口前の案内の英語説明が消されているとか、微妙なものがあるようです。正負含めて歴史ですが、負の面は記録に残しにくいようです。

 本牧山頂公園の一角にある観山広場(ひざくらの丘)、片隅に下村観山顕彰碑があります。案内に『大正二年(一九一三年)原三渓の招きでここ和田山にアトリエを構えた。当時は、白帆の船が行き交う本牧の海を望む景勝の丘で、国の重要文化財に指定された「弱法師(よろぼうし)」などを描いている』と記されています。



 2013年に横浜美術館で「生誕140年記念 下村観山展」が開催されたのも、横浜との縁の深さを示すものでしょう。この場で往時を偲ぶのも一興、ただし様相はすっかり変わっています。

 本牧神社は奇祭「お馬流し」で知られます。参拝してから三渓園に向かいました。

 三溪園は、実業家・原三溪が1902年(明治35)頃から造成を始め、1906年(明治39)に公開されました。園内には各所から移築された歴史的建造物が巧みに配置されています。三溪存命中は新進芸術家の育成・支援に力を注ぎ、前田青邨・横山大観・下村観山などが、この場で日本画の名作を生み出しました。1953年(昭和28年)に原家から横浜市に譲渡・寄贈され、現在は市民憩いの場となっています。
 横浜トリエンナーレ2008では会場の一つになり、中谷芙美子《雨月物語-懸崖の滝》、内藤礼《無題(母型)》などの作品が置かれました。

 旧海岸線・条約岬へは三渓園の南門を出ます。辺り一帯はかつての海水浴場、昭和30年代中頃から埋め立てが始まり、今は様相が一変しています。往時は船上からしか見られなかった切立った海蝕崖に沿って歩きました。崖の様子は、ペリー提督が見た時から殆んど変わらないと思えます。



 八聖殿は海蝕崖の上にあります。まず八聖殿裏広場から根岸湾を眺め、目の前に黒船が浮かぶ様子を想像します。法隆寺夢殿を模した八角形の建物は、逓信・内務大臣を歴任した政治家・安達謙蔵(1864~1948)が1933(昭和8)年に完成させました。現在は郷土資料館で、幕末から明治にかけての周辺の写真、市内で使われていた農・漁具などが展示されています。2階に八聖像が祀られていますが、像は清水多嘉示・北村西望・朝倉文夫などの彫刻家が一人一体を制作しています。八聖が誰かは訪れた時の楽しみにして下さい。



 本牧十二天は、小港に近い北方消防出張所脇の小山のことです。かつて海側の北面崖は、民有地が接近していて横からしか見られません。南面は緑地で、往時の様子を解説したパネルが設置されています。先ほど参拝した本牧神社は、元はこの場所に鎮座していました。

 後は、港の見える丘公園を崖下から見上げながら元町中華街駅に向かいました。

 この一帯は第二次世界大戦後に接収されたり、谷崎純一郎が一時住んで「戯曲・本牧夜話」を著したり、さらに多くの史実を秘めているようです。是非とも次の街歩きを実現したいものです。


★「時をかけるヨコハマ」のまち歩きには、ハマトリーツ!(横浜トリエンナーレサポーター)なら誰でも参加できます。
ハマトリーツ!へは公式ウェブサイト『サポーター登録』から簡単に登録できます。
活動に興味のある方は、横浜トリエンナーレサポーター事務局( info@yokotorisup.com )までお問い合わせください。

★ハマトリーツ!はヨコハマトリエンナーレ2017に向けて活動中!次回の活動日は6/19(日)!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。