横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”活動ブログ

横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”活動ブログ


テーマ:

今ごろ!とお想いでしょうが、まあお付き合いください。

11月3日!街歩きにはもってこいの陽気でした。横浜市都市整備局都市デザイン室  桂氏の案内で横浜市市庁舎~新市庁舎建設予定地(建設中)までの間、よこはまの街づくりについてお話いただきました。

 

 

私は旗を掲げみなさまを先導する、それはもう大変この上ない重役でした。その日は、馬車道祭りですごい盛り上がっており、実際の馬車が走り、本物の馬に感動、思わず仕事を忘れ見とれていたことも…。

 

桂氏の話はホントに分かりやすく、これまでの横濱、今の横浜、そして近未来のヨコハマを感じることが出来ました。

一つだけ最後までスッキリしなかったことがあります。桂氏の帽子についていたボタンの数です。

とてもお洒落な帽子でした。説明を聞きながら、数えていましたが、最後までいくかと思うと、桂氏が右を向いたり左を向いたりで…たぶんボタンは50前後と推察されます。

 

 

 

長時間にわたりご説明頂いた桂氏、またご参加頂きましたみなさま、本当に有難うございました。

 

 

なかにし

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「接続」と「孤立」がテーマ。果たして、10代前半の子ども達にどうやって話をしようかと首をひねりつつ、チームで原稿をまとめました。

 

私は、小学校高学年から中学生の子どもたちに事前ガイダンスをする担当でした。年齢は近いものの、小学5年生と中学3年生では、同じ説明でも理解力に大きな差があります。事前ガイダンスの回数を重ねるごとに、相手の反応を見て、言葉をより優しくする工夫もしました。

 

子どもたちは、クラスごとでの見学以外にも、美術部の集まりや学校外の団体で参加する子もいて、中には遠方からの修学旅行生もいました。クラブ活動などで自主的に来た子はもちろん、授業の一環で来た子も、スライドに次々と映る作品を観る度に興味が増していると感じられました。

 

今回のヨコハマトリエンナーレを観る前は、現代アートという言葉並びだけでは、「よく分からない」、「これって美術の授業の勉強?」と感じていたと思います。実際に観て回ると、たくさんの同じ顔が並ぶ作品やたくさんの蟹が集まっていた作品、竹で編み込まれた作品や壁に一斉に並ぶゴムボートのような大きな作品という、目の前のなんだかすごい作品の数々・・・これはどうしてこうなった?という感覚や、作品を観てどう感じたのか考えてほしいという気持ちを込めて、事前ガイダンスに臨んでいました。

 

作品の前で記念写真を撮る子や熱心にメモを取る子もいて、興味の形はそれぞれ違えど、家に帰った後に、家族に聞いてほしい思い出になっていると良いです。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 アートアクセシビリティ・グループでは、横浜美術館アートギャラリー1で「手さぐりワークショップ」を行いました。これは、目隠しをして小さな立体物を触り、それを油土で再現する造形ワークショップです。

 

 事前申し込みの方は2名でしたが、1名は欠席。しかし、呼び込み活動の成果で2家族の方に参加していただきました。お母さんと小学生の兄弟のご家族、そしてお父さんと6歳の女の子、見守り役のお母さんのご家族です。

 

 

 目隠しをしてから渡された香水の瓶や小さな置物を注意深く触ってじっくりと作る大人。目で見ることができない状態を楽しみながら、あっという間に作ってしまう小学生の兄弟。製作時間を30分くらい予定していましたが、小学生の兄弟は10分ほどで2個目に取り組み始めました。みなさん、それぞれ形の捉え方や大きさの比較を工夫して作っていました。

 

 

 製作が終わった後はみんなでふり返り。「手だけでは(ものと粘土を)比べられない」「バランスが難しい」など、さまざまな感想が出ていました。色を想像しましたかの質問では、みなさん、想像しなかったそうですが、ポスト型の貯金箱だけが色が想像できたとのことでした。

 

 

 最後は、ヨコハマトリエンナーレ2017のテーマ「島と星座とガラパゴス〜接続と孤立」に関連させて行なったワークショップであることなども話し、なごやかな雰囲気で終わりました。

 

 

 今回の「手さぐりワークショップ」は、アクセシビリティ・グループが、以前より行なっていた「真っ暗闇体験」を発展させたものですが、グループで様々な要素を検討し、ふだんあまり意識しない「さわる」という感覚の活性化を目的とした内容で、参加者のみなさんに印象的な体験を提供できたようです。

 

ハマトリーツ!アートアクセシビリティグループ 細野

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。