腱エクササイズ動作改善コーチ横手貞尚 ボディラインの描き方

痩せたい人も、改善したい人も、勝ちたい人も、「ムダのないシルエットが勝負の決め手」。
腱エクササイズ動作改善コーチ横手貞尚『ボディラインの描き方』ブログ。


テーマ:
詰まっている人と、通っている人がいます。

今日は、
動きも含めて、見栄えをスッキリ見せたいあなたへ向けて書きます。


動きや見栄えが、
なんとなく詰まっている人と、
通りが良くて、涼しげで軽やかな人がいます。


その違いは何でしょう?


それは、
筋肉などの体の「物質」を使ってしまっている人と、
体の中にある空間や隙間など空気のところ、いわゆる「気」を動かしている人

の違いです。


体には力みが生じますが、
空気には力みは生じません。
(実施は生じますが、割合は遥かに小さい)

ですので、
「物質」を動かすより、「気」を動かす人の方が、
詰まりが少なく「通っている人」でいられます。



では、具体的にどうするのか?


例えば、
「胃」を考えるときに、胃を形どる物質ではなく、胃の中の空洞を考える。

お腹空いてるかどうかを考えるときには、胃に意識を向けますが、
特に空洞のところを意識してみるのです。

それだけで、なんとなく軽くなるはずです。


今度は同じ要領で、
食道や腸なども空洞部分を想像します。

さらに軽く感じませんか?


鼻の通りも空洞を考えると、呼吸がすぐに軽くなる人が多いです。


これらは慣れてくると、より鮮明に軽さを実感できるようになります。


更に
筋肉や骨や皮膚の空気が通りそうな隙間を、できる限りで想像します。

これまた軽く感じるはずです。


トレーニングや、通勤の移動で歩く際に、
このような体全部の隙間を動かすようにすると、
これまでとは軽さの種類が変わるはずです。


脳ミソは、
体の中でそこが体の部分なのか、体ではないところなのかを区別できます。


「筋肉じゃないところ」とか
「体の隙間」と唱えてから動き出すだけで、
瞬時にそこを選んで動くことが可能です。


偶然そういう要素で動けている人、
意図的にそういう要素を知って動けている人が、
詰まりのない「通っている人」だったりします。


少し馬鹿げている話なので、
トレーニングで重要視されない分野ですが、
真面目に体を鍛えている人が、詰まっちゃうのは悲しい結末なので、

隙間や空間、「気」を動かすことで、
詰まらない人になってください!


◉腱エクササイズ動作改善セミナー
『ボディラインの描き方・脱力編』開催します!

●8月11日(木)祝日10:30〜12:30
●パーソナル・フィットネス「コアフォレスト」
(渋谷道玄坂SSDビル5階)
●8,000円(税込)
●定員7名

詳しくは、

お申込みは公式LINE@からがオススメです。
友だち追加
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ぽっこりお腹を引き締めたい人、足を長く見せたい人、バランス力を高めたい人に向けて、今日は書きます。


下腹は昔から「丹田」と呼ばれて、
バランス力が上がり、
気持ちが落ち着いたり、
集中力が高まったり、
下腹を引き締めたり、

と万能な影響力がある部位です。



「下っ腹に力を込めて!」
とか
「ヘソ下に力を込めて!」
などと表現しますね。


今日私がお伝えしたい下腹は、
「下っ腹」という大雑把な呼び方でもなく、
「ヘソ下」でもなく、

『恥骨上』です。



お腹の1番下の骨である「恥骨」の上のエリアが、
私がいつもお伝えしている「下腹」になります。

{0CEBD91F-C225-42B6-9B27-81DE2208EB65}


下腹を
「ヘソを基準としたそれより下の腹」と考えるか、
「恥骨という1番下を基準としたそのエリア」と考えるか、
たかがその違いです。


ヘソって誰もが思い浮かべやすいので、便利なのですが、
ヘソ自体はお腹の真ん中なんですよね。


だから、ヘソ下というと、
日本地図がお腹だとすると、東京辺りもヘソ下ということになります。

思ったより全然下腹じゃないですよね。

残念!



だから、ちゃんと下腹を引き締めるなら「恥骨上」が私のオススメです。



実際、恥骨はお腹の筋肉の「始めの腱」が集まる部位です。

「ヘソ下」よりも「恥骨上」を締めると、腱に刺激が入り、全身に一斉に力を伝達してくれるようになります。

ラッキーですね!


何をやるにしても、神経回路ができるのには1ヶ月ほど掛かります。

今日から1ヶ月間は、深い意味はわからなくて良いので、恥骨上に力を込める意識で生活をし続けてみてください!


すると、
下腹は当たり前に薄く伸びて引き締まり、
自分の重心が安定してバランス力が上がり、
骨盤の傾きが変化するために足がスラッ!と長く見える体型に近づきます。


◉『ボディラインの描き方講座』
7月18日(月・祝日)10:30〜12:30

◉『スタイルアップ渋谷クラス』
毎週木曜日20:40〜21:40
毎週金曜日14:40〜15:40

◉『チーム・団体指導』
チーム・団体向けに動作改善指導に伺います!

詳しくは、コチラから

友だち追加
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はヒップアップしたい人や、腰痛を和らげたい人へ向けて書きます。


人間の脚は四つ足動物の後ろ脚に当たります。

犬や馬は、後ろから見ると、お尻の穴が丸見えですね。


もともと四つ足動物だったかも知れない、私たち人間も、ああいったポジションを取るための筋肉の構造を持っています。


ヒップ周りの傾きも、あの後ろ脚がヒントです。


腰を反るより、尻の穴を後ろに向ける。

{52E82C7C-2792-48EF-9561-84FCF4B305A4}
⬆︎イスに座る時も尻の穴を後ろに向ける。

{036EFC15-0EC4-4640-A09D-D30BD5A2A0DA}
⬆︎この姿勢も、腰を反る意識より尻の穴を後ろに向ける感覚です。


{F2ACBEDE-3AAB-4825-82C1-2CC5EAD0992E}
⬆︎開脚ストレッチも、開脚だけではあなた本来の良さを引き出すには足りません。
「開脚with尻の穴を後ろに向ける」が鍵です。


最初は無理しないほうが良いですが、繰り返していくうちにお尻を後ろに向けるための筋肉が整ってくると、無理がなくなり、骨盤本来の傾きを取り戻します。


この「骨盤本来の傾き」は、そのまま腰回りの筋肉のバランスの調整になるので、腰痛緩和にも、ヒップアップにも、足を長く見せるのにも役立ちます。


さあ、ヒップアップしたい方、腰をいい感じにしたい方、
いまから気がついたら、お尻の穴をパッカーん!と後ろに向けることから体を馴染ませていきましょう。

半月から1ヶ月、ゆっくりやるうちに、体が良い変化を示してくれるはずです。


◉『ボディラインの描き方講座』
7月18日(月・祝日)10:30〜12:30

◉『スタイルアップ渋谷クラス』
毎週木曜日20:40〜21:40
毎週金曜日14:40〜15:40

◉『チーム・団体指導』
チーム・団体向けに動作改善指導に伺います!

詳しくは、




友だち追加
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。