(先週の土曜日の朝・・・)

今新幹線の中です。
新幹線の座席にあった読み物に、特集「時代を貫く、会津の魂」とあり一気に読破した。

誇りある生き方を求める会津の心。その勇気と献身をドラマに描く。
幕末から明治にかけて激動の日本を生き抜いた会津藩士の娘、山本八重が主人公。
このドラマの脚本を担当する山本むつみさんに、苦境を乗り越えて明治に活躍した会津人像と、東北復興への思いを聞いた・・・
とあった。

僕が尊敬する三木先生も会津の精神が大好きである。僕もその影響を受けた。

本文中には、
「ならぬことはならぬもの」
「都見たくば会津にござれ、今に会津が江戸になる」などがあり、今から綾瀬はるかが演じる来年の大河ドラマが楽しみです!
そんなこんなで、そろそろ福島あたりかな新幹線

AD