水曜日に再発してしまい一時は左足が地に着けぬほどに。


一歩も動けない状態で即アイシング。

半歩ずつ歩く始末。

(皆さんにはご迷惑をおかけしました。)

保冷剤7個を膝周りに配置しサポーターで固定、

枕とクッションを使い脚を上げながら睡眠。


翌朝の木曜の朝、

(起きたときそのままの体勢だった)

いつもより1時間半早く起床。

アイシングにより腫れなかったもののベッド内でまったく動けず。

這ってでも会社へ行くと決めていた気持ちと諦めようとするもうひとりの自分。

こんなことで会社を休めるか!

恥ずかしくて言いわけできない!

と言い聞かせ、やれば出来る!と身支度を開始。

半歩ずつゆっくりと亀のようにしか歩けずそれでも前には進んでいる。

時間が掛かったが身支度を終えいつも起きている時間に家を出る。


エレベーターに乗るため階段を6段降りる。

階段を降りる前に自分に出来るのか?

やるしかない。

手すりにいつでも手を掛けられるように手をコの字の状態にして

いつでも握れるようにしておき手すりから数センチ離す。

半歩ずつ階段を降りはじめる。

無事成功。

また半歩ずつエレベーターへ向かう。

ふーっ。

時間的な余裕があるためか苦になってない気がする。

(ここではね)


エレベーターを降り駐輪場まで坂を上がり自転車を出し、

自転車のサドルにまたがる。

ふーっと、ため息をつく。

これに成功し、よし!と気合を入れる。

(受傷して翌日自転車に乗り片足でペダルを漕ぐという経験は何度もあるから大丈夫・・・)

駅までは下り坂で通りもほとんどない。

自転車なら1~2分(信号の都合)で駅前まで着いてしまう。

徒歩なら改札まで5分程。


駅までの下り坂は自転車にまたがるだけで駅前まで到着。

途中片足で4~5回こぐくらい。

しかしここで問題が!

自転車から降りられず立ち往生。

慌てず無理をせずこれを乗り越え次はエレベーターまで歩く。


エレベーターから降りる際に乗り込んで来るご老人に大丈夫ですか?

と声を掛けられて、大丈夫です。お気遣いありがとうございます!

と元気よく答えて通路へ。


通路を半歩ずつ進み改札を抜け今度は下り階段。

これを半歩ずつ降りることに挑戦した。

緊張したがこれをクリアーし、よし!と声が出る。

次は電車に乗り込む際の段差と、安全に乗れる位置の確保に成功し、

ここでは車内なので声は出さず、よし!

(この時間はかなり空いている。)


乗車時間は6分程度。


新橋で乗り換えるため電車を降りるが、これがなかなか難しく、

もう少し乗る位置と降り方を研究しなければならないと反省。

これも成功し、よし!と小さく声が出る。

(今思えば、この日はかなり集中しています。)


エレベーターで改札へ。

これがまた長い最後尾に乗ってしまったからホーム中央にあるエレベーターがかすんで見える(笑)。


エレベーターに到着し、よし!と小さくうなずく。

エレベーターのありがたさに感謝しこれを降り、改札を抜ける。

ここでもよし!と小さく声が出る。


大好きなパンの神戸屋の前を過ぎ

次は長い階段なのでエスカレーターを選択する。

自転車は経験があったがエスカレーターは経験がなかったと思うので恐怖感があった。

降りるときだけ怖かったが、もう今日は二度と乗らないことを心に誓い、ふうっとため息をつく。


ここで若い女性モンスターに遭遇する。

ぶつかりそうになってとっさに左手でガードすると、

その女性に舌打ちされ、泣きそうになるが、

なんとかこの通り過ぎるだけのモンスターをクリアーし、よし!と声が出た。

この時、ネクストステージ の字幕が目の前に出ている気がした。


JR出口前を通過するため人の流れが一番の難所では、

半歩の半歩ずつ少しずつ前に進み通り抜け銀座線への流れに乗る。

ここでもよし!と声が出て。

僕より大変な人は世の中には沢山いる・・・

こんなことで泣き言はいってられない。

今日も人と同じ仕事をしなければならないし、

手伝うといわれても任せてはいけない。

怪我したから出来ないと、絶対に言わないし、言わせない。

それだけを誓って今日を乗り越えようと決意する。


明るい通路を半歩ずつ前に進む。

ミスターミニッツ、アマンドの前を通過。

視線を上げ進み足元を見て足を半歩前に出す・・・


銀座線への下り階段に挑戦し、これをクリアーする。

乗り換えの人が多く歩く人のスピードが速い。

改札を抜け、よし!と小さく声が出てホームへ降りるのは階段を使う。

左に寄り左手でいつでも手すりを掴めるように準備しておき(手はかけない)

降りきりそのまま電車に乗れた。

車内で、よし!と小さく声が出る。


乗車時間は10分強。

電車を降りるときは特に緊張する。


外苑前の駅に着き階段を上がる。

下りは左足からで上りは右足から。

半歩ずつ・・・

すごい集中力。


銀座線は古い駅が多いから駅内は狭くてこういうときは助かる。

改札を抜け、一息つきそのままエレベーターへ。

駅員が気付き声をかけてくれたが、

エレベーターが動いていることを確認し頭を下げエレベーターへ向かう。

ほんとうにエレベーターは助かる。

(普段使わないが、社会のためにはもっと普及するべきだと感じた。)


会社は出口の横のビルだが、雨で一瞬でも濡れぬ様に7月8日まで庇工事が始まったばかり。

工事のため通常の入り口が閉鎖されているため100m近く遠回りする必要がある。


歩道の左側を半歩ずつゆっくり歩き、

B1Fの通用口までの長いスロープを降りる。

セキュリティカードを出しクリアーし入館。

よし!と声が出る。

12階までエレベーターで上がり自分の席に無事に到着する。

到着時刻は8:30。

本当に大変だったけど、なんとか到着することができた。


この日の帰り、仕事でもかなり神経を使い本当に疲労していたため、

途中本当に諦めそうになってタクシー使おうかな・・・なんて思ったし、

会社に泊まろうかななんて考えた。

でも人並みのことをきちんとやりきるんだ!の思いと、

これもいい経験だ、と言い聞かせ自力で帰る事を決断。


途中新橋駅でくじけそうになったけど、

階段を降りる前にその都度決断し、

降りきる度に小さな達成感を味わう。

この小さなチャレンジと小さな達成感の連続で

一つの大きな目標を達成していることを実感する。


怪我は苦しいけど、

怪我中に起きることを一つ一つ乗り越えて得る達成感と充実感を

どうしても伝えたかった。

壁にぶつかり、目標を持ち、達成することが実に素晴らしいことであると、

今更ながら再確認した。


余談だが、

昨日の金曜日に、もう一日これを繰り返せば週末だ、

みんなと同じようにゆっくり休めるんだからもう少しだけ頑張れ!と言い聞かせ、

昨日の帰りには、まだ神戸屋が20%オフの時間帯”だったので、

少し遠回りして5分くらい?時間をずらし、

22時からの40%オフで600円分の大好きなパンを

自分へのご褒美に買って帰ってきた(笑)

いつもより少しだけ美味しかった。


AD

コメント(2)