本当に激闘だったね。


日本はアウエーでオーストラリアと戦った。

昔日本が激戦と言えば硫黄島の攻防だろう。

太平洋戦争でアメリカ軍は最大の戦力を投じて硫黄島攻略作戦を立て実行してきた。

日本はこれを落とせば制空権を失うということで粘りに粘ったが栗林中将以下日本軍は玉砕した。

その後最悪の沖縄戦へなだれ込んでいって手も足も出せない状況にまで陥り、

最終的に原爆投下までされ最後には降参したわけである。


今日のテレビ放送を見ていて思ったのは、この激闘であり激戦の恐さである。

イエローカードギリギリのプレーの連続で見ていても危険を感じるほど。

相手が一人少なくなったからボールも自由に回り出し、

日本はショートコーナーで得点するに至った。

そこには本田の見事な崩しが存在し、最後は中に詰めていた栗原がゴールを決めて先制した。


日本はオーストラリアの退場により一人多い優位性が活きその時間帯で得点できたのだが、

相手のコーナーキックでファールを犯したとされPKを献上し失点してからは

歯車が狂ったかのように劣勢になるシーンが増えた。

楽に戦えるはずだった時間帯が一つのプレーで一転してしまった。

要らぬ場所で要らぬプレーをすればどうなるか身に染みただろうか・・・。


結果的に見れば、

その後一進一退の攻防を繰り広げたが日本の得点を挙げた栗原が

二枚目のイエローカードで退場させられるアクシデントもあり

(栗原はこの大会で一番伸びる選手になることは間違いないだろう)、

この激戦は1-1の引き分けとなったわけだ。


非常に前置きが長くなったが、

選手は恐れずにギリギリのところで体を投げ出し

敵地での勝ち点1を奪って無事に帰国できるということに尽きる。

これがどれほど凄いかと言うと、次の試合で3人の出場停止と引き換えに

オーストラリア相手にしかもアウエーで得た勝ち点1ということだ。

日程・グランド含め、決して条件が良かったとは言えないはずだ。


途中相手が一人減ったことで優位と言える部分もあったが、

一番怖かったのは、

オーストラリアのカウンターと

序盤からのサイドチェンジとアーリークロスの精度の高さ

(受ける側の問題で精度が高いという意味)。

それによる失点ではなくPKでの最小失点で戦いを終えたということは、

確かに勝てた試合だったのでは?という意見もあるにはあるが、

それはとても安易な発想でありこの激闘の途中までの経過を語った話だけにしかあらず、

要するに試合の途中経過的な話なだけであって、

そもそもの問題ではないはずだ。


勝ち点マイナス2の部分と考えれば今後活かす為の高い授業料と思い、

苦しいアウエーの試合のなかでも勝ち点1を取ったことを前向きに受け取り次につなげる方が良いだろう。というのも僕は、この戦前負けると思って見ていた。

点はとられてもどうやっても点が取れる気がしなかったからだ。しかもまったく。


だから、確かに勝てた試合かもしれないが、

勝てなかったのが現実でありまだまだそのレベルであると見た方が

益々日本は伸びていくのではないか?

とそう思ってこの激闘を戦った選手達に対しての賛辞を呈したいと思った次第です。


ただ一点のみ、

バルセロナのよなサッカーを目指しているようであれば、

ミドルゾーンからバイタルエリアでの

選手同士のコンビネーションと意思の疎通という点ではまったくまだまだだと思うので、

ワールドカップまでにはその部分を詰めていき是非とも世界を驚かせて欲しい。

ただそのサッカーがクラブチームではなく代表でしかも日本ができるとはあまり思えないが、

世界で活躍する選手達中心の視点でチームが変化し

日本国内で活躍する選手達への刺激になればと見ている。


ワールドカップではもっとプレッシャーが強く

もっともっと”点の部分に強い”相手との激闘になるわけだ。

コミュニケーションに長け勤勉な日本人にはその部分を短期間でも克服できる能力があると信じている。

是非とも世界に挑戦してもらいたい。

今日のような激戦・激闘を戦い抜いて、

見ている日本人が誇りに思えるような試合をして欲しい。

間違っても2006年のドイツW杯のオーストラリア戦のような試合は二度と見たくないからね。


これからも日本代表の試合を楽しみにしてる!

いやあ選手達のファイトが凄かった。

とても真似できません。

今日の勝ち点1は誇りです!

AD

今、カズさんの やめないよ を読んでいる。

やっぱカズさんはすごいわ。


これ誰にも真似できないよ。

僕だったら?とんでもない。

できるはずがないわ。


この本の中で、W杯がすべてじゃない とも言っているけど、

そんなことはもうどうだっていいわ。


この内容やばいって。

合宿で、早朝、午前、午後とサッカー部というより陸上部みたいにしぼられた、とか、

それよりもインパクトあったのはこれ、

難しいのは~と始まり、

この年になって同じ練習を毎日続けられて、

若い選手と同じメニューをこなせるかどうかだ。

みんなは、

サッカー選手は試合だけをやっていると思っているかもしれないけど、

実は練習を毎日やることこそが大変なのだ、

と言う。さらに、

しかも高いモチベーションを持って、

若い選手に負けないタイムで走るとなればなおさらだ。

逆にそれができなくなったときが辞めるときなのかもしれない、

と語っている。

いやあ、できませんよ、普通じゃ。

カズさんは超人ですよ。

厳しいプロの世界の中で、

苦しいことも辛いことも、なんでも楽しんでいるに違いない。


これは、頑張って!そう言われるのは苦しいだろうな。

だからもしもまた会う機会があったら、

カズさんに投げるように言おうと思う。

その時は、親指を立て、

カズさん!楽しんで!と笑顔でね。


いやあ、やっぱすげーわ。

AD

6月6日

AKB48選抜総選挙生放送SPを見ています。

泣きそうです。(瞳の奥で泣いてます)


なんだろこのキラキラした彼女達の綺麗な涙は・・・。

素晴らしい涙だなあ。


総選挙と投票権に関するビジネス手法その他はコメントする立場にないが、

この彼女達に対するファンの思いや絆は家族のような無償の愛を強く感じる。

勿論ファンも彼女達に届かないのは当然知っているだろう。

だからこそ彼女達はファンを絶対に絶対に裏切ってはならないだろう。


恋愛禁止というルールはあくまでも純粋なファンのためだろう。

それ以外にない。

その掟を彼女達が破るのならば、やはりこの場にはいてはならないだろうと思う。

それが真のプロのアイドルの姿であり日本一のアイドル集団AKB48であるはずだからだ。

その覚悟を持って彼女達はファンの無償の愛を受け取って欲しいと思う。

権利ばかりを主張し義務を果たさない公人であってはならない。


それがアイドルと、無償の愛で支えるファンとの間の信義則であると僕は信じている。

(今日は偉そうにすみません。今僕はテレビを見て泣いています。)

AD

カズさんの夢は、全日本に入ってワールドカップに出場すること?

これはカズさんが今から25年以上も昔にブラジルで語ったインタビューでの話だ。

それから僕は直接聞いたこともないし

それ以外はテレビや雑誌でそれっぽいことはよく見聞きするが

いつまでそれを言ってるんだ?と腹が立つときがある。

僕はカズさんを心から尊敬しているからだ。


日本が悲願達成したワールドカップ出場直後に

カズさんが日本代表から外された事実がある。

これには当時の僕も納得はしていなかった。

そういう人も少なくはないだろう。

それからというものの、事ある毎にカズさんがかわいそう、

日本サッカーに大貢献した、

と言う理由で今更ワールドカップに連れて行くべきだとか言う、

聞きたくもないお情け論を展開していることがあるようだが、

ちょっと誰の話をしているんだ?と耳を疑いたくなることが多々あるが、

ちょっと待ってほしい。


カズさんは、今から30年近く前

(10年一昔だとしても...一昔の三倍!どころか、今は2年一昔の時代ですよ!大昔言って見れば中世の話じゃないか!?そんな昔の話ですよ!)、

当時カズさんは15歳で単身ブラジルに渡った。

まあ当時じゃありえないよ。

勿論苦労の連続だったと思うんだ。

日本人と言うことで

サッカーが下手な人の代名詞である”ジャポネーズ”とバカにされたろうし、

言葉の壁もあっただろう、

その他チームに入っても日本人ということでなかなかボールが回ってこないこともあったろう。

まさかと思うが、ホームシックになったのか、

あのカズさんが辛くて寂しくて日本に帰りたいと家族に訴えたそうだが、

叔父さんに「まだ日本には帰れない」と突き放された。

その後ブラジルでサッカーをするしかなくて、

それでもコツコツとドリブルやシュートの練習など努力し続けた結果、

少しずつ力がついてプロサッカー選手として認められ始めた頃だったか

(2回目のサントス所属時だったと思う。コリンチャンス戦か?)、

得点を決めた試合で勝って18歳か19歳の頃?

日系のテレビインタビューでの初々しいコメントが上記の”それ”である(有名だよね?)。


今でもカズさんに対して無神経な質問をする人がいるが、

夢はワールドカップ出場ですか?

まだあきらめていませんか?なんてことは僕は聞きたくもないから

雑誌も読まなくなったしテレビも見ないようにしている。


それを聞かれればカズさんは、

可能性がある限り、と前向きなことを言うだろうが、

この質問は無神経すぎるし、

別にそう言われてもカズさんは困るだけじゃないだろうか?

僕が思うに、その夢はもうとっくに通過している話だと思うからだ。

仮にワールドカップが目標なら、

(経験、実績、ステータスという意味では秀逸を極めている)

もうその夢はとっくの昔に通り過ぎており、

それを折り返してもう既に二往復するくらい過ぎてしまった話だと思っている。


カズさんは何もないところ、本当にゼロからスタートして、

今では当時の夢の何倍も素晴らしい経験を重ね

日本人のプロサッカー選手としてのステータスを

プロ野球選手以上(当時)に向上させてしまった。

カズさんはプロサッカー選手として日々努力を積み重ね、

そして今もそれを毎日続けている。

45歳の今も続けている。


言わせてもらうが、

カズさんが持っていた夢であるワールドカップ出場は、子供の頃の夢である。

カズさんの夢を聞いたことはないが、

カズさんは日本人の夢の人物と言っても過言ではないだろう。

そんな神様みたいな人を捕まえて、

ワールドカップ出場程度のことをいちいち言わないでもらいたい。

カズさんはそんなに小さい人物ではありませんよ。


先日フットサルの日本代表としてワールドカップに出場させるという記事があったが、

これはこれで選ばれたら本人が決めれば良いだけの話。

それをサッカーで達成できなかった夢がフットサルで実現できる的なことを書かれると、

カズさんを尊敬し且つフットサルをやっている人間としては、

神様カズさんを面白がって記事にするのは許せない!と言いたい。


僕は、カズさんも日本サッカー協会の決定も

フットサルを真剣にやっている選手達のことも心からリスペクトしている。

しかしそういう内容のニュース記事ならば

(カズさんの夢はワールドカップに出場すること、とまだ言うか!)

猛烈に激しく反論したくなるわけよ。


カズさんはサッカーの生き神様ですよ、と。