今日も大河ドラマを見ました。


龍馬伝も良いですね。




その後、湯浅誠さんの特集をやっていた。


彼は、


自立生活サポートセンター・もやい事務局長・反貧困ネットワーク事務局長、


元内閣府参与・緊急雇用対策本部貧困・困窮者支援チーム事務局長


ホームレスの人の支援活動をしている人物として有名で主にNPO法人で活躍していた。


その活動を買われてか、上記の通り昨年10月内閣府参与に抜擢され、


政府の一員として働くわけだが、


本人の働きぶりは見事。


おにかく自分で動く。


少しの間のテレビでしかわからないが、非常に勉強になった。


自分が思った主なポイントは3つ。


以下の通りです。




(1)交渉術


(2)調整能力


(3)粘り強く、切れない




この方、とにかく素晴らしい人物ではないか?


本当に勉強になった。




僕ならば、自分の思い込みが強く、というか強すぎて、


たぶん自分の思い通りにならないと態度を悪くしてしまっているだろう。


地方自治体の対応の悪さを見た瞬間に、あんたは何をやっているんですか?


的なことを思ってしまうのではないか?


それなのに、目を深く瞑る位で我慢し、どうすればやってもらえるだろうか?


と考えて行動が出来る人なんだと思ったね。


これ昔から僕に一番足りなかった部分なんですよね。




あるとき過去のことを色々思い出したんですね。


そういえば、上司も友達・仲間もみんな、本当にみんな同じことを言う。


最初はそれに気付かなかった。


どうして俺の思っていることや言っていることがわからないんだ?って。


そうじゃなく・・・


どうすれば相手の腹に自分の意見がすんなり落ちるのか、って。


これをわかってから僕は少し変わったかもしれませんね。


僕を長い期間見てくれている方が言っていました。


まあ上司なんですがね。




僕も、気がつくのが遅かったんですが、


そういう見方をしてこの番組を見ていて思ったのは、


この湯浅さんは、まずとにかく粘り強いこと。


そして次に、必ず相手の立場を尊重しているということ。だから怒らないし文句を言わない。


で、自分の意見をそこで主張ばかりせず、自分の足で行動し、少しずつまわりの理解を得ていく。


達成を目指すためのテクニックがあるのかもしれない。




組織を動かすのは簡単だ。


単にトップダウンだけで良いわけだ。


しかし共に利害のある間柄であれば話は別であるが、


それでも上手に乗り越えていく様は見事である。




この湯浅誠さんの情熱と行動力は、


テレビの前の僕の心を正座させていました。


素晴らしい人物であると思いました。




龍馬伝を見て、その後に湯浅誠さんの特集を見て、


僕も社会の何か役に立つことがしたいと思いました。


僕に何が出来るだろうか・・・

AD

絵文字テスト

テーマ:
最近の絵文字は凄いですね。

大矢真夕オフィシャルブログ「FREE PASS」Powered by Ameba-rlpxskrkkffsagh.gif

大矢真夕オフィシャルブログ「FREE PASS」Powered by Ameba-60P600049_DCE.gif
大矢真夕オフィシャルブログ「FREE PASS」Powered by Ameba-Image0000.GIF

これって良いですか~汗

この切腹してでも誤りますってやつは、
キャンパスナイトフジでもやってた「ごめんなさい。」というやつかな。
大丈夫?(笑)
AD

http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100226/oai1002262333050-n1.htm

この4ページを読んでみて思うこと。


やはり、キム・ヨナは完璧にまとめてきており強い印象。

浅田真央は頑張ったという印象・・・か。


浅田真央を応援していた。

キム・ヨナも応援した。

日韓だからではない。

実力がある二人だからだ。

国籍、宗教、肌の色、関係ない。

素晴らしい演技だけを期待した。


記事には、顔立ち、民族・地域性、化粧等の見た目の印象の話も出ていた。

僕も色には多少こだわった。

キム・ヨナは綺麗にまとめた大会だったろう。

銀色と青でまとめてきた。

最後のあの青はさすがに綺麗だった。

全大会の荒川静香も最後は青だった。

そして、人はこんなにきれいになれるんだ・・・と思った。

浅田真央は、赤と黒で圧倒したかったのかもしれない。

記事の中に朱色だったらとあるが、結果は変わらないだろう。


アイススケート場で映える色はいろいろあるが、

一番にきれいに見えるのはやはり青じゃないかな。


そして化粧。

キム・ヨナが素に見える黒が基調。

日本人選手の化粧はみな塗りすぎではないか?

申し訳ないが、個人的な印象は「派手」である。

衣装の色もあるのだろうけれど・・・

これをうちの母親(昭和19年生まれ)はこう言った。

日本人の化粧は、デーモン木暮みたいだ、と。

聴いた瞬間、吹いた。

確かに。どちらかというと、素よりはデーモンなんちゃらかもしれない。

あまり派手にしないほうが良いかと。

まあ好みの問題か。


とにかく、キム・ヨナは良かった。

ショートプログラムはかわいくてセクシーで、フリーでは綺麗で強くて完璧で。

大会を通し、引出の中にあるオプションを上手に使い分けた完全勝利と言えよう。


浅田真央は、格上のキム・ヨナを見習うしかないだろう。

国内に浅田真央の手本となる現役選手はいない。


おまけ。

今回の大会でもう一人輝いた選手がいた。

今回のフリーのラスト、彗星のように現れたアメリカ代表の長洲未来(両親が日本人の16歳)。

あのフリーの演技も完璧だったでしょ。

総合二位の浅田真央よりも見た感じ安定してたし良かったんじゃないの?


次の世界大会が楽しみだけど、

もう日本は、浅田真央以外の代表は、若手で出場したほうがいいんじゃないかな。

ジュニアに良い選手がどんどん出て来るべきで、

16歳で良い選手いるでしょ。

でも勝負強さとか精神面の強さがないと本番では勝てないのかな。

国内の大会でもね。


今後、キム・ヨナは越える人が出て来るのかな?

今回の金メダルはちょっと凄いんじゃないの?

浅田真央の人気は、凄い選手なのにあの人柄にもあると思う。

日本でその浅田真央を越え、キム・ヨナをも越える選手が出て来るのだろうか・・・

AD

女子フィギュアスケート


金メダルはキム・ヨナだった。

地力に勝るのだから仕方ないと思っていた。

惜しい試合だった。

なぜ?惜しいか?


実は僕、音声を消して見ていた。

浅田真央の演技とキム・ヨナの演技を見比べるためだ。

先入観無しの状態でね。

それは、あの「鐘」の曲調が重苦しいからか?

それは答えられない。

ただそうしたかったんだ。


だったんですが・・・


キム・ヨナは見事だった。

技のキレ、完成度、見た目の雰囲気でプラスされる加点?

(すみません。勉強不足ですが・・・)

字幕でも出てましたが、たぶん完璧でした。

一方の浅田真央の演技は、

所々に出た小さなミスが、たぶん不安定に見られてしまったのだろうと。

比較されて余計に目立つことになった。

たぶんそう思う。

キムヨナのそれと比べると、やはり見劣りした分、点差が開いたと見えた。

しかし、演技や振り付け、スピンやターンでは、浅田の方が高度技術を駆使したという印象を受ける。

その分、安定性が欠けて見えたのか?


しなやかな動き、キレイさで言ったらたぶんキム・ヨナ。

得点を重ねるだけの細かい技数や難易度だけで言ったら、たぶん浅田真央が上だっただろう。

しかし結果は、圧倒的にキム・ヨナに軍配が上がった。

なぜか!(ギレン風に)

坊やだからさ(シャア風に)

お嬢様だからか?違う。

採点の競技であるからだ。


これはたぶん、戦前より勝負は決していたと思う。

僕は、ここでも金メダルは地力に勝るキム・ヨナと言ってきた。

キム・ヨナは、自分今の力で勝てる構成で組み立ててきた。

大技を仕上げてきたと言うより無難にまとめて磨き上げてきた。

見た目もきれいで自然である。

しかし、浅田真央は、

これとこれを入れてこうしないと・・・合計点でこうならないから、

だからこうして、これとこれを入れて・・・と、

無理やり電卓で叩いてきたかのような計算と大技を入れているように見える。

本来それで良いのだろうが、どうもそれなら勝ってもおかしくないはずだ。


大会毎に変わる採点基準?

どうもそれに翻弄されていたような気がする。

本来のカワイくてキレイな演技をさせてもらえなかった?

そんな気にさえなった。


兎に角、計算して高度な技を嵌め込んでいかないと勝てないから入れているようにしか見えなかった。

いわゆる、点を獲る構成=演技に余裕がない。そのようにみえてしまった。

無声にして見ていた僕には。


浅田真央には、十分に勝てる技術もスケーティングもあった。

しかし、それは身体を動かしているだけであって、

技術はあるが、演技の芯の部分=指の先から体の芯まで、

もっと言えば、身につけたコスチュームの一揺れに至るまでに

浅田真央が潜在的にもつ演技の心が伝達しきれていなかったのではないか?

大技や難しいテクニックを多く入れた構成にしてしまったため、

心の部分があらゆるところまで行き届かなかった?

音を消して見ていた僕の目に残った印象は実にそれだった。

もしもそれであればこれは勝てないのも当然。

最初から勝ち目は無いと・・・。


演技曲の面でいろいろ言われている。

しかしそれもあると思う。

例の重厚感たっぷりのあの”鐘”だ。

鐘で浅田真央は強くなり成長もしたと思う。

見てそう思った。

しかし、それだけでは金メダルを神様がくれなかった。

なぜか?

曲と雰囲気で左右するのではないか?

それはわからない。

でも現実問題として、浅田は細かいミスがあった。

そのために開いた点差だったと思う。

それは、採点基準を追いかけるあまり、点数を稼ごうとしたために付いて回った罠だったかもしれない。

ノーミスで!とよく聞く。

高いジャンプや難しい回転技をノーミスで!と競うのもわかる。

言い方が悪いが、ガツガツと高得点を狙いに行った大技や高いテクニックの連続は、

実際に見苦しくはなかったか?浅田真央が見苦しいと言うわけではない。

心からスケートを楽しむ姿や、その心のこもった演技、これが一番重要なんだろう・・・

そのスケーティングの美しさを見て人々は感動し、会場の独特な雰囲気さえ作り、

この見えない力というものが、

氷のような眼差しで冷静に見つめる採点する側の人にさえもそれを伝染させてしまう。

そんなパワーを「心」は持っているのではないだろうか?

採点する側も人間。演技する側も人間。

それをも含めて採点をしているのではないだろうか?

本当に高い技術力を要する高難度な回転技も素晴らしいと思います。

でも、今回の点差は単なる小さなミスだけではこんなに開かないと思うんですよね。

難しいことをたくさんした方が勝つなんて、どう考えてもおかしいですよね?

僕は今回の得点差でそう思いました。


トリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香さんの演技を見て思ったこと。

これが簡単な答えのような気がする。ヨコタノテ的な答えです。

僕は4年前、確かこのような感想をここに書いた。

その前に、僕はスケートはド素人である。

でもそんな僕が荒川静香さんの演技を見終えた瞬間に言ったのは・・・


人はこんなに綺麗になれるものなんだ・・・。

心から感動しました。


今回のキム・ヨナは、「美しく、そして強かった。」

世界最高得点での金メダル。


浅田真央は、将来もっと多くの人々を感動させることができると思う。

心から期待しています。

浅田真央、次こそ金メダル!

http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100226/oaf1002260746000-n1.htm

4ページまで読んでみると・・・


さすがに整理されている。

物書きするなら、”こう”でないとね。

大変勉強になります。


で、国母選手の”腰パン問題”を簡単に言うと、

「井の中の蛙、大海を知らず。」

ということで、よろしかったでしょうかねえ?

先日報道があった、KAT-TUN 解散へ(東スポ)の記事について、ここでも先日掲載しました。

なんとアクセスが4倍になっていたので驚きました。

(ちなみに、大沢たかお 中谷美樹 綾瀬はるか らが出演した JIN-仁- のときは5倍!)


ファンの皆さんは不安ですよね。

僕もそうです。

僕はファンと言うわけではないですが、好きなグループの一つでした。

けっして、「入口出口田口です!」のセンスの無いギャグが好きなんじゃありませんよ(汗)

あんたアイドルなんだから・・・(笑)


実は毎週水曜日に練習があって車で帰る途中、

いつもテレビで4チャンネルを見ているようにしていたのです。

KAT-TUNを車中で、AKB48~EXILEまでは家で流してみている感じですね。


人気とは人を引き付けますが、あれでは自然と人が離れてしまうのではないでしょうか?

嵐の人気は人を引き付けますね。

高感度かなり高いです。

一方、今のKAT-TUNは、

まずその問題をクリアしないと難しいのではないか?

と見えてしまいましたね。

あれからテレビでは見てないからなんとも言えませんが・・・


そんなタイミングで出た東スポの報道でしたので、ここに掲載してみたわけです。

ファンの方々は若い人女性でしょうから、

そんな子達がいちいち駅の売店の新聞の広告ちらしなんて見てないでしょうしね。

まあ、どう思ったのでしょうか?ね。

ここへのアクセスが多いということは他にも書いている人がいるか、

他にも情報が出ていたのでしょうかね?

どちらにしても、気になる記事でありできごとでしたので、補足しておきますね。


KAT-TUN頑張れ!この壁を越えるんだ!アップ

つづき・・・

本当は、先程のような考え方は「糞食らえ!」なんです。

こうだから、こうなんだ・・・的にマイナスになっているようなのは、ね。

競争社会。(すべてを否定しませんが・・・、本当に豊かですか?)

高い学歴を必要とし、それには高い教育費を要す。

だから子供は少なくて良い。

こんな考え方、誰が言い始めたのでしょうか・・・

ヨコタノテが思う理想の日本。

都心部の高層ビル建設を禁止。

職と住の一極集中防止法制定、施行。

地方へ人や産業が分散。

(通信が発達したので、なにも大手町・丸の内に集中しなくても良かろうが。)

地方都市や小都市の人口が増加することで地方の各産業が活気づく。

モデル地域は栃木県栃木市としましょう。人口30万人

一家の平均家族構成は両親と子供3~5人の合計5~8人。

(お子さんを授からないご夫婦がいるのは知っていますが、すみませんそれを含めた平均です。)

父親の仕事は車のセールスか建築業としましょう。

母親は専業主婦で且つ地域主婦雑誌の読者モデル(小雪さん風)も兼務。

家の裏の家庭菜園で、農ギャルの経験からお米を作れる。(良妻賢母)

平均の世帯年収は、400~500万円。(十分でしょう。)

結婚法があり、原則として20歳までにしなければならない。

大学は自宅。すべてネットの通信教育。

期間は、1年間で十分。土日休み。(4年間の必要はまったくなし。時間の無駄。)

学ぶ内容は、全国一律まったく同じ。

その他、1年間の徴農制あり。

徴農制の期間は、大学卒業後、学位修得後に開始し1年間。

(20歳までに大学も徴農制も卒業。)

これにより、

日本の人口が2億人超。

地方でも、全産業が活発化。

特に住宅、車、食料産業が活発化。

地方単位、小都市単位の税収が増加、人口も増加。

国全体の税収も増加し全国的に福祉にも力が入れられる。

お年寄りも活発に運動を続け、また勉学を続けることにより、

継続的な適度な運動と思考により心身ともに老化を防ぐ。

これで本当の意味で豊かな日本になるのではないか?

そんな気がする。

http://digitallife.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=99998/articleid=506903/date=0/page=1/

(MSNデジタルライフ)


とても興味深いデーターではありますが、

肝心なところが、抜けていますね・・・


(本文を引用)

結婚・出産は仕事を続ける上でどのような影響を与えるのだろうか。「結婚や出産を機に仕事をどのようにしたいと考えているか」という質問では、「仕事を辞めたい(辞めた)」という人はわずか5%という結果に。「ずっと仕事を続けたい」が49.7%、「いったん仕事を辞め、落ち着いたらまた働きたい」人が31.7%と、8割以上の女性が結婚や出産をしても仕事を続けたいと回答した。未婚女性に限っても「仕事を辞めたい」と答えた人は約7%で、“寿退社”を考えている人は少ないようだ。


なるほど。このようなデータね。


男女雇用機会均等法施行以降、専業主婦から働く女性が注目されている。

子供を生んで育てながら仕事を続けるのは良いと思うが、企業の正社員もスーパーなどのアルバイトやパートがするのもすべて「仕事」ですね。

しかしこれらの労働条件がぜんぜん違う。


今、アルバイトやパートは時給いくらくらいだろうか?

その他社会保険等々の制度はどうなのだろうか?

企業の正社員であれば、今やライフワークバランスや育児への関心が高まったこともあり、

時間短縮勤務制度や託児所完備したような労働条件の良い企業も今では少なくはない。

まあまだ少ないか・・・


今や、育児休暇を取得後、子供を保育園や幼稚園等の施設に預けることができる年齢になれば、

育児休暇(制度)を終えた母親(父親)がまた正社員として働ける環境がある。

月給がもらえ、ボーナスがもらえ、社会保険も完備しており、

結婚・出産後も安心して仕事に復帰できる。

社員の権利ですからね。

(一方、権利ばかり主張せず義務を果たすことが、職場のモラルとして求められると思いますが。)


正社員として戻るのとパートかアルバイトとして仕事を続ける・・・

年収、いやもっと言えば世帯年収で言えば、これが大きな格差になります。

冷静に考えると、けっこうきつい問題です。


このアンケート、今の仕事をする会社(正社員の場合)に、

(制度が完備されているため)正社員として戻れるか?戻れないか?

そのアンケートの方がヨコタノテ的には興味ありますね。


なんでも良いなら、仕事は続けられます。

しかし正社員として戻り「仕事を続けられる」のか?

晩婚化・少子化の世の中だからこそ、ここが気になりました。


世帯年収、格差・・・

一体誰が言い始めたのでしょうかね・・・


つづく・・・


これもやってみなければわからないが、

たぶん、キム・ヨナだろう。


これは地力で勝るわけだから順当ならキム・ヨナという意味であって、浅田が駄目と言うわけではない。

浅田真央が勝てるとすれば、ノーミスが絶対条件だろう。

それはとても難しいのではないか?


ショートプログラムでトップに立つ必要はまったく無いというが・・・

浅田真央は難しいジャンプを入れる予定。

これが吉と出るか凶と出るか・・・

フリーで挽回できるチャンスはいくらでもあるのだから、という考え方はよくわかる。

しかし、総合得点で争われるから滑走順が左右するかもしれない。


仮に、ショートプログラムで浅田が完璧でフリーでもジャンプノーミスだった場合は、

大きなプレッシャーがキム・ヨナに掛かりミスをするかもしれない。

グランプリファイナルではキム・ヨナも国民の期待の大きさにプレッシャーを感じたと言うから、

これはまだわからないかもね。


今シーズンの成績だけで言えば、

断然キム・ヨナである。

しかし、浅田真央もまだ底を見せていないのではいか?と思う。


キム・ヨナは、本番のリンクでの公式練習に現れた浅田とは目を合わせなかったものの、

浅田の後姿に浅田の様子を気にするような視線を数秒間投げかけた。

どうやら、相当気になっているようだった。


もしも、これは本当にもしもの話し

パーフェクト同士の演技だった場合は

きっと浅田真央が金メダルになるような気がする。


日韓二人の女王。

このどちらかが世界の女王となるだろう。

僕はどちらが勝っても良いと思っている。

「隣いて 胸にも近い 国なれど 無窮花も愛でて 桜も愛でて」

*日韓を詠んだ歌人・孫戸妍(ソンホヨン)さんの 争いのなき国と国なれ(英知出版)より引用

(良い和歌ですし、良い本ですよ!)

二人の演技から目が離せないですね。


頑張れ!日韓!(浅田真央もキム・ヨナも頑張れ!)

仕事帰りに駅のホームで電車に乗る前のタイミングで見るスポーツ新聞の見出しのあのちらし・・・

これが結構楽しみで、今日は何かな?て感じで見ています。


今日の東スポ(今日の夕方発売)の1面にKAT-TUN解散への文字が!


読んでないから書いてある内容は不明だが、

ある歌番組であるひとりのメンバーの態度が超気になっていたんだ。

ここで何度も書こうかと思ったけどやめていた。


グループで出演している以上あの態度はない・・・と。


他のまわりの出演者にも失礼にあたるし、

制作側の人たちにもしかり。

視聴者としてみているこっちはがっかりした。

どうなってるんだろう?と思ってみていた。

その次の週もまたある番組でたまたま見かけ、同じような印象を持った。


今日の記事というかこの「解散へ」の見出しを見て、

まあ、あのような態度をとるのなら、

その彼だけグループから脱退しソロでやるほうが良いだろうと思った。

売れるかどうかはしらないが、その方が万事上手く行くでしょうとも。

まず、他の出演者、そして制作側に失礼だからね。

勿論、メンバーにも事務所にも。


若くして超人気であれば

多少謙虚な気持ちとか感謝する気持ちが

少しずつ自然と薄れてしまうのは

まあなんとなくわかる。


自分はそういう世界などにはまったく縁遠い人だけれど

上手くいっているときこそ気をつけなくてはいけないよね。

同じだね。


まああの態度は何があったかは知らないけれど

プロなんだから最低でもテレビに写ってる間はグループとしての振る舞いをしてほしい。

グループなんだからチームワークとか団結力とかそういう面を見せて欲しい。

心ここにあらずのような態度、俺は言ってねー、俺は関係ないみたいな態度は、

間違ってもするもんじゃない。


それが出てしまうくらいなら、思い切ってソロ活動をするべきだと思う。


僕には解散かどうかはわからないが

とにかく先々週あたりから超~気になっていたのでね

良い機会なので書いておきます。


僕は、KAT-TUNの曲とか雰囲気とか、

デビューしたころから好きでした。

頑張って欲しいと思っています。

嵐に負けるな!(嵐の人気って今まぢですごいよね?)