今回の朝青龍のガッツポーズはアリだと思う。

北の湖親方もKY実況の質問に対して

「相撲は素晴らしい。」


沢尻エリカさんが解雇。

あの事務所はなかなか厳しいもんね。☆ダスト。

海外逃亡かどうかなんて、そんなこと誰にもわからん。

マスコミが追ってるとか、やる気ある~。

確かに「良いネタ」かもです(笑)


キムタクの背がとても大きく見えるCM。

「softbank」

ポスターなんて、ヤバスギ。てか、やりすぎ?


石田いっせいの今度のおかあさんは、

「いっこ上」の予定だとか。マヂカヨ~

婚活世代としては、「純愛がすべてです。」の名言くらい、

残して欲しいでしょ?

・・・いいえ。


天地人の兼継の子役時代の加藤くん(8歳?)、

今度は兼継の子供役(長男)として再登場。

NHKさん、(加藤くんの人気が・・・)偶然にしちゃ素晴らしい演出で

感動2倍!視聴率何倍?


次の大河ドラマの坂本竜馬役の福山さん。

41歳。

・・・。

ノーコメントです。

AD

初の政治記事(笑)掲載?


なかなか面白い記事でした。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090918/stt0909180303004-n3.htm

是非、1から読んで欲しい。

なら1から掲載しろよ?

はい。おっしゃる通りでございます(汗)


いやあ、文章の構成に心から感心しております。

「書く」とは「こう」でないとね。

9年連続200本安打。




本数と年数で言えばイチロー選手の記録は大記録であり今後破られることはないだろう。


http://sankei.jp.msn.com/sports/mlb/090914/mlb0909141122023-n1.htm




ボールにバットを当てる技術と走る速さ。


それと必ず出塁するという諦めないメンタルの強さがこの記録を打ち立てたと思う。


内野ゴロなどで諦める選手(俺みたいな選手)は到底無理なわけです。




イチロー選手は、やっぱり凄い。

携帯電話のsoftbankのCM、SMAPが出演している例のCMのあれです。(笑)

昨夜気付いたのですが、差し替えられてましたね。(笑)

でも、もっとあれが目立ちます。

ていうかあまり変わらないんじゃない?

(最後のあの建物のセットから飛び出てくる前のシーンでラインダンスの直後)


これまでのものより、また余計に前に出てますよね(笑)

もう、ひとりでやれば?的な意見は出ないんでしょうか?

またまた草薙君が必死な顔で可愛そうでした(笑)

まずはこれを・・・

http://sankei.jp.msn.com/topics/entertainments/6921/ent6921-t.htm

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/090910/gam0909100759001-n2.htm


日本の将来は大丈夫でしょうか?

リアルに恋愛してください(笑)


僕はゲームをやらないのですが(子供の頃に卒業)・・・


ゲームで恋愛しても結婚できないし子孫も残せませんね。

少子化?晩婚化?社会問題?

いやあ大変な世の中ですね(怖)

なんでだろう?
昨日の映画を思い出し、こんなに感動しているなんて・・・
しかも、もう何度も見ているプリティーウーマンにだ。
なんで?

昨日のプリティーウーマンで二人の笑顔や悲しみ・・・そしてわかってはいたけど別れがくる。そして・・・

約束どおり、1週間分の報酬を受け取りビバリーヒルズのホテルを出ます。
「エドワード財団からの奨学金よ」と言って同居の友人キットにお金を分けてあげる優しいビビアン。(最初は娼婦ビビアンだったかもしれないが、そんなビビアンはこの一週間で持ち前のルックスは元より、エドワードの良き理解者となりまたパートナーでもあったわけだが、元の二人の関係に戻る・・・。)
この時、ビビアンはサンフランシスコへ引っ越しちゃんと高校を卒業すると言い、別れの時にさよならを言うのは辛いからと先に部屋を出るキットと立場はぜんぜん違う、ここでも切ない別れが・・・

その後、ビビアンは予期していたかのように?、ビビアンの部屋に近づきクラクションを鳴らすエドワードの乗るリムジンの音に気付き表を見る。

エドワードが高所恐怖症のため及び腰でサンルーフからリムジンの天井に登り飛び降り、傘で収納式の非常用はしごを引き出し上り始める。
最後には、今にも崩れそうな底の抜けた簡易的なベランダで両手を広げ「迎えに来たよ」のポーズをする。
そしてオペラで見たとおりの永遠の愛を誓いハッピーエンドだったね。(憎い演出!)

ラストシーンで見せた、エドワードが高所恐怖症なのに彼女のアパートの非常用はしごをよじ登るシーン・・・
もうあの時のあの二人の笑顔が忘れられなくてね。今も。
今、瞳の奥では完全に泣いていますよ。
こっちは単に見ていた人なのだけれど、今もあの映画に心を引き込まれたままのようです。
一体どうしたんでしょう。
だいたいいつもどんなに感動しても次の日は忘れているのに・・・
二人の笑顔が今でも忘れられない。
それほどよかったのかもしれないね。
多分何度も見ているはずなのに・・・。

それと前回見たときと忘れていたところが発見できたのも大きいかもね。
最初に見たのは21歳の頃。
以前はしっかり見てなかったのかもしれないね。忘れちゃったのかな・・・
・車は高級車のロータスエスプリ(映画007~私を愛したスパイ~でジェームスボンドが乗った水陸両用潜水艦に変身する車サブマリンとしても有名)
・エドワードが高所恐怖症
・ビビアンがあんなに衣装を変えていた
・ビビアンが高校中退だった
・エドワードが企業買収のプロで億万長者
・ビバリーヒルズのホテルの支配人の名前がトンプソン
・黒人運転手のダリルやベルボーイが良い味を出す
・ロデオドライブの高級ブティックで門前払い
・二度目に訪れた高級ブティツクに入るなり、「私が誰かわかる?逃した魚は大きかったわね。(失礼だった店員に)あなたは歩合制で働いてるの?」とジョークをかまし雪辱を晴らす。
・どうして一番上の部屋なの?の問いに「一番だから」が二回登場するが、二回目の意味がわからないこと(汗)

音楽もとてもよかったですね。
「愛と青春の旅立ち」の頃のリチャードギア(これも良い!ベスト5に入れなきゃ・・・ベスト6ですね。)や「ローマの休日」で使われた音楽を思い出しましたね。

ラストシーンのリムジンから発するクラクションの音と、ビビアンが暮らすモーテルの前にリムジンが到着する際、道端の鳩が一斉に飛び立つシーンあたりなんかを思い出すと、もう鳥肌が今も立ちます(笑)

僕は期待してないで何かをすると、こうも簡単にやられてしまうのですね。
本当に昨日は見事にやられました。(笑)

昨晩更新のヨコタノテですが、大きなまちがえを訂正しました。
日本のモデルのマリエさんがジュリア・ロバーツさんの顔に似ていませんか?

笑った顔がちょっと似ていてる。まあそれは良いのですが、
先週、デミ・ムーアとブルース・ウイルスの娘さんが今度の映画で主演を務めるという芸能ニュースがあって、

それを間違えて、「ジュリア・ロバーツとブルース・ウイルスの娘」としてしまったので、

この辺りの一連の文章を削除しました。


昨晩更新してから、ドン・キホーテに向かう車の中で、

あれ?そう言えばブルース・ウイルスと結婚したのはデミ・ムーアじゃなかった?

先週の記事でも娘と母親のツーショット写真はジュリア・ロバーツではなくデミ・ムーアじゃなかったか?・・・

などと考えながら車を運転していたのですが

(危ないですね。でも大丈夫です。K7はほとんどの箇所が時速40km。ここを考えながら動揺していた僕は時速35kmという超ノロノロ運転で走っていたから平気(笑)。でも後ろの車は大丈夫じゃなかったでしょうね(汗))、
あの、ゴースト(ニューヨークの幻)のヒロインとプリティーウーマンのヒロインを取り違えるなんてね・・・。
この頃の映画が一番好きなのに

(過去見た映画の自分的ランキング下記参照。まあ最近のも良いのですが、CGが多くてね・・・)、

こんな大きな間違いをしてしまい、この事実が悔しくてあえて掲載しようと思いました。

まったく青春だったあの頃に大きく影響されたこれらの映画だったのに・・・ってね!(笑)
それだけ年月が過ぎているのですね。竜宮城にでも行っていたのでしょうか?・・・(汗)


それで

昨日は気が動転してか?

早く更新しなおさなければという焦りか?

またはモノを見たら欲しくなる勢いでか?

またまたまったく買うつもりではなかったのに、

部屋用の新しいヘッドホンと

「パン」や「たい焼き」を焼き直すときに使えそうなアルミホイル

(アルツハイマー病予防の為に今まで使ったことが無いが、これ使うと便利そう=アルミを沸騰させた鍋の中で使わなければ良いみたいですね。)と

柔軟剤ウルトラダウニー3.83L(最近のお気に入り)まで買う始末(汗)


あーあ、大変失礼しました。(汗)


ヨコタノテ的 過去に見た好きな映画ベスト5(順位はつけられません)
・ゴースト ~ニューヨークの幻~ (デミ・ムーア)
・プリティーウーマン (ジュリア・ロバーツ、リチャード・ギア)
・トップガン (トム・クルーズ、ケリー・マクギリス)
・ローマの休日 (オードリー・ヘップバーン、グレゴリーペック)
・タッカー(ジェフ・ブリッジス)


注意点(笑)
可能なら、字幕付きで見てください(英語の勉強にもなります)。
映画は、見る姿勢と集中と携帯の電源を切ることと、見る前にトイレに行っておいてください。
そして、映画は何より最初と最後が肝心です。
最後に、日曜日に見る映画はハッピーエンドを選んでください。

プリティウーマン


20世紀最大のシンデレラストーリー

このストーリーは反則ですよね(笑)


もうストーリーについてなんの説明もいらなかろう・・・

けれど、これだけは・・・


億万長者(企業買収のプロ)とビバリーヒルズの外れにある日住まいホテルで暮らす娼婦との恋物語。

お互いに心惹かれたのは、お金ではなく人の真心の部分なのかもしれない。

お互いに幸せになりたかったんだよね。

映画の設定も凄いけど、ホテルや車、お買い物の数々・・・

いやあ凄いです。


今夜も、大河ドラマ「天地人」を見て洗濯物を片付けて、

本当は21時になったからドン・キホーテへ行って

115cmサイズの強力な突っ張り棒を買いに出掛けようと思ったのに、

日曜洋画劇場で「プリティーウーマン」が始まっちゃうんだもん(笑)


リチャード・ギアの紳士ぶりと、ジュリアロバーツの茶目っ気たっぷりの演技。

最高でした。

あっというまの2時間。


さて、今から安全運転で、ドン・キホーテ行って突っ張り棒を買って来ます(笑)