WBCでのイチローは自分にイライラしていただろう。

僕はイチロー選手の発言はあまり好きじゃなかった。


最後にあんな場面が訪れ、イチローほどのスーパースターでも、

あそこで打席が回ってくるのが嫌だったそうだ。

イチローは神様だと思っていたが普通の人間なんだと思った。

しかも超弱気だったんだってこともわかって、びっくりした。

まあ終わってからならなんとでも言えるのだろうが、

あのイチローほどのアスリートでさえも不安なんだなってことが今日わかって、

本当に本当に本当に驚きましたね。


僕がイチローが好きではなかった理由。

テレビのスポニューで見るイチローしか知らなかったわけだが、

見えていたそれはサイボーグみたいに見えたからだろうな。

感情があるのだろうか・・・なんて思ったこともあったくらい。


でも、今日残業から帰宅してつけたテレビに出ていたイチローはとても親近感があった。

聞き手が上手なのもあるだろう。

イチローに「あの最後のヒット」と言わせたタイムリーヒットはみんな一生忘れないと言ったそうです。

僕はあの瞬間、スローモーションに見えたんですが、

ここでセンター返しが一番良いってつぶやいた直後だったので鳥肌がたちました。

この大会でイチローはぜんぜん打てませんでしたが、

ここであれだけ粘って2点タイムリー打っちゃうんだから、これ間違いなく神様ですよ。

普段のシーズン中には見れないあの緊張感の中の活躍を見たわけですから僕も最高でした。

イチロー選手は持ってますよ。


不振続きで打てずに不安だった打席の度、本当に孤独だったのだろうな。

集まる視線と期待。

重くのしかかるプレッシャーんぼ中で出た初ヒット。

ダグアウトのみんなが心から喜んでくれたってイチローが嬉しそうに話していた。


僕は、鏡を見て思い切り笑ってました。

嬉しくて。なんか嬉しくて。

イチローですよ。あのイチローですよ!

イチローも不安で仕方なかったらしいんですよ。

「あの最後のヒット」の前に勝負が決まっていれば良かったって、そんなイチローもあるんですよ。


人間って良いですよね。

最高ですよね。


明日からまた頑張ろうと思いましたね。

さあ、明日が本番です。

3月31日。

僕が一番緊張する日でもありますね。

たまたまだけど、帰宅した直後にテレビつけたら良いテレビ見れたな~。

明日、また頑張りましょう!

AD

「仲間と神様に感謝致します。」


以下は、数年前にブラジルで対戦したコリンチャンスとバネスパとのフットサルの試合の映像の一部です。

背番号8番が僕です(笑)

是非見て下さい!!!


ブラジル バネスパ戦のゴール

http://www.youtube.com/watch?v=2SWzyKUd8qY

(キックオフ後、カウンター2連続でしたね・・・)


コリンチャンス戦でのドリブルシュート

http://www.youtube.com/watch?v=SFdl9gDtn2w

(ゴールしてたら完璧でした・・・)


バネスパ戦で右足シュート(シュートパス)

http://www.youtube.com/watch?v=IL_sFl4mhCU

(右足のシュートは珍しいので・・・)


逆襲 クリアランスからドリブル&シュートパス

http://www.youtube.com/watch?v=ea3aYQ0epS4

(シュートパスは偶然です・・・)


年齢じゃないよ。情熱だよ。

頑張れ!日本フットサル!

まだまだ、これからだ!!!


仲間と、神様、ありがとう。

AD

昨日のあるテレビで、最初の日米野球が開催されたときの体格比較写真を見ました。

日本人野球選手とアメリカ人野球選手の体の大きさの違いを放送していましたね。

それはとても大きな差だったんです。

僕の推定では、165cmの日本人選手と、185cmのアメリカ人選手でしょうか、

まさに大人と子供の試合とでも言いましょうか・・・。

結果は案外そうでもなく?17対4くらいのスコアで・・・

でも大差負けですね。

GHQ配下の日本での親善試合とは言え、この結果はどうなんでしょうね。


それから60年後、日本人はアメリカ人に野球で勝ったのですからすごいことですね。

今大会で日本はアメリカを破り、そして今日は最大のライバルと言われる韓国を破り世界一になりましたね。

WBCでは2大会連続の世界一ですね。

60年前のあの写真を見て思うのは日本野球界は大きな進化をしましたね。

サッカーやフットサルもそんな日が来るのでしょうか?

でもそれには数十年と言う歴史が最低でも必要だと言うことですね。

それと日本国内のスポーツ環境の問題もあるでしょうね。

趣味や文化も多様化され、当時とはすべてが違うでしょうから、

野球のようにサッカーも同じようにということが今すぐっていうのも、

それはそれでなかなか難しいでしょう。

そしてフットサルも同じことでしょうね。いやもっと難しいと。


しかし、体格面を見て思うのは、

サッカーの試合の終盤には選手の体力の消耗が如実に現れますが、

フットサルは選手が体力を消耗する前に選手を何度も交代できますので、

俊敏性や勤勉さを活かし、頭脳的な戦い方が可能なため、

強化の仕方次第では、

世界一になるということに関してはサッカーよりも可能性が高いのではないでしょうか?

そのように思って見ています。


しかし、それにはやはり、環境面が大きく左右しそうですね。

クラブが成り立つには、大きく分けて選手と役員で構成される人の集まりが必要です。

その人の集まりの質を求めれば大きな費用負担となるわけです。

みな生活があるからですね。

この費用は他者が負担することになるわけですが、

その他者とは、本人達以外の誰かであり、当然ですが個人か法人となります。

個人ではいくら好きとは言えど限界もありますので、

大きな金額と言うのはなかなか現実的な話ではありません。

そうなると、やはり協力頂きたいのは法人の資金力ですね。


このままこの話を書いていると明日の朝になりそうなので、

この話はこの辺で省略しますが、

つまり、お金があれば選手やスタッフが集められます。

これがすべてではありませんが、

プロの世界で言えばより高い質の選手やスタッフが集められると言うことですね。

それらが競い合う環境があり、国内で切磋琢磨し選ばれた選手達が世界で戦う。

そして世界と対等に渡り合い、世界一を目指していけるではないでしょうか?


まあ、お金が無ければ強化できないということではありませんが、

職業がプロとならない限りはなかなか難しいのが団体スポーツでの世界一ではないでしょうか?


しかし、先日のフットサルの指導員講習会での写真撮影は、

昨日見た日米親善野球の体格比較写真とすれば、

その先にあるであろう世界一が夢の終着点となるわけでしょう!


14年前、フットサルを始めた頃、まわりでやっている人はあまりいませんでした。

当然ですが、フットサルの全国リーグができるなんて夢にも思ってもいませんでした。

その当時、今の関東リーグでさえなかったのですから・・・

これからフットサルがどんどん普及していき、

企業スポンサーがどんどんとついていき、収入も増え、

そしてクラブが大きくなり、強化され、

日本代表も強化され、

そして日本の憧れのスポーツになって行けば可能性はグググッと上がってくるでしょうね。

これはサッカーも同じだったわけですが、フットサルよりも遥か先を歩んでいるわけですね。

一歩ずつ確実に前に進んでいるサッカーとフットサル。

野球に追い付き追い越せですね。

サッカーやフットサルが日本国内の野球と色々な意味で競い合うくらいになれば、

世界一も見えてくるのではないでしょうか?

海外に目を向けてもそうです。

イチローや松坂や松井のように、

世界の大舞台で活躍する選手がサッカーにもフットサルにも現れないとなりません。

これは、まだその舞台が日本に無いと言えると思います。

アジアではダメなんでしょうね。

だからまだまだこれからなんですね!


とにかく、サッカーもフットサルもまだ始まったばかり。

~千里の道も一歩から~

これからの一歩一歩が楽しみなわけですね!


日本サッカー、日本フットサル、頑張っていきましょう!!!

AD

本日WBCの決勝がありましたね。

世界一を目指し日本と韓国が戦うこと自体が素晴らしいことです。

日本人なので、当然僕は日本を応援しました。

優勝はとても嬉しいです。

ハラハラ、ドキドキしましたからね。


僕はこの試合の呼び方は、

韓日戦でも日韓戦でもどちらでもいいのです。

実は、この両国が仲良く同時優勝してくれる方法はないものだろうか?

と見ていましたので・・・


でもそんなことはないんですよね。

いつかは決着がつく。


しかしね、両国が世界一を目指し野球の世界一決定戦の決勝を戦うなんて、

これは実に素晴らしいことじゃないですか!!

それだけでも、とても嬉しかったのです。


今日のタイトルは、ソン・ホヨンさんの有名な短歌の一部です。


日本も、おめでとう。韓国も、おめでとう。

この土日の一泊二日で、

日本サッカー協会主催の公認フットサルC級コーチ養成講習会に参加しました。


スタッフの方々の、熱い思いと情熱を感じました。


僕は自分の出来る限り全力で取り組みました。

実技のプレーも全力で頑張りました。


二日間とても疲れたけど、

良い刺激を頂きましたし、本当に良い経験でした。


大袈裟かもしれませんが、人生にも大きくプラスになると思いました。

皆さん、本当にお疲れ様でした!


皆さんから名刺を頂いたので近々メールさせて頂きます。

「花粉の人」って思われてるんだろうな~汗


今後ともよろしくお願いします!


フットサルもフットボールも最高です。

PUMACAP2009

第14回全日本フットサル選手権大会

優勝はFUGA目黒FC(通称:風雅)関東代表

ヨコタノテ

(今日の表彰式の優勝チームの表彰の瞬間を風雅応援席から撮影)

中央右の赤絨毯の上の白いユニホームが優勝した風雅目黒。

中央左下の水色のユニホームは先に表彰を終えた3位のデウソン神戸と、

赤いユニホームは準優勝の名古屋オーシャンズ。

手前は風雅目黒の大応援団の一部。

見て下さい!この報道陣の数!この写真はなかなか珍しいのでは?

ロイヤルボックスの人の数も多いです!


FUGA目黒FC=風雅は旧名称ボツワナというチームでした。

僕の知っているボツワナは、

第6回大会に全国優勝を果たし、

僭越ながら僕の目標だった史上最強と言われていたカスカベウ(現ペスカドーラ町田の前身チーム)を、

(僕は真剣にこのチームは5連覇するんじゃないか?って思ってた。)

翌年の第7回大会の東京都予選で下す鮮烈デビュー。

その後の本大会では対戦することはなかったが、東京都大会を準優勝。

当時僕らGALOはFIREFOXと準決勝で当たり3-4で敗退した。

3位決定戦で関東大会を決めた後だったと思うが、試合後に、

控え室がたまたま一緒になっていたらしく、

ボツワナがファンの差し入れでもらったというミスタードーナツを間違えて食べてしまったという苦い経験がある。

あの時は本当にすみませんでした・・・。

今でもミスドを見るたび思い出します。

この時の東京都の決勝戦でボツワナはFIREFOX(過去最高の優勝回数名実共に当時No.1)に大差で敗退していたと思う。

しかし、その後もボツワナは所属リーグを制し昇格を続け、

そして昨年と今年の関東リーグの頂点に立ちましたね。

何度か対戦しましたが、強くて諦めないという印象でした。

そして彼らは必ず何か大きなことをやるという神がかった色を持っていましたね。


そして今回の全日本選手権大会で彼らは大きな偉業を達成します。

これは記録として書かせて頂きます。

その前に全日本フットサル選手権大会とは、

日本サッカー協会のもと、その年のフットサル日本一を決める大会です。

これはプロ選手を擁する名古屋を初めとするFリーグ(日本フットサルリーグ)の8チームは全国大会から出場し、

地域リーグ、都道府県リーグは各地の予選を戦います。

またこれとは別に大学フットサル選手権優勝チームが全国大会から参戦し日本一の座を争います。

ちなみに風雅は関東リーグに所属しています。(今年度の関東リーグ優勝。確か二連覇かな?)


僕は、この大会の東京最終ラウンドを金曜は準々決勝4試合、土曜は準決勝2試合、今日は決勝を見学しました。

出場チームはみな素晴らしく、一生懸命勝利を目指して頑張っていました。

その中でも今回注目していたのは風雅でした。

だから金曜日から見に行ったわけです。

申し訳ないですが負けたらあまり見る機会がないからですね。

ということで会社を休んで見に行きました。

そして、見た瞬間にファンになってしまうほどのインパクトでしたね。

その内容は僕が書くと長くなってしまうので割愛するとして、

それはそれは、とにかく素晴らしいの一言でした。


もう既に結果はご存知の方も多いと思いますが、金曜日からの風雅の戦いぶりを結果のみ書いておきます。

3/13 準々決勝 vsバルドラール浦安 Fリーグ2位 3-0

3/14 準決勝  vsデウソン神戸 Fリーグ3位 5-1

3/15 決勝 vs名古屋オーシャンズ Fリーグ1位 6-4

これ、この結果、フットサルをわかってる人が見たら、風雅目黒ヤバクナイデスカ!?

てことで風雅目黒がFリーグの3チームを下し全日本選手権初優勝しました。

ヨコタノテ

報道陣の数、まじですごくない?


Fリーグ優勝を決め優勝候補筆頭とされてきた名古屋オーシャンズでしたが、

敗れた事実は衝撃でした。

というよりもやはり風雅を誉めるべきでしょうね。

しかし名古屋、風雅に1-4とされてからのパワープレーは見事でした。

さすがプロ。

練習を重ね、自分たちは絶対にこれがあるから負けないというスタイル。

これには理屈で成り立つ自信も確実にあったでしょう。

GKを攻撃に使い数的優位を作る・・・

右サイドには中を向いてシュートを打てることが可能で、

そして危険な場合には敵から遠くにボールを置いて確実にキープしてボールを逃がすことも出来るという理由で右サイドに左効きを縦に二枚並べてきます。
底辺でぎりぎりのところで誘い、ずれたら縦に入れ、

シュート若しくは一瞬の隙を狙い中央へ折り返します。

その際にグラウンダーのボールはほとんどカットされますし、バウンドすると精度が下がるので、

思い切って浮き玉を放り込みます。

これを中が体でねじ込む戦法です。

これは精度が命。

ある意味中に合わせるのもシュートを右から決めるのも一か八かでしょう。

確実なことは何一つない。

でもシュートまでと、中に合わせるまでは計算が出来るわけです。

後は、運もあるし、相手の守備がどれだけ最後の部分でガードできるかでしょうね。

見ていましたが入る確率は五部くらいかな?と言えるでしょうね。

シュートもあまり角度はありませんから、名古屋が点を取るのもなかなか難しい。

しかし入るときは入る・・・つまり絶対の戦法ではないのですが、これに賭けたわけですね。

名古屋が後半3分過ぎから・・・

しかし風雅は粘り強く耐えます。

中略し、結果失点し4-4になってしまいましたが、

この後フリーキックから得点し5-4と再度突き放し、

残り16秒(残り時間は、10chの落日燃ゆチャンネルはそのまま、やべっちFCで知りました)に名古屋のFKを防いだかと思ったら、

風雅の選手が二次攻撃をブロックしたボールがGKのところへ。

その瞬間、前線に一気に走り出す二人のところへボールが渡りそのままワンタッチで流し込み、

6-4としました。

もう、試合を見ていてこの風雅の神がかり的な3日間にこれってなんなんだ?と本気で思いましたね。

天が示している?(大河ドラマを見た直後ですからすみません・・・)


いやあ、すごいですよ。

あのさわやかさ、そして正々堂々としたプレーと立ち振る舞い。

純粋に今フットサルを楽しみたい!ただそれだけのために一生懸命やるとでも言いましょうか。

チームで決めたことを一生懸命頑張る。

クリーンでそして強くって、心の底から素晴らしいと思いました。


さあ、プロを破った風雅目黒~次はどこへ行く?

風我の風の如く、風にでも聞いてくれ~・・・ ですかね?

とにかく、風雅目黒、日本一おめでとう!!!

あのときのミスドの件は許してくださ~い!(笑)

今度ミスド買って差し入れ持って行きますね(汗)

夢です。

テーマ:

昨日、テレビで豊洲のタワーマンションのことをやってましたね。

ご夫婦とお子さんがベランダに並んで夜景を楽しんでいました。

「きれい・・・」

二人で働けばローン返済は可能でしょうね。

いいな~って見てました。


今日機会があって、インターネットで住友不動産の豊洲ツインタワーを見てましたが、

最上階の眺めと内装。

さすがに凄いです。

ネットで見てため息が出てるのですから、実物見たら気絶しちゃいますね。

きっと・・・

まあ、ビッグで6億円が当たったら買いたいですね(汗)

ってことで、今からビッグ買いに行ってきます。

どうやって買うのかさえ知りませんが・・・


夢ですね。

久しぶりです。

いきなりですが・・・


ただただ・・・ 驚く。叫び


一体なんなんでしょうね・・・

この偶然、この縁。


丁度一年前のブログをまずは見て下さい。

http://ameblo.jp/yokotanote/day-20080229.html

画像もしっかり見て下さい。


そして今夜の大河ドラマ「天地人」ですね。

あっと、その前に北条氏秀。

当時の国と国との同盟、戦略の都合上、氏秀が人質に出されます。

(武田信玄の養子になります。北条→武田)

その後、なんと上杉謙信の養子に出されたわけです。


上杉謙信は名を改める前は長尾影虎でしたね。

謙信は自身の影虎という名を養子に来た北条氏秀に与えます。

城内では家臣筆頭とされていたでしょうね。

そして今夜の天地人では、上杉謙信が身罷ります。

当然北条から養子=人質に家督を譲るなんてできないとなるでしょうね。

その意見わかります。

本人も今日のドラマでそのように発言をしました。


と、ドラマのことは再放送を見てもらえば良いわけですが、

それより、丁度1年前に僕はこの北条の本拠、居城であった小田原城を訪問しているのです。

その際、上記のURLにある画像をUPしました。

その理由はその時の本文の通りです。

(必ず見て読んで下さい。)

影虎の名に疑問に思い、丁度一年後の今日まで曖昧だったのです。

それが、今夜の放送で明確になった。

丁度1年前の今日だったわけですから驚きです。


月の満ち欠けによる引力のせいでしょうか?

(何言ってんの?今日は3月ですよ?後でわかります。)

しかも、あのとき、小田原城で偶然見た系譜図をたどり疑問に思った。

思いますか?だいたい、まず見ますか?そこまで、そして気がつきますか?

しかも、だいたい1人で行きますか?(汗)

前日にNHKの番組で近場で行ける有名な城に急に興味が沸いたからと、

1人で金を使って、熱海のアラプラージュでフランス料理を食べるため?、

そのついでに小田原城行きますか?

この系譜図をたどり、これを見ますか?これに気がつきますか?

これって一体なんだと思いますか?

偶然なんですか?なんなんですか?

しかし、この偶然を気付くというか、機会に遇うというか恵まれると言うか、

これって特殊な力が秘めているのだろうか?などと、

僕の思考回路(習慣←これ重要!)が示しているような気がしてなりません。

というか、神秘的ではありますが、

何者かが気付かせてくれているとしか言いようがありません!(笑)

今、僕はとてもドキドキしていて、興奮しています。


しかし、時間がたてばあっと言う間に忘れてしまうかもしれません。


なんだろう?

こういうことに気付かせてくれたというか、出遭わせてくれたことに、

心から感謝すると共に、

こういう何かを、ここで伝えていければと思います。


ここに世の中のすべてのことや僕のすべてのことを書くことなんて、

到底できませんが、

気付いた何かを残して行きたいと思います。


とにかく、誰も分からなくても良い。

この今日起きたそれらの感動を残していければそれで良い。

何の役に立たなくても良い。


でもこれって、いったい、なんなんだろうか・・・


実は誰にでもあることかもね。

気付くか、気付かないか、この差なんでしょうかね・・・

考えると、とても不思議です。


最後に・・・

昨年はうるう年なので2月は29日までで、偶々2/29のこと。

今年は、2月は28日までなので、

つまり今日の3月1日は昨年の2/29ということです。

これもまた偶然なんでしょうかね・・・