今日は元伊藤忠サッカー部所属(独立して今では社長さん)のタッキーの結婚式披露宴の二次会が白金台の八芳園でありました。
(おめでとう!!!)

とても良い二次会でした!
最後にサプライズが!
なんと、歌手でサッカーも上手なあの森山直太朗さん本人の弾き語り!!
(大学サッカー部の先輩後輩の間柄だそうで)
音符桜今咲き誇る~音符って歌ってくれました。
それはとてもとても素敵でした!ニコニコ

キラキラ素晴らしい一時、キラキラ感動でしたキラキラ
御幸せに!グッド!
AD

ニ岡選手との不倫騒動。

深夜タクシーで五反田のラブホテルへ移動して飲みなおしたという笑い話です。

懐かしい感じのする話題ですが、これ昨年の話ですよね。

随分前の気がしますが。

先程、あるテレビ番組(元レギュラーだった番組)に山本モナさんがゲスト出演していました。

ミニスカートで現れ、出演者が度肝を抜く中?の謝罪・・・

最初に格好のことを言われると

「私のスタイルです。」

謹慎中はどうしていたの?

「家にいました。」

番組は見ていましたか?

「見てなかったです。」

その後・・・ どうですか?

「男性不信です。」

この彼女の発言を含め、見ていてとても不愉快に感じました。

当然ですが、出演者も同じのようでした。


この「男性不信です。」を発した直後、

番組内で厳しく指摘されていました。

これ録画です。

番組側が謝罪のチャンスを与えたのにもかかわらずこれだ。

そしてこれを放送に使った・・・

その意図は、視聴率?

まあそれは良いとして・・・


まあ、製作側にどんな考えがあって出演させたかわかりませんが、

復帰キャスティングなんてあるんでしょうかね。

他の方をキャスティングしたほうが良いと僕は思いますね。

しかし、知的なイメージの長身の女性、高嶺の花的なポストで彼女だったのではないでしょうか?

政治バラエティー番組とはいえ政治の格式を考慮し、

他の方をキャスティングされることを祈りたいところですが・・・


気になるのは、そのポスト。

そこにいまだ誰も代わりがいないということです。

「決めてなかった。」ということを決めていたというところには明確な意図があったわけです。

わかります?

つまり番組側は復帰させたいのでは?と考えられるわけです。

なんとかして復帰させるつもりだった。


そして、番組の一番最後には、

(本日はゲストとしての出演ですが)

「復帰ではありません。ご感想ご意見等はFAX云々・・・」

と書かれた字幕が出ていました。


番組側は、復帰を予定したのでしょうね。

だからポストを空けたままにしていた。

年が空け、番組切り替え時期のこのタイミングで、視聴者の様子を見るため謝罪と称しゲスト出演させた。

そして視聴者の生の反応を見て今後のポストを決める。

良い番組だと思いますが、実に品がない。

番組側は、疑惑だけでは契約を切れないのでしょうか?

そこで視聴者の生の声をゲスト出演させて・・・

苦肉の策としか思えませんが、番組側も大変です。


敢えてこの番組で民意を問う?面白いじゃないか(笑)

番組内で山本モナに怒っていた女性の気持ちは良くわかる。

そしてよく言った。

そして番組側はそれを良く放送した。

評価できる。

しかし、復帰したらまた番組を見て笑わせてもらいますね。(笑)

(我ながら、ウマイ。)

AD

最近の世の中には馬鹿げた問題が沢山あるようです。

毎日のニュースを見ては呆れていますが皆さんはいかがですか?

その中でも本日のヨコタノテ的筆頭なのが「教室への携帯電話持ち込み問題」です。

少し考えてみたいと思います。

時間の無駄は承知ですが、やらねばなりません(笑)


いきなりですが、本当にバカですか!?

これに関するインタビューで、ある子供の親がこう答えていました。

(この親のお子さんが児童か生徒かは不明です)

「GPS機能つき携帯で子供の位置がわかるから・・・OK!だと思います。」


と回答した親(これがモンスターペアレントですか?)がいるので今日はこれを書こうと思いました。

メディアがこれを報道したのには意味があります。

どんな意味なのか?皆さんも考えてみて下さい。


平日の朝家を出て学校に向かったうちの子供がどこにいるか?

それは学校ですよ。大丈夫ですよ。学校ですってば。

心配?

その感覚がまったくわからないわけではないですが、そこは親子の信頼関係でしょう。

僕にはまったく信じられないことです。


まあ登下校時はあって良いですね。

しかし教室に携帯電話を入れることは禁じたほうが良いでしょう。

仮に教室に入れていいとした場合、必ず電源を切るというルールは必要です。

それは、電源を切り忘れたという言い逃れも可能になってしまうからです。

これを許せば、教育の現場において示しが付かなくなる原因につながるということですね。


防犯上の問題として、学校への登下校時には持たせた方が便利な時もあります。

ただ授業をする教室へ授業中に持ち込む必要はないですね。

よって学校への持込はOKとし授業中の今日室内への持込は不可とするべきです。

そして児童や生徒達もこれを理解しなくてはならないでしょう。


しかし、こんな簡単なことがなぜ全国的な問題になるのでしょうか?

それは全国的なルールやガイドラインが策定されず?学校単位、教室単位でも曖昧だったのでしょう。

それと個々の認識の違いでしょうね。

あくまでも持って使うのは子供です。

今まで子供に任せていてダメだったわけでしょうか?

本当は個々のモラルの問題だけで解決する問題のはずなのに・・・

その辺を理解して違反者には厳しいルールが必要かもしれませんね。


児童や生徒が、学校に携帯電話を持って行っても教室には入れないというルールの策定。

これは明日にでも可能ですね。

本当に必要でしょうか?これは費用も掛かりますので難しいですが、

全校生徒がルールを守る一つとして、

学校側は、携帯電話を安全・完全に収容する設備を整備する必要があります。

これは玄関のロッカーで良いでしょう。

鍵付きの個人のロッカーがそれですね。

教室の向かいにあるような簡易ロッカーではダメですね。

音漏れ等、授業に支障を来たさない必要があるでしょうね。


この問題は、非常に簡単なモラルの問題のはずですが、

(ある親のインタビューの回答をあるメディアが敢えて取り上げ放送したと当方は見ています)

全国の学校の問題として再認識させたい意図があるようにも感じました。

こんな簡単なこと全国のニュースで取り上げることだろうか?

そこまでレベルが低くなっているのだろうか?

親の回答を見ても、まったく自分の事しか考えてない発言を起用するあたりに何か意味がありそうですね。

こういった報道は、敢えてこの親(顔まではっきりと出ていた)を見世物として取り上げているのだろうか?

インタビューと回答が必要だったのでしょうか?と考える部分があります。

親が思う気持ちを伝えるならもう少し違う方法があるような気がして・・・

それが違うなら、親がまたこんな事言っていますね、まったく的な?

いかがでしょうか。


最後に、授業中に児童や生徒のご家族に何かが起きたとしても、

それは今までどおり学校へ電話をし生徒を呼び出せば話は済むでしょうね。

(登下校時や授業中に親がGPSで子供の居場所を確認?必要ならすればいいと思います。)

そして学校が終わると、携帯電話で親と話す。

子供: 今から帰るね!何時頃に着くよ!

親: お疲れ様。帰り道に気をつけてね!


さて、報道するほどのニュースなんでしょうか?

それより、山本モナさんはどうしてまたテレビに出てるの?

こっちの街の人の声の方が、道徳的にも報道した方が良いのではないでしょうか?

「二度の不倫が明るみに出ている才女」ですか・・・

皆さんはどうですか?(笑)

AD

問題は?

テーマ:

日本負けたんですね。

ワールドカップ最終予選・・・

豪州にも勝つのは非常に難しいでしょうね。

大丈夫でしょうか?


何が問題か?

問題にしていないところが、まずは問題ではないでしょうか?

サッカー界全体の問題だと思います。


先週の日曜日、ある高校サッカーの新人戦を見てきました。

駒高、SEIRITSU、修徳・・・

駒高は抜群に良かったです。

そんななか、ある試合を見ていて思ったのは、

「毎日練習している。」という大前提で、

試合中に監督から選手が怒られるシーン。

内容は、個々の技術ではなく、選手のシフト・バランスや状況による選手の配置の変化についてです。

それは練習でやってないし、試合前に試合を想定させて理解させてないという指導方法の現われではないのか?という問題です。

それを、試合中に監督がわかってない選手に対しいてイライラして言う。

なんですか?これ。(って俺もあったな(汗))

経験でわかりますが、これで重要なのは、

選手が試合で何をするべきか等の最低限のことが、

試合前に選手全員がわかっている状態で試合を開始できているか?

ということであって、それを理解していない、わかっている状態で試合を開始したら駄目ということ。

つまり、それはチームのミスであり、監督・コーチのミス。


それが完璧に出来る状態であれば、あとは以下の差で勝負がつくと思われます。

①戦術の質

②競り合う個人の能力(心・技・体)の部分

③運

*特に勝負どころでの上記の各号の組み合わせにより出た差で勝負がつくと思いますね。


まあ、新チームですからこれからなんでしょうけれど、

それでも毎日練習してミーティングも出来る環境にありながら、

なにやってんだか・・・と見ていました。


この辺は、サッカーとフットサルを長く続けてきたから気付いたことですが、

団体競技は難しいようで実は答えは簡単にみつけられます。

僕らは社会人なので、昨年なんかもここにも書きましたが、

全員が集まって練習なんてなかなか出来ませんよね。

一般的にはミーティングも試合前にちょっとやるくらいでしょう。

それでもみんなが出来る限り個の部分を頑張りチームに貢献するスタイルと言いましょうか、

そんななか今年は7~8年ぶりに全日本選手権東京大会でベスト4入りという結果でした。

決して満足は出来る結果ではありませんが、結果は結果で受け止め、

一緒にプレーできる仲間には感謝しています。

それと比べてですよ、プロや学生のように毎日練習できる環境は、どれ程羨ましいか。

そして恵まれているか。

それを本当に活かさなかったら勿体無いじゃないか、無駄ではないか?

目の前の高校生選手達から不満は出ないのだろうか・・・

応援席で見ている父兄の皆さんは何も感じないのだろうか?とそう思って見ていましたね。


まあ僕にはその資格も無いですから、何もすることは出来ないのですが、

この部分が一番重要で大きいわけです。

簡単に整理すると、

①試合前に

②選手全員が

③試合で何をするべきか

④理解し出来る状態にある

⑤、③の内容が事細かにチームの決め事として存在し、数多く分析・整理され

⑥それらを選手全員が心から理解し

⑦よく訓練され実践できる。

⑧、①~⑦が本当のチーム戦術、であるわけですね。

⑨そして、試合=実践したことを毎回検証し

⑩方法の見直しをはかる

⑪方法の実践と検証


このように、方法の実践と検証を繰り返すため、強くなっていくわけですね。


S級ライセンスを持ち四国社会人リーグのカマタマーレ讃岐のサッカー監督を務める羽中田昌さんのことをテレビ番組でやっていました。

GetSportだったかな・・・

そのとき海外での指導法に「方法の実践と検証」と言っていました。

これが監督の役目だと・・・。

これを監督、コーチ、選手全員ができたらどんなにすごいかって、そう考えたら楽しくなりませんか?

何をやるかわかっているのですから、選手は明確に、そして迷わず自信を持ってプレーも出来るわけです。

壁にあたることもあるでしょう。

その場合はまたその回避方法を考え実践し検証し方法をまた改めればいいわけですね。

とても意味があると思います。


選手が調子が悪いから換える。そんなのは簡単です。

でもそれは違います。

選手が調子が悪いのではなくて、チームの一選手として試合で何をするべきかきちんと伝わっている。

試合でドタバタしなくて良い状態になっているか?

そっちの方が問題なわけです。


と、高校生の激しい試合を2試合見ながら思っていました。

20年経っても今の現状がこれなんだから、

何も変わってない気がして見ていましたが、

指導という部分を根本から変えないと、きっと日本サッカーが世界のベスト10に入ることなんてまず無いだろうと。


日本人は勤勉です。

だから方法さえ間違わなければ可能性はあるでしょう。

それをどのレベルからやっていくのか?

問題は、そこにあるような気がしてなりませんでした。


考えてみて下さい。

今の日本サッカーがW杯ヨーロッパ予選を戦ったら・・・

ワールドカップに出場できると思いますか?

やればできる。

テーマ:

ご無沙汰しております。

皆さんはお元気だったでしょうか?

僕も相変わらず元気にやっています。


NHK大河ドラマは、大人気の篤姫が終了し、新たに天地人がスタートして早4回目。

日曜日の夜は、なかなかどうして、やっぱりはまっております。

いつか出演?可能ならしてみたいものです。

やっぱそっち系に興味がある人なのかもしれません(笑)

困りましたね。


さて、2008年よりこつこつ勉強していたものがあって、

その勉強方法はあまり意味はなかったようでしたが・・・。

しかしその勉強をしていく中で、ある傾向と対策なども見えてきて、

それを深く掘り下げて調べ始めてからはそれを信じられるようになり、

自信を持って徹底的にやり倒しました。

特に巷ではイベント時期であるクリスマスや年末年始も返上。

毎週末も本当にこれが健康な人の週末か?っていう感じでしたが、

集中的に取り組んだこともあって、

会社で必要な国家資格を一発合格することができました。

合格を報告した際、上司におめでとうと言っていただいたり、

握手を求められたり、それは想像以上の嬉しさでした。


最初は、本当に面倒で、まったくやりたくなかったし好きな読書もできなくなるし、

逃げ出すこと、放り投げることばかりを考えていました。

しかし、会社における自分の立場を理解し、また上司からの目標設定に関する助言もあり、

少しずつ、しかも渋々始めました。


始めると決めたからにはそこは僕の性格ですから、何事も遊びがなく100か0の性格ですから、

(これはあくまでも理想を言っているのであって、世の中にはそれが可能なこともあれば不可能なこともあるし、自分に出来ることとできないこともあることは十分承知しています。)

メリハリと集中力で取り掛かりました。

ある部分での条件が揃ったこともあり集中的に頑張りましたね。

途中、気晴らしにマンションを見に行ったり脱線した時期もありましたが、

それも良い経験と将来の情報収集に役に立ったと切り替え、元のレールに軌道を修正し取り掛かりました。


まわりにその資格者がいないなかでの勉強方法は非常に難しかったです。

法政令・規則だけで18種類はありましたし、全部覚えるつもりで取り掛かっていましたから、その量も膨大でした。


でも、今となっては、会社の役に立てたことが一番嬉しいですね。

やった甲斐もありました。

そして今回得たものの中で一番重要だったのは、

「俺もやれば出来る。」ということでしたね。

とにかくこれに尽きると思います。

「やればできる。」僕の大好きな言葉です。


発表の日は、僕の母親の誕生日でもありました。

その日は、ダブルの嬉しさでした。

母親も喜んでくれた。


厄年なのにこのように最初の月から嬉しいことがあって・・・

北野武さんは厄年を「役年」とおっしゃってました。

今年も頑張ろうと思っています。

一緒に頑張りましょう!!!


次は英会話かな?(笑)

ではまた!

日曜日はサザエさんと大河ドラマな僕ですが、

サザエさんのエンディングに、サザエさんとのじゃんけんがありますね。

実は、勝った事がありません。

ここでも勝負弱さを感じます(汗)

今回と前回、引き分けです。

今回(昨日)はパーで引き分けでした。

では、また明日!(笑)

ご無沙汰です!

テーマ:

今年最初の更新は、明日の夜って決めてましたが・・・(笑)

理由その他は、後日機会があればってことで!


ではなんで、この時間に・・・

実は、このニュースはスルーで来ませんでした!

くわばた驚異のダイエット!!!(産経ニュース)

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090126/tnr0901261029002-n1.htm

やればできるじゃん!!

えらい!!

ってことで、世の中の人たちに夢を与えてくれましたね!!!


誰か本人を知っている人がいたら、是非合コンをセットして欲しいものですね!(笑)

赤の他人ですが、お祝いしてあげたいですね。

僕は、こういう自覚のある人、そして頑張る人が大好きです!

一緒に飲んだら楽しそう!


では、また!明日(笑)