日本人って

テーマ:

五輪ハンドボール予選、日本は男女とも負けてしまったね。

残念だな。

ひそかに期待していたけど、仕方ない。


バブル後でも続いている企業チームのリーグから選抜された日本代表ということで、

同じ社会人という目で見ていた。

社会人選手チームのTOPとしてこんなに注目されたことが過去にあるだろうか・・・

民法地上波テレビ生中継はなかったが、NHKで深夜に録画放送していたね。


ずーっと見ていたよ。

シュートの精度、韓国GKのセービング。

双方のチームのボール回し技術・・・勉強になることばかりだったな・・・


今回、良い意味で盛り上がった日韓戦は素晴らしい試合だったんじゃないか?

後半は一時は6点差まで開いてしまったがその差を詰める姿に燃えた。

最後は負けてしまったが、感動した試合だった。


それと韓国の応援の声の大きさと力強さは凄かったね。

日本1万人、韓国2千人。

これは桶狭間の戦いみたいじゃないか。

数で圧倒する今川を少人数の織田が敗るのと同じみたいだった。

一人一人の応援の力の差で韓国はアウエーだなんて空気を作らなかったね。

試合展開、点差もあるだろうけど、韓国は強かったし、応援の力も大きかった。


その点、日本は残念だった。

数では韓国の5倍。

しかし「大韓民国」のコールは互角、いやそれ以上だったのじゃないか?

どちらにしても、韓国がアウエーの地で勝利したことは大きい。

逆に、日本は大きい敗戦だったと思う。


日本は、東アジアにおいて憧れの国的存在のようである。

戦後、日本が欧米諸国、舶来品に憧れたのと同じように、

日本をに憧れを持っているみたいと聞いた。

日本の方が恵まれた環境なんじゃないだろうか?

というか、アジアの中でも日本は色々な意味でも数段先を進んでいるはずではないだろうか?

しかし、ことスポーツになると?なんか弱々しいイメージは否めない。


最近、ずーっとそれを感じていた・・・


理由はどこに?

俺的に考えてみる。

それはきっと、

自分が個々が0(ゼロ)から築きあげたものではなく、

”あるもの”に乗っかっているだけなんじゃないか?と感じるようになった。

つまり、乗っかっただけの人は、結局地に足が着いてないのでは?、と。

基礎が無い人が多い?

メッキ仕上げされている紛い物。

つまり偽もの。

上っ面だけ、格好だけつけるのが上手くなっている、

批判する人がいないから自分ではわからない。

言い過ぎかもしれないが、日本人ってなんかそうなんじゃないか?ってね・・・

上手く言えないけど、

日本人が変に欧米化ぶれしてしまって、格好ばかりにこだわるがあまり、

人間らしさよりもカッコの方が優先されてしまっている?

古来からの泥臭い、粘り強い、根性・・・

そういうのがなくなってはいないか?

死んで化けて出てやる的な執念深さみたいな隠れた精神力みたいなものがなくなってきたんじゃないのか?

「心・技・体」

技術と体ばかり気にするがために一番大事な心=気が抜けているんじゃないだろうか?


そう感じずにはいられないんだが、

日本人って本当にこのままでいいのだろうか?

これが日本人なんだろうか・・・


上手く言えないけど、なんか・・・そんな感じがする?・・・みたいな・・・。(汗)

AD

今、水曜会フットサルから帰ってきた。

楽しかった。

あと30分長くてもいいかもな。

いやあ、でも幸せだ。

こんなに寒いのに、ボール蹴れて、仲間がいて、一緒に汗かいて、語って(笑)

この後、飲んで、飯食ったら、もっと最高だ。

ありがたい。

本当にありがたい。


帰宅した。

今、ハンドボールの試合を見ている。

日本が負けている。

ラインクロスの反則がどうして反則なのかわからないが・・・

でもこれはスコアどうりかもしれない。

贔屓目に日本を見ても、

韓国の方が強い。

システマティックであり、個々の緩急の変化とフェイントの鋭さ、

それを基に絡めた韓国の連携は日本よりも数段上に見える。

それと応援の声。

韓国の方が声が大きく聞こえるのはなぜ?

韓国の声は太くて重く、日本の声は細くて軽い・・・

結果を知って見ているからかもしれないけど、

日本が勝つ様には見えない・・・


結果は日本が負けたけど、

これはなんかサッカーにも通ずるものがあるように見えていた。

フットサルも同じ。


個々の緩急の変化とフェイントの鋭さ。

それを基にした他の選手との連携。

ゴール前はこれが大事なんじゃないのか?


ハンドボールのこの試合を見て、なんか強く感じたし、とても勉強になった。

日本、がんばれ!

まだまだ次がある。

今日で終わりではない!

だって、代々木第一体育館に12,000人を超える人々が見に来ている。

これは凄いことですよ!

フットサルだってこの間は5000人くらいじゃない?

いやあ、マジでこれは凄いって。

ほんと色々と勉強になった試合だった。


日本ガンバレ!

サッカーもフットサルもハンドボールも野球もバレーも卓球もバトミントンも・・・

みんながんばれ!!!

AD

見てるけど、これ・・・

どうなの・・・


今ハンドボール男子も五輪再予選やっているなあ。

日本は韓国に前半3点負けているらしい・・・


前回と同じで、バイタルエリアを攻略できてないな・・・


そこでセンタリング入れて、点で合わせようとしても相手が大きいから無理だろう。

一回逆サイドまで振って、

そこを起点にもう一回速いのでも中に入れないと崩れないな。

起点を作ることを忘れている気がする・・・


まだ残り時間はある。

今、後半15分過ぎ・・・


トゥーリオをFWにした方がいい気がするな。


お!ここでニュース速報!が割り込んだ!?

ハンドボール日本男子も韓国に敗れる。


後半23分

コーナーキックのシュートパスに中澤がファーで詰める。

ナイスアイデアだった。

AD

モノマネ?

テーマ:

練習。

雨だった。

でも8人集まった。

お疲れさん!


今日は、焼きうどんが食べたかったので食べました。

おしょうゆをこぼしちゃった。

お腹空いていたのでまあまあ美味しかった。


テレビで今、さまーずが出てる。

俺、さまーず好きなんだよな。

なんでだろうか?

とぼけた感じが好きなんだよね。


あっ、俺もモノマネできるよ。

黒柳徹子さんとか、笑


さて、今日は体調があまりよくないんで早く寝なくちゃ。


ではまた明日!

明日がんばろう!

大きな勘違い

テーマ:

http://msn1.sunmarie.com/renai/index_151.html

ほんとに、この御方は・・・(汗)


まあ年齢差がある場合はいいでしょう。

その間柄にもよりますが、しかし毎回って言うのはどうでしょうね?

相手にも変な期待をさせてしまいそうです。

ほんと関係性によるのでしょうが、

続けるならば、適宜お返しは必要でしょう。

(勿論一回だけでもその気遣いは必要です。)


そうですね、仮に食事してお酒を飲んだら・・・

車で運転はダメですから、送るならタクシーでしょうか?

送らないにしてもタクシー代を出して上げられる人ばかりではないでしょうけど、

ここはタクシーとします。

(電車でバイバイする場合は別)


美味しいお食事と、お酒を飲んで、だいたい2万円として、3回で6万円です。
これを男性が全額持つ?
ぜんぜん良いでしょう。
お金がかかるのは承知の上、勿論そのつもりで誘ってますから。
しかし俺が女性なら、ここで一度お返ししますね。
そうだな、1万円くらいのものを選んで次回会う時に持って行きます。
これが人として常識でしょう。
勿論、会話の中から、今欲しいもの必要としているものを覚えておいてね。
それくらいの気が回らない無神経な人はちょっとどうかと思ってしまいます。
もしも俺がその女性の母親なら、
「それくらいのことはして差し上げなさいよ」と話しますね。

この御方の過去のモテっぷり自慢と武勇伝は、
”水戸の黄門様”に20時45分頃の名台詞を言われそうですが(笑)、
まあここまで言うなら、
そのようなフォローまで言うべきかな?と考えるのが俺の考え方です。

もしも女性としのカリスマ的存在?ならば、
それらしく、そこまでを実践した武勇伝を聞きたかったな・・・と、思うわけです。
なにか足りない・・・。

金だけがかかる女性はどうですかね?疎遠になりますよね。

付き合ってあげてんのよ!的なアピールはどうなんでしょうかね?

それくらいの気が効かない人だったら、やはりそれまででしょうね。


タイトルにもある「大きな勘違い」ですが、

俺にも言えてるかも?(笑)


まあ今日はちょっと我慢なりませんでしたわ~(汗)

白鵬優勝!


勝つべき人が勝った。

ただそれだけの話だ。

白鵬、強かった。


ただもしも、千秋楽の結びの一番でタイになり、その後優勝決定戦だったならば、

優勝はどっちかわからなかっただろう。

朝青龍だったかもしれない。


しかし、1回で決めるようにお互いが1敗ずつだったから、これでよかった。

大相撲の神様が見ていたかもしれないな。


大相撲、なかなか面白い。

洗礼

テーマ:

「練習でできないことは試合でできるはずがない。」


北京五輪代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソン

多くの期待を背負い、トラック界の女王福士加代子選手が走った。

30kmまでは独走。

しかし無念の失速・・・

最後のトラック周回ではトラックの女王がトラックで何度も転倒するという始末。

そしてようやくゴール・・・

いくらダイジェストのニュースであっても、この放送は見ていられなかった。


彼女は本当にマラソンを走りたかったのだろうか?

確かにマラソンは五輪の花。

マスコミ、スポンサー、マネージメント・・・

多くの関係者は期待をさせただろう。

福士も出来ると思っただろう。


しかし、テレビの実況も言っていたが、

32km以上の練習をしたことが無い。ここからは未知の領域だという。

そんな・・・と見ていたが、案の定。


先日も大学駅伝で転倒する選手、棄権する選手がいたことを思い出した。

練習していたって難しいんじゃないのか?

そう思うと、なぜか転倒してしまった福士選手がかわいそうになった。


もしもこれを機に完全にマラソンに転向するならば、

(言い訳っぽいが、今回はマラソンに挑戦しただけ、なんだと思うが)

次回その機会があればきっとやってくれるだろう。

今日の日があったから、私にはこの金メダルがあります!と・・・

そんな日が絶対に来て欲しい。


世界中に強敵がいると思うマラソン。

過酷で一番厳しい世界なんじゃないだろうか?

練習したことが無いってことは、ちょっと甘かったんじゃないだろうか?

1番になれば凄いことなのでまわりの期待も大きいのだろう。


こうなってしまったわけだから、

本当の意味でマラソンのスタートを切ってほしい。

そう思ってニュースを見ていた。