駒大苫小牧:前部長暴力問題で校長ら5人を校内処分(毎日新聞)

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050831k0000e040074000c.html


校長 20日間の出勤停止(駒沢大学名で処分)

部長 解任後20日間の出勤停止

監督 減給1ヶ月


この記事のうち、篠原校長は日本高野連への報告遅れと監督責任、香田監督は野球部と前部長に対する監督責任があると認めたと見られる。

この部分が明確だなあと感心したところ。

明日は我が身と言動には注意したい。

AD

そうか・・・やったかあ!

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20050831spn00m200006000c.html

僕も嬉しい!


今回僕は見にいけなかったが、それはそれは激しく凄い試合だったようです。

コメント待ってます。


ヨコタノテ的コメント

「勝負は時の運。」

「運も実力のうち。」

「勝つということはどんな時でも難しい。」

以上の3本です。

AD

仕事→デンタルクリニック→残業→練習試合


エリースとの雨の中の試合。

みんなお疲れ様でした。

また負けました。

まああの質ではしょうがない結果と受けとめている。


気になったこと。簡単に改善できる事。


遅れて来て十分なアップが出来ないまま入ろうとする選手。ゲーム中はアップではない。アップとは上げることだ。いい加減にして欲しい。最初からエンジン全開で出来ないならゲームのピッチに入る資格が無い。案の定2分くらいでコートの外に出る選手。

→今日どんなつもりで参加しているのかが良く分かる。テキトーに来て、ただやって、帰るのでは何も変わらない。それで変わるのは季節だけ。


雨でボールが滑るんだから足裏のトラップとコントロールではなく、インサイドを主流としていつもより準備を早くパスを強くする必要があるのに何も変わらないからいつもよりやれなくならないか?それでも足裏でコントロールする選手。

→いつもより高い集中力で扱えばミスはしない。


やっとマイボールで準備の出来てない条件の悪い選手にボールを入れマイボールを簡単に失う。

→底辺で条件の良い選手がいれば簡単に付けることで信頼関係が生まれる。


体を入れて完全にマイボールにしないと満足出来ず簡単に早い段階でボールを逃がせば良いのに失う選手。

→エリース時代、監督の小宮さんに早稲田大学戦で「上手いのは分かったから、敵から取ったボールを完全にキープせずに(キープする前に)簡単に廣崎(前向きの状態でサポートに入っているセンターバック)に預けて展開させてくれ。自分でそれを補足しその日のうちノートにメモをしたのは、”その場での適正な役割は、敵ボールを体を張って取った瞬間に寄せてくる相手に対し前向きになれてないならば、簡単に叩いておき自分のプレーを確実に早い段階で完結する事(逆サイドに展開させる事)。”と書いている。」と言われて2度と同じミスをしないこと!と書いている。


トラップは、余裕のある時はアウトサイドの面積の大きい部分のトラップで遠くにボールを止めるように置きながら目線を上げ易くし視野を広く取る必要がある。次のプレーに幅が出る。(これは同じポジションに入った元東京代表だった同い年の上原選手(現ランザ熊本の監督やってるかな?)のプレーを手本にしている。これをまた真似していたのが現エリースの山下(10歳年下の同期(笑)の2004年東京都代表)上手くなったよなあ・・・


おおっと技術解説になってしまった。


自分がそこで何が出来るかぜんぜん理解できてなく、やる場所やるタイミングを理解していないために結果的に上質なサッカーがフットサルなわけなのにその目指すフットサルが出来なくサッカー対サッカーで負けたような試合になっている。新一が当たっていたのもあるが、毎回エリースに入ったGALOのGKがあたるのではなく、単純にGALOがエリースに対してやっているサッカーが低いと言うことに気が付かなければならない。


やはりビデオを見て、自分のプレーを客観的に見て、そしてこの時どうすればもっと良かったか?JFAの指導プログラムで言えば、「どうすればもっと得だった?」これを考えさせて自分のプレーの選択を変える必要がある。それを誰が気がつかせるか?試合中に選択が悪くなっていると言って熱くなっているそのレベルの選手に言ってもちゃんと理解は出来ないだろうし聞く体制も持ち合わせてないだろう。試合中でもあるし・・・。ならばやはりみんなで集まりビデオを見て指摘し合う必要があると思う。


以前、送られてきたビデオテープと言うタイトルで朝まで掛かってGALO☆NOTEに書いていたなあ。失点シーンの公開などをしてやり方には後悔しているので、会議室などを使ってこの選手はここではこうするべきで、この方が得だということを本当に知ってもらい、それをトレーニングして自分のものにする癖を付けなくてはいけない。マイナスに働いてしまっているプレーを知りプラスとは言わないから最低でもゼロ(マイボールを同条件以上のマイボール)にする必要がある。


毎週木曜日、エリースの有志と大学体育会出身の仲間の”GALO”が神宮で集まり、ワンプレー毎に本気で言い合いながら本当に喧嘩の様にゲームばかりしていた頃が懐かしい。1点に勝負に頑固にこだわり、ワンプレーにプライドを持ち、絶対に自分が正しい、だから個々でここで照明する!というプレーの連続で上げて行った。納得行かなければ木曜日の夜は眠れず電話であのときはこうだとかまで言い合いをし嫌がられた事もあったわな(笑)それでも納得行かないからみんなが練習して無いだろうという日に時間を見つけてマジ本当に毎日シュート練習をしに行っていたっけ。そんなある日、丁度そうだなあ、ブラジルから帰って来て2週間くらいした頃かな、やはり自主錬をしていてシュート練習をしている時に疲労からだろうなあ、膝を痛めてしまったんだなあ・・・。あれが無かったらって思うけど、すべてが良い想い出であり今でもこうやって続けているんだろうなあと思うね。


オレは今日も思ったけど、守備でモチベーションを保ち、ドリブルとパスでリズムを作り、シュートで乗る選手だよな。今日もシュートを2本は打てるところでパスをしたが、出した後にやっぱ打とう!と思う。自分は何を格好つけているんだか知らないがいつからパサーになったんだ?打って決めなきゃ説得力も無かろう。そして決まらなかった時、コントロールされたボールと落されたボールの軌道が掴めていて「完全に使った方が良い」というときだけ確実に点になる時だけは使おうと。あと1手なのかどうかの見極めがシュートを打たないから麻痺しているんだな。そうだな、とにかく打って決める。そのシュートも確実に決められる距離に入って行っているし、自信を持って打ちきる。GKの顔にぶつけて入るくらいのね。GKの顔面に当たり、泣いて鼻血出すくらいのシュートを打つつもりでな。昔そんな事があったな。右足のトウキックで鼻血出ちゃってたなあ。


自分の考えっていうのは変わるものだなあと、その部分の感覚が戻ってないと言う事だなあ。今日もあんなにドリブルしたのは相手がエリースだからではなく、神宮の砂入りだからで体育館とはぜんぜん違うんだよね。俺は体育館向いてないのかもなあ。やっぱ神宮でやりすぎたのかもね。だって95年からだから10年だもんなあ。


良し、シュート打とう。今日は怖かったんだけど、やっと右足も打てるようになってきたから、上げて更に上げて打とう。右足は少しずつだけどね。やっとここまできたからね。頑張るよ。


本当にエリースは良い相手だわ。今日は調子悪かったのかやり難そうだったけど、体の強さとキレは素晴らしい。お互い関東頑張りましょう!


フットサルがやりたい。チームのみんながフットサルが出来るようにしたい。俺が諦めたら終り。今まで以上にがんばるよ。このところ負けているから気分的に滅入るけど、そんなんなら辞めた方が良い。まだまだ~!!これから!絶対に諦めない!!結果を変えるには質を変えるしかない。


それには、すべては意識と習慣から・・・

AD

駒大苫小牧の件は両者が合意に達したようで何よりです。

話の落しどころがどうなのかは簡単に想像が出来ますが、当然金銭解決でしょうね。

高野連についてはナイスな判断だったと思います。

ただやはりこの一件は学校側の対応の不手際ばかりがマスコミにより目立ち、

被害者の保護者側との学校側との主張のずれを報道したため多くの方がどうなるんだろうと見守ったが、

なんであっけなく解決したわけ。

学校側が最初から事の重大さを認め保護側への対応をきちんとしていればこんな大袈裟にならなかったのだろうな・・・と思うが、学校側は安易に考えすぎて隠せれば隠したかったのが見え見えで、そういう学校側のやり方が見苦しかった。とにかく被害者とその保護者が納得した結果になったなら良かっただろう。


一件落着に見えるが、実はその後が一番気になるところ。

それは、学校側に対する生徒の心の傷。

ポジティブ

テーマ:

伊藤忠サッカー部で一緒だった高山くんから連絡が金曜日あった。

それから日曜日まで連絡とれず教育リーグの試合後にやっと・・・

電話で話した。

いろいろと気付かされた。

言われたのではなく彼を電話越しに見てだが思い知った。

マイナスな人間になってしまった。

元々超プラス指向だったことに気が付くと同時に、

当時から比べてかなりマイナスな発想の人間になったなあと感じた。

すべての面でそうなのはすべて自分の考え方のせいでつまり発想がそうなんだ。

なんでも思ったとおりになる。

目指せばそれに諦めればそれに・・・

珍しい事ではない。

必然。

このままでは不味い。ポジティブな発想で・・・


ホント、人というのは面白い。

物事って面白い。

人生はまだまだこれから。


今日は教育リーグだった。

Bの選手達が良く頑張ったと思う。

良い選手がいる。

やれば出来る。

もっと頑張ろう。

今日の相手のカミーザの佐藤選手は凄いと思う。

相手ながら感心した。

彼に勝ちたい。

鬼門

テーマ:

関東リーグ vsFUTURO戦

何者に負けたのか?

FUTUROに負けたと言うよりは・・・

今日の試合の事は何も書きたくない。


PIVO!さんが厳しい事書くって言ってた。

「どうぞ。」とだけ答えた。


笠松はどうやら鬼門(?)らしい・・・

メリハリ

テーマ:

仕事忙しかったなあ。

台風の後は書類の嵐。

そうそう。

今日は忙しくなるって分かっていたから、

朝のうちに気分を盛り上げに。

富士山でも眺めてから・・・とビルの西側へ。

台風が去ってからの朝のビルからの眺めは良いいんだ。

正月と台風が去った後は空気が綺麗だからね・・・

神奈川方面を眺める。

勿論、大山の見え具合と富士山。

200508270119.jpg

(写真が小さいなあ。僕には大山と富士山がわかるんだけどな・・・)


おかげで?(まあ勿論だけど)、頑張ったかな。

メリハリ

やっぱこう言う日はあっという間で夕方ね。

今日は金曜日。

「最近金曜と言えば、”ドラゴン桜と八雲”でしょ。

もう独り合言葉みたいなもので・・・(笑)


はい、移動して今日は調整のために八雲フットサル。

やっぱここ良いわ。

3兄弟も


女の子もいるんだけど、上手くなっているんで感心する。

若い学生の子達も上手でね。

良いと思う。

んんんなんていうかな昔の感じなんだよなあ。

なんとも言えない刺激って言うかそう言うのを感じるんだよね。

僕的にはね。

また行こうと思うんだよね。

楽しみなんだよね。

次はこんなことしてやろうとか、そういう気になるんだよね。


明日とにかく頑張りますよ。

台風直撃

テーマ:

台風で直撃。

楽しみにしていた練習試合が流れる。

会社を出て帰宅しクラブの経理処理。

疲れも溜まっているので早く休みたくても休めない。

おいおい。

会費払ってない人結構いるなあ・・・

言っておくけど、俺もきちんと払ってるんだよねえ。

毎年ね。

このことを以前あるライターさんに話したら、

「え?、そうなんですか?(かなり驚いて)」

「はい。払ってます。しかも年額の全額を前払いで。」

そんなアピールは良いから(笑)


さて、この台風。

こうなるともう金曜日しか調整に使えないわけですが、

頑張りましょう!

こんなとき体育館は狭くても時間が早くても助かりますよね。

早い時間に練習が出来れば一番なんですがね・・・

これはこれでまた難しい問題ですからね。


いろいろありますが、

フットサル頑張っていきましょう!

あっ、濃厚ミルクキャンディーの食べ過ぎには注意でえす!(笑)

おすすめ!

テーマ:
200508251329.jpg
阿蘇久住高原ミルク使用濃厚ミルクキャンディー。マジで濃厚!マジで美味い!おすすめです!昨日やっとゲットしましたが12袋は買い過ぎだから塾生に配ろうと思います。笑 ああコメントは要りませんからね!笑