皆さんは、朝型ですか?夜型ですか?

 

私は子どもが生まれるまでは、

会社に残ってそのまま仕事を続ける方が中断されずに良いと思い、

夜型で仕事をすることが多かったです。

 

ところが、、、

子どもが生まれるとそうもいきません。

それで、寝かしつけをし、

その後目覚ましをセットして起きるのですが、

苦痛で苦痛で。

(自分の年齢も関係あるのかもしれませんが ^^;)

 

ある時、この睡魔との戦い無駄だ!と悟り、

さっさと諦めて子どもとぐっすり寝て、

早朝に起きるようになりました。

 

すると、

頭スッキリ、やる気アップ。

仕事ははかどるし、

仕事がそれほどなければ本を読んだり、

日の出とともにランニングをしたり。

欲しくて諦めていた自分だけの時間が手に入りました。

しかも、6時間の質のいい睡眠とともに。

 

ここまでは、ありがちな話なので、

それほど驚くことでもないと思いますが、

朝型が良い科学的な理由があるそうです。

それは「意志力」に関係する、という本を読みました。

 

意志力とは、こうしようと自分を律する力。

子どもを起こして保育園や学校に向かわせ、

イライラを抑え、

満員電車で押し出されないように頑張り、

仕事をきちんとする。

迎えまでにここまで仕事を終わらせるゾと頑張り、

飲み会に行きたい衝動を抑え(エッ私だけ?)

などなど。

形は違えど人は一日中、何らかの形で意志力を使っています。

 

ポイントは、人間の意志力には限界がある、ということです。

体力と同じで、使いすぎると疲弊してしまうのです。

 

朝型が良い理由は、意志力の在庫がたっぷりある時間だから

特に、新しいアイデアを考える、

まとまった時間で何かをやり通す、

運動や瞑想など、

よしヤルゾという意志力が必要なことは、

朝がオススメだそうです。

 

そして、もう一つ朝型のいいことがあります。

それは朝型が習慣化すると

意志力が必要な活動に、もはや意志力を使わなくなるので、

意志力の在庫がたくさんある状態で一日を過ごせます。

その結果、イライラもストレスも少ない、

良い一日を過ごせるのです。

 

朝型、オススメです!

 

読んだ本は

「うまくいっている人は朝食前に何をしているのか」

(SBクリエイティブ社)です。

 

では、良い一日を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD