本当に久々のブログ更新です。

子どもが小学校に入学してから夏休みも終わり、
二学期に入りました。
この半年を振り返ってみます。

小学校入学後に直面する様々な戸惑いや問題を
指す小1の壁

入学直後に大量のプリントと役員決めで戸惑った事は
記事(新小学生の母として~無理の押し付け合いをやめたい)に書いた通りです。

小1の壁について、入学前の親(未経験者)と入学後の親(経験者)に聞いた
アンケートがありました。

 
第1位は、宿題を見たり、子どもとのコミュニケーションを持ったりする時間が少ないこと。
第2位は、平日行われる学校行事と仕事との両立
第3位は、子どもが新生活で直面するストレスへの対応
いずれも、未経験者よりも経験者の回答率が上回ることが注目されます。
想像した以上に大変だっという事になります

ほかに、経験者の回答率が上回るのは、
保育園や幼稚園と学童との違いに慣れること
持ち物に名札を縫い付けるなど学校生活で用意しなければならないものが多かったこと

私も読みながらウンウン、と納得しました。
宿題は毎日あるし、子どもは疲れて話さなくなりましたし、
保護者会は保育園以上に頻繁で、時間は授業後。
つまり、午後2時半頃。
早退では間に合わないので、半休です。
プリントが多い=持ち物が色々ある、ということ。
一枚にまとまって書かれていないですし、
持ってくる期限はバラバラなので、
電子手帳に学校用のカテゴリーを設けて管理しています。
子どものストレス、という点では、
我が家は、お友達がいるのですが、一緒に登校して~と
言われるようになりました。
多分、学校の勉強、学童、習い事で疲れて、
甘えているのだと思います。

といいつつ、
今の私は思っていたほどストレスがありません。

プリントは、熟読すべきものと流し読みでいいものがあることを
上の学年のママが教えてくれました。
持ち物は、電子手帳に記録していますが、
同学年のママ達と連絡を取り合って、
大きなミスを防げています。
学童は、お恥ずかしながら最長預かり時間の19時に間に合わないことも
多々ありましたが、
事前連絡をしておいて、(時間次第ですが)いいですよ、と
学童の先生に言っていただいたり、
子どもに伝えてもらってマンションのロビーで待ってもらったり。
習い事の送迎バスは、学校の近くがピックアップ場でしたが、
習い事のご厚意で、真っ暗な帰りは自宅近くに降ろしていただけることになりました。

そして、もっとも不安だった夏休み。
子どもは夏休み!と期待していたのに、
学校が朝から学童に代わるだけかと不満顔。
少し間に違いを入れようと2週間の日帰りキャンプに申込ました。

親の送迎が必要で、朝は8時台、帰りは16時台と普通に考えたら無理。
でも、4家族のパパママが協力して、交代しながら送迎しました。
1家族2-3日、パパ・ママ1人あたり1-2回。
この程度なら会社に事情を話して遅刻(あるいは早退)で済みます。
子ども達は、いつもと違うパパ・ママと登校したり、
キャンプ後にお友達の家で遊んでお迎えを待つことが(キャンプ以上に?)嬉しくて、
楽しい2週間を過ごしました。

つまり、人間関係に助けられて小1の壁、今のところ乗り切れています
引っ越しした当初、地域の情報もつながりもなく、
人間関係を作る時間がないことで不安でしたが、
まちのおやこテーブルの活動をきっかけに数年かけて、
人間関係を作ってこれました。
きっとこれからも色々な壁があるのでしょうが、
何とかなるんじゃないか、と楽観的に構えていられます。
少なくとも、気軽に相談できる人があちこちにいる、
というのは不安を確実に減らしてくれている、と感じています。


 

AD