子どもが小学校に入学して3週間。
皆さんの地域もちょうどPTAや学童などの役員決めが終わった頃でしょうか。
嵐のように押し寄せる「小学生の親」生活に、
お恥ずかしいですが、想像以上に右往左往している自分に驚いています あせる

嵐のように大量に配られるプリント。
数々のto do
なぜ必要なのか
誰からの依頼なのか
(担任の先生?学校?PTA?学童の親の会?地区?そもそもお互いの関係性?)
強制?任意?
数々の が渦巻きます。
海外にも何度も行きましたし、
内資・外資、民間・公的いろんな組織に所属してきて、
それなりに色んなシチュエーションを経験した自分。
ここまで戸惑ってしまい無能だった事はない気がします

なぜだろう!?
ここ数日、色々考えていました。
思い当たるのは、自分で選んだ所属ではない事。
子どもの年齢とともに、
結果的に所属する事になったので、どこか気持ちが「受け身」。

受け身だから、疑問の渦に立ち向かう気持ちが弱い。
そこへ(学校によって違いはあると思いますが)、
「小学校というコミュニティーに属するからには、
当然あれも、これも、それもやるもの」というトーンで
説明を受けたり、プリントが書かれていることに、
腰が引けてしまうようです。

そこへくる役員決め
「誰か立候補はいますか?」
しーん。
どんよりとした雰囲気の中でクジ引きは辛かった
当たってしまうと頭を抱えている様子は、さながらババ抜き。
ババを引かず思わずホッとしてしまった自分がいました。

本来は、子どもの楽しい小学校生活や安全をみんなで保つために、
協力しあうものなのに。
この後ろ向きの役割分担、何とかできないのでしょうか

「私も無理と言ってみたい」。
ある幼稚園ママの友人の言葉です。

幼稚園の役員決めで、「仕事があるから無理」と共働きママが言う中、
自分は仕事をしていないので、調整弁にならざるを得ない。
本当は自分も仕事がしたくて、活動を始めているけれど、
仕事ではないから、「仕事だからできません」と言えない。
というエピソードを話してくれました。

この話を聞いたときハッとしました。
夫に言っている自分の言葉と同じ。

本当は自分だって、仕事があるから無理と言いたい場面。
でも、誰かがやらなくてはいけないから、
夫が無理というなら、仕事の評価が下がってでも自分が調整せざるを得ない。。。

なんて不公平なんだ。
そんな思いを持つこともあります。
でも、立場を変えれば自分もそういう思いをさせている人がいる。
押し付け合いの構造

でも、「無理」ということをタテに、
誰かに押し付けることを続けては、
きっと学校も地域ももたない。
かと言って、ババ抜きは何とも後味が悪い。

今は子どもが生まれると仕事を辞める女性が多く、
子どもが生まれたママの7割近くは仕事をしていません。
 

でも、望んで辞めたというよりは、両立が難しかったり、
マタハラなど、不本意で辞めた方が4割弱いる。
子どもが成長するにつれて、少しずつ仕事を始める人も増えています。
両親の介護が始まる人もいるでしょう。

仕事をしている人もしていない人も、
介護をしている人もしていない人も、
子どもがたくさんいる人もそうでない人も、
年齢が高い人もそうでない人も、
少しずつできることを持ち寄って、
お互いさまで、無理なく、地域コミュニティーを支える方法を見つけるしかないように思いますし、
きっとあるはず。

そんな思いを胸に、しばらく小学生の親生活の勉強、
続けていこうと思います。

AD