こんにちは!当ブログを訪れていただきましてありがとうございます。


現在、わたしは富山県の富山市つばめ野という海から歩いて10分ほどのところで、行政書士事務所をやっております。 (当事務所の行動指針)

行政書士の業務は非常に多岐にわたりますが、当事務所では、現在下記のような業務を中心に行っております。


もしよろしければ、下記の専門サイトもご覧いただければ幸いでございます。


■富山県内の車庫証明、新規登録、名義変更等の自動車手続代行

→ 富山車庫証明・名義変更手続きセンター


■富山県内の建設業許可申請をサポート

→ 富山建設業許可申請サポート


■富山での産業廃棄物許可申請をサポート

→ 富山@産廃許可.com


■富山県内の会社設立手続きをサポート

→ 会社設立手続きサポート富山


■新規開業者の資金調達をサポート

→ 公的創業融資支援ドットコムin富山


■離婚全体の9割を占める「協議離婚」をサポート

→ 協議離婚サポート@富山



どうぞ、よろしくお願いいたします <(_ _)>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-13 18:09:44

建設業許可と預金残高証明

テーマ:建設業許可

本日は、3年半ほど前に会社の設立手続きをお手伝いさせていただいたお客様の元にお伺いさせていただきました。

 

 

自宅兼会社を新築されたので、それに伴い、本店移転の手続きと代表者の方の住所変更が必要とのことで、今回、再度ご依頼をいただいた次第です。依頼をいただいたこと自体、もちろんありがたいことなんですが、同時に、約3年半ぶりにお会いできたことが、また何よりうれしかったです。

 

 

行政書士として開業して以来、約6年半ほどになりますが、これまで富山県内で多くの方の創業をお手伝いさせていただきましたが、またこれからも、以前のお客様から再度ご連絡をいただいても対応できるよう、当事務所としてもさまざまな知識を吸収し、日々成長していければと思っております。

 

------------------

 

そのお客様との会話の中でも話が出たのですが、一般建設業許可を取得するためには、一般的に、金融機関が発行する預金残高証明書(500万円以上の残高があるもの。かつ、許可申請する日から過去1ヶ月以内に発行されたもの。)の添付が必要です。

 

 

別に、常に会社の口座に500万円以上の残高が必要ということではなく、500万円以上の残高があるときに預金残高証明書をとってしまえばいいわけですが、中には、ちょうどタイミング悪く、売上が十分あるにもかかわらず、許可申請したいときに限って500万円以上の残高が無く、また、しばらくの間、売上にかかる入金も振り込まれる予定がないという場合もあります。

 

 

特に建設業の場合、天候等によって工期が延びてしまう場合もあり、そうなれば、工事完了までに当初の計画よりも日にちがかかり、それに伴い、売上分のお金が入ってくるのがその分遅れるなんていう場合もあるでしょう。

 

 

そのような場合は、すぐに許可申請をするのはあきらめて、売上が入ってくるのを待つのも一つですが、その一方、少しでも早く許可申請したい場合もあります。

 

 

その場合は、もちろん会社の代表者等がお金を立て替えたり、親などから一時的にお金を援助してもらうなどという選択肢をとることもあるでしょうが、そのほかの資金調達手段では、ファクタリングという金融サービスを利用できる場合もあります。

 

 

ファクタリングとは、いわゆる売掛債権を売却し資金調達する手法なんですが、この方法を利用すると、ケースによっては最短即日で資金調達できる場合もあります。詳しくは下記ページをご覧ください。

 

 

入金のタイミングと残高証明

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-10 10:52:09

出張封印はじめました

テーマ:自動車手続き

先日、11月頭の3連休のある1日で、小5の娘と飛騨古川地方の日帰りバスツアーに2人でいってきました。妻と2歳の子供は家に残し、2人きりで行ってきたのですが、余分なことは考える必要はなく、小5の娘の相手だけに集中でき、久しぶりに気分転換ができ大変良かったです。

 

 

娘もだいぶ大きくなってきたこともあり、そろそろパパと二人きりでは出かけてくれないかな~とダメもとで誘ってみたのですが、付き合ってもらえてよかったです。ちなみに、去年は石川県の方の日帰りバスツアーにも2人で行ってきました。

 

 

来年は娘も小学校最後の年なので、本当にパパと2人でお出かけしてくれるのもこれで最後かな~と思いますので、来年は2人で、もう少し距離を伸ばして、日帰り鉄道旅行にでも行ってみたいと思います。それまで、またお仕事を頑張りたいと思います。

 

------------------

 

さてっ、

 

 

自動車手続きの封印委託制度に関して、今年の4月から、日本各地の行政書士会が、正式に封印受託者(丁種)として新たに認められました。富山県においても、その整備がすすめられ、研修やそれに関する登録手続きなども終わり、実際に業務を行える体制が整ってまいりました。

 

 

これを利用するためには一定の要件に該当する必要がありますので、どこまで自動車ユーザーの利便性向上につながるのかは図りかねる部分はあるのですが、当事務所としても、せっかくできた制度ですので、少しでもお客様の負担軽減につながればいいのかなあと思い、出張封印のサービスを開始することといたしました。

 

 

詳しくは下記ページをご覧ください。

 

 

封印制度

 

出張封印サービス

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-30 18:41:09

面会交流と間接強制

テーマ:離婚

当事務所には愛犬クウがいるのですが、最近、自分の子供よりもクウと一緒にいる時間が長くなり、家族や親戚から白い目で見られている今日この頃です・・・

 

 

さてっ

 

 

----------------------------------

離婚時の面会交流についての取り決め

----------------------------------

 

 

離婚時に面会交流について取り決める場合、「月1回程度、面会交流することを認める。その具体的な日時、場所、方法等は、子の福祉を尊重し、当事者間で協議して定める。」というような決め方をするのが最も一般的であります。

 

 

裁判所の見解としても、上記のような形で面会交流することが望ましいといっております。

 

 

しかし、離婚後に相手方と連絡をとることができないと考えられる場合や離婚後は子供と会わせてもらえない可能性が相当程度高い等といった場合は、別の形で面会交流についての取り決めをしておいた方がよい場合もあります。

 

 

詳しくはこちら

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。