DAY3も夜明け前起床(笑)

 

チェックアウトを済ませて 朝の5時過ぎに外に出ると

なんと謎の一時間の時差により

日の出は6時15分頃であることがわかりました。

 

この日はアンテロープキャニオンの

午前10時半からのジープツアーに参加することが決まっています。

 

案内をよく見たら

30分前にはペイジという町近くの集合場所に来てください

と書かれており

 

ペイジまでのナビをTちゃんが調べてくれると

1時間とかそのくらいだったかな?かなり近いとなっています。

 

この旅を通じてTちゃんが素晴らしいナビを担当してくださり

割り出してくれた時間がどれもこれも正確で

ひとつも間違いがなかったことに驚きと感謝でいっぱいなのですが

 

でもわたしは昨日途中でPAGE(ペイジ)の標識を見てから

3時間近いドライブをしたことが印象に残っており

 

2時間で行けるかなあ~~~

と珍しく不安に駆られてしまうのでした。

 

そこで一時間待って朝日を見ることを断念し

一行はモニュメントバレーからペイジの町へ向かいます。

 

image

ありがとう、モニュメントバレー

 

さてペイジの町にはTちゃんのナビ通り あっさり2時間も前に到着(笑)

ごめんね みんな。朝日見てからでもよかったわね。

 

集合場所も確認できたところで

ではペイジの町に行ってご飯でも食べましょう~~

 

と向かったものの

ペイジは小さな町でモーテル宿泊者のみのダイナーしか開いておらず

わたしたちはサークルKで朝ご飯を調達することに。。

 

ペイジの町は、教会が8つも並んで建っていたりする

とっても可愛い町でした。

 

ちょっと道を間違えてしまい

停まってナビを確認した場所で突然鐘が鳴りわたり

そこが美しい教会の前だったことがわかりました。

 

少し走り出すと朝から頭が痛かったAちゃんの具合が悪そうになってきて

大丈夫?って顔を見たら目も充血していてすごく具合が悪そう。

 

そこで先ほどのあの素晴らしい氣に満ちた教会に戻って

みんなでヒーリングをしましょうということになりました。

 

車を降りたら なんとも本当に素晴らしい氣に満ちており

わたしたちはそこでしばしの癒しの時間を持ちました。

 

そのただならぬ氣にわたしは導きを感じました。

 

その教会にはこんなに美しいマリアさまの像がありました。

image

わたしは思わずこのマリアさまの像の前で正座してしまい

炎天下の中祈りました。

 

目の前に薔薇色の光がいっぱいに拡がり

わたしの心もお慕わしさでいっぱいになるのでした。


祈りながらわたしは

今朝あんなに早くアンテロープを出発することになったのも

ペイジの町のダイナーに入れなかったのも

道を間違えて たまたまこの教会の前に停まったことも

鐘が鳴りサインが出ても気づかず車を出したら、しばらく離れてからありさちゃんの具合が悪くなったのも


すべてが

この時間と場所に繋がっていたのだなあ

マリアさまの無条件の愛の癒しと祝福を全員がいただくためだったのだなあと

感慨深く、愛と感謝に満たされました。


この時期のアリゾナは火(陽 男性エネルギー)のエネルギーが強いため

聖母さまの水(陰 女性エネルギー)のエネルギーを授かりバランスをとることができたのだと思います。

 

こんな風に思いがけず旅先でマリアさまの守護を感じるのは

ルルドに行って以降これで3回目です。

 

奇跡の泉ルルド

http://ameblo.jp/yokohama-lilybell/entry-12123472010.html

 

大切なことは、自我意識を手放して、
あなた自身をカラッぽにして開いておくことです。

 

あなたが真空(エンプティ)であれば、
そこをめがけて神の愛がなだれこみます。
なぜならば、神の愛はその隙間をさがしているからです

 

ルルドのマリアさまからのメッセージ

 

繰り返し伝えられる

「エゴを手放し大いなるものに委ねる」

ことへのメッセージ。

 

旅の間も何度も受け取りました。

 

 

旅行先のハワイ ホノカアの町で出逢ったルルドのマリアさまの教会

{D648F6FF-0805-4B4F-8D2D-04A56E13CBE6}

{D710A31C-7BA8-49E4-8DCA-E58BFCCFE145}

 
 
こちらは ペイジの教会のおそらくサイプレスの木で作られた十字架。
 
{771F3753-9CF5-46AC-9C33-407136C2B132}

この前に立つとものすごく気持ちが良くなります。

サイプレスは再生・変容を意味するそうです。

左の方から光が差し 拡大すると虹の七色が見えます。

 

左側は車道で

陰からもわかるように 光源は後ろ側なので

どこから射しているのか不思議な光です。

 

 
image
わたしたちも光に包まれています。
 
わたしたちがお祈りしていたら
シスターがやってきて 教会の中に入れてくれました。
キリストに祈りをささげ ちょうどいい時間となりました。
 
Aちゃんの顔色も良くなり
ジープツアーに出発です!
 
砂ぼこりの中を飛び跳ねるように進むジープの荷台に揺られて
アンテロープキャニオンの入り口に到着!
 
後ろに見えるのが入り口です。

 

{F0E2177A-E6B4-499F-8897-E0F3C31154F6}

 

imageimage

この自然が作りだした芸術は圧巻でした。

鉄砲水によって 岩が侵食されてできているのだそうです。

 


image

このビームと言われる上から差し込む光を見るためには

正午前後の限られた時間帯に洞窟にいる必要があり

その時間帯のツアーはピークタイムツアーと言って人気です。

 

image

最後に後ろを振り向いたら

ビームが射し込む洞窟内がカテドラル(大聖堂)のように見えました。

 

image

いつの間にか自分も映りこんでいる!おちゃめなガイドさんが

案内してくれます。

 

image

 

さてちょっぴり疲労感感じ お茶でもしたいところですが

ホーシュシューベントという絶景ポイントがこのすぐそばにあるということで

もうひと頑張り。

 

ホースシューベント (馬の蹄鉄)の形に

コロラド川がU字カーブを描いている絶景です。

 

駐車場まではアンテロープから5分。

でもそこから炎天下のハイキング約15分。

 

でも間違いなく行ってみる価値あります!!!

 

 

すごい絶景。

{F0AF0BBC-7D72-4B99-A32D-0FC9D7F40FA4}
 

もう一歩前まで進んで見たいところですが、やっぱり足がすくみます。

 

柵がないために毎年何名かは落下して亡くなるそうです。
 
あれ?
でも意外にもわたし
人がギリギリに立っていても気にならなくなっていた!!
 
{7E7DEB56-0DA3-4D1C-B1EA-A6B6E6F7C226}
 
絶景を堪能したところで
一行はいよいよセドナに向かいます。(濃いわ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD