失恋・喪失・別れによる悲しみのケア 西船橋 カウンセリングルーム こころ音

千葉にあるカウンセリングルームこころ音のブログです。


テーマ:
ども、野川です。

だいぶ更新が滞っておりました(^^;

さてさて、今日は講座のご案内です。

今週(土)傾聴一日講座を開催します。


傾聴って何だろう?

って、そう思ったのはもう何年も前の話です。

カウンセリングを学ぼうと思った時に、

いろいろと検索していると目にする言葉。


傾聴って英語ではアクティブ・リスニングといいます。

積極的に相手の話を聞くという事です。


ただ話を聞くわけではなくて、

積極的に聞くということなんです。


「うんうん、そうですね。」

といったように相槌をただ打つわけでなもなく、



じっとアドバイスをせずに、

相手の話をただただ聞いているだけでもなく、


こころの耳で、相手の話を聞く、

それこそこころを込めて聞く。



では、こころを込めて何のために聞くの?

というと、話し手が自分自身に気づいて、

自らの力で問題を解決できるように聞く。


それが傾聴です。


何気なく聞くわけじゃなくて、

相手の言葉に込められた気持ちや、

その言葉の背景や、

その想いにも、こころを馳せて、

話を聞いていく。


すると、その過程で相手の表情や

相手の想いや、相手の気持ちに気づいていく。


そしたら、ちょっとそれを言葉にして相手に伝え返してみる。

「なんだか、話を聞いていると胸が締め付けられる思いがします。」


「このお話の時に、~の想いが強まるような印象を受けます。」

「やりたいといいつつも、何かひっかかりがあるように聞こえます。」


すると、相手が自分自身の気持に気づいていったり、

自分との対話が進んでいく。


カウンセラーは、話を聞く人はその間だけ、

ただ話す人と一緒にいるだけで、

話しては自分を見つめたり、

自分の気持ちを吟味したりできる時間が取れる。

そんな時間を一緒につくっていく過程も、

傾聴の醍醐味です。


今よりも少しこころを込めて、

相手の顔を見て、

相手の声を聞いて、

相手の気持ちを感じ取ろうとして、

相手と共にいようとすれば、

今よりも、もう少し相手に近づく事ができる。


聞くって、傾聴ってそんな為にもある気がします。


今よりも、もう少し相手に近づく為に、

傾聴を学んでみませんか?


日時:5/7(土) 13:00~18:00
場所:VIT YOKOHAMA 11F 大会議室 (JR根岸線関内駅南口より徒歩1分)
料金:¥10,000
詳しくはこちら!



次回は、5/28(土)15:30~18:30 

詳しくはこちら

AD
いいね!(60)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。