唯我独尊

「個人モデル」「医療モデル」に代え、社会の中に障害が現われることを把握し、社会変革を求める「社会モデル」を 主張していく社会デザイン


テーマ:

長期にわたって欠席が継続する子どもに対しては、何よりも「関わり続けること」が大切であ り、「学校への抵抗を和らげること」「コーピングスキルを育むこと」が必要です。また、そのための手段として、教育支援センター(適応指導教室)やフリースクールなどでの支援、引きこ もりがちの子どもには家庭訪問相談の実施、状況によっては体験活動への参加など、子どもの社会的自立に向けて、適切な支援が図られるよう、様々な機関などとの連携を進める必要がある。 さらに、不登校の子どもが学校生活を再開する際には、校内の保健室や相談室などのいわゆる 「別室」を活用した登校支援の取組が重要となる。教室に復帰する前段階としてのステップが必要であり、各学校では、場所や体制の工夫をしながら支援に取り組んでいます。また、休みがちな子どもを、この「別室」での支援により、不登校にならないよう食い止めている学校の実践もあ る。 

 

 

近年、社会構造の複雑化によって、子どもの不登校の要因は多様化、複雑化しています。また、 子どもの育ってきた環境そして価値観が個人によって異なるので、不登校の子どもに対する支援策を担任一人だけで考え、支援を実践していくことは、非常に難しい状況にある。そこで、 一人の不登校の子どもをチームで支援していくことが必要になってくる。そのためにケース会議でいろいろな意見を交換し合いながら、共通理解を図り、支援の方向性を決め、チームで分担 し、支援をしていくということが大切になってくる。 このようにして支援策を考え、あまり長くならない期間、例えば1か月程を目安に支援を展開し、効果が少しでもあるようなら継続を、効果が全くないようなら別の支援を考えるということ が実践され始めている。

 

 

 

P.S 明日は朝から保護者会。終わったら練習場行きたい(^_-)-☆

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

横浜ディスアビリティ支援センター CEOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。