マクロビヨーコのブログ

念願叶って、夫のセミリタイヤを機に2013年6月、夫婦でシンガポールに移住。家族で住んだ5年+4年間の通い婚(シンガポールと日本を行ったり来たり)そしていよいよ、本番スタート!「クッキング」「国際交流」など、その日心に浮かんできた事をブログに綴っています。


テーマ:

「この旅行はね、

食べて、食べて、食べまくる旅なの。

普通の観光地なんて行かない。

それでもいーい?」キムさんが聞いた。


「モッチローン!!望むトコロよ!」と

と自信を持って答えたけれど、

本当にその言葉通りの旅だった。


胃袋には自信があったが、

マジで、破れるかガーンと思った。



ドリアンが旬だった6月。シンガポール人の

友人たちのアレンジで参加した2泊3日、

ペナン食い倒れ旅。


すべての行動が「食べるコト」に直結、

中国人の想像を越える飽くなき食欲に

圧倒された。


食べたら、(一応は) 腹ごなしに歩く。

しかし、それは、何か別の食べ物を

探すため。獲物はデザートであったり、

お土産のクッキーであったり、

調味料だったりした。



皆で、しゃべる話題は

すべて一貫して、「食べ物ネタ」。


車を走らせている時でさえ、

車窓から、路上の屋台を

厳しくチェック。


全員、お腹パンパンに食べた

直後からでも、当たり前に

食べ物談議で大盛り上り。


しかも使う言葉は

英語+中国語(3種類)+マレー語

のチャンポン。


「エッ?今、なって言った?何語?」と

聞き返すことも度々。こんなグルメ揃いの

グルメな話題、絶対聞き漏らさないぞ!と

こっちも必死。



友人の予言(?)通り、3日間、

ひたすら、食べて、食べて、食べて、

もうおなかがはちきれそうになって、

「最後の一口」さえ無理、ついには、

炭火焼きの香ばしいニオイさえ

ム~リ~!になった。


胃袋にカートリッジがあればなあ・・って

本気で思った。



美食タウン・ペナン。いつか2週間程、

アンティークなゲストハウスに

暮らしてみて、今回のリベンジに

食べ尽くしてみたい。


行きつけの飲茶の店でも作って、

おばちゃんたちとたわいない話を

楽しみたいと思う。



今回この旅行を計画してくれた友人たちは、

この「食い倒れツアー」は 5回目だという。

だからキムさんは「ヨーコもあと4回は来ないと

どこが本当にいい店なのか、わかんないよ」と

言った。



今回のハイライトは、ドリアン食べ放題!

木にぶら下がっているドリアンがた~くさん!


空港に着いたら、レンタカーで直行、デコボコ道や

丘を越えて、「いざ、出陣!」と乗り込んだ。


ワニ・ドリアンに、海老ドリアン、ブラック・ドリアン。

シンガポールでは見かけない珍しい品種があって、

夫々、ビミョウに味が違っていた。まるでチーズの

食べ比べ。ビターあり、甘いのあり・・・


剥いたら、食べる。剥いたら、食べる。

ウットリ、ひたすら、ドリアンを食べる。

おじさんが、机にドリアンを一つゴロンと

置くとそれに群がるように、皆が手で

つまんで黙々と食べる。あまりに

美味しくて、皆、しーん!となっている。


一方、竹のカゴには、ドンドン、ドリアンの

皮が積み上がっていく。


今回の2泊3日のステイで

2回もドリアン、食べたー!

飽きるかも?と思ったけど、

2回目も全然飽きなかったー!

今まで、本場を知らなかったから、

シンガポールのドリアンで満足してたけど、

コレを知ったら、もう無理かもね?


一旦、ロンドンの老舗のアフタヌーン・ティーを

経験したら、「もう、シンガポールのは、結構!」

となったのと同じだ。

http://ameblo.jp/yokoabiko0502/entry-12025173576.html

   アフタヌーン・ティー@ロンドンの老舗

来年も絶対行きたい、ペナン食い倒れ!

大阪の道頓堀だって、ビックリだ!

今、写真を見てるだけで、生唾がゴクリ!


こんなディープな「食い倒れ旅」に仲間として

誘ってくれたシンガポールの友人たちに

何より感謝・感激。


写真が多過ぎるので、また、「続き」で

アップします。乞うご期待!






6月24日 12:45発  ペナン行き



シンガポールよ、さらば!

空港で10人乗りのバンを借りて、ずっと運転してくれた

食通・ケビンさん

車内には、「ドリアン持込禁止」のマーク。アップ

「僕らは、胃袋に入れちゃうからOKだよね!」

ネットが張られていて、落ちてきた

ドリアンをキャッチ!


マンゴスティンやバナナの木も


 
こーんな質素な小屋でドリアンを食らう!

おじさんが、機械で剥いてくれて、ホイ!








一体、一人で何個食べたんだろう?

こんなカゴが2個もあったし・・・汗

ローカルが大好物のパイみたいなお饅頭


このお店だけで、この買い物量。


皆さんの行きつけのホーカー






 
ペナンでしか飲めないアンバラっていう緑の

フルーツのジュース。プラム入りで甘ショッパイ。



他にも色々たくさんとって、




こーんな感じに!席のすぐ横に車が。


6月25日 ペナンの朝


炭火で作るキャロット・ケーキ。ホーカーの原型だ。





バナナの葉っぱ+新聞紙でクルクル巻いて・・・

日本だったら、「たこ焼き」だね>

朝は、やっぱり、飲茶でしょ?!
  
中国人の好物、「鶏の手」が出てくるー!
 
米粉でできたツルツルの食感の点心

市場も見学


めざしたのは、調味料屋さん


シーフードが豊富なペナンは、アミの発酵ペーストや

イリコなど質の良いのが売られている。
お店のオリジナル・チリペーストやカレーペーストを

しこたま購入。




こーんな車の裏に一体、何が・・・・?

美味しいクッキー屋さんがあったー!


 

こんな所、次回は、見つけられるのか?

次!ここは、よその家の勝手口なの?

パンダンリーフがドッサリ!

皆さんが作業している横を通り抜けると
 

出来上がったペラナカンの

デザートが置かれている。

パンダンリーフの色に染まったお餅も

ある。


そしたら、奥に、ちゃーんとお店がありました!

ペラナカン・スイーツの盛り合わせ。



  「パイティー」と呼ばれる米粉で出来た小さな

カリカリのカップにペラナカン料理のポピア(春巻き)の

中身(蕪と海老の煮込み)を詰めて、色々トッピング!


ブログ・ランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします!ダウン








AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。