陽❤minha vida

CAPOEIRA YOKOのいろいろブログ

カポエイラ★ダンス★振付★POMBA★プライベート

YOKO(森陽子)が出合う日々の様々なことを綴っています


テーマ:

時間がある時にちゃんと書きたかったので遅くなりましたが・・・


2/14に東京宝塚月組公演は無事に千秋楽を終えました
一人の休演者も出さず、お正月からの寒い時期の1ヶ月半公演を乗り切った月組の皆さん、本当にお疲れ様でした


今回担当させて頂いたRhythmのシーンは新聞やメディアでご好評頂いたり、ご観劇された友人や知人達からも「すごく感動した~」というメッセージやお電話をたくさん頂きました
作品を通じ心を打たれ、それがきっかけで人との縁が出来たり、人に活力やエネルギーを与えられるって・・・本当に嬉しい事です 


{75F08002-8007-4E2C-8230-F83CE8F9CA7F:01}



ご覧になった方のほとんどが「ハードな動き、激しいダンス・・・」と思われたと思います。
その通り!ハードで全身を使って表現する激しいダンスシーンでした 
別に息を切らして限界にチャレンジすることが目的ではありませんが、音楽とリズムを感じて全身で踊る そして夢中になっていくと自分の予想以上に体は動き、表現はただのカタチではなくそこに魂を宿していきます。
アフリカンルーツのダンスもJAZZの音楽も、リズムと自分が融合してトランスしていくのでは・・・と。そんなダンスの魂やエネルギー感を表現したかったこのシーン 

出演者は稽古を重ねる度にどんどんパワーアップし、初日を明けてからも日を追うごとにそのエネルギーと肉体の表現力を増していきました 
そんな素晴らしいパフォーマンスを稽古初日から東京千秋楽まで魅せてくれた『Rhythm』の出演メンバーをご紹介します 


 すーちゃん(憧花 ゆりの) 
観察力と表現力に優れた女役さんで、このシーンの皆をしっかり束ねてくれました  
「副組長さんにこんなに踊らせてしまって大丈夫かしら?」と言った私に
「これ終わったらフィナーレまで出ないから大丈夫です!」と笑顔で答えてくれた通り、
毎回パワフルにガッツリ踊ってくれました 


 とし(宇月 颯) 
素晴らしいダンサーです!感が良くて研究熱心でチャーミングで 
後半のHOUSEのステップに苦戦していて、公演が始まってから私が「良くなってきたね~」と言ったら、「けど先生がやる感じと違いますよね~」と言いながら何度も練習していたのが印象的です    上手な人ほど努力家です 


 くれあ(玲実 くれあ) 
おっとりと可愛らしいくれあちゃんですが、オーディション前の事前レッスンの時点で彼女のパワフルさを既に感じていました!ダイナミックな動きがとても良かったです 


 まんちゃん(貴千 碧) 
とても繊細できめ細やかな踊り方をする人ですが、ダイナミックなとらえ方も出来る素敵なダンサーです 何というか性格が出るのですかね?人当たりも踊りもとても丁寧で温かみのある印象でした  


 からん(千海 華蘭) 
まず歌のオーディションの時に素敵な魅力持った男役さんだなと思い、「歌が得意な人」と思っていたら・・・踊っても凄いんです ってなことで、可愛らしい顔立ちからは想像のつかない踊りのタフさと様々な魅力でこのシーンに彩を加えてくれました 


 まあい(真愛 涼歌) 
いつもニコニコしていておっとりしている「癒し系」なイメージの娘役さん
 でも冒頭の歌い出し前の動いている時の表情は、その素のキャラとは別人のような鋭さをしていましたね!その表情をよく覚えています 


 みく(花陽 みら) 
前半の出から結構動きがた詰まっていたみくちゃんですが、パワフルに舞ってくれていましたね!たまにアフリカにいそう ・・・というグルーヴを出してくるあたりがツボでした 


 珠城 りょう(りょう) 
今回は二番手スターさんとか関係無くオーディションを受けてもらった中での出演でした。
出演場面の多い彼女にこのシーン出演は荷が重いのでは?と心配になり、稲葉先生に相談しましたが「彼女の実力と意志でオーディションを通過したのだから、彼女の力を信じよう」ということで、起用しました。
蓋を開けてみると、一度もバテることなく弱音も吐くどころか、りょうの魅力と存在感を大発揮してくれ・・・本人も「気持ちがいい~」と言いながら笑顔で全力で踊ってくれました 選んで良かった 


 みゆ(夢羽 美友) 
ちょっと天然キャラなのかな? ジャケットを着て後半出て来るときのカウントを稽古場で必死になって数えていたのを今でも覚えています(笑)パーカッションのカウントって数えにくいのもなのかな? でもそんなみゆは可愛かったです 


 あーさ(朝美 絢) 
細見で美人さんなのに、活発でやんちゃな男の子みたいな一面を持ったイメージです 
後半の男役5人のフロアー(床を使ったアクロバット的な動き)は、タカラジェンヌには実に難しい動きでした。なのでそのシーンはチャレンジ出来る人を立候補で選びました。その時逸早く手を上げたあーさバッチリこの5人でやり切ったね   


 ゆうま(輝月 ゆうま) 
アフリカンの動きは膝や腰を曲げての低姿勢が多かったから、長身のゆうまにはキツかったと思います~ が、その体の大きさと手足の長さを使って様々なステップを豪快に踏んでくれました 存在感があってとても良かったよ~ 


 たん(楓 ゆき) 
ちゃぴ、あーさ、ゆうまとたんちゃんは同期4人この場面に出演 皆さん個性的で優秀でしたね!たんちゃんは器用に踊りこなし安定感がある印象です。今後もいろんなジャンルにチャレンジしたら良さそう・・・と思いました  


 とも(蒼矢 朋季) 
前半の歌部分で動く姿が森の中を駆け抜ける機敏な現地の若者のようなイメージで、そのピュア感がとても印象的でした。実はオーディションの時にも既に同じような印象を受けたいたので・・・予想的中 


 ぎり(朝霧 真) 
フロアー5人衆の一人。でもぎりがこの動きをマスターするのには大変だったね~。
実は一度彼女をこの5人から外そうかと思った時がありました。練習しているけどどうにもコツを掴めず、本人もしんどいのでは?と思ったので。でも、彼女は「どうしてもやりたいです!出来るようになります!」と。・・・結果、ぎりを信じて良かった 本当に良く頑張りました 


 うみ(海乃 美月) 
感覚の良いダンサーのうみちゃん 正直、稽古前半では彼女の力にそこまで注目していませんでした。なぜなら綺麗に踊ってしまうからパワフルさがイマイチ・・・だったのですが、稽古を重ねるうちに感覚を掴んできたのでしょうか?どんどんダイナミックになって舞台ではとても良かったです   


 さっこちゃん(姫咲 美礼) 
とても個性的で面白い・・・というイメージのさっこちゃん  だからでしょうか?オーディション用紙の私のジャッジの備考に「インパクト」と書いてありました(笑)バネのある運動神経とそのインパクトがこのシーンにマッチしていました 


 あり(暁 千星) 
フロアー5人衆の一人。まずオーディション時にピカイチ目立っていました 「あの子は誰だ~?」というほどに  淡々と踊っているのに華があるといった印象でしょうか?皆が苦戦する箇所も感覚でキャッチできる器用さを持ってるので、この先テクニックを身に付けていったら更に素敵な男役さんになりますね 


 かなみ(周旺 真広) 
かなみちゃんには最後のユニゾンの振り直しをした時にアウー(側転)の方向を変えてもらったりしたっけ・・・。いつも臨機応変に笑顔で対応してくれてありがとう 


 おと(音風 せいや) 
フロアー5人衆の一人。稽古場では物静かでしたが、ロケット後のしんどさも見せず元気よくステージに飛び出して来たり、フロアーに立候補したり・・・タフさを見せてくれました 
床の動きはサラ~っとやってるように見えても、マスターするまでには大変なんですよ DVDをお持ちの方、今一度チェックしてみて下さい  


 あさひ(朝陽 つばさ) 
フロアー5人衆の一人。メンバーで男役の最下級生ですがとてもしっかり踊れていました 
後から知ったけれど、私と同じ松山バレエ学校に通っていたらしく、つい「じゃあ、まさこちゃん知ってる~?(星組の十輝いりすちゃん)」なんて聞いてしまいましたが、時代がかなり違いました 

 ゆき(桃歌 雪) 
まだ研2の若さとは思えないぐらい、オーディションのときからしっかりした踊りを見せてくれていました本番でも良く頑張ったね~  


 つきこ(夏風 季々) 
同じくまだ研2で初々しさと若いパワーで頑張ってくれていました 
この経験が今後に生きていくと良いですね 




そして・・・



  ちゃぴ(愛希 れいか)  
最初に逢った時の印象は可愛くて細くて可憐な娘役さん でした。
でも凄くパワフルで情熱的な一面を持ち、ダンス心のある娘役トップスターさんでした 
投げかけてくる質問の着眼点や分析力も流石ですし、「混乱した」とか「何かが違うけどわからない」・・・という事を素直に言います。自分の思い描いているイメージがあるからこその言葉で、『感覚のズレに敏感』という表現者にはとても大切な感性を持っている人でした。彼女はその疑問や混乱と向き合い解決し、自分の中で解釈したからこそのあの素晴らしいパフォーマンスが出来たのだと思います  



今回もお稽古が始まって・・・
imageimage 
  
 

大劇場 初日を迎え・・・

imageimage 



東京公演からの・・・
imageimage 
 

 
千秋楽まであっという間でした。



東京千秋楽当日にちゃぴから来たメールには・・・
「最後まで心をこめて踊ります 」と。

このナンバーに真剣に取り組み、最後まで熱いエネルギーで踊り切ってくれたメンバー23人に感謝と大きな拍手を贈ります 
{AFB58047-B58F-4527-A0EB-2507FA6CE350:01}



そしてこの素敵なショーにお誘い下さった稲葉先生に大感謝です 
また、音楽で大変お世話になった太田先生、
素敵な衣装を一から作って下さった河底先生、
皆さま、本当にありがとうございました  


2015年~2016年年明けにかけて素晴らしいお仕事に携わらせて頂けたことに感謝です 



 
 

ラブラブカポエイラグループラブラブ
↓↓↓
 

 YOKO監修ホームエクササイズDVD&BOOK

 


 YOKO監修ダンスエクササイズプログラム



 





AD
いいね!(116)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。