懸命にがんばっても、「お金で困る」 ということがない世の中になってほしい……青臭い願いに本気で取り組んでいます。


マイエフピーは、家計再生方法、貯金プログラムを考案し、提供していく事で、10,000件以上もの家計の立て直しにかかわってきました。個別に家計状況をお伺いし、お金に悩む方が貯蓄体質に変われるよう、アドバイス・サポートすることを主な業務としています。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



<横山 光昭の著書> 書籍 72冊 累計207万部

「3000円投資生活」おかげさまで40万部!





1月20日(金)発売 

その他の著書→こちら





テーマ:
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの宮城です。
 
今日は、春一番が吹き、暖かい一日になりましたね。少しですが、春の気配を感じました。早く春がくるといいですね~
 
さて、今週発売の掲載協力雑誌をご紹介いたします。
 
2月15日(水)発売
赤すぐ 2017年3月号 
「産休・育休の今こそお金を貯めよう」と、脳タイプ別の貯め方についてご紹介させていただきました。
みなさま、ご自身の脳タイプを知っていますか。
お金を使う傾向や習慣など陥りやすいダメダメポイントを脳タイプ別にご紹介、それの対処法について簡単に解説しております。
もっと詳しく知りたい方↓
 
ちなみに宮城は、「右脳×女脳タイプ」です。
ブタ財布(カードやレシートがいっぱいで膨れあがっている財布のこと)になる傾向があるそうです。また、ポイントなどを貯めるのが好きなのだそう。
 
確かに、以前自分ではあまり気にならない程度(むしろ、整理しているつもり)だったのですが、財布のかたちが崩れているぞと注意され、もう一度、お財布の中身を見直したことがありました。
 
また、ポイントやマイルを貯めるのは確かに大好きです。
でも、数種類のポイントカードしか持たないこと、ポイントは貯めっぱなしにせずにこまめに残高をチェックして生活費として使っています。
 
このようなかちで、自分の弱点を逆手にとり、うまく利用することで貯金体質につながると信じております。
 
弊社スタッフの中でも、脳タイプ別は面白い!と人気があります。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの宮城です。
 
皆さま、明日はバレンタインデーですね。
先週末のデパートのお菓子売り場は、特設があるなしに関わらず、ものすごい人の量でした。そして、そのほとんどが女性。宮城は、皆さん、誰にあげるのかしらと不思議にその光景を眺めてしまいました。
 
冬は、こういった「プレゼントを渡す」習慣のあるイベントごとが沢山あるのですが、明日、バレンタインデーということで、どの位の予算をもって毎年チョコを買っているのだろうと、気になり調べてみました。色々なリサーチ結果があるものですww
まず、どなたに渡すのか。
1.恋人
2.自分
3.配偶者
 
最近は、自分チョコが増えていると聞いたことがありましたが、「配偶者」よりも高い確率で「自分」という結果に。皆さま、ご自身のご褒美にされているのでしょうか。
 
そして、金額平均「2500円」。
 
そして、購入するチョコの数「3.8個」(首都圏)。
 
1つが本命チョコだとしても、4つ購入するとなると約「1万円」の予算が必要ということになりますね。
 
ここで、横山式の家計管理では、「消費・浪費・投資」の3つにこの支出がそう分類されるか考えます。皆さんはどう捉えるでしょうか。
 
もちろん、本命君に渡す「チョコ代」は必要経費で、納得の支出だと思うのですが、その他の義理チョコ代は?会社にお勤めの方は、周りも上げているから、あげないわけにはいかないとお付き合いもあるでしょう。でも、それは、もったいない。
 
もし、なんとなく周りに流されての支出なら「浪費」
せっかくお金を使うのだから、いつもお世話になっているお礼も兼ねてということなら、「消費」。「投資」になることもあるかも?!
 
なんて、こんな風に考えてみるともう少し丁寧にお金を扱えるようになるような気がいたします。
 
ちなみに、宮城は……。
もし、「1万円」をチョコに使うなら、違うところに使いたい…と思ってしまいます。
 
弊社に来られるお客さまも「消費・浪費・投資」の振り分けには悩まれることが多く、「消費でいいでしょうか?」とご質問頂くことが多々あります。そして、いつもお伝えすることは、「正解、不正解」はないということ。このチョコ代の使い方に対しての想いは、皆さまそれぞれ違うと思います。大切なのは、ご自身のお金を納得した理由も持って使って頂きくということです。
 
ぜひ、次にお金を使う時、「消費・浪費・投資」を考えてみてくださいね。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。ファイナンシャルプランナーの宮城です。
 
木曜、金曜と雪がちらつく寒い日が続きましたが、今週末は暖かくなるようですね。暦の上では、もう春ですし、早く薄着で出かけられる季節になればいいなと思う、今日この頃です。
 
さて、今週、掲載協力させて頂いた雑誌、メディアのご紹介です。
 
2月7日(火)発売 日経WOMAN 2017年3月号
 
 
2月10日(金)読売新聞 夕刊にて。
「ATMの手数料見直し」について、コメントをさせて頂きました。
 
数百円だから、今、現金が必要だからとしょうがないと支払っているATMの手数料。
自分のお金を預け先から引き出すだけなのに、お金がかかるなんて、納得がいかなすぎます!
余談ですが、海外(宮城が過去に住んだことがある外国でのことですが、)では、自分のお金を引き出す時、預入するときに手数料がかかるなんて経験をしたことがありません。
 
今では、預金額や、銀行に付随しているサービスを一緒に使うことなどで、手数料がかからずに引き出しをすることができるなど、手数料を回避する方法はありますので、毎月手数料負担が多いなと感じている方は、惰性で支払うのではなく、一度のご利用の金融機関のサービス調べてみると良いかもしれませんね。
数百円もちりも積もれば、大きな金額になりえます。
 
地味なことこそ、貯金体質に繋がります。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ファイナンシャルプランナーの新井です。
 
 暦の上では春となったはずなのに、きのうは雪が降って真冬の寒さに逆戻りしてしまいましたね。
 
 さて、皆さん一生懸命頑張っているのになかなか成果がでないことってありませんか?お客様からも家計について「なかなか想った様に改善しない、もどかしい・・・」というお声を耳にすることがあります。
 
 実は私もここ最近、この冬に増加した内臓脂肪を減らすため、駅までウォーキングに励んでいるのですが、なかなか結果がでずに「どうしたものか・・・」と頭を悩ませておりました。学生時代と同じ感覚で、「ちょっと運動すれば大丈夫、もとに戻るから!」と簡単に考えて、ウォーキングをはじめて早1か月。逆に疲れが出るばかりで、なかなか結果に繋がりません。なぜだろう・・・と考えているとき、ふと見にした雑誌記事の中にヒントがありました。”加齢と共に筋肉が毎年2%減少。ダイエットの注意点!・・・筋肉が年々減少することで基礎代謝が下がります。学生の頃と同じ様なジョギングなどの有酸素運動では脂肪がなかなか燃焼しなくなりますから、まずは筋トレで筋肉をつけましょう。” そうだったのか。そのとき、なかなか体重減少に繋がらない理由がわかった様な気がしました。今のわたしに全くあっていない方法を、一生懸命取り組んでいただけだったのです。
 
 
 
 日々様々な媒体でいろいろな節約方法を目にしますが、その方法が自分に合うかどうかは、また別の話。お昼のランチ代を浮かそうと朝5時に起きてお弁当をつくろうとしたもののなかなか続かなかったり、作り置きおかずにチャレンジしようと食材を沢山買い込んだものの、なかなか作れず結局食材をムダにしてしまったり。少しでも安い食材を求めて、仕事で疲れた体に鞭打って離れたスーパーに買いに行ってみたけれど、かえって疲れてしまってお惣菜率が高くなってしまったり。もちろん、結果をだすためには地道な努力と時間が必要なものも沢山あります。小さくはじめれば、うまくいく場合もあるでしょう。でも、しばらく続けたけれども「うまくいかないなぁ」と想うときには、もしかしてあなたにあっていない方法なのかもしれません。今一度別の方法を試してみると、案外うまくいくかもしれませんよ。
 
 それにしても、ダイエットと家計は共通点も多いものだなぁと、改めて感じるこの頃でした。
 
★これまで家計簿をつけても、なかなか続かない、、、とお悩みの方へお薦め、90日貯金生活プログラム 通信講座はこちらからマイエフピーがお目付け役となって家計簿をつける習慣を後押しします。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。マイエフピーの渡辺です。

あっという間に2月に入りましたね。個人的には節分も当日気付いた程でしたが……。節分の次はバレンタインデーということで、今は美味しそうなチョコレートが至るところで目に入りますね。今年のバレンタインデーは平日でしかも火曜日ということで、職場等で渡す“義理チョコ”市場が大きいそうで、市場規模も昨年を上回るとか。12月、1月と年末年始で支出が膨らむ月である一方で、2月は落ち着くなんて話をよくしていたのですが、2月も意外とお財布が緩むポイントが多いかもしれません。というよりも、年末年始が落ち着いたところでお財布の紐が固くなっているところを緩ませるという作戦!?かもしれませんね。

 

さて、そんななか今日は「お小遣い」の話です。

 

当社でも、結婚をされたとき「家計管理の一元化」をすることが、収支の把握にはシンプルで分かりやすく、結果的には貯金がしやすいということをずっとお伝えしています。そうなると、「お小遣い制」という話になると思うのですが、「お小遣い制になるのはちょっと……」という方もいらっしゃると思います。名前も何だか「もらっている感」が強く、制限されるという意味ではマイナスなイメージも強いと思いますが、お客さまのお話を伺っていると、良い効果を生み出しているなぁと感じることも多々あります。

 

あるご夫婦は、当社に来られるまで夫婦共働きの別財布で家計を管理されていました。お互いの負担は完全に折半。水道光熱費など波があるものに関しても、だいたいこのくらいだろうという金額を割って出し合うという管理をされていました。ですが、お子さまが生まれ、奥さまが産休・育休に入ったことにより奥さまの収入にも変化が生じたことから、今までの家計管理で良いのかと悩まれていました。そしてお話の中で、やはり“管理”という意味では、一元化にするのをお勧めし、どこまでお小遣いの中で負担をするのかというルールをしっかりと話し合われた結果、それぞれのお小遣いの金額を決めてお小遣い制を導入されました。その結果、予定していたよりも支出がなかったときに余りを貯めていたご主人さまは、昨年のクリスマスケーキをお小遣いで貯めた中から買ってくれたり、家族で遊びに行った先でのお金を出してくれたそうです。制限を受けるどころか、お互いに優しくなられた感じがしたのがとても印象的でした。

 

また違うご家族では、お子さまが「外食に行きたい」と言いだした際、お母さんが「今月の食費予算の残りはこの位だから、来月にしない?」と相談したところ、ご主人さま、お子さまが自分たちのお年玉やお小遣いを貯めていたところから一部負担すると言ってくらたとか。そのおかげで食費の予算内で家計からは一部負担ですみ、かつ家族で外食も行けて一石二鳥だったと仰っていました。

 

まだまだお小遣い制を導入をされた中でのお話はたくさんあるのですが、そういうお話を伺っていると、お小遣い制も決してマイナスな部分だけじゃないなと、改めて認識します。

もちろん、しっかりとルールを決め、押し付けてはいない。あくまで“家計管理のシンプル化”をはかるためということをお互いに理解している。といったことはあると思いますが。

 

お小遣いを取る余裕が無くて取っていないという専業主婦の方も多いですが、そうすると意外と家計から出ている“隠れ浪費”が潜んでいることが多々あります。そういう方は3,000円や5,000円からでも始めてみると、家計にも変化が起きるかもしれません。

 

ご家族にどんな効果があるかは未知数ですが、家族からの「ちょこちょこ請求」にお困りの方は、ご検討いただくのも一つかもしれません。良い報告お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。