2008年12月24日

メリークリスマス

テーマ:ふと 思うこと。



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
メリークリスマス


どんなお時間を過ごされているのでしょう

私は 一足はやく ひょうたんという

クリスマスプレゼントをもらい

もう わくわくしてしょうがないのですが

旦那君が 短い滞在でしたが  和歌山に来てくれました

すると クリスマスプレゼント・・・

贈り物をもらうというのはうれしいものですね

何をもらったかといいますと

私のハンコ部屋に使う照明です♪

この部屋は 蛍光灯でして

私 白熱灯が落ち着くんですね

でもなぜか今まで この部屋にあうものが

見つけることができなくて

そういう愛情をかけられずにいたのです

それを彼は見ていてくれたのでしょう

うふふっなライトを 見つけてきてくれましたよ




金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
こちらが その照明

いかがでしょう~

ちょっと ミッドセンチュリーな感じですよね

部屋が 急に温度を持つような空間になりました
大事ですよね こういうことが

横浜に住んでいた時のように

近くに このようなものが扱っているわけではないので

何かタイミングがないと とは思っていたのですが

これで 大体の部屋が 温度を持ってきましたね

好きなものを1つ1つ

それは手作りでも

なんでも そのことから 空間が

温かさを持ちます

そしてどんどんそれが広がりをみせてゆくのです

1つ1つのものに

波動があるように 

1つ1つに愛の力があるんですね




さて こんな贈り物をもらい 念願のひょたんまでもらい

私の 身体?ハートは ほくほくしてきました

久しぶりに なんだか絵が描きたくなって

寝る時間なのに

何かが 私に描かせるように 筆が運びます

久しぶりに絵に夢中

出来上がった頃には

朝の4時ぐらいになっていたでしょうか

でも それを描き終えると

自分の中で何かが消化されたように

とても心地よく 何かを解放すことができるのです

あぁ~気持ちよかった


このブログを読んで

ひょうたんのご縁をくださいました

本当にありがとぉ~~~~~

そして 旦那君 素敵な時間をありがとう



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
太陽は すべてを照らし

すべてのものが 無条件の愛をもらい

命を授かっている

私達の役目は

ただ 成長すること

どんな風に ハーモニーを奏でてゆくのか

どんなことができるのか

どんな可能性があるのか

私達はいつの間にか忘れてしまったり

制限してあきらめてしまったり ただそれだけのこと

私達は 今 ここに生きている

今 ここに 生まれてこれている

すべてが ハーモニーをともに奏でている

同じ時代に 今 生きている

この激動の時代を

無限の可能性を持った私達は生きている

そのことを 感じる

自分のすべてに責任を持って生きるということ

大変だけれど

私達はそれをする為に生まれてきたのだから・・・


メーリークリスマス

素敵な毎日に

みなさん ありがとう。










AD
 |  リブログ(0)
2008年12月24日

山の上の学校

テーマ:スクール




金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆくこの景色

いかがでしょう~

これは車で息子の学校まで迎えに行く時の写真

お山の上にある息子の学校

きのくに子どもの村学園  

何度行っても

行く度に 感動を覚えます

景色だけではないですよ

この学校のあり方が私は好きなんです




さて 先日は 息子君の学期終了日

ということで 布団カバーやら 毛布やらの持ち帰りで お山の上に行ってきました。

さてそんな中

学校より もう少し山を上がると 寮があります

で 今住んでいる寮を 息子君に案内してもらいました

すると・・・・・・

こんなにすごい景色~

ひゃ~~絶景




金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
















ここで 毎日楽しく友とじゃれ合っているのじゃな

こちらは彼たちの 8人部屋

ちいさくとも社会

さまざまなことがあるようですが

それを楽しみながら

成長している様子を感じます

そしてなにより 息子君のベッドを見せてもらうと

2段ベッドの上に 彼のプライベートな空間が出来上がっています

家から運んだ お気に入りの龍のポスター

龍の手拭い 小さな小さなお社 家族の写真

なんだか 涙が出てきちゃいます

何の涙でしょう

うれしいことだけはわかっている そんな涙。

そしてこの景色は 彼たちに どんなことをもたらしているのでしょう

ありがとうございます きのくにさん。

ありがとうございます すべてのことに。


さて他にも 私にとっては 特別なものが

ここ 山の上にあり それをとりに行ったといっても過言ではないでしょう♪

息子の大切な友達のご家族から 大~きな ひょうたん!!頂きました くぅ~~~~!!

山に向かって おなかから声おを出して

「うっ!れぇしぃ~~ぃ~~~~~~」

山びこ 響く

うっ!れぇしぃ~ぃ~~

うっ!れぇしぃ~ぃぃ~~ 

うっ!れぇしぃ~ぃ~~~

あまりにうれしすぎて

小躍り 大踊り♪ この舞いをどなたかに見せたい

無邪気な子どものようです るるるるるるるぅ~~~~

はしゃいでいたら 息子君 

まるで 優しいお兄さんのように

「よかったねぇ~ ♪マ~マ」って

この息子君 ほんとに素敵です


先日も 旦那君と夜 

しみじみと 本当に素敵な子どもが

子どもになってくれたね 

と 語り合ったばかりです

こんな風に思えるのは

私達の生き方

そして周りの方の優しさ

そして きのくにで 教えてもらったことが

おおきくおおきく ・・本当に感謝の気持ちでいっぱいです


ひょうたんはまた改めて 紹介いたしますね

では 私も叫んだ この景色

息子君が  放課後ここに立ち 山に向かいギターを奏でている場所を

パシャリ




金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
息子君も 学校が おわり

ゆっくりと 冬休みをむかえます

どんなお休みになるのかな


さてと 愛を育みましょうかね~





AD
 |  リブログ(0)
2008年12月20日

おじいちゃんからの贈り物

テーマ:ふと 思うこと。



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
もうすぐクリスマス

今年は いつものようには 

ワクワクしない

いつもなら 部屋を飾りつけたり

色々なことで楽しむのだが

なんだか今年は

す~っと通り過ぎてしまいそう

まぁ それもよいかな


左の写真の方も

サンタさんのように 大きな幸せの袋を持っています

こちらのサンタさんは

実家の屋根裏から

見つけて 和歌山に運んできたもの

これは もう亡くなっている父方のおじいちゃんが大事にしていたもの

おじいちゃんの部屋に遊びに行く度に

この方が 床の間にいらして

金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
黒く輝いていて

おじいちゃんの宝物だということがとてもよくわかった

きっと 大事に磨いていたのでしょう

屋根裏のダンボールには この方と 大きな手持ち鐘がありました

おじいちゃんは 商売をしていて 従業員さんにお昼を知らせる時に

よく鳴らしていたような そんなことを聞いたのか 見たのか?

はっきリは覚えていませんが・・

いい音がするんですよ ハンドベルのような形で

木の持ち手が黒ずんで おじいちゃんの香りがします


この鐘の音色を持っている音が 我が家の近くで

午後2時過ぎに聞こえてきます ほんとに同じ音色♪

??何だと思います? 軽トラックでまわってくるお豆腐やsan

手で鳴らしながらお豆腐売りに来るんですよ

あの鐘もかなりお年を召してますな


先日息子君 そのことがどうしてもおもしろいらしく

お豆腐やさんが 来た時に 陰に隠れて我おじいちゃんの鐘鳴らして


金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく お豆腐やsanの様子をうかがっていました

私もドキドキしながら

やめなよ~といいながらみて

ワクワクしていましたけれどね。


皆さんはどんなクリスマスを

すごされるのでしょう

この置物が サンタさんに見えるのは私だけ?きっと これはおじいちゃんからの贈り物を届けてくれているサンタsanなのかもしれませんね

おじいちゃんの宝物を

こうやって 引き継げること

あの優しかったおじいちゃん

いつも抱っこしてくれたおじいちゃん

バナナをむいてくれては

バナナの中央が黒いから

これはYOKOには食べさせられないと

包丁でどんどん切ってしまって

食べるところがなくなっちゃう おじいちゃん  まだあの時 私の背の高さは そのバナナののったまな板の高さだった

懐かしいな

私はこのおじいちゃんから 受け継いだものがたくさんある

おじいちゃんは 「書」がとても上手で

天皇陛下の前で 代表者として書をおさめたことがあることがるとか

きっと 字が好きだったんでしょうね

私も字を書くのが楽しくて 楽しくて ハンコのデザインが大好き

色々なことが思い出される

小さな頃にはよく おじいちゃんの部屋で スケッチ帳というような 

人の動きや鳥の動きが軽くデッサンされているの赤い本を

みせながら 画用紙をおき これを描いてごらん と 絵をいつも描かせてくれていた人である

ハンコ屋さんも このおじいちゃんの応援を 受けているんだと思う

そして 見えない姿で ふれ~ふれ~YOKO と応援してくれている

それどころか 芸術の長けている人を 連れてきては 応援してくれているような気がする

私がハンコを作る時に感じる ふっ と何かが降りてくるような感じは

このせいかな・・・・・・


この別名サンタsan ずっと 箱にしまわれたまま

屋根裏に いました

暗い箱の中でずっと 誰にも会えずに

だから 今は このお花畑の中で

すごしていただきます♪

ありがとう おじいちゃん。

AD
 |  リブログ(0)
2008年12月19日

ひょうたんランプの入浴

テーマ:ひょうたんランプ



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく いよいよ ひょうたん

すべてに 電球用の穴を開け

これが大変大変

いつものように粉が舞い

鼻の穴の中は 粉だらけ 中には体の弱い子も居て こわれてしまったり・・涙
もう1度 身体を清めます

ということで

お風呂に セージや ラベンダーなどを入れ

暫しお風呂に浸かってもらいます

君たち 気分はいかがかな?

といいながら お湯をかけてあげたり

まるで 赤ちゃんを湯に入れているように

とても気持ちよさそう

ひょうたんの中は 歯ブラシで

キュッキュッ くるくる とインナーも清め

1つ1つ 大変な数 ・・でも楽しい



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく さぁ~お風呂上り

皆は肌艶 よく

気持ちよさそうです

みんなに ミニ手拭いを

頭に載せてあげたいくらいです

色々な形の子がいるでしょう

蔓の部分が かわいい子は

そのままアクセントとして残してあります

みんなでひそひそ話を

しているようにも感じます










金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく ちょっと寒いけれど

お外で 乾燥しましょうね

みんなで 冬越えをするペンギンの様ですが

このまま 1日おいて

明日は みんなの場所を改めて

作るからね・・・


といいながら

夜は心配で

部屋の中に入った

ひょうたん君達










金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく さぁ~本日は

どど~んと

乾いていただきましょう

みんな空中遊泳のように

ふらふら ゆらゆら ぶらぶら

しています

これだけでは干すところがたりないので・・・・・

紐を持ってきて













金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく まるで干し柿のようですが

ひょうたん干し♪


あぁ~なんていとしい格好なんでしょう


なにやらご近所さんが騒いでおります

「そのひょうたんどうしたん?」

「いやぁ~すごいなぁ~」
「あっ!わかった! また提灯作るんでしょう」

「イヤ~それにしてもすごい数だわぁ~」

いえいえ 提灯ではありません

ひょうたんランプですってば~♪



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
今回はどんなひょうたんランプができるやら

お問い合わせを頂いている方

お待ちいただいている方

私の作るひょうたんランプが欲しいという方

本当にありがとうございます


愛情たっぷり 彫りたいなぁ~という時に

作り始められたらいいなぁ

と思っております

まだまだ手元にあるのが小さなひょうたんばかりで

大きなものが作れずにおりますが

きっと 必要ならば出逢いがあることでしょう


明日は 息子の学校のお友達から

いただいたひょうたんを 持って帰ってきてくれます

もう 楽しみで楽しみで

作品として作るのも好きなのですが

もともと このひょうたんというものにとても魅力を感じていたので

不思議なほど 幸せでしょうがないのです

左の写真の ひょうたんランプ君も

素敵なところにお嫁入りしているので

可愛がっていただいていることでしょう


どんなものが 生まれてくるのか

楽しみです

 |  リブログ(0)
2008年12月18日

YOKO堂のハンコ

テーマ:ハンコ



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく 久しぶりにハンコの作品を紹介


こちらは  「宇瑛寿利」

2.0cm 布すぺしゃる

Wesly(ウエスリー)さんへの

贈り物

日本を離れる贈り物として 

作らせていただきました。

漢字は ご依頼主の方に

心を込めて 選んでいただきます。その1文字1文字に 込められた思いを 私は作らせていただいていますが

作る度に さまざまな愛情を感じて 心温まります

この「瑛」という字には

王はKing 英は自分の国(Britain)という意味が含められていたり

「寿」には ハッピーな意味や

お寿司が大好き なんてそんな意味まで含められています。

その想いを聞いたら 素敵なものをお作りたい気持ちが ふつふつと湧いてきて

でも 力をいれず 決まって ふ~~っと 何かが舞い降りてくるかのように

手が動き始め デザインが出来上がります

私も この心落ち着かせ 向かい合う時間がとても好きなのです

手を合わせ 合掌しながら 心を沈めてゆく時間が


石に向かい その石の記憶や さまざまなものに ありがとうといいながら

一筆一筆?一刀一刀!!彫ってゆきます

その時の石の感覚 さまざまな記憶が石にはあるんでしょう

私は それと対話しながら 彫り進めて行くのです

試し捺しをして 確認しながら彫り上げてゆく

そして最後に 心を込めて の思いで

印泥を石に 軽くぽんぽんとつけ

ぎゅぎゅ~~と 捺し 仕上がりを迎えます

その時の なんともいえない心地よさがとても好きな私です



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく こちらは 「河内 葵」さん 1.1cm 布すぺしゃる

出産されて 初めてママになられた方

おめでとうの意味を込めて

お母様に贈り物

お子様のものはたくさんもらうだろうし

何よりも友人である 彼女に贈りたいとのご依頼

これまた心温かくなる依頼

ということで ご依頼主様から彼女のイメージや好きなところなどを

おききして つくってみました

桐箱に付いた のし には

「河内葵ママおめでとう」と書かせていただきました










金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく こちらは 「柴田まゆみ]sama

2.5cm 布すぺしゃる


実際にも何度かお会いしたことのある柴田様

名刺にお使いとのこと

ご自分のお書きになったイメージを

紙に書いてくださいました

ご自分の大切にしていることや

好きなこと


さまざまな想いをこの中に入れて

作らせていただきました











金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく 続いては「安川 邦美」sama

2.5cm 布すぺしゃる


人は本当に頂いた名前の通りに生きている方が多く

いつも歓心してしまうのですが

安 という字は この漢字の冠の部分が家を

あらわしており その中で 心安らいですごす

という意味がございます

この方は獣医の先生で

きっと動物達が この先生の下で

病気を診て貰い さまざまな愛情を受け取り

心やすらぐ 時間を受け取り 回復に至るのではないかと思いました その安川様には このようなハンコに仕上がりました













金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく
今年は 12月25日から冬休みを頂きます

2009年1月14日まで ゆっくり したいと思っております。

年内にご注文いただいた方は

2009年 1月末には仕上がる予定です

どうぞよろしくお願いいたいたします。



そろそろ掃除もせねば・・・・

と思いながら 机を整理しておりましたら

ひら~と 1枚の紙がまるでメッセージのように出てきました

そこには 私の字で 心に留めた文章が書いてあります





心の中をせっかく掃除しているのだから

家も掃除しませんか

1年使わなかったものをどんどん捨てましょう

動かないエネルギーはうまく使われていないエネルギーです

いらなくなったエネルギーを処分すれば 新しいエネルギーがそのかわりにやってきます

自然界では 空白の法則が働いていて 空白を嫌うので そこに何か新しいものが運ばれます


と そうですね♪ まだまだご紹介したいハンコは たくさんあるのですが

今日は ココまでです。


 |  リブログ(0)
2008年12月17日

「ホ・オポノポノ」 

テーマ:ご紹介


金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく

毎日 朝起きて このブルーボトルの中に水を入れ

太陽にあて それを飲み水にしている

これが楽しみな時間でもある

なぜならば・・・

アマテラスの力みなぎっている日は

こんな素敵なブルーの光が

部屋の中に現れる

とても素敵な光で

みとれてしまう

鳥の声が聞こえたり

音楽が流れていたり
ハモニーは心地よい


金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく


さまざまなことがある中で

色々な不安や 恐怖 トラウマがあるけれど

全ては 自分の過去の記憶からやってくる

それをもし清めることができたら

もっと 素直な 光り輝くような自分が見えてくるかもしれない

受け取り方は受けて側の問題

さまざまな受け取りかたは

今までの自分が経験してきたこと

それは 生まれるもっと前からの記憶でもある

私達の意識の中で理解できる記憶と

意識の中では理解できない記憶がある

その記憶を愛して手放す

ありがとうという言葉で

ホ・オポノポノを知っていますか?

ハワイで昔から伝えられている大切な生き方

常にただしく生きる生き方

それを楽しく ただしてゆける

その現代版とも言われている

ヒューレン博士  のホ・オポノポノ



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく

みんなが幸せになる「ホ・オポノポノ」

自分の目に映るすべての世界は自分が引き寄せている

今目の前に現れているすべてのことが あなたがしてきたことの反映

すべてを愛し手放せる 秘密?!が書いてあります♪


I'm sorry

Please forgive me

I love you

Thank you


私も毎日 ふとした時にでも目に入るよう

こんな風に 掛け軸にしてみました

帯で 上下を縫っただけなんですけれどね♪

気分で衣替えのように 3種類作ってみました


金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく

金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく






 |  リブログ(0)
2008年12月03日

「自由学校子どもサミット 中学校編」きのくに教育研究所 教育シンポジウム 2008

テーマ:スクール


金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく-シンポジウム
先日 教育シンポジューム

「自由学校子どもサミット 中学校編」が

和歌山県橋本で開かれた

ガンディ・スクール(韓国)

かつやま子どもの村 中学校

きのくに子どもの村 中学校が参加

とてもおもしろい時間を過ごすことができた

さまざまな問題に子ども達が感じたままに答え

すすんでゆくサミット


私の息子も きのくに子どもの村小学校に通っている

自由教育という その聞こえだけに

楽でいいねぇ~という人も多いのだが

ココは本当にすごいのだ

何がすごいって?

自由教育という 生き方だ

自由って遊んでいることじゃない


そのシンポジウムにいらしていた野田正彰先生は

私が受けてきた 国家のための教育

国民を管理する為の

子どもを幸せを考える教育?

国家のコマ?

それが戦争の敗戦によって全てが崩れ

学校教育を疑い始めた

自分がゆがみ始めている

幸せなんかじゃない

ふと問い直した時 あまりにも情報を取りすぎていて大変で

集団にやはり戻るしかなかった

そうすれば恐怖から逃げられたと

私達は 大きくなった時から 間違いや 否定することを始めから学べる

国家のための 抑圧の教育

そこに自由学校のできる可能性があると。

この自由学校には

自分の考えたこと 思ったことを

聞いてくれる人がいる

そばでいつでも聞いてくれる 友人 大人

何かをした時だけ評価されるのではなく


一定の人とかかわり 絆をむすぶ

嘘で生きていっても行き詰る

中途半端に やりたいことを残して生きてゆく

足りないものを生かして生きてゆく

創造性 疑問を残しながら・・・

異性関係にしても 大人は 道具や書籍を焼き払い

校長を処分して 抑圧抑圧

その中でゆがみができてゆく


日々の中でつくってゆく

学校の中だけでなく

全ての暮らしの中で

ゆがみの文化を問い直してゆく

あの時気がついても

問い直しても大変

自分が幸せだとか 平和だとか 幸せだとか

言っているのではなく

その形の人たちの話を聞きながら 考えて

この話し合いをよくしてゆく

生きてゆくことの意欲を持ち 感心を持ち

この社会を変えてゆく意欲

きちっと伝える

子ども達の自立が

親たちの成長に繋がる

子ども達の自立してゆくと 親たちが自立してゆく

自由学校を見ていると

かかわるお母さんたちが 子どもの自立とともに

自立し逞しく成長を遂げている

そして お父さんは なんだか 自分の妻が

急に逞しく自立してゆく姿を見

とり残された気分になるんではないか?と話されていた

私は この野田先生の言葉に 

思わず立ち上がって ブラボ~~~~と叫びたいくらいだった

本当にそうなのだから

シンポジュウムでも色々なお母様方にお会いするのだが

どんどん母達は 逞しく 1人の人間として何かをとりもどしてゆく

そう感じる

自由=責任感を持つ から難しい そして素晴らしい

きのくにの子は そのゆがみ教育を受けず

学びなおさなくてよい そのことを改めて感じた

と話されていた 自由教育というと色々なものがあるけれど

自分を幸せ教育という感じでしょうか

自分を愛することのできる人に育てる教育というような気もします



金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく-会が終わって
全てのプログラムが終わり

子ども達が感想を言う場面では

韓国のガンディスクールの子が

きのくにが好きになった

1日だけ体験したけれど

まだ学ぶことがいっぱいある

帰りたくない 

ここにいたい・・

そして 「私達も学校に招待します」

と 通訳さんを通して伝えられた


ガンディスクールの先生も

同じ方向の教育をしていることに感動した

もっと学びたいことがある

子どもの表情で幸せかどうかがわかる

きらきらしている

私はそれをみながらとても幸せになった

と 会は終わった


このシンポジウムに参加して

また改めて この光を広げてゆけたらいいなぁ

と 感じずにはいられない


シンポジウムで話し子ども達の

自由な発想 

そして色々な人が存在し

色々な意見があり

でもその1つ1つの意見にいいところもあり

人数がいれば 大きなこともできる

僕たちは 中途半端な加減がいいんですよ

といっていた子も居た

いつも その中途半端があるから

この続きがしたいと そこに向かって学びたいと思うんだと

そんな風に 話していた


私も ガンディの先生と同じように

子どもの表情を見て幸せであることがよくわかった

それをみて 私も幸せを分けてもらった

子どもだけでなく 私達1人1人が

自分を見つけてゆくことに

とても大切さを感じるシンポジウムでした


会場には たくさんの人が参加しており

ブログをみて参加したんですという人も多いらしい

きっと 「自由教育が世界を変える 」 を読んでいらした方も多いのではないでしょうか

私も お邪魔してはよく読ませていただいております

この題名 自由教育が世界を変える

改めて 光を感じます

 |  リブログ(0)
2008年12月03日

金色の光に導かれて 私は私自身にもどってゆく

テーマ:ブログ


金色の光に導かれて 本当の自分に戻ってゆく-天女の舞い




今まで YOKO堂 ぶらぶら  というブログでしたが

自分の中で 色々なものが変化してゆく中

この感じではないと

改めて こちらにお引越ししてまいりました

石で作る ハンコ屋 YOKO堂 であったり

ひょうたんランプを作ったり

自分の中のクリエイトな部分を

楽しんでいます


タイトルどおり 金色の光に導かれて

私は私自身に戻ってゆく

光の中で舞いながら 忘れた自分をとりもどしてゆく

自分自身の光を生きること

自分の中にある光に勇気をもって生きること

堂々と光の存在として生きること

将来や未来の為でなく

今 ここ を生きる

好きなこと やりたいこと 愛したいことに 嘘をつかず

その方向に進んでゆく

それが 全ての生き物 エネルギー体すべてに 繋がる

私のお仕事 お務めは

自分を 本当の自分をみつけること

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。