こんにちは

マネーコーチ&公認会計士の武田ようこ(たけよこ)です。

 

私は資格がある事もあり、友人達からは、

高収入な人=お金に余裕のある人

というイメージを持たれていました。

 

でも、実際はお金には全然余裕がなくて。。

いや、もはやカツカツな通帳残高で(涙)

 

友人に『全然お金なくて、困ってるよ。』

と相談しても、

『そんなわけないでしょ。私の方がやばいよ~。』

と軽く流されていて。

 
image

 

 

何故お金がないのかを真剣に考えることなく、

ただ収入を上げればいいのだ!と勘違いしていました。

(収入を上げても意味がない事については、詳しくはこちら

 

私のお金の使い方って

実は小学校の頃から、同じだったんです!!!

 

これに気付いた時は衝撃でした!!!!!!

 

どういう使い方をしていたかと言うと、

毎月のお小遣いやちょっとした臨時収入はコツコツ貯金して、

お年玉とかの大きな収入もすぐには使わず、貯金していました。

そして。

『うふふ。こんなに貯まった~。』

と小学生ながらお金を数えてウキウキ。

 

っとここまでは良い感じなのですが、

まとまったお金が貯まるとバーン。とほぼ全額使っていたのです。

 

小学生の時のお金の価値観を

大人になっても持ち続けていました。

 

毎月のお給料は、節約して貯金にそれなりに回して、

ある程度の額が貯まると、

無性にウズウズして、バーンとまとまった金額を使っていました。

 
ちなみに使うときは最もらしい理由が付いているので、
本人的には無駄遣いの自覚なし。
 
例えば、親孝行のために母との海外旅行をアレンジして、
旅行代を負担するとかね。
(一つ一つは本当に最もらしいのですが、積み重なった出費を並べて見てみると、
なんと意味のない支出が多い事か。)

 

そしてまた通帳残高が寂しくなるので、
節約生活の繰り返し(笑)
 
この自分でも気づかない内に
脳の深い部分でインプットされていた私のお金の価値感。
 
これは何処から来たのだ!!!!
 
 
実は、父から影響を受けていました。
 
父は一般的なサラリーマンでしたが、
私の子供の頃、我が家の車は、
ほぼ車検を受けることなく、毎回新しい車に変わっていました。
 
父もまた、まとまった金額が貯まると、
大きな買い物をする事を繰り返していたのですね。
 
これに気付いた時には、本当の本当に衝撃で!!!!
 
あなたももし、日々の生活でお金が足りない。
と思うことがあるなら、なぜ足りないのか、
振り返って見て。
 
あなたが小さい頃に経験した
両親や近い関係の方のお金の価値観を引き継いでいる事でしょう。
(自分でも気づかないで影響受けている方すごくすごく多いので。)
AD