ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
 
起業初期の女性起業家を応援する
公認会計士の武田陽子です。
 
青色申告の
最大のメリットはなんといっても、
 
しかし!
青色申告は特別経費で税金が安くなるだけじゃないんです!
3回シリーズでもっと詳しい青色申告の特典をお伝えしています!
 
シリーズ1回目では
をご説明しました。
 
本日は青色申告の特典シリーズの2回目です♡
家族へのお給料が全額経費にできることをご説明します。
 
事例を使って考えましょう♡
~~~~~~~~~~
一緒に住んでいる(※1)あなたのお母さんが、
あなたの事業を毎日サポートしてくれています。
(お母さんはあなたの事業のサポート以外、
お仕事はしていません。※2)
 
あなたはお母さんに毎月15万円ずつお給料を支払っています。
 
年間の売上:1,000万円、
お母さんへのお給料:180万円、
お母さんへのお給料以外の経費:300万円
 
この場合、利益はいくらになるでしょうか?
 
※1 事業者と親族の生計が別である場合は、
一般の従業員と同様に経費にできます。
※2 事業者と親族の生計が同じ場合は、
親族が事業主の仕事に専念している場合のみ経費にできます。
~~~~~~~~~~
白色申告か青色申告かで、運命が分かれます!!
 
 
白色申告でも家族へのお給料を経費にすることはできます。
ただし!!上限があります。
経費にできる金額は1人当たり最高で50万円(配偶者の場合は86万円)です。
 
この事例の場合だと、あなたはお母さんにお給料を180万円支払っているのに、
経費は50万円しか認められないので、
利益は650万円になります。
(=売上1000万円ーお母さんへのお給料50万円ーそれ以外の経費300万円)
 
一方、青色申告の場合には、お母さんへのお給料の全額が経費と認められるので、
利益は455万円です!
(=売上1000万円ーお母さんへのお給料180万円ーそれ以外の経費300万円ー青色申告の特別経費65万円)
 
利益が195万円も縮小されました!!!!!
 
青色申告の場合は、
要件を満たしていれば
『青色事業専従者給与に関する届出書』
に記載した金額の範囲内で
お給料を支払うことが出来ます。
 
働きに見合ったお給料を支払うことが出来ます!
 
ただし、事前に税務署にこの届出書の提出する必要があります!
 
この届出書も、
既に事業を開始されている方はその年の3月15日までに、
これから事業を始める方は原則として
開業後2カ月以内の提出が求められていますので、
ご注意くださいね。
 
 
AD