「君を幸せにする会社」

テーマ:
またまた、深く感動してしまった本に出会いました音譜

君を幸せにする会社 ですクラッカー
君を幸せにする会社/天野 敦之
¥1,365
Amazon.co.jp

早起きサラリーマンのワクワク読書日記 という
いつも楽しみにしているブログで知りました合格

この作者の天野敦之さん は、とても有名な会計本である
「会計のことが面白いほどわかる本」シリーズ の著者であり、
幅広く活躍されている公認会計士でいらっしゃいますベル

この本は、
実家の温泉旅館を継ぐことになったクマ太郎社長の、
会社経営における、苦悩と葛藤と発見の物語ですひらめき電球

★みんなとても、頑張って働いているのに、
頑張れば頑張るほど、幸せから遠ざかっている・・・・

★「利益の追求」と「幸せ」が矛盾しているように思える
企業活動って、いったい何の意味があるの???

といった、頑張って働いてる人々の疑問や不安や葛藤を、
クマ太郎社長が、代弁してくれています。

会社を経営していく上で、陥りやすい心理状態や、悩みや、
葛藤や、不安などを、クマ太郎が経験していくのですが、
読んでいる私たちも一緒に、それを体験している感覚になりますコスモス

そして最後は、
感動のあまり、読んでいて涙があふれました汗

ドキドキみんなの幸せを願う気持ち、それが働く本当の意味なのだということ

ドキドキ大切なのは「愛」「感謝」であること

ドキドキ愛と感謝の心で仕事をすれば、「幸せ」がやってくるということ
  そして、その幸せは、世の中全体の幸せにつながっていくこと

やっぱり、そうなんですよねラブラブ

この本は、経営者の方にはもちろん、ぜひビックリマーク読んでいただきたいと
思いますが、、、、、
それだけではなく、経営とかに関係のない人でも、老若男女問わず、
多くの人にぜひ、読んで欲しい本だと思いましたアップ

そうしたら、日本はとっても良い方向に変わっていく気がしますドキドキ
AD

コメント(8)