最近個体数が少ないゴイサギ

テーマ:

 

■ゴイサギ

 

おはようございます☆台風が過ぎ去り、晴れ間が続くのかと思いきや

すっきりしない天気が続きますね。昨日は、とても暑かったですが雲

が出ていました。今日も朝から曇っています。

 

今後守っていくべき野鳥、自然

先日湖北の野鳥センターへ行ったときにも、職員の方から滋賀県では

ゴイサギがとても減っていると聞きましたが実は、三重県でも同じで特に

北勢地域では、個体数が減少しています。

ゴイサギは、田んぼでカエルを捕食するタイプのサギなので、田んぼの

減少やカエルたちの増減にかなり敏感に反応するようです。

 

写真は、市内で見かけた個体です。

先日掲載していただいた中日新聞にもあるように、環境の異変(変化)は、自然

に現れます。それが良いか悪いかは別にして、この変化を受けとめて、早めに

対処していかないとどんどん身近な自然が消えていってしまいます。

 

ゴイサギが暮らすことができる環境を守ることは、カエルや田んぼで生活する

他の生きものを守ることにもつながりますし、その影響は人間に対しても

自然との触れ合いや環境学習という形で還元されていきます。

 

湖北野鳥センターの方もおっしゃっていましたが「今自然と人間のつきあい方を考える

時」だと思いますニコニコ

 

■田んぼで生活するケリ

 

■田んぼのあぜ道で 繁殖するカルガモ

 

 

◎モクズガニの映像◎

最近作った映像です。