2013-11-16 18:16:43

教えるとき教え方を教わる

テーマ:ブログ
自分が教える立場になって、改めて見えてきたり考えたりすることがあります。

受ける立場の人の性格や考え方によって、

どうすると一番分かってもらいやすいかを、絶えず考えなくてはなりません。

他装のレッスンでお越しいただいているHさんと会話していて、

いっそうその思いが強くなりました。

理解してもできるときとできないときがあったり、

生半可な返事をしてしまっていたり、

自分ではわかりたいという期待がわかっている顔をさせていたり・・・


Hさんは同じくらいの年代で、夕方から学齢期の子供たちに勉強を教えているそうなのですが、

「いい返事をしたから分かったのかと思ったら、そうではなかった」という経験があるそうです。

どうしても立場上、返事をしなくてはいけないというときにでてしまう返事もあるなあ、と、

私も子供を育てている間に、何度もそんな経験がありました。

理解を求められれば、何度も説明してもらうわけにはいかないと、

つい「はい」と返事がでてしまいがちです。

勉強と着付け法を覚えていただくこととは、ちょっと違う面がありますが、

大人になるほど過去の経験がものをいったり、じゃまをしたりと、

受けての方の受け方に違いがあるようだと、つくづく思います。

何をわかって何がわからないか、

分かっているけどできない、

そんな微妙なところもきっちり判断していかなくてはと改めて思っています。

人と会うことそのものがとてもいい勉強になるなと、

Hさんとの出会いを感謝しています。



きらこ よしえ の きらきら着物教室


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

きもの師範よしえ@楽な着付け研究さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。