という上記のTシャツの

メールでの御注文受付を開始しました。




平野燿華のブログ

寒くなる季節、アンダーに何色を着ても大丈夫なように、
白を用意しました。

このTシャツの収益金は、宮城県漁業協同組合志津川支所への寄付
ならびに南三陸町での支援活動費に充てられます。

購入して、海の男たちを支援したい、という方は
氏名
住所
電話番号
希望サイズ&枚数
を明記の上、yoka@toshoka.com まで
ご連絡ください。

尚、価格は1枚3000円(税込み)、送料240
円です。
(メール便での発送となるため、送料はTシャツ一枚につき240円かかります。)

サイズはS M L の3サイズ
S:身丈65 身幅47.5 肩幅43  袖丈18.5
M:身丈68 身幅50  肩幅45.5 袖丈19.5
L:身丈71 身幅52.5 肩幅48  袖丈20.5

(また、少しお時間はいただきますが、
希望サイズがあれば可能な限り対応します)


一日でも早く志津川の海の幸が食べたい方、

ぜひ、応援してください!
よろしくお願いします。


***********************

このTシャツの収益金はすべて、宮城県漁業協同組合志津川支所への寄付と、南三陸町における支援活動費に充てられます。

現在、南三陸町志津川地区においては、漁協の組合員である漁師さんたちが、復興に向けて懸命にがんばっています。1024日には、待望の仮設市場も落成しました。しかしながら、ご存知のとおり、志津川湾内では、船も養殖施設も加工施設も、その他、海に関わるものは、ほぼ壊滅的な被害を受けました。

個々の漁師さんたちが震災前のように個別に船など必要なものをそろえるのは非常に困難な状況であり、「協業化」という形で、必要なものを共同利用する体制を志津川地区では敷いています。その必要なもの、を漁協が手配をし、漁師さんたちの負担を最大限小さくして、漁を再開することとなっています。

そのため、漁協に寄付すると言うことは、結果として、個々の漁師さんたちを支援することになると考え、本Tシャツの収益金の寄付先を漁協といたしました。



甘みが魅力の牡蠣や、歯ごたえ抜群のわかめなど、志津川の海の幸が一日も早く食べられることを願って。

**********************************





*一番最初のブログアップ時 送料160円と記載しておりましたが、240円の誤りでした。

 お詫びして訂正いたします。

AD