1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007年05月31日

川村

テーマ:
川村1ヶ月以上、更新さぼりまくりでしたが、鰻で再開。

今回は、はるばる千葉県野田市までいってきました。

愛宕神社を臨む街道の交差点にある、川村です。

なんと1818年創業!老舗中の老舗ですね。

そして、うな重は松竹梅の順に、¥2,000-、¥1,500-、¥1,300-というリーズナブルさ。

さらに、きも吸はもとより、茶碗蒸し、お通し(小魚の佃煮っぽいやつ)、デザートまでついてる気前の良さ。

野田市じゃなきゃ、通っちゃいたいくらいのお店です。

見るからに職人風のおじいさんが、注文を受けてから蒸した鰻は、めちゃウマです。

生簀があって、どじょうや鯉などの料理もやってるみたい。きっと愛宕神社の参拝客から重宝されつづけた店なのでしょう。

正直お店はこじんまりして目立たないのですが、歴史と風格を感じました。


人気ブログランキング ほんとは同じ野田市の千歳家に行こうと思ったんですが、今回道に迷ってしまいました。怪我の功名ってやつ? | 他の記事も読む!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月25日

いちのや 神泉店

テーマ:
いちのや 本もろくすっぽ読まずに鰻ばかり食っている印象になりそうで、ちょっとだけ恥ずかしいですが、今年の鰻目標を達成するためには、月に2~3度は行くイキオイでがんばってます。

 で、いちのや。川越の有名老舗とは兄弟店(何代目かでのれんわけしたらしい)です。

 入るなり、かなりおしゃれな内装。いわゆる料亭とか割烹とか小料理屋って感じではなくて、和のテイストを持ちつつも、アーティスティックな感じの雰囲気をまとっています。

 山手通り沿いなんで、JRの駅からは遠く(井の頭線の神泉駅)、不利な立地だと思うのですが、流石は老舗なのか、混んでて並んだり、予約がいっぱいで入れないことも。

 で、滅多にこれないんで、かなり奮発してしまい、弐段¥3,900-をチョイス。

 当然注文を受けてから仕込むので時間もかかります。予約していったほうが無難でしょう。

 タレは甘めです。焼きはまずまずですが鰻の身はちょっと自分には柔らかすぎかな…

 山椒を多めにかけて、ご飯のナカからも出てくる鰻をゴージャス気分でパクつきます。

 お店の雰囲気といい、甘めでヤワい鰻といい、デートにはいいかも。

 でもお値段は張りますけどね。


人気ブログランキング 最近読書少なめ。blogのためというわけではないが、気を取り直してがんばるぞ!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月21日

小福

テーマ:
小福

 知る人ぞ知る名店、小福に行ってきました。

 実は1月に一度訪れたのですが、長めの年末年始休業中だったため、今回はリベンジ。

 お店の2階はU字型のカウンターになっていて、真ん中に水槽があり錦鯉が泳いでいます。

 うな重¥2,000-を注文して待つこと20分。待ち時間はちょっと長めですが、注文を受けてからじっくり焼きを入れているとのことで、期待十分です。

 うなぎはちょっと小ぶり。な割には身がしっかりしていて、自慢の焼きも十分。タレは甘すぎず辛すぎず、ツボをおさえたいい感じです。

 お値段もこの雰囲気と味を考えたら、リーズナブル。

 さらに、仲居さんのサービスが良い!プチ料亭気分を味わえます。(ちょっと大袈裟かも)

 気のおけない友人や、少し親密になりかけているお客様なんかとくると、良いでしょう。

 錦鯉の泳ぐ水槽に流れ落ちる水の音を聞きながら、旨い鰻を食う。

 普段でないような、本音が聞けるかもよ?


人気ブログランキング 流石に鰻は泳いでませんでした!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月11日

かいはら

テーマ:
かいはら 今日は、ここ数年で高層化リニューアルしまくっている通称三菱村、丸の内です。

 ビジネス街の割には、意外と鰻屋が少ないような。鰻ってあんまり人気がないのかなあ?

 そんななか、「鰻、海鮮、豆冨と素材と技が自慢の江戸前料理」で、さらりまんの心をわしづかみしちゃってるっぽい「かいはら」に行きました。

 まぐたい茶漬や漬丼、スーパートロ丼といった魅惑的なランチメニューが並ぶなか、うな重¥1,700-。

 待つこと10分弱で到着。代々続く秘伝のタレと京都”七味家”のキロ単価ウン万円の超高級山椒っていう派手な売り文句の山椒をふりかけ、いただきます!

丸の内 岸本ビル 鰻の身は普通ですね。タレも普通。焼きはいいですよ。炭火の香ばしさが鰻の旨さをひきたててくれます。
 でも山椒も普通だったなあ。豆腐小鉢という小技は○。

 奥の座敷では楽しそうな笑い声が多数。昼間っから宴会か?

 流石は丸の内。年齢層が高そうですな。でも立地的には丸の内の中でも隠れ家的位置取りで、接待にはいいかも知れませんね。

 丸ビルのおしゃれなカフェが丸の内じゃないぜ!というオヤジの抵抗を垣間見た気がします。


人気ブログランキング 夜のお値段はチェックしてません!クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年02月14日

姫沙羅

テーマ:
姫沙羅 ぶらり途中下車よろしく、のんびり読書しながら三島まで行ってきました。
(といっても会社サボっているわけじゃあないです!期待される成果をあげているかは微妙ですが)

 近年は池袋から湘南新宿ラインで東海道線直通だから三島なんてチョロいぜ!なんて素人考えを抱いていたのですが、実はJR東日本の勢力圏は熱海まで?

 Suicaグリーン券も熱海までだし、熱海で昔ながらのオレンジ緑の短い編成の電車に乗り換えだし。
 三島駅を出るとき自動改札が使えなかったときには、なんだよ!どのJRももともとは国鉄だったんだから、連携してよ!と思わず舌打ち。

 まあそんな鉄道ファンなら「たりめーだろ」みたいな事実に興味シンシンながら、三島に到着。

 ぶっちゃけ最初は三島駅から徒歩10分程度の近場にある「うなよし」に入ろうとしたですよ。

 ところが。ガラっと扉をあけると、インディーズバンドのライブハウス並みの人口密度で、通路いっぱいに並んでいるじゃあありませんか。
 一時間は待つよ、みたいなノリで、「はるばる三島まで来て一時間空腹のまま時間をどうやってつぶすか思考不能」状態に陥ります。

 で、何を思ったか、じゃあ伊豆半島の別の店に行くぜ!ってなことで、伊豆箱根鉄道に乗って、ぶらり途中下車、目指すは「姫沙羅」。

 富士山が良く見える田舎町を徒歩10分強、なんとか店に到着しました。

 こちらも尋常じゃなく待ち人がいるものの、店も大きくて待つこと20分強、座席へ案内されます。

 ぶっちゃけ「とんかつ」なんかも惹かれるものがありましたが、目的を忘れてはいけません。しっかり「鰻重」を注文し待つこと15分、横長の重箱に焦げ目も派手な3枚の蒲焼が敷き詰められて到着です。

 味のほうは…まじすか!見た目どおり、焦げ目が多少きつめですが炭火の風味が如何なく発揮され、旨いの何の!

 身も引き締まっており硬め。米も硬め。タレは少なめ。自分的ベストコーディネートで、大満足です。

 茶碗蒸しもついて、¥2,500-の超魅力的な一品です。

 今回は時間の都合で三島観光はできませんでしたが、結構、情緒のありそうな場所ですよね、三島って。

 しかも、流石は静岡。鰻に関してはやっぱりスゴイっすね。

 ちょっとした小旅行ですが、はるばる出向いた甲斐があったってもんです。


人気ブログランキング 静岡制覇に向けて、次は宿泊観光プランを立てます!なんたってパチスロよろしく開店前から並ばないとね!クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。